9月の一生モノの鉄のフライパン月間、明日まで。

明日9月30日まで、「一生モノのフライパン月間」と題して、私たちのオススメのフライパンを少しお求めやすくした企画を開催中です。オススメ定番品が買いやすい年に1回だけのチャンスです。
マトファー社のフライパンとタークのクラッシックフライパンの2種類、すでに完売した大きさもあります。
大きさで迷う方も多いようです。店頭かお電話ででもスタッフにご相談ください。092-534-6311キッチンパラダイスまで。

タークのフライパン
は、20.22.28cmは終了して、18.24.26cmは在庫があります。

18cm 15120円→ 13608円
20cm 17280円→ 15552円 終了
22cm 19440円→ 17496円 終了
24cm 21600円→ 19440円
26cm 24840円→ 22356円
28cm 28080円→ 25272円 終了
(店頭サンプルは終了分の場合でも在庫あります)

9月のフライパン月間では10%OFFです。
ターククラッシックフライパンの限定購入はこちらから

マトファーはすべての在庫があります。

22cm  8,964円→ 6275円
24cm  9,720円→ 6804円
26cm 11,664円→ 8165円
28cm 13,500円→ 9450円

9月のフライパン月間では30%OFFです。
マトファーフライパンの限定購入はこちらから

詳細は、企画のことを書いたブログで!
# by kitchenparadise | 2016-09-29 12:56 | おしらせ(SALE等) | Trackback

悩まない鉄のフライパン

c0228646_1204271.jpg昨夕、ももち浜ストアの取材を受けました。オンエアーはたぶん10月後半。東京からゲストさんが来られて(まだ内緒)プライベードで鉄のフライパンの話になったのですが、
「僕も鉄のフライパン持ってるんだよね。フライパンも中華鍋も。なんだかうまくいかないのよ。焦げやすいっていうか、焦げグセがあるっていうか。しまいこんじゃってる。」とのこと。
彼は結構料理好きらしく、撮影後、キチパラでショッピングしてくださいました。そんな料理好きでも鉄がうまくいかないとはもったいないことです。「中華鍋は薄いですか?」と聞くと、「いや、意外と重いよ。」と言われてました。

中華鍋、鉄のフライパンがうまく使えていない方には、必ず原因があります。

①鉄の板厚が薄い!! 
中華鍋・鉄のフライパンには薄くて軽いものがあります。このような鉄は熱伝導が早すぎて、素材をあおりつづけないと表面が焦げます。薄い板厚のフライパンは焼くのには向いていません。揚げ物の場合は油を多めに入れないと油温度が上下するので、どうしても焦げたり火が通らなかったりするのです。

②油ならし、油なじみがうまくいってない!! 
新しい鉄のフライパン・中華鍋は、買ってすぐます油ならしをします。洗って→焼き切って→洗って→火にかけて油をなじませて→コンロで乾かす、という一連の作業です。まず、この最初の油ならしが肝心。
何度も使うと油がなじんで焦げなくなりますが、使い始めてまもなくは常に油をしみこます感覚が必要で、大目に油を投入したほうが無難です。
また予熱も大切。低温の場合は油を入れてもくっつきやすいです。

③汚れカスが取れていない!! 
油なじみがうまくいかないと、汚れが鉄の鍋肌にこびりつきます。洗う際にうまく除去できないと、次もそこが焦げます。汚れカスが次のカスを引き寄せています。

④洗いすぎ!! 
中性洗剤を使わずに洗いますが、使わずとも金タワシでゴシゴシ洗いすぎると、表面の油分が取れてしまいます。汚れがついたらお湯で洗うか、水を沸騰させて洗うとよく取れます。鉄は表面が毛穴のようになっていて温度があがると毛穴が開き汚れが落ちやすくなります。

⑤焼く場合は、素材を焼けるまで動かさない!! 
野菜はそうでもありませんが、鉄は肉や魚、卵などのタンパク質が特にくっつきやすいのです。表面に火が通れば離れやすくなるので、それまで動かさずに焼きましょう。焼くフライパンは薄手の中華鍋、軽いフライパンは向いていません。少し重いのを買うと、きっとうまくいきます。


ほかにも、コンロのクセなどもありますが、これはしかたないですね。コンロを変えたり向きを変えて焼いてみてください。


おしらせ:キッチンパラダイスでは、9月は一生モノの鉄のフライパン月間です。タークとマトファーがいまだけ価格です。まもなく終了です。こちらから
# by kitchenparadise | 2016-09-28 12:07 | キッチン道具について | Trackback

やっかいなストレス

先日読んだ白石一文の小説にこんな一節があった。

「人間が自分の要求をはねつけると、体が体に抵抗する。
大切なことはストレス自体でなく、そのストレスにどう対処するかである。」


雑誌社の編集者であり取締役、離婚歴のある男性が、突然余命を宣告される物語。家族も自分の体も振り返らずに仕事に邁進していた主人公が途方にくれる。
「なぜ病気になってしまったのか」、「何のために生きるのか」という問いかけが続き、まるで自分が主人公になったかのように考えさせられた。

実は私はストレスをあまり感じない。少なくとも感じないと数年前まで思っていた。ところが長期入院していた姉が亡くなった直後、頭痛や関節痛がおさまらず、友人の勧めで半ば仕方なく専門家の門をくぐった。
「ストレスですね。あなたは身体表現性疼痛性障害の典型です。」と言われてしまった。
説明を受けてもわからず、診察室からでるとすぐにググった。

「身体表現性障害は、痛みなどの自覚的な何らかの身体症状があり、日常生活が妨げられており、自分でその症状をコントロールできないと考えている病態を指しています。」とあり、さらに原因には
「もともと、身体感覚に敏感で悲観的にとらえやすい繊細な人がなりやすいほか、心身の過労(たとえば親の介護疲れや過度の残業など)や身辺の環境変化(たとえば職場異動や引越、近親者との死別など)がストレスになっていることを認識しにくく、言語化できない人の場合に身体症状として表れることがあると言われています。」

そもそも悲観的でない。繊細でもない。ただスバリだったのは、ストレスになっているのを認識できていなかったということ。ストレスで鬱にならない代わりに、身体症状として現れるというのがまさにそう。
私はストレスが無いのではなく、ストレスなんてないくらい明るく前向きな性格だから大丈夫だタカをくくってただけで、体は脳より正直だったということ。大いに反省した。

小説の主人公が「なぜ病気になってしまったのか」について悶々と悩むに場面に胸を突かれた。私も病気の原因を、ストレスの原因をさぐろうさぐろうとした。原因を知れば納得して良くなると思って。それはストレスを増長させた。

