じわっと泣いてしまう「この世界の片隅に」

c0228646_11573765.jpg
昨晩、「この世界の片隅に」のレイトショーに行ってきました。レディースデーだったからか、遅い時間にほぼ満席でびっくりです。

昭和初期に広島で生まれた少女すずが、昭和19年に呉に嫁ぎます。戦争で様々な物資が不足するなか、食糧難を乗り越えて、すずは家族のために創意工夫を凝らして料理を作ります。少ない食材でお腹を満たすレシピ、道端で拾った草の料理方法なども描かれていて、当時の主婦の知恵に敬服します。
そんなありふれた日々の生活に空襲が襲ってきます。軍港があった呉の空襲は特にひどく、すずと家族にも悲しい出来事が起こり始めるのです。それでも懸命に生きてこうとするすずの姿がけなげでけなげで...。
じわじわ泣けてくるのです。改めて、かけがえのない日常がいかに尊いことかと。

戦争のご時世の映画ということもあり、それぞれの見方があると思うのですが、私の感動のポイントは、すずという女性の純粋さであり、賢さであり、優しさ。すずはかなり天然で、おっちょこちょいで、すぐに道に迷い、世間知らずですが、とても思いやりがある女性なのです。そのすずを見事に表現したのが、のん。この声優すごい。この人以外はいないってくらい、はまり役でした。

どんな声優さんかなと思ってググッたら、なんとなんと、能年玲奈ではないですかっ!!改名したんだ!
この人はまた売れますねー。素晴らしい。

ぜひぜひ見てください。おすすめです。

***************************************************
そういえば今日スタッフからあるインスタグラムを見せてもらったのです。
「#キッチンパラダイスとか#キチパラで検索すると、たくさんでてきますよ」と。見てびっくり。
キチパラの商品や商品を使って料理している様子を撮影してインスタにアップして下さってます。キチパラはインスタやってないのに、お客様が宣伝して下さって、本当にありがたい限り。

そこで、単純ですが、キッチンパラダイスもインスタを始めることにしました。さっきから!
明日、詳しく書きます。
# by kitchenparadise | 2017-01-19 11:58 | 私の日常 | Trackback

奈佳先生の冬の韓国料理ラボ講座

キッチンパラダイスが行う今年最初の奈佳先生のラボ講座が決まりました。
応募は1/21(土)からです。(詳細は一番下に)

2017年2月21日(火)
「奈佳先生の冬の韓国料理ラボ講座」 
講師:韓国料理家 結城奈佳先生
    (我が家の韓国料理教室主催)東京在住
午前の部 11:00-13:30
午後の部 14:00-16:30
場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:5400円 参加数:各6名×2

内容:デモ+実習+試食
持ってくるもの:筆記用具・エプロン
メニュー:テジカルビチム(豚カルビの蒸し煮)、ムセンチェ(大根のさっぱり和え物)、干し柿の和え物、白菜のエゴマ味噌スープ

c0228646_12122390.jpg

**********************************
奈佳先生とは20年以上のお付き合い。勉強家で、頑張り屋で、誰にでも優しいのは、初めて会った時から変わりません。しかもとびきり好奇心旺盛な性格が、先生の講座を受ければよくわかるでしょう。料理だけでなくそれにまつわる文化の話、言葉、生活など、大好きな韓国に関することをよく知っていて、ほんとに感心してしまいます。
現在は東京にお住まいですが、料理教室を始めたのが出身の福岡であることから、福岡には特にファンが多いので、講座はすぐに満席になるのが常です。しかもラボ講座は少人数制で先生との距離も近く、直接いろんな質問ができ、お話ができます。

奈佳先生のブログ「今日も食べようキムチっ子クラブ」をぜひチェックしてください。
韓国料理が初めての方でも、おひとりでのご参加でもきっと楽しい時間をお過ごしいただけます。

**********************************

タイトルに「奈佳先生ラボ講座」と書いていただき、お名前、お電話番号、午前の部か午後の部かを必ずお書き添えください。
メールはstaff@kitchenparadise.com に、 お電話でのお申し込みは092-534-6311です。
(同時間にご応募があった場合には抽選になることもございます。)
すぐに満席になることが多いので、時間きっちりにメール送信なさったほうがよいと思います。
ご応募お待ちしております。
# by kitchenparadise | 2017-01-18 12:25 | キチパラ講座 | Trackback

銅鍋の実験①調理時間

銅鍋で料理を作ると、いつも何でも美味しくできます。薄味で、柔らかく、全く煮崩れせず、圧倒的に短時間で出来上がるのです。
とはいっても、他の鍋を比べてどのくらい違うのかなぁと疑問。
そこで、比較実験をすることにしました。

左がステンレス鍋、右が銅鍋です

c0228646_17133490.jpg

2cmに切り、出汁と醤油だけを入れて火にかけます。
15分火にかけ、5分おきました。見た目は、ステンレスのほうが表面がしょうゆ色が強くくらいです。
切ってみました。 

c0228646_17153968.jpg

ステンレス鍋大根は包丁が入りませんが、銅鍋大根はすんなり切れました。
銅鍋大根は十分に軟らかいのに、ステンレスは力を入れて切ったら、包丁がまな板にあたって音をたてるくらいまだ硬さがあります。(切れ味がやや悪くなった包丁を使用)

固さの違いが分かりやすいように、手で折ってみました。
c0228646_17242115.jpg

ステンレス鍋大根は、曲げたら、グーンと沿りますが、折れません。
銅鍋大根は軟らかいので、ちょっと曲げたらすぐに折れます。

これ、どちらも15分間同じように火にかけたものです。

銅鍋のほうは中によく味がしみていて、こんなの短時間でしみるから、かなり薄味で良いはずだと改めて思いました。出汁だけでも15分でだいぶ味がしみるんではないでしょうか。