「人間が自分の要求をはねつけると、体が体に抵抗する。大切なことはストレス自体でなく、そのストレスにどう対処するかである。」

専門家の先生はこうアドバイスしてくれた。
「どうしようもないものはあなたではどうしようもないんです。だからいま100%で生きているのを120%にして、20%はこれまでのあなたではないあなたの生活を送ることが大切です。」

小説の中の主人公は、生活の優先順位が全くかわってしまった。
私はというと、20%の意味がようやくわかりはじめ、数年経過してなんとか今は快復している。

ストレスは誰にでもあると思うけれど、その問題を会社や状況や、他人せいにしても変わらない。原因はどうであってもしかたない。
分かったとしても他人も過去も私には変えることができないから。
それなら、少し考え方を変えてみるか、違う自分を生きてみるしかない。

尊敬する桧山タミ先生に相談したことがある。
先生はストレスはないのでしょうかと。
「ストレス?知るもんかい。考えるなら寝たほうがましよっ。」
桧山先生、御年90歳。全く病気知らずもうなずける。

# by kitchenparadise | 2016-09-27 11:59 | 私、こう思う | Trackback

実験、実験、食べてまた実験。

私の毎日の食事は...いえ、食事だけでなく昼間の仕事中もだけれど、常に実験。もともといろいろ気になるほうだけれど、ここ10年以上、気になったら試さずにはいられない性分となってしまった。
ご飯の浸水時間を毎回変えてみたり、蒸らし時間を変えてみたりするのは毎日のことで、揚げ物の時の温度を毎回10℃程度変えて時間を計ったり、新商品のピーラーが出たら「ひとりヨーイドン」をして、剥く時間と向きやすさをテストしたり。だって、だまって料理を作るってことができない。気になってしかたないから。

今日は、私が最近試したいくつかの実験をご紹介。

分厚い鉄のフライパンでハンバーグを何分で焼けるか問題。

タークのフライパンで実験。200℃に上がった時点で、常温に戻したハンバーグを投入。
c0228646_12164730.jpg

強火に近い中火で1分30秒して裏返して、弱火にしてフタをせず3分。
余熱2分。


c0228646_12191022.jpg

よく火が通っている。肉汁もたっぷり。

これはタークで、こぶりのハンバーグを焼いた時。(26cmのターク)
裏返したあと、いったん濡れ布きんの上においたほうが焦げはつきにくい。
鉄の厚み、投入する時の温度、素材の厚みで違うので、正解がないことを毎回やっていて意味があるのかわからないけれど、間違いなく言えるのは、厚みのある鉄なら肉のうまみがでやすく、お弁当など冷めても美味しいと言える。

スロージューサーでどれくらいの量のジュースができるか問題

スロージューサーは低速で素材を圧縮するため、酵素が残り身体に良いとされている。お砂糖を入れたように甘くサラサラ飲みやすいので、お嬢が気に入ってるけれど、なんせカス(繊維)がたくさん出てもったないというのが私の感想。なら、どれくらいもったいないのか計ってみようかと。
c0228646_12484755.jpg

ブルーベリー、なし、パイナップル、セロリ、リンゴ、にんじん。
あわせて500gジャスト。

ではスロージューサーにかけます。
c0228646_12534852.jpg

色が綺麗。左はセロリ、右は人参を多めにいれた時。同じ500gでの材料でも、水分量によってでてくる量は少しづつ違うのがわかる。
c0228646_12541343.jpg

500gのうち、繊維のカスは98g。人参の時は130g。5分の1から4分の1くらいは繊維らしい。
c0228646_13161799.jpg


500gの素材でのできあがりは、230cc~300ccくらい。

野菜や果物水分量はそれぞれ違うから、これも答えなんてないけれど。
500gで2人分くらいのジュースができるってこと。
スロージューサーは分解して洗うのが面倒。美味しいから我慢かな。


次の実験は、酒か酢で木製品についた魚臭さがか取れるか問題は...
長くなりそうなので、これは後日にします。
****************************************************************

明日は、桧山タミ先生の1日店長の日です。時間は13:00-15:00.詳細はこちら
おしらせ:キッチンパラダイスでは、9月一生モノの鉄のフライパン月間です。タークとマトファーがいまだけ価格です。こちらから

# by kitchenparadise | 2016-09-26 12:19 | キッチン道具について | Trackback

いったいどの鉄のフライパンは買えばいいのだ?

「いったいどの鉄のフライパンは買えばいいのだ?」
Amazonの口コミみても、メーカーが違えば価格も違うので、どれを買えばいいかさっぱりわからないという方も多いことでしょう。ひとことで「鉄のフライパン」といっても、「製法」と「厚み」の違いで、使い勝手が全く違ってきます。
*************************************************************
そこで、まず製品別に厚みだけ比べてみます。ズバリ言うとこういうことなのです。

「薄い鉄のフライパンは、パパッと炒める用
厚い鉄のフライパンは、素材の奥に火を通す用」



■持ってみて軽いものが薄いフライパンはこんな商品
・有元陽子ラバーゼ 鉄のフライパン18cm 20cm(厚み1.2mm)
・柳宗理 鉄フライパン (厚み1.2mm)
・山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.2mm)
・フライパン (ambai)(板厚1.2mm)

板厚や底厚表記がない場合で、もっと軽くて安いものはここに入ります。0.9mmとかめちゃくちゃ使いにくいのでせめて1.2mmくらいからにしましょう。

↑薄焼き卵、スクランブルエッグなど卵料理、炒め物、焼き色を付ける、パスタなどにも向いています


■持ってみて重いものが厚いフライパンはこんな商品
・タークのクラッシックフライパン(鍛造)
・マトファーのフライパン(2.5mm-3mm)
・ロッジのスキレット(鋳物)


↑厚く切ったステーキ、ハンバーグ、パンケーキ、野菜のグリル、鶏もも肉のグリルなどには最適。
短時間で中によく熱が届くので、旨味を閉じ込め美味しくできます。焦がさずムラなく焼くのが簡単です。焼き物なら100点。ただし重くて煽れない場合が多い。


■その中間が1.6mm底厚のもの。
・山田工業所 鉄 打出片手中華鍋(板厚1.6mm)
・リバーライト 極(板厚1.6mm)


↑炒め物向き。フッソ加工のフライパンの代わりにすべて鉄を使うなら、この中間厚があると便利だと思います。ステーキやハンバーグなら厚みを薄くして焼くと割とうまくいく。焼物なら60点というくらい。