次回は、味と煮崩れの実験してみます。
# by kitchenparadise | 2017-01-17 17:21 | キッチン道具について | Trackback

木のまな板の使い方

昨日、お嬢が洗い物をしているのを後ろからのぞくと、スポンジに洗剤をたくさん染み込ませ、ゴシゴシあらっている。しかもまな板に熱湯をかけようとしていて、
「ちょっとちょっと、洗い方が違うよ~。」と止めにはいった。

やれやれ、ブログでは道具の使い方を説明しているのに、自分の娘には伝えてなかったのかと反省。
高校生にもわかりやすいように「木のまな板の使い方」を復習します。
*************************************************************
①使う前にさっと濡らす
c0228646_1316630.jpg


いったん濡らして水分をしみこませておくと、その上から汚れがつきにくくなり、ついても落ちやすいのです。
濡らしたまな板の水分は拭きとっておきます。

②タワシで洗う
c0228646_14145842.jpg



洗う時は、清潔なタワシで木の目に沿って洗います。流水で洗ってください。包丁の傷目には汚れが入り込むので傷目に沿って洗うのもポイントです。まな板の側面は見えない汚れがついていて、水分や汚れがたまると一番かびやすくなる箇所です。たまには側面も軽くこすってください。

③熱湯はかけず、水かぬるま湯で

魚や肉のタンパク質などが付着したまま熱湯をかけると、逆に汚れがまな板の表面で固まってしまいます。汚れがついたまま、熱湯はかけないようにしてください。(ぬるま湯までならOK)
木の素材はスポンジよりタワシのほうがきれいに洗えます。野菜を切ったくらいではあまり汚れませんのでスポンジでもいいでしょう。油汚れが気になる時はさっと表面を洗剤で洗っても構いませんが、流水で丁寧に洗い流してください。残った洗剤は黒ずみなどの原因になります。

④たまには塩をかけてこする

c0228646_14434677.jpg


色素が付いたり臭いが気になる時は、塩とタワシで洗います。何度かこすると汚れが良く取れます。酢水を吹きかけると殺菌になります。

(注;洗剤で洗うのか否かについては、天然素材だからNOというご意見と、洗ったほうがきれいになるというご意見に分かれるようですが、基本的には使わずに済むというのが私の考え。油でべとべとな時だけ、浸さずにさっと使って表面をきれいにし、その後は洗剤が残らぬようにタワシで洗っています。)

⑤布巾で水気を拭いて、日陰干し
c0228646_153517.jpg



干す時は、日陰の風通しが良いところで。直射日光だと木が反ることがありますので気をつけて。
タオルや布きんの上に立て掛けると、乾き具合によっては、下の小口がカビやすくなります。写真のように浮かしたほうがいいでしょう。木のザルや、割りばしなどは水分を吸うので、下に置いて乾かすと、小口が空気に触れますし、割り箸やザルなら接点の水分を吸い取り、カビにくいです。

木のまな板は2枚持っておくとよいです。またはプラスチックをお持ちの方は交互に使うとか。
乾ききってないまな板を濡れたまま何日も使うとかびてしまうことあります。
また、外が雨で乾かせないときは、空気がよどまない室内に立てかけておきます。人が動くリビングなどの場所のほうが乾きやすいでしょう。水分は上から下に流れるので、木の目に沿って縦に乾かしたほうが、乾きやすいです。室内でしか乾かせないときは、たまに上下をひっくり返したりすると効果的です。
# by kitchenparadise | 2017-01-16 13:07 | キッチン道具について | Trackback

お気遣いいただき。

今週、ラボの水栓が漏れだしたので、管理会社経由で工事担当者さんにきてもらうことにした。

「お急ぎで申し訳ないのですが、いま大宰府なのです。終わったらすぐに伺います。
13:00過ぎくらいだと思います。」とのこと。

水を出さなければ漏れませんから急ぎませんよと言って電話を切った。

予定通り13:00頃来てくれて、30分間ほどの作業が終了。

お礼を言って玄関で見送る時、大宰府の現場から昼食抜きで駆けつけてくれたであろう彼にお礼を言った。
「急いでくださったんで、お昼まだですね。お腹すいちゃったでしょう。ごめんさいね。」と、簡単に。

その工事の方は、閉めようとしたドアを、また開けて、まっすぐこちらをみて、こう返してくれた。
「今から食べるようにしていますから大丈夫です。お気遣いいただき、温かいお言葉ありがとうございます。」
しかも、機材を下において、一礼された。私の目をみて、ニッコリして、ドアを静かに閉めた。

笑顔と、丁寧さと、それでいて親しみやすさのある彼との短い会話で、なんだか丸一日いい日になった。

同じありがとうでも、伝わるありがとうとそうでないのがある。
「お気遣いいただき」っていうその言葉通りの気持ちが伝わってきた。

ことばって大事だけれど、その前にその心があるかないかは、わかっちゃうよねって思う。

こちらこそ、ありがとうございました。
# by kitchenparadise | 2017-01-14 18:11 | 言葉 | Trackback

キッチンパラダイスのなりたち その4

キッチンパラダイスのなりたち その4です。
これまでのその1からその3はこちらからご覧ください。

**************************************************

キチパラを始めて1年半経った頃、いまから14年前です。
弱音を吐いた私に父が送ってきたのは、和紙に書かれた巻紙の手紙でした。

「水はザルには溜められません。ボウルにしないといけません。お金が使えないなら、頭を使いなさい。」

水は売上、ザルは経費のこと。
当たり前のことですが、入ってくるお金以上に外にでるお金が多いと、会社はつぶれますよと。
分不相応な経費の使い方はしない、
売上を上げる資金が無いのなら頭を使って売上をあげなさい、そう言いたかったのでしょう。


小さい娘の子育てと家事、毎日夜中までもちこした仕事でクタクタで、なんとかこなすのだけで必死。
展望を考える余裕なんて全く無かったどん底の時期でした。

父からの手紙を何度か読んだあと、衝動的に裏の駐車場に走りました。大家さんに駐車場の契約を解除してもらうためです。まずは、経費を節減できるものはすべて節減しよう、そこからだと決めました。
通勤を車でなく自転車にしました。娘の保育園は家から4キロ、会社まで3キロと決して近くありませんが、運動不足の解消にはもってこいでした。娘は自転車通勤がよほど楽しかったようで、いつも風に吹かれながら歌を歌いながら帰りました。坂道の難所での立ち漕ぎしていると「がんばれ、がんばれ」と楽しそうに後ろから私を応援する娘の言葉が、母として仕事人としての私への励ましに聞こえました。

その日に動いたことがもうひとつ。夜中にキチパラのHP上に、新しいページを作成しました。
当時のキチパラは台所用品の販売に合わせて、カナダのシステムキッチンの販売も行っていました。キチパラのお店はそのシステムキッチンのショールーの役割も担っていたのです。売上ると利益は多いものの、年に2回ほどの海外との取引がキチパラには大きく負担でした。予定通りに売れないと、それは単なる在庫です。売れたら売れたで取り付けや打ち合わせが土日にはいることもしばしば。娘との時間を割かなくてはいけませんでした。

このカナダのシステムキッチン販売から撤退することに決めたのです。そしてこのキッチンを格安販売で売り切り、支払にあてようと考えました。夜中に作ったネットのページは、そのキッチンを販売するページでした。
200万円もの定価の海外のキッチンを一気に60万円に。資金繰りのための70%OFFというありえない価格は、私の賭けでした。すぐに売れなければ支払いには間に合わない、しかも現金で。

私の決断の結果は驚くほどすぐにでることになりました。ページをアップして6時間も経たないお昼頃、一本の電話がかかってきたのです。岡山のある奥様からでした。
ご主人が水道などの設備の会社を経営しており、新築中のご自宅の輸入住宅に合う木製キッチンを探していたということ。週末に大きなトラックで取りに行くので、用意して欲しいと。先方が工事会社の方であったことから、商品を渡すだけで仕様などの説明など一切不要で、工事に立ちあう必要も要りませんということでした。

日曜日にご家族でお見えになり、なんと現金でお支払いただいたのです。
神様が降り立ったようでした。
岡山に向かうトラックに深々と頭を下げました。

その日は、父から手紙をもらった7日後のことでした。

これからは弱音を吐かず、落ち込まず、真剣に考え挑戦しようと決めました。
私がなぜこの仕事のしようと思ったのか、なぜ続けたいのか、そのためにどんな努力が必要なのかと改めて考える、本当の創業の年になったのかもしれません。

この時期、母の勧めである方に会いに行きました。私の人生を変える出会いとなりました。
その1からちょっとした苦労話自慢みたいになってますが、次回は楽しい話になりますから。
また折をみて書きます。

***********************************************************

福袋のお受渡しが始まっています。店頭受取の方はお越しくださいね。発送は順にお送りしています。
福袋の中にいくつか説明不足の商品がありました。たとえば「小分け名人」」という透明の容器です。
こちらは、「小分名人」という商品です。材質は、ポリプロピレン(耐熱120℃・耐冷-20℃)の保存容器です。
冷凍保存や電子レンジも可能です(内側の容器のみ)。匂いのあるものや調理済みのものは長期間はむきませんが、薬味やお弁当の素材、ネギやごまなどを小分けするして、調理前に準備しておいたりする保存容器です。説明不足をお詫びいたします。
何かご不明な点がありましたら、ご遠慮なくお知らせください。staff@kitchenparadise.com
# by kitchenparadise | 2017-01-13 11:22 | キチパラのなりたち | Trackback

銅製品の昔と今にせまる

玉子焼器、鍋、オロシ器、ボウルなどなど、キッチンパラダイスでは銅製の台所用品をお勧めしています。ですが、銅は変色したり緑青がでたり、錫コーティングしたものは高温にも気をつける必要があるためか、多くの方が台所用品としては面倒だと思われるようです。
実際は、銅で作った玉子焼、銅でおろした薬味、銅で作った煮物、どれもほかの鍋では味わえない特別な美味しさがあり、いったん使うと、ちょっと面倒そうな使い方のコツを覚えるくらい何てことないいと言う人ばかり。
とはいいながら、銅製品はこれからお茶の間に広がっていくほど価格が安くはないのが現実です。
しかも、近い将来、とても買える価格ではなくなる可能性もあるというから大変なのです。

銅は人類が手にした最初の金属です。あちこちの遺跡からも発掘されていることからわかるように、叩いて延ばして色々な器具や装飾品を作り始めたのが始まりです。
実用金属として使われたのは6000年以上も前。青銅ができてからは、スメリア文明および前王朝時代のエジプト文明以来あらゆる文明に貢献しました。ちなみに銅と青銅って違いが分かりにくいでしょうが、青銅というのは、錫をわずかにまぜた合金です。昔は、斧、剣、壷など、銅像なども青銅、大砲や、釣鐘、10円玉も青銅です。(10円玉は亜鉛も含まれていますが。)

日本の最初のお金「和同開珎」は銅です。以来、日本では全国の鉱山から銅を採掘し、お金だけでなく、神社仏閣、のちに日用品にも使われ始まるのです。江戸時代は、銅製錬する職人が1万人もいたそうです。