安くても良いものもありますが、鉄は不純物が入っている場合がゼロではないと考えています。
あとは信頼性やデザインでしょう。

*************************************************************
次は鉄の製法です。


通常はプレス製法。これが一般的です。
規格の厚みの鉄の板をカットして、曲げて作る方法。

プレスを叩いて鉄の強度が増すのが、打ち出し(プレス)

鋳物のフライパンは、重く厚くなりますので炒め物用として煽りはできないものの、油なじみがよく、ほぼ厚みがでるので焼き物には向いています。ほとんどの場合、取っても一体型で鋳物です。

鍛造(たんぞう)という製法は、日本刀のような製法で、つまり塊を叩いて伸ばすわけです。強度があり、油なじみがよく、蓄熱性にも優れます。鋳物より薄くは作れまが、伝統工芸品のようにひとつひとつ手作りになるので量産できません。価格も高くなります。

いかがでしょうか。ご自身が、どんな料理を美味しく作りたいかを考えてみて、お買い求めください。
キッチンパラダイスでは1.2mmでなく1.6mmの中華鍋を採用していますが、それは、炒め物が焦げにくく、使い方として多様性ができるからです。揚げ物の場合の温度変化もすくないのでカリッと上がりやすいですし。
# by kitchenparadise | 2016-09-24 07:15 | Trackback

鉄のフライパンで焼くガレット

鉄のフライパン月間ということもあって、お客様からの鉄に関する質問が多いようですね。明日のブログでは、フライパンで料理の出来がどう違うのかを整理して解説したいと思います。
今週はHPで紹介する商品も増やし、トップページのメニューもちょっと変更。これまでの道具の解説も「オタク道」に移動して分類しようと思います。

今日のブログは、昨日子供たちに作ったじゃがいものガレットの写真を。甥も姪もこのガレットが大好き。
必ず鉄の分厚いフライパンで焼き、アツアツのままテーブルへ。
c0228646_12303653.jpg

ガレットっていうとそば粉のガレットが浮かぶでしょうが、wikipediaによると「じゃがいものガレット」は - 「じゃがいもをつぶすか薄切りし、円形にまとめて焼いた料理。」だそうです。私たち家族は「ガレット」とは呼ばず「レスティ」と呼んでるんですよね。両親のお付き合い先がドイツ語圏が多く、スイスやドイツではこのようなガレットを「レスティ」と呼ぶからです。

作り方はとっても簡単。材料はじゃがいもと塩コショウだけ。調理時間もあっという間で、鉄の分厚いフライパンなら3分、裏返して2分。合計5分でできます。
じゃがいもは千切りにしますが、千切り器(しりしり器でも)があれば便利。厚みが同じなら火の通り方も同じになります。 じゃがいもは水にさらさないことがポイントです。でんぷんでくっつきます。小麦粉バラバラ入れるとまとまりやすいですが、私は入れてません。
昨日は大きめのじゃがいも1個分でした。フライパンはタークの18cm。
c0228646_1371063.jpg


フライパンがあったまったら中火にして、オリーブオイルを入れ(バターでも)じゃがいもを投入。
中火で3分して裏を焼き色をチェックして、ひっくり返します。子供が食べるのであまり焦がさないようにしました。普段大人だけの時はいい色に焼きます。
分厚い鉄のフライパンなら時間が短いだけでなく、ムラ無くいい色に焼けて、外がパリッとして驚くほど美味しいです。子供たちはパクパクお変わりして食べてくれます。

c0228646_13184047.jpg

塩を振りかけます。最初から混ぜててもOK。そのほうがでんぷんは出やすいかも。

c0228646_13193087.jpg

胡椒をかけて、ハイできあがり。

鉄のフライパンのままテーブルに出すと、いつまでも温かく、心まで豊かになる感じがします。

タークのフライパン18cmは私の台所ではもっとも登場が多いお気に入りフライパン。側面でもじゃがいもが同じように焼けます。パンケーキ1枚を焼く、野菜を焼く、お弁当用にと、18cmはとにかく便利です。

このガレット、チーズをかけたりベーコンを入れたりしても美味しいです。
朝食では、できたジャガイモを端っこによせて、そこに卵を割ってエッグ&ガレットでテーブルへ。ビールやワインにも最高です。

おしらせ:キッチンパラダイスでは、9月一生モノの鉄のフライパン月間です。タークとマトファーがいまだけ価格です。こちらから。
# by kitchenparadise | 2016-09-23 13:37 | キッチン道具について | Trackback

ボランティアなのに豪勢なランチ

NPO法人ミラベル21さん主催のランチイベント「ヒトサラプロジェクト」が9/18に開催されました。
30名のシェフ、料理家が一品づつ持ち寄ったビュッフェランチに参加者を募り、その参加費を熊本支援にあてるというもの。
震災から5か月経過し、被災地をニュースで紹介される回数もグンと減ったところ、ミラベルさんがいい企画をなさるなぁと共感し、お手伝いさせていただいたわけです。ひと月前にプライベートで行きましたが、局地的に崩壊したまま手付かずの場所も多くて驚きました。まだまだ長期的に支援が必要なのです。

9/18、ヒトサラの会場の様子です。盛況でした!
(モザイクをお許しくださいませ)
c0228646_1338191.jpg


福岡市を中心に集まったレストランは名店ぞろい。料理研究家の方々も人気の先生ばかり。それぞれに得意な分野の料理をお出していただいていました。プロが集う会ですから、みなさん、全く手抜きがありません。
すっごいお料理の数々です。
c0228646_13413722.jpg

全部召し上がったという方はおそらく居ないと思うのですが、友人たち聞いたところ20皿くらいは食べたと言ってました。名店のお料理を20皿!贅沢なランチでした。

今回料理を作られたシェフや料理家は、材料費も人件費も、全くのボランティア。ご自分の仕事やランチ営業を休んで参加された方もいて、本当に頭が下がります。また、快く会場を提供し、スタッフのみなさんも全面的に応援された西部ガスさんも素晴らしい。

料理も作れず、お手伝いとしてもあまり役に立たない私は、会場案内のアナウンスくらいしかできませんので、チケット買って食べることと、しゃべることに専念。
みなさんとの交流でき、楽しい一日でした。

***********************************************************
おしらせ:明日9/22(木)は定休日ですが、2つの講座のメール受付が開始します。いとよしさんの魚講座と、井口和泉さんのごちそう講座です。詳細は前日のブログで。

一生モノのフライパン月間はあと10日になりました。マトファーとタークの特別月間です。タークはだいぶ数が少なくなりました。ぜひお早目にどうぞ。

# by kitchenparadise | 2016-09-21 13:57 | 私の日常 | Trackback

いと嘉さんの魚講座と、井口和泉さんのラボ講座

10月8日(土)15:00 いとよしさんの魚講座(サバ編)
10月22日(土)11:00 14:00 井口和泉さんラボ講座の内容と募集日のご案内です。
**************************************************************
*募集締め切りました。抽選してご連絡いたします。(9/23)
柳橋連合市場・高級鮮魚「いと嘉」(いとよし)さんによる
「魚の見方、おろし方講座(サバ編)」
 


日時:2016年10月8日(土)15:00-17:00
場所:キッチンパラダイス ラボ(キチパラから歩いて1分)
参加人数:限定6名
参加費:2500円(お持ち帰り刺身込)
持ってくるもの:エプロン・包丁(できれば出刃)
 *包丁ご持参が難しい場合はキチパラがお貸しします。



柳橋連合市場・高級鮮魚「いと嘉」さんと言えば、プロなら知らない人はいないという名店中の名店。福岡はもちろん東京のミシェランガイド掲載店に毎日空輸しているという高級鮮魚店です。
55年以上に渡り博多の魚店のトップを走ってきた理由は、「セリで値段を聞かない」というくらい上等な魚だけを独自の目利きで仕入れることと、神業と名高い下処理技術。

毎日お忙しい大将と女将さんですが、魚のことをみなさんに広めるきっかけになればと、講習に快諾していただきました。魚代のみで2時間(予定)の講習をお願いしています。参加なさった方はご自身でさばいた魚(もちろんミシェラン店と同じものです)を、その日の夕食にお持ち帰りいただけることになります。講習時間は15:00-17:00となります。

せっかくなら一人一人きちんと教えたいということで6名が定員です。
少ない限定数なの抽選になりそうですが、ご希望の方はぜひご応募ください。
お申し込みは9月22日(木)10:30からメールでお申込みください。
(9/22中に満席になった場合は、抽選して9/25までにはお返事いたします)

staff@kitchenparadise.com に参加希望のメールをお願い致します。
メールのタイトルは「いとよし ラボ講座」です。
***************************************************************
*募集始まりました。空きは午前3名、午後6名です(9/22)
井口和泉先生の
「仲間が集う秋のごちそう講座」

講師:井口和泉(料理家)


2016年10月22日(土) 
午前11:00~13:00 午後14:00-16:00
場所:キッチンパラダイス ラボ(キチパラから歩いて1分)
参加人数:限定8名×2回
参加費:4500円
内容:デモ・試食
持ってくるもの:エプロン・筆記用具


@izumiiguchiのインスタグラムに毎日UPされる写真には、仲間と集まって楽しく食卓を囲む様子がよく紹介されます。旬のおいしい魚、お肉や野菜をシンプルに調理したおいしそうなごちそうばかり。今回はそんなおもてなし上手の井口和泉先生に、気のおけない仲間たちと気軽に集まる時、おしゃべりしながらパパッと作れる、おいしくてシンプルなレシピをご紹介いただきます。
旬のお魚のアクアパッツア、貝と黒胡椒のごはん。魚の上手な取り扱い方も習いましょう。
そして、秋のくだものサラダ、デザートにイルフロッタン。イルフロッタンは、カスタードとメレンゲのデザートです。

お申込み開始は、9月22日(木)10:30amです。
タイトルに「ごちそう講座」と書いていただき、お名前、お電話番号をお書き添えください。
午前か午後を必ずお知らせください。
staff@kitchenparadise.com に参加希望のメールをお願い致します。
*基本的には先着ですが、同じ時間帯にメールいただいた場合は抽選の場合もございます。
9/23にご返信いたします。


**********************************************************************
11月10日(木)11:00 田中博子さんの旬のジャムレッスン(栗のジャム)の募集は10月初旬を予定しています。
# by kitchenparadise | 2016-09-20 14:25 | キチパラ講座 | Trackback

桧山タミ先生の1日店長

桧山タミ先生(90)が、キッチンパラダイスの1日店長
をしてくださることになりました!

日程は
2016年9月27日(火)
13:00-15:00
@キッチンパラダイス


料理研究家桧山タミ先生に直接会いたい方、
料理や道具についての相談なさりたい方、
一緒に写真撮りたい方も。
ぜひキチパラへ足をお運びください。
お茶をご用意してお待ちしています。


いきさつは簡単で、公開桧山塾でたくさんの方に会われた先生が、多くの方からたくさんの質問をうけられ、
「道具の質問なら私が説明してあげるから、お店の店番させてね。」
とおっしゃったことから、この企画が決定!

ありがたい限りです。感謝です。

ではみなさんお待ちしています。

# by kitchenparadise | 2016-09-17 16:58 | おしらせ(SALE等) | Trackback

道具で違う出汁巻

2015年3月に、銅とフッソ加工と鉄のそれぞれの玉子焼器での出汁巻実験をしました。
反響が大変多かったので、内容を一部変更して、改めて解説します。

銅、鉄、フッソ加工の玉子焼で同じ分量で焼いた直後の写真です。卵3個に出汁、しょうゆ・砂糖、みりんを入れて、同じように焼いてみました。
c0228646_11121433.jpg


■調理時間について


フッソ加工ー7分。
強火だと玉子に火が入らず卵がヌルッと残ることがあるので、弱火~中火で焼きました。専門家によると低温でゆっくり焼いたほうがうまく焼けるそうです。7分かければよく焼けます。

鉄ー5分。
意外と火の通りが早いですが、焦げやすいので気をつけて焼きました。


銅ー3分。
3分未満でした。強火で生焼け状態で卵を巻いても、熱伝導が良いので、巻きながらよく中に火が通っています。


玉子焼きをカットしました。

c0228646_11303879.jpg



■試食

フッソ加工ー卵が固い。
出汁の味はあまりない。塩分がききすぎ。

鉄ーしっとりして柔らかい。

銅ーとてもふっくら、ジューシー。出汁の味が美味しい。


フッソ加工の違いは、膨らみ方はあまり変わらないのですが、鉄のほうが触感がやわらかく、風味が残っている感じ。
の違いは、ふんわり感と出汁の風味の良さ。

銅製で作った出汁巻が、ジューシーでふんわり、しかもスピーディに仕上がるのは熱伝導の良さから。
和菓子職人が小豆を銅鍋で煮るのも、フランスのシェフがジャムを銅鍋で作るのも、熱を素材全体にまんべんなく、しかも一気に伝えられるという、銅のもつ熱伝導のすばらしさのよるものなのです。


とはいえ、銅製の玉子焼器を扱うのはいくつかのコツが必要です。毎日の美味しさに比べれば面倒なんてことはありません。

■取扱いのポイントは

①表面の温度を上げすぎないこと!
②油のなじませ方を覚えること!