1770年代に始まったイギリスの産業革命は銅の生産にも大きな変化をもたらしました。銅生産による公害の問題もあり、1880年以降の銅生産は北米に移ります。ちょうど明治政府以降推し進めてきた銅生産の政策も、低価格のアメリカ銅の輸入で苦境に追い込まれました。当時の煙害問題があったりと、紆余曲折をへて、現在の銅の国内産出はゼロ。すべて輸入に頼っており、製錬所も2か所を残すばかりとなったそうです。(2006年)

平成16年の調査で、日本で出荷される銅と銅合金のうち、日用品はわずか2.6%。
今ではそのほとんどが、電気機械類、建設関連などに使われています。銅は電気を通しやすいため、電線や電子基板にも使われ、パソコンや携帯などにも使われているため、年々価格が上昇し、日用品としては買いにくくなりつつあるわけです。

近年、中国の経済成長とともに、銅はどんどん値上がりしました。今後、アジアやアフリカなどの経済発展を考えると、近い将来、日用品としての銅製品はとても手が届かない商品になることは間違いないと、私は考えています。そうなのです。私たちが普段使いしている鍋や玉子焼の銅は、原油や金と同じく、その時の世界経済によって価格が変化しやすい素材なのです。とくに、この数十年。

1980年にロンドンで取引された銅の価格は1トンで2185USドル、2011年は同じ量で8823USドルです。
トランプ政権によって、内需拡大路線が始まると、さらに建築や電気機器の需要が高まり、銅価格が跳ね上がることも考えられます。

今日のブログは、とても銅鍋を販売している台所道具店の内容ではなくなってしまいましたが、笑)
ようは、銅の価格は今でも十分高いし、今後も高くなり、日用品ではなくなるかもと私が勝手に危惧しているわけです。もともとの使い方と大きく変わってきたことで、台所の一流品が脅かされてるといっても過言ではないと思います。

来週は、銅製品が、台所道具としてなぜそんなに優れているいか、それを書いてみたいと思います。
明日は、キチパラのなりたち4です。
# by kitchenparadise | 2017-01-12 13:03 | キッチン道具について | Trackback

一生モノの銅の道具月間

2017年1月末まで、
銅の良さをお伝えする「一生モノの銅の道具月間」を行います。

銅がなぜ料理の良いのか、どう美味しくなるか、どんな風に使うか、どう洗うかなどなどを週に何度にわけてご案内していきます。
私たちスタッフは「銅」の魅力にはまっており、玉子焼器はもちろんのこと、銅鍋、銅オロシなどいろんな道具を銅で揃えて日々使っています。ちょっと難しそうに感じる方も多いかもしれませんが、そんなちょっとした道具への気遣い以上に、銅でなくてはできない仕上がり、美味しさがあるのです。
1/31までの銅の道具月間中は、いくつかの道具をお求めやすい価格にもいたしました。


一度買えば一生モノ。
今月はちょっとだけ銅のことを知って、その特別な仕上がりと美味しさを味わってみてくださいね。

c0228646_13592440.png


銅製段付鍋

15cm 19440円→17496円
18cm 24840円→22356円
21cm 30240円→27216円
24cm 36720円→33048円 


銅製玉子焼器

関西型 10800円→9720円
ミニ型 6696円→6026円
(期間中、油ならし用のさらしもおつけします)


銅製ミニオロシ 

ミニオロシ大  2484円→2236円
ミニオロシ小 1944円→1750円


銅の商品はキッチンパラダイスHPからどうぞ!


# by kitchenparadise | 2017-01-11 13:51 | おしらせ(SALE等) | Trackback

2/4 洋子先生基本ごはん会

追記:満席になりました。(1/12)

友納洋子先生のラボ講座を行います。2017年1月11日(水)10時30分から応募開始です。
メールと電話で受付いたします。

2017年2月4日(土)
「洋子先生の基本ごはん会 vol.7 春のちらしずし」 
講師:友納洋子先生(料理研究家)
午前の部 10:30-13:00
午後の部 14:00-16:30

場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:3500円 参加数:各6名×2
内容:デモ+実習+試食
持ってくるもの:筆記用具・エプロン
メニュー:洋子先生の春のちらしずし、菜の花とふきの和え物、ささみのあられ揚げ、お吸い物(予定)


この春お母さんになる洋子先生が春を待つ彩豊かなメニューでみなさまをお迎えします。このラボ講座のあとは講師をしばらくお休みされる予定です。
この機会に基本をおさえたお料理を学んでみませんか。

タイトルに「洋子先生ラボ講座」と書いていただき、お名前、お電話番号、午前の部か午後の部かを必ずお書き添えください。
メールはstaff@kitchenparadise.com に、 お電話でのお申し込みは092-534-6311です。
同じ時間に応募があった場合には抽選になることがございますのでご了承ください。

洋子先生は、三溝清美先生のアシスタント8年間務められました。現在は、西部ガスクッキングクラブの講師などもなさっています。ラボ講座では、はじめての方にもわかりやすいレシピや素材の説明がとても人気です。
ご家庭のお寿司は我流だったり、市販のすし酢まかせという方も多いかもしれません。春を迎える前に、家庭ならではのお寿司の基本を勉強してみませんか。
ご応募お待ちしています。

c0228646_10465542.jpg

# by kitchenparadise | 2017-01-10 10:48 | キチパラ講座 | Trackback

2017年キチパラ福袋の店頭販売終了

2017年の福袋の店頭販売はさきほど終了しました。整理券は、9:15分頃お越しになった方までが間に合われたようです。朝早くから多くのお客様にお並びいただき、本当にありがとうございました。