最後に
③しっかり乾かして、緑青をふせぐこと!


銅製で作った仕上がりは、銅の厚みでも違います。玉子の個数が多い場合は特に厚みがあるほうが作りやすいです。薄い銅は、温度変化のために多少焦げやすくなるかもしれません。また銅製でもスズ引きでないものもあります。スズが良いのは、使えば使うほど油がなじむこと、ステンレス引きは油はなじみません。銅は一生モノですので、飽きないデザインで、カタチが美しいほうがよいでしょう。また取っ手が木製の場合は、交換可能なものをお選びになると重宝します。


私が使っている工房アイザワの銅製玉子焼器について、その取り扱い方を3回にわけて紹介していますのでご興味のおありの方はぜひお読みください。

「銅の玉子焼きルール①」


「銅の玉子焼きルール②」

「私の銅の焼き方解説」


キッチンパラダイスの銅製玉子焼器は、いつも特別価格。オリジナルの説明とレシピを同封しています。
ご購入はこちらです。取っ手を取り付けてから発送も可能です。




キッチンパラダイスで販売している工房アイザワの銅製玉子焼はIHでは使えません。ご注意ください。

# by kitchenparadise | 2016-09-16 12:09 | キッチン道具について | Trackback

公開桧山塾 桧山先生への20の質問

c0228646_17581974.jpg2016年9月11日公開桧山塾の際に参加者の方から多くの質問が寄せられました。
当日お答えいただく時間がなかったため、後日うかがってきました。
質問の内容は、食について、子供についてなどを中心にいろいろですが、順不同にご紹介していきます。

①Q.すべての野菜を冷蔵庫で保存したほうがいいですか。 「冷蔵よりは買ってきてすぐ使うほうがいいですね。大まかな献立を頭に浮かべて下処理するのです。炒めて冷蔵庫、切って冷凍庫。常備する場合は野菜の切り方や方向を考えて。」

②Q.先生の朝食のスタイルを教えてください。 「ごはん、味噌汁の時も多いですが、夏はそうめんに薬味。シソの千切り、薄あげの千切り、薄焼卵の千切り、しょうがおろし、ネギの小口切り。冬の朝ご飯は小鍋でなんでも煮て食べます。」

③Q.賞味期限が切れた緑茶は処分しますか? 「そのままお使いください。炒って使えばほうじ茶になります。よいお茶ならそのままがよいです。香りは減りますが。」

④Q.お料理道具はどのようにお手入れされてますか(鉄など) 「ガスで乾かして水気を完全に飛ばすことです。」

⑤おにぎりの握り方のコツは? 「炊きたてを握る。お茶碗である程度丸めたら熱くないです。」

⑥片付けなさいと、言わずにはいられません。どうコントロールしたらいいのでしょう。 「基本的には怒らずに、みんなで片づけましょう。「片づけたらみんなでおやつにしよう」とか、「ちょっと手伝ってくれたらすごく助かる。」と言ってあげたらどうですか。」

⑦好きな料理を教えてください。 「残り物をまぜておいしかった時ですね。」

⑧先生は薄口醤油は使っておいででないようですが? 「はい、薄口は使いません。おいしくないから。」

⑨先生が普段使われている調味料を教えてください。 「醤油は海の精のこいくち、味醂より赤酒で千代の園、砂糖はキビ砂糖を。キビ砂糖はいろいろ使っています。」

⑩水について気をつけていることがあれば。 「福岡は低い山しかないので、岩盤を通った水が少ないです。汲みに行くなら高い山がいいですよ。ただし汲んで来たら長くはもちません。かといって浄水器はカートリッジを変えるのが大変だからですね。私は自宅のカートリッジの要らない大きな浄水器を使っています。」

⑪先生のお話を聴いて、すし桶を実家からもってきたいと思います。お弁当にもおすすめですか。すし酢の分量を教えてください。 「お寿司作ったらもってきてください。酢飯はお弁当に向いています。すし桶を使えばべちゃっとなりませんし、すぐに冷ませますから。夏のお弁当で普通のご飯を入れる時は、最後に梅干をいれてまぜ、それからすし桶にいれて冷ましていれたら効果的ですね。
すし酢の分量はどんな酢かで全く違いますから、言えませんし、ご家庭家庭で違いますから、いろいろやってみて我が家に美味しいすし酢を作ってください。」

⑫保存容器は何がいいですか? 「ガラスかホーローです。」

⑬味噌をたくさん作っていますが、この頃の夏は発酵が進みすぎます。よい方法はありますか。 「あまり夏の暑いときは冷蔵庫に入れるしかありませんね。空気に触れないように。」

⑭給食で添加物が入ってますが、基本の和食をちゃんととっていれば体は排泄できる力がありますか。
「手作りの梅干を毎日食べるといいです。私はキビ砂糖と梅のほぐしたのを水で溶いて飲んだりしています。クエン酸で血液をきれいにします。古い梅干がいいのです。」

⑮長生きの秘訣をお知らせください。 「くよくよしない。なるようになる。早寝早起き、腹六分。」

⑯子供が笑顔になるとっておきのおやつは? 「横文字でないお菓子を作りましょうよ。小豆餡が体にいいし、やきいもでも。焼き芋かふかし芋に卵を混ぜてオーブンで焼いたりしても美味しいですよ。」

⑰チキンカレーの作り方は? 「チキンカレーは、さまざまな香辛料を漢方のように混ぜて使います。30種類くらい使うときもあります。とにかくたくさんの種類の粉を炒って、すり鉢ですります。
玉ねぎを縦横3回で微塵ぎりになるように切り、弱火でよく炒めます。その炒め玉ねぎにカレー粉をいれると必ずおいしくなります。」


⑱高校生の子供の反抗期に手を焼いています。学校へ足が向かない日もあります。どうしてあげればいいでしょうか。 「いい匂いの朝ご飯を根気強く作ること。食べなさいとか、行きなさいとか言いませんよ。学校に無理にいかせても仕方ありません。学ぶことは学校以外でもあります。お子さんは心がくたびれてるんですよ。」

⑲一歳半の子供がいますが、食べムラがあります。どう進めればよいですか。 「何もない公園でたくさん遊び、そこにお弁当を持っていきましょう。ジュースなど砂糖類はやめておきましょう。夏はトマト、秋は芋、おいしい旬のものをほんのちょっとお弁当にいれておくのです。お腹が空いたらそれしか食べるものがないようにしておくのも工夫です。栄養はそれほど気にしなくてよいです。」

⑳勉強しなさいしなさいとつい言ってしまいます。子供が遊ぶ友達も気にしすぎてしまうのです。どうしたらいいでしょうか。 「勉強しなくて将来困るのは本人。それに学校の勉強でないところに、大切なことがたくさんあります。たくさんの人の中で育てること、自分のうちに友人を呼ぶこと。昔の日常、あたりまえに大切なことがあります。
いじわるな人にも会ったりすると、大きくなって見極めができる人になり、それはそれで役に立ちます。おおらかに育てるには、母がまずおおらかになりましょう。」

# by kitchenparadise | 2016-09-15 07:30 | キチパラ講座 | Trackback

鉄の使い方は3つを覚える

鉄のフライパンはくっつく、さびる、重い、と思われがちです。重いのはともかく、くっつくとさびるは使い方次第で解決できます。重いフライパンはそれなりに役割があるので、サイズを小さくしたり、厚みを考えたり工夫して買います。鉄分は溶けて体に入り健康にも良いとされていますので、余計に信頼性のあるものを買ったほうがよいと思います。

では、鉄のフライパンの使い方のコツ、3つです。

①買ったら、空焚きと油ならしをする
初に空焼きをして油ならしをします。軽く洗ったフライパンを空焚きします。(植物性の油の場合は金タワシとクレンザーで落とすだけでよい場合も。)十分空焚きしてから火からおろし、お湯で洗って汚れを取ります。再度フライパンを中火にかけて多めの油を入れます。しばらく弱火でなじませてください。くず野菜と塩を入れて野菜が焦げるまで炒めるのもいいでしょう。ジャガイモの皮でも結構です。油が触れていない内側はキッチンペーパーなどで全体的に油を塗り伸ばしてください。冷えてから油を捨ててお湯でしっかり洗い、火にかけて水分を完全に飛ばしたら終了です。

②あたためて油をいれる
毎回使う前に空焚きをして十分に温めます。水を落としてすぐに蒸発するほど温まったら油を入れます。油が温まってから素材を入れます。たまにお肉などがくっつきやすいと言われますがそれは素材をすぐに動かすから。焼き始めは動かさないで焼き、表面がカリッと焼けると自然に鍋肌から離れやすくなります。

③お湯で洗う
基本的には中性洗剤を使わず、熱いお湯で洗うだけで大丈夫。フライパンに水を入れて沸騰させるやり方でも結構です。鉄は温めると汚れが取れやすいのです。
温かいうちならスポンジや布、木ベラでも汚れは取れます。洗った後は火にかけて十分乾かしてください。焦げなどがどうしても落ちにくい場合は、お湯をしばらく沸騰させて汚れを浮かせた後、温かいうちにこすって落として下さい。(表面の油分が気になる場合はこれを二度繰り返します)金タワシなどで強くこすり過ぎると、せっかくの油分が取れてしまうので、ゴシゴシと洗った後は、最後にフライパンをよく焼いて、油を塗っておくとよいでしょう。中洗洗剤で洗いたい方は、油がなじんでいきにくいので、毎回油を多めに使うほかありません。
湿気が多い場所での保管は、新聞紙でくるんだり、油を塗って保管することも効果的です。


おしらせ:キッチンパラダイスでは、9月鉄のフライパン月間です。タークとマトファーがいまだけ価格です。こちらから。


明日9/15、公開桧山塾、「桧山先生への20の質問」についての回答をアップ!

# by kitchenparadise | 2016-09-14 16:41 | Trackback

10月のラボ講座、えいっ!

10月と11月はラボ講座がいくつもあります。

10月8日(土)15:00 いとよしさんの魚講座(サバ編)

10月15日(土)11:00 三面砥石、究極の砥石講座

10月22日(土)11:00 14:00 井口和泉さん、常備菜講座(予定)

11月10日(木)11:00 田中博子さんの旬のジャムレッスン(栗のジャム)


10月開催の講座はまもなく募集を始めます。週明けに予定をアップしますので、チェックしてくださいね。

9/11の公開桧山塾の報告は9月12日のブログで!

おしらせ:キッチンパラダイスでは、9月鉄のフライパン月間です。タークとマトファーがいまだけ価格です。こちらから。
# by kitchenparadise | 2016-09-13 16:50 | キチパラ講座 | Trackback

公開桧山塾「がんばらない台所」を終えて

キチパラ15周年を記念して開催した公開桧山塾「がんばらない台所」が終了しました。
160名を超える方々に会場にお越しいただき、本当にありがたいです。
写真とともにふりかえります。

12:30開場にもかからわず、桧山タミ先生の講義をできる限り近くでというお客様が1時間以上前からお待ちでした。入口で、お水と梅もなか(五島さんの)をお配りしましたが、これは桧山先生のお弟子さんのおひとり、東京在住・韓国料理家の結城奈佳先生のお心遣いのよるものです。

13:00開演。
c0228646_13131068.jpg


桧山タミ先生、そして3人の料理の先生を生徒役にお迎えし、私田中が進行役を務めました。
8つのテーマにそってお話しいただきました。
c0228646_13191957.jpg

まず私が、先生がいつもお元気な秘訣はなんでしょうか、とお聞きしたところ、
「あんまりいろいろ気にしないから。私はどじょうと同じで、骨が一本ないの。」とお答えになり、大いにみなさんの笑いを誘いました。

最初は「自然とのつながり」というテーマ。
30年代に行ったフランス・ノルマンディーで、夜はバターをパンにつけないことを知ったこと、北欧で食べた美味しいビーツの料理の仕方。いまはずいぶん料理が変わってきたけれど、本来はその気候風土で食べられるものを食べたらいい、というお話でした。

次の「学校では教えない野菜のこと」では、朝採り野菜の意味や、家庭とは家の庭と書くくらい庭に意味があるとうこと。だからプランターでもいいから野菜を育てましょうよと。

「自然に反しない調味料」「道具のちから」では、塩の大切さ、赤酒とみりんの違い、柑橘系を絞る時の知恵など。調味料は食べてみて美味しいものを選ぶ。
確かにそうですよね。結局何を選択するのも選ぶ力がないとなぁと思いました。

道具は、重たい鍋を使わないといけません。ザルは木にかぎるというお話。
すし桶があれば、美味しいすし米ができた時に、ほどよく水分を調節して簡単に美味しく生かせること、みんなですし桶を囲んでたべるのが一番のお御馳走であったことなど。

この後の15分間の休憩時間も、次々にステージの先生に会いにこられる参加者のみなさん。話し続けておられる桧山先生のタフさに、頭が下がりました。本当にしゃべり通し、疲れ知らずの先生です。