朝9時頃のキチパラ前の様子です。
c0228646_13285553.jpg

1時間以上お待ちになった方がほとんどで、お寒かったことと思います。

10:30から整理券の番号順に福袋を選んだいただきました。
今年、サービングキャセロールが当たった方は、なんと、、、一番先頭に並ばれていたS様でした!せいりけんまで2時間もお待ちいただきありがとうございました。そして、おめでとうございました!
c0228646_13355123.jpg


インターネットで福袋をご応募いただいた方には、来週の1/10(火)以降に発送を始める予定です。
こちらにも当たりがあるのですが、さてどなたに当たるのでしょうか??お楽しみに。

福袋もですが、キチパラは今日から初売り。今日限り、ハズレなしの「初売クジ」なるものを行っています。
お買いもの前に引けるこのクジは、1月末まで使えるキチパラの割引き券です。
ぜひ本日18:00までにお越しください。

明日からは2日間定休日です。
# by kitchenparadise | 2017-01-07 13:46 | 福袋 | Trackback

2017年の福袋店頭販売と初売クジ

c0228646_11165798.gif
(追記:福袋は整理券の配布が終了いたしました。1/7 10:00am)

2017年の福袋の店頭販売のご案内です。

■福袋販売日 2017年1月7日(土)10:30-
■整理券配布は10:00から
■限定30個
■1個5400円(現金のみ)
■中身は12000円相当以上のキッチングッズ
■1名にシャスールサービングキャセロール20cmピンク!
   (定価25920円+a)



今年は、鉄のフライパン「極」、アイザワのボウル・ザル、オクソの保存容器、オリーブボード、などなど多彩な商品がたくさん入っています。
毎年、たくさんの方に並んでいただく福袋ですが、例年ですと9時半くらいまでに並んだ方が間に合っているようです。30分前でも間に合わなかった年もあれば、販売開始後12時頃まで残っていた場合もあり、なんとも申し上げられなくて申し訳ありません。福袋はおひとり様1つですが、ご家族単位で1個でお願いいたします。

今年は、7日初売りに来られた方全員に初売クジがあります。

初売クジは、キッチンパラダイスの商品が5%か10%の割引きになるクジです。必ずどちらかが当たります。ご来店の方みなさん全員に引いていただきますので、福袋に間に合わなかった方にもぜひ引くまで必ず待ってくださいね。
初売クジ開始は9:30です。

7日初売にご来店の方は、まずカウンターでクジをひいてからお買いものを!どなたでも1回引けます。
初売クジは18:00閉店までです。(割引期限は1月末まで)
近くを通った方はぜひ初売りにお立ち寄りください。

では、7日お待ちしています!!!

# by kitchenparadise | 2017-01-06 11:31 | 福袋 | Trackback

お手伝いという遊び

あけましておめでとうございます。今日が仕事初めの方が多いででしょう。キチパラの営業は7日土曜日の初売り福袋から、スタッフの集合は6日とのんびりです。お節や料理を作ったり、それぞれの自分の時間がもてるように、お正月だけはゆっくり始動することにしています。申し訳ありません。

お正月といえど家族が集まり来客を迎えるとなると、やはりお節の準備や片づけで忙しいものです。
そんな中、みんなでワイワイおせちを作っていると、必ず子供たちが台所をのぞきに来ます。大きいお姉ちゃんがすり鉢をすると、その下の子がやってきて、そしてまたその下の子が私もやりたいとやってくる。正月行事のひとつです。
c0228646_10583947.jpg

いつもは頼まないと何もしない我がお嬢も、ここぞとばかりにお姉さん風を吹かせ、「ほらほら、すりこ木は片手は動かさないのよ。すり鉢の下には濡れ布巾よ。」と2歳に教える光景も楽しいです。笑)2歳の姪、なかなか上手にすりこ木を握ってるでしょう。こんなちょっとしたことが一生の技術になるのでしょう。

一人なら面倒になるお手伝いも、みんなが集まれば遊びになる。
大勢の中で育つ経験は何よりの教育ですよ、という桧山タミ先生の言葉が浮かびました。
今年も「みんなで集まる」機会を増やしていきたいと思うお正月でした。

今年の前半は、私の長年の夢をかなえるべく、ちょーっとがんばろうと思っています。またご報告します。「人生、冒険と決断の連続」というよしもとばななさんのブログの言葉をお借りして、今年も豊かな人生を目指して、自分らしい冒険と決断をしていきますよっ!

今年もよろしくお願いします!
# by kitchenparadise | 2017-01-04 11:15 | 私の日常 | Trackback

今年もお世話になりました

2016年が終わろうとしています。今年もお世話になりました。
仲間に、お客様に、まわりにたくさん支えられた一年でした。
体を壊したりしてスタッフにも心配をかけましたが、彼女たちからいつも励まされました。
ありがたいです。

今日は、尊敬する料理家である桧山タミ先生のところへご挨拶に。
先生は、半年ほど前に私が芋を好きだといったのを覚えていらして、安納芋も蒸かして待っていてくださいました。甘くてジューシーで最高のお芋さんで、遠慮なくたくさんたくさんいただきました。

先生は私の手を触って「文さん、手が冷たいわ」というと、私の背中にまわり、長いこと背中をさすってくださいました。
「こうやって背中をさすると、ハンドパワーで体全体の血流がよくなるのよ」

「先生、ありがとうございます。もう大丈夫です。」
5、6回言ったでしょうか。先生は
「まだまだ。」と長いことさすってくださいました。

40歳以上年上の大師匠。91歳になられる先生に、力強く背中をさすっていただきながら、涙がでそうでした。このご恩をどうお返ししようかと思いました。
先生から受けた愛情は、世の中にお返ししていくのが私の役目です。たとえわずかでも、そうしなくてはと思います。そのためには、それをできる実力もつけなきゃですね。
c0228646_21494932.jpg


来年も頑張りすぎず、一歩一歩前に進みたいと思います。
2017年もよろしくお願いいたします。
皆様にとっても、素晴らしい1年となりますように。
# by kitchenparadise | 2016-12-29 21:43 | 私の日常 | Trackback

キッチンパラダイスのなりたち その3

キチパラのなりたち その3です。(その1はこちら、その2はこちらから)
******************************************************************

キッチンパライスのオープンは私が33歳、お嬢が1歳5か月。子供が小さい時にお店を始めるなんてかわいそうだ思われたかもしれません。私は物事を深く考えるたちではありますが、一度決めたら無鉄砲。頑張れば何足のワラジでも履けだろうという根拠のない自信があったし、経営者だからこそ勤め人より自由時間があるだろうと踏んでいたのです。
そこで、お店を始めるにあたりいくつか決まり事を自分に課しました。

①娘と一緒の時は仕事をしない
②保育園の延長保育はしない
②送り迎え、料理、家事のすべては私ひとりでする
③仕事時間が足りない時は、家族が寝てからやる。寝ない!
④テレビを見る時間と新聞読む時間はなし!
そして、
⑤料理は必ず手作り。冷凍、総菜は買わない。

これだけ頑張れば神様も応援してくれるでしょう。

娘には小さいころからいくつもの習い事もさせました。ピアノ、バレエ、ダンス。常にお店と家と習い事を行ったり来たり。仕事をしてるから時間がないとは思いたくなかったのです。スタッフにお店を任せて、17:00過ぎると毎日飛び出すようにお迎えにいったものです。

しかも、こんな小さな店に当時スタッフは私以外に2人。軌道乗ってない時の給与の支払いは大変でした。娘との時間を考えると、収入は後回しでもスタッフが必要でした。それに、私の稼ぎがない状態で、夫に家事やお迎えは到底頼めません。この段階では、お金がかかりすぎる妻の趣味みたいなもの。

夕方5時に仕事が終わるはずがありません。続きの仕事は家族が寝静まってからになります。
家族が寝た22時過ぎに、車で15分のお店に戻ることもありました。
料理の片づけが終わり、娘をお風呂にいれ、洗濯物をたたんで片づけをして部屋を少し片づけて、娘を寝かせ、0時から仕事再開。睡眠3.4時間。そんな毎日が何年も続きました。自宅なのに座る時間はなく、寝る時間もないので、鏡をみると常に目クマ。
借金は返さないといけない。会社のお金は回らなくなってきた。でも子供との時間が大切にしたい。家事は頼めない。

あまりの忙しさに、1年もたたないうちに疲弊しきっていきました。

1年半経った時、実家の父に初めて「私には能力がなかった、甘かった」と、弱音をはきました。
父は娘をあやしながら聞いていましたが、特に助言はありませんした。
「おかしいなぁ、君は商才はあるはずなんだけどなぁ。」とだけ。

ったく、父が思い付きでいつもそんなこというから、私が調子になって根拠もない自信家になり、こんな失敗するんだ、親譲りだと思ってしまいました。いつ店を閉じようか、借金はどうやって返そうかと思いながら帰路につきました。

翌々日、お店に一通の手紙が届きました。「田中文様」と達筆で宛名書いてある分厚い白い封筒。
父からでした。

とっさに「とうとう、父が小切手入れてきた!」と思いました。

甘えないと思っていたけど、困ったときにはしかたあるまい!
小切手を中から出そうとしましたが、でてきません。
引っ張りだすと、和紙に筆で綴った巻紙のような手紙でした。

「水はザルには溜められません。ボウルにしないといけません。
お金が使えないなら、頭を使いなさい。」

逆さにしても、小切手は出てきませんでした。

ザルでなくボウルか....。

寝ずに考えて、わたしは思いきった行動に出たのでした。
# by kitchenparadise | 2016-12-28 16:12 | キチパラのなりたち | Trackback

なみじゅう出荷中

なみじゅうの年末出荷中です。年の瀬の発送になってしまい大変申し訳ありません。
年末でご不在かもしれないので、スタッフがお電話やメールで確認しながら出しています。携帯に、知らない番号から着信があるかもしれません。キチパラは092-534-6311です。よろしくお願いします。

キチパラ卒業生(キチパラOG)がいつも手伝ってくれます。お嬢とお嬢の友達も加わって、大量のなみじゅうを梱包中しました。おかげで今日で8割が終了。
c0228646_1844890.jpg

キチパラOGのこまっこ・アッキーチームは慣れたものです。
ちょうどOGのおっち、店を手伝ってくれていた友人も帰福して、一緒にまかないランチしました。楽しい時間です。


# by kitchenparadise | 2016-12-27 18:24 | お店でのできごと | Trackback

キッチンパラダイスのなりたち その2

キッチンパラダイスの思い出話、その2です。(その1はこちらをお読みください)

15年前、キッチンパラダイスのオープンにたどり着くまで、頭を抱えた事がいくつかあります。

一番は、ズバリ、お金の問題。OLの時から貯めておいた貯金を頭金に銀行に借りたいと思っていましたが、素人の私にはそう簡単には貸してはくれないようでした。そんな時に見つけた小さな記事が、県主催の「女性起業家セミナー」。男女参画なんちゃらを小泉内閣が打出したばかりで、「このセミナー6回講習を受けた方は、優先的に福岡県が融資する」という内容。飛びつきました。当時、女性が3年以上お店(会社)を続けられる可能性は極めて低いとされ、また市や県がセミナーを受けてもお金の問題で起業にたどりつく女性が少ないことから、受講後は保証なしで融資を受けられる制度ができたようです。託児もついていたこともあり、はりきって通いました。