休憩時間中は、キチパラショップがオープン。
c0228646_1339936.jpg


後半の最初は、たくさんいただいた桧山先生への質問に少しだけお答えいただきました。
「落ち込んで常に疲れている夫をどうサポートしたらよいですか?」という質問に、「見た目にも美味しそうな料理を、すこしづつお出しなさい。ゆっくり寝れるように料理に少しお酒をお使いになったらどう?」と。加えて「ご主人には、ゆっくり寝たらいいわよ、何かあった時は私に任せたらいいから、とおっしゃいなさい。」と、さすが大正生まれの妻であった先生から、強く優しいアドバイスです。

「おしいいごはんが炊けること」のテーマで、基本的なごはんの炊き方を教わりました。高温20分を保つのが基本。それぞれの家庭の鍋で時間が違うから、水分がなくなるにはうちの鍋でどれくらいか何度かやってみるしかないと。試して失敗しないと上手になりませんよとのお話には、ご来場のご年配のお客様が大きくうなずいておられました。失敗を恐れないこと。むしろ失敗をしなさいと。

「便利が不便を生む」では、先生がいつもおっしゃる「すり鉢論」。
すり鉢もってきてと頼まれたら、すりごぎと濡れ布きんまで気づかないといけませんと。
便利になってきて「気働き」ができなくなってきた最近の人たちについて。IHよりできればガス。レンジを使うなら蒸し器。ガスよりほんとは「マキ」がいいくらい。とにかく五感を磨くことを捨てたらいけません。

「子供の頃、何を食べたかで決まる」のテーマは、子育て中の私にとっても、とても興味深いお話。
母親が与えるもので子どもの体が作られる。手間を省かれた感覚は残る。大人数で育てること。好きなことをさせることが大切で「勉強しなさい、片付けなさい」とは母は言わなくてよし。
おにぎりがあれば十分という先生のお話は、私も10年前にお聞きし、ずっと実践してきました。お菓子よりジュースよりとにかくおにぎりを握って置いておくことにしたのは、先生のご指導からです。

c0228646_13564898.jpg


最後のまとめは、先生からみなさんに伝えておきたいこと

いまだから、せめて料理くらいは手で作ったものを。
何が正しいか自分で判断できるように。
台所のことは体で覚え、心をこめる。
やっぱり、おもいやり。
そして、料理はがんばらない。


「疲れた時はご主人に、どっか美味しいもの食べにつれていってー、って言えばいいでしょ。」
「イライラしてる時まで料理作らなくていい。買ってきたものをしらんぷりしてお皿にのせてわからんようにしとくのよ。」

結局、料理ってせかせかしてがんばってやるもんじゃない、ってことです!
なんだか、ホッとします。
昨日はお嬢と外食して帰宅。また今日から家族のために、がんばらず料理を続けたいと思います。


桧山塾の後は、限定30名のおにぎり懇親会でした。ダムナチュールさんが作った豚汁、最高に美味しかったです。大好評でした。
c0228646_1415305.jpg



公開桧山塾、いかがでしたでしょうか.

桧山タミ先生、本当にありがとうございます。
3人の生徒役を引きうけてくださった池上まっこ先生、デリマシェリのパク・スンリョンさん、友納洋子先生にも深く感謝しております。
スタッフやOG、お手伝いである桧山先生のお弟子さんにも助けられました。おかげで進行以外はすべて任せることができました。
差し入れをいただいた結城奈佳先生のご配慮にも励まされました。

これを糧に、また16年目のキチパラもがんばっていきたいと思っています。

今月は「一生モノの鉄のフライパン月間」です。鉄の魅力をご紹介する、お得月間です。



お詫び:後方にお座りのお客様で、お聴きづらい場合があったようです。スタッフが気が付かずに申し訳ありませんでした。
# by kitchenparadise | 2016-09-12 13:39 | キチパラ講座 | Trackback

明日は「がんばらない台所」

明日は、いよいよ公開桧山塾「がんばらない台所」の開催日。12:30開場で、13:00開演です。
自由席ですので、お越しの順にお入りいただくことになっております。

参加者120名で開催の予定が、165名にまで増やすことになり、桧山先生のお顔がだいぶ遠くになってしまう方がおられます。ご了承ください。

場所は、電気ビルの3階の共創館カンファレンスAという、会議室の大きな会場ですが、初めていらっしゃる方も多いようです。渡辺通りの交差点の九電のビルです。外にエスカレーターがありますので、上ったら左の会場です。

山口、広島など遠方から来られる方もいらっしゃると思っていたところ、今日は東京から参加されるという方がご来店でびっくり!
みなさん、お気をつけておこしください。


進行役の私。明日はがんばんなきゃなーと友人に話したところ、「アレ、がんばらない台所なんだから、そんながんばらないほうがいいんじゃないの?」と言われ、「そりゃそう。」と、思わず苦笑しました。

では明日!また様子をブログで報告します。
# by kitchenparadise | 2016-09-10 17:29 | おしらせ(SALE等) | Trackback

きょうの料理をみましょう

松田美智子先生が、今月のNHK「きょうの料理」に出演されます。

Eテレ 午後9:00-9:25
9月12日(月)

9月13日(火)

9月14日(水

(再放送はそれぞれ:9/13、9/14、9/15 午前11:00-11:25)

1日目はさばのみそ煮・いりこんにゃく・揚げなす
2日目はゴーヤーの白あえ・たたき長いもの梅あえ:あじずし
3日目はたっぷり野菜のみそチーズ蒸し・しょうが土鍋ご飯・煮豆


自在鍋や飯台、ごはん鍋、土鍋など、先生ならではの理にかなった道具しか使わず、見るからに絶対美味しいっていうのが「きょうの料理」テキストからも伝わってくるようです。ぜひご覧ください。

NHKなのでおそらく商品名は出さないでしょうが、松田先生のお使いになる土鍋は「香味鍋」、ごはん鍋は「香味飯鍋」です。
香味鍋のようは私も使っていますが、蓄熱率といい、味のしみ方といい最高です。

香味鍋 小25920円 大41040円

そして、いま新たに制作をお願いしているのが「香味飯鍋」。
いま、かまどさんを持っていて十分美味しいのにもかかわらず、この飯鍋で食べたご飯が忘れられず、注文。
単に美味しいっていうレベルではなく、お米そのものが究極のお御馳走になる感じ。
また食べたい!って思ってしまい、スタッフともども予約してしまったわけです。

香味飯鍋 39960円


どちらもこの秋の制作個数が決まっています。販売できるご用意でできたらブログとHPでご案内しますね。
9月下旬の予定です。個数が少ないので、ご興味のある方ははご連絡ください。
# by kitchenparadise | 2016-09-09 12:47 | おしらせ(SALE等) | Trackback