意気込んで女性起業家融資を12月に申し込んだものの、年度内(3月)までの枠は終了したとはねかえされがっくりです。
改めて紹介された金融機関にアポをとり、経営計画書を持参して面接していただくも、「経験は?」「ご主人は何をされてますか?」「自己資金はもっと出せますか?」最後は親の職業まで聞かれる始末です。融資担当者からは「田中さん」でなく「奥さん」と呼ばれ、落ち込んですごすごと帰りました。
結局、セミナーの甲斐なく、夫に保証してもらい、ようやく借りれました。
誰の力も借りないと意気込んでいたのに、最近からガツンです。

もうひとつ問題は、店舗の賃貸です。素人には貸したくない大家さんばかり。現在借りている物件も、最終契約の時にご主人を連れてきてと言われました。今でこそ、大家さんとは信頼関係がありますが、内心、心配しながら貸してくださったのでしょう。信頼していただけるようになった今は、本当にありがたいと思います。
お店にそんなに賛成ではなかった夫にも、結局は骨を折ってもらわなくてはいけませんでした。

取引をしてもらうため、日帰りで東京にも何度も足を運びました。
ある有名な大手の家庭用品問屋さんからは、アポをとって伺ったにも関わらず、「お店初めて?それならうちはおろしせませんよ。」とはっきり断られ、カタログさえ見せてもらえず退散。(ちなみにその会社とも15年越しにまもなく取引することに)
バーミックスを入荷したいと依頼した別の問屋さんには「いまから福岡支店に現金持っていってください。」と言われ、頭を下げて分けて売っていただいたこともあります。(いまではいいお取引先です)

女性が、しかも未経験者がお店をだすということはこういうことなんだと、自分の甘さを痛感するようなオープン前の2か月間でした。その厳しさのおかげで、信用の為に支払は確実に期日前に、何があろうと遅れないという、当たり前の習慣が身についたように思います。

もうひとつの問題は、小さい娘との時間をどうするかということでした。子育ては手を抜きたくない。毎日手作りのものきちんと食べさせたい。ゆっくり娘の相手をしたい。
台所が好きで、台所の良さを伝えたいのに、娘のことをほったらかしにしてしまったら、もともこもありません。
そのために、自分自身にいくつかの決まりごとを作りました。それはまた次回。

オープンの時の様子です。お花もたくさんいただきました。
c0228646_17555849.jpg

c0228646_17571127.jpg


# by kitchenparadise | 2016-12-26 17:37 | キチパラのなりたち | Trackback

なみじゅうクリスマス

c0228646_17204267.jpg

メリークリスマス!! 
みなさん3連休をいかがお過ごしですか。
作日、天神の街に出たらさすがにすっごい人ごみ!車も全く動かず、駐車場も全く開いておらず。大賑わいです。

さて、キッチンパラダイスでも今日12/24から、店頭でご予約いただいていたなみじゅうの受け渡しが始まりました。朝からたくさんの方がご来店です。
明日2016/12/25(日)は定休日で、そのあと年内は12/26(月)~28日(水)まで営業いたします。予約票をお持ちの方はお越しください。


また、すでになみじゅうを電話やインターネットでご注文なさった方への発送は、216/12/26(月)から始まります。(一部は1月中旬以降、2月末発送です)


クリスマス・イブというのに、キチパラスタッフは総出でなみじゅうクリスマス。みんなごめんね。汗)
c0228646_17192944.jpg


# by kitchenparadise | 2016-12-24 17:09 | なみじゅう | Trackback

福袋の抽選済ませました

2017年のキチパラ福袋、今年もたくさんのご応募ありがとうございました。
今年は30人でしたが、4倍以上のお客様にメールいただきありがたいです。

昨日こんな、アナログな方法で抽選しました。
c0228646_18485484.jpg

受付番号を抽選して照らし合わせて、当選された方には12/21にメールでお知らせしています。
メールを受け取った方は、そのまま返信していただくと、購入予約完了です。まだ未返信の方は12/25までにご返信ください。無効になり、再抽選になります。

残念ながら福袋のネット予約ができなかった方は100人いらっしゃいます。ご希望に沿えず申し訳ありません。店頭販売は2017/1/7(土)です。こちらも当たりが含まれていますし、5400円ですが12000円以上の商品が入っています。お時間のある方はお越しください。10:00に整理券配布です。



# by kitchenparadise | 2016-12-22 19:03 | 福袋 | Trackback

思わず泣いたカレンダー、その続き

(追記:12:26 カレンダーは西部ガスさんから頂戴した部数をすべて配り終え、終了しました。)

数日前、思わず泣いたカレンダーのことをブログで書いたところ、「欲しい!」「12か月全部みたい!」というお声が多く、
15部ほどを西部ガスさんから入手決定!
(追記:15部はすぐ終了したので、また追加をいただきました)
ありがたいです。
で、お分けしますので、欲しい方はメールください!もちろん無料です。
お送りするか店頭でお渡しします。先着順です。
郵送で送ります。送料はキチパラで負担しますのでご遠慮なくどうぞ。(部数がとても多くなってりまいまして、、、取りにお越しになれる方はできれば店頭にお願いします。)

個人のFBとこのブログで西部ガスさんのカレンダーのことを紹介してからというもの、いろんな方とお弁当の話になりました。亡くなられたお母様を思い出されてこみあげてきた方、お嬢さんへのお弁当作りをまた頑張ろうと思い返した方、わけもなく涙がでてきましたよという方など、おべんとうにはそれぞれの物語があるのだと思いました。

私は高校生の頃、朝ごはんを食べる時間がないほどギリギリに起きて飛び出していっていました。
母は私を追いかけきて、「ほら、ばくだんおにぎり。」と、お弁当とは別にカバンに大きなおにぎりを入れてくれたものです。おにぎりはソフトボールくらいの大きさ、うめぼし、おかか、ツナ、昆布、シャケなどいろんな中身が日替わりでいくつも入っていました。学校についてから朝ごはんにひとかじり、2時間後にまたひとかじり。
寝坊した私にばくだんおにぎりを持たせてくれるのは当たり前で、ただお腹すかずに済んだという気持ちしかなく、感謝なんてしてなかったかもしれません。
そんな私が今頃になって、しみじみと有りがたいと感じる。それがおべんとうというものでしょうか。

先日書いたブログをコピペします。カレンダー希望の方はメールください。
staff@kitchenparadise.com

**********************************************

カレンダーを見て泣いてしまった.....。
めくるごとに胸にじわっとこみあげてくる。
そのカレンダーとは、
2017年の西部ガスさんのカレンダー
ふたを開ければしあわせ。
 

c0228646_13175937.jpg

一般発売されているものではなく、お得意様やお付き合い先に配布しているらしい。

1月は、
c0228646_13221659.jpg

「一緒に食べるごはんより、つくってくれた母の顔が見えるお弁当がある」


4月は
c0228646_1324666.jpg

「おかずの数は、母の愛情の深さだ。自分で作ってみてはじめてそう思った。」

5月は
c0228646_13295964.jpg

「母が毎日してくれること、たった1日しただけで ありがとうね、と母は言う」 


私も毎日高校生のお嬢にお弁当を作っている。
どんなおかずをいれるかという、なにげない思考に、無意識の意識がある。
食欲がない夏は、マリネなど酸味があるものをいれようとか、試験の時にはトンカツをいれてみたりだとか、食べ過ぎだという日の翌日は揚げ物は入れないとか、本当になんとなく、なんとなく無意識でそういうことを考えている。それが日常になっている。大切な人のことを大切だと言う代わりにお弁当を作っている自分に気が付く。
私のおべんとうは茶色くって、品数だけは多いけどけっして見栄えがよくない。これを入れると華やかに見えるという見た目はまったく考えず、お嬢の体のことしか考えていない。だから、ときにぐちゃぐちゃなお弁当になるがそれでもいいと思っている。

カレンダーのおべんとうが素朴で飾らないからこそ余計に心を打たれる。「わかるなぁ」という母親目線であることに加え、ようやく私が母に感謝できる年齢になったこともあるなと思う。

このカレンダーは、
12月「お弁当ができたてのごはんよりあったかい日がある」
で締めくくられている。
たぶん、子ども目線ではそんなことは思わない。こんなことを思える大人になるのはまだまだ先のことだと思う。
だけど、ケンカしても、反抗されても、お弁当箱を洗わなくても、変わらず子供を想っているているというのが、いつかは伝わる日がくると信じられる。そんなカレンダーだ。

レシピもついていて親切。西部ガスさん、いい仕事です。

最近、instagramを始めました。お嬢に作るお弁当の記録のため。撮影のためにかっこつけないことにして、アップしています。お恥ずかしながら。
https://www.instagram.com/aya.tanaka.kp/

# by kitchenparadise | 2016-12-21 07:00 | お店でのできごと | Trackback

海賊と呼ばれた男を観て

先週ひとりで「海賊と呼ばれた男」を観に行った。原作が面白かったと聞いていたので期待していったが、結果は...まぁ期待スレスレ。永遠の0ほど胸に迫るものはなかったけれど、2時間以上の映画で飽きることなくみることができ、観てよかったなという感想。

これはおそらく女性より男性は喜ぶだろうなぁ。

ひとりの青年が、明治から昭和にかけての激動の時代をかけぬけ、日本に勇気を与えるような大事業を展開していくというストーリー。石油業界から排斥され、売る石油されもない状態でありながら、社員をひとりも解雇せず、旧海軍の残油集めなどで体をはった仕事をうけながらも、店主(岡田准一)に全員がついていく。
社員を家族のように考え信頼する、常に勇気ある挑戦を選択し最後まであきらめない。人望がある。
だからみんなが命をかけて彼についていく。実話をもとにしていることに感動する。
人間関係が美しい。

「おもしろい!」というより、「勉強になるな~」と感じた映画。
岡田君、立派。


ところでこの映画、キャナルシティのプレミアム・ダイニング・シネマのラグジュアリーシートで観た。
みんな知らないでしょ?
c0228646_1795537.jpg


リクライニングができるシートでゆったり、しかも飲んだり食べたりしながらゆっくり映画鑑賞できる。
3800円。映画鑑賞に、2000円分の食事チケットがついている。ノンアルコールビールは500円。それはいいとして、サラダ(500円)もまぁいいとして...若鶏のクリーム煮(1000円)は最悪だった。300円でも食べないしろもの。
次回は、チーズのもりあわせとかを食べながらビールを飲み、最後にケーキ食べて帰ることにしよっと。
ネットからシートの予約ができますよ。キャナルのユナイテッドシネマ、プレミアム・ダイニング・シート


# by kitchenparadise | 2016-12-20 17:03 | 私の日常 | Trackback


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
キチパラのなりたち
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
未分類

以前の記事

2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

じわっと泣いてしまう「この世..
at 2017-01-19 11:58
奈佳先生の冬の韓国料理ラボ講座
at 2017-01-18 12:25
銅鍋の実験①調理時間
at 2017-01-17 17:21
木のまな板の使い方
at 2017-01-16 13:07
お気遣いいただき。
at 2017-01-14 18:11

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