がんばらないで料理を作るって


今週末9/11に開催するキチパラ15周年記念イベント、「公開桧山塾 がんばらない台所」のレジュメを作り終えました。たくさんのことをお伝えしたくて欲張ってしまい、時間が足りるか心配なくらいです。

桧山先生に何度も伺いご意見をお聞きし、料理を作るってどういうことかのかをずっと考える数か月になりました。
そんな時に再読した本が、フロムの本です。


「愛の能動的性質を示す基本的な要素に配慮がある。

愛とは、愛する者の生命と成長を積極的にきにかけることである。

この積極的な配慮のないところに、愛はない。

愛の本質は、何かのために働くこと、何かを育てることである。

愛と労働は分かちがたいものである。」

まさに、桧山先生が料理について語られたことそのもの。

自分を愛するなら自分のために、誰かを愛するならだれかのために働くこと。

レジュメを作る私も、企画者でなく、生徒です。

9/11みなさんのお越しをお待ちしています。
# by kitchenparadise | 2016-09-08 13:28 | 私、こう思う | Trackback

鉄の3つの製造方法

昨日、9/18の超豪勢メニューランチビュッフェが楽しめる「ヒトサラプロジェクト」のことを書きましたが、あとほんの、ほんの数枚になりました。早めにお申込みください。郵送でもOKです。キチパラ092-534-6311

また、今週末はキチパラ15周年記念企画「公開桧山塾 がんばらない台所」があります。すでに満席で165名の方が参加されます。13:00開演で、12:30受付です。レジュメと白紙は用意しますが、筆記用具はおもちくださいね。また当日お水は皆さんにご用意してます。さらに桧山先生オススメの商品の販売もありますので、ぜひお早目にどうぞ。

さて、現在キッチンパラダイスでは年に一度の鉄のフライパンイベントを開催中。お買い得なだけでなく、みなさん情報をブログやFBでも発信していきます。


鉄のフライパンは厚みがいろいろあり、製造方法もいくつあります。
フランス製マトファーのフライパンというキチパラ15年来の定番商品を、今月に限り30%OFFという驚き価格で販売していますが、これは
「プレスのフライパン」
です。

プレス式とは、鉄板を型抜きして成形するもっとも簡単な製法。フライパンのほとんどこの製法ですので、中価格帯から低価格帯です。これは厚みがどれくらいであるか、どこ製であるかが問題です。
どこ製、っていうのは、信頼性のある会社か国か、ってことですが。

マトファー社のフライパンはde BUYERという会社が長年作っていて、フランスの一流店では70%以上がここのフライパンであると聞いています。鉄そのものの信頼性、厚み、形成具合、申し分ないプレスフライパンです。

鋳物のフライパンもあります。魔法のフライパンというのが有名になりましたが、あれが鋳物です。南部鉄も鋳物。ルクルーゼのグリルパンも鋳物。つまり鉄を溶かして作るもの。
最近流行った中国製の●トリのスキレットもですね。私自身は、中国製だから買わないというのではありません。一流メーカーでも品質管理をして中国工場で作っているところもあります。ただ、安いのは安い意味があるので買わないようにしています。安すぎるものには不純物が入っているなどの問題が、これまでいくつもあります。中国製の土鍋が割れて鉛が検出されたなどがザラです。なにも安い餃子に限ったことではありません。

打ち出しのフライパンというのもあります。これは、フライパンに近い形の鉄板をハンマーで打って成形します。基本はプレスフライパンですが、手がかかっている分、少し高め。中価格帯。山田工業所のフライパンなどがあります。

鍛造フライパン。これは最高峰といってよいでしょう。鉄の塊を専用のハンマーで打ちながら伸ばし成形。日本刀のような製法ですので、そうそうたくさんは生産できません。キチパラおすすめで、今回のフェア商品でもあるドイツ製ターククラッシックフライパンがそれです。価格はやはり高めですね。

使ってみてどのように違うか、また近々。
# by kitchenparadise | 2016-09-07 14:30 | キッチン道具について | Trackback

うわぁ、ヒトサラの豪勢メニュー

今日は、9/18(日)に開催するヒトサラプロジェクトの最後の打ち合わせ。
ヒトサラプロジェクトというのは、福岡の名店のシェフや料理研究家約30名が、一品づつ提供する「ビュッフェ形式のランチ」を熊本震災の支援資金にしようという試み。私も料理こそ作りませんが、ボランティアで協力してます。今日は、会場である西部ガスヒナタショールームにて、西中洲のGoh福山シェフ、東区の颯香亭の金丸シェフらが真剣に意見を交わしているところを、盗み撮りしてきました。
c0228646_1827587.jpg


当日お出しするシェフのメニューが決まり、その報告。まだ発表されていないのだけど、撮影。
c0228646_1303641.jpg



すごいでしょ。これ全部食べていいよ、っていう3500円のイベントなんて、まぁそうそうないと思います。
どうしても全部食べたくて、私もスタッフではあるのですが、チケットも買いました。笑)

すべての飲食店さん、料理家さんがボランティアで、西部ガスのスタッフのみなさんもみんな、ボランティアで動いてくださいます。ありがたいことです。
南阿蘇災害義援金にすべてお渡しするようにしているそうです。

詳細は次の通りですが、実はもうキャンセル分などの8枚しか残っておりません。


販売:キッチンパラダイス 092-534-6311

~福岡の料理人・料理家による1日限りのビュッフェランチ~
9月18日(日)12:00-14:00(11:30受付開始)
場所:西部ガスショールームヒナタ福岡
定員:120名 参加費:3500円


主催はNPO法人博多ミラベル21。東区のフランス料理颯香亭 金丸シェフ、西中洲Gohの福山シェフ、大橋のイタリア料理テシマ の手島シェフほか、ビストロミツ、カンティーナガシーヨ、ラ・ロシェル福岡、レストランカズなどの有名店が20店以上が会員として名を連ねており、当日はそれぞれ一皿づつ料理をだします。

このボランティアランチにはミラベル以外からも、料理家の三溝清美先生、井口和泉先生、大野敦子先生、Hisako Araki先生ほか、デリマシェリのパクスンリョンさん、アトリエ・オキ、白つぐ、オステリアインクローチ、アシェット・ド・マコ、パンストック、LUCA、蓮双庭、飯屋くーたと、そうそうたる顔ぶれが協力。

料理は前菜からデザートまでいろいろ。ラ・ロシェル福岡は、仔羊と燻製のラフェアエル、イタリア料理テシマは、ストロッツアブレッティグーディ カルネ セージ風味、ラ・メソン・ド・ナチュレGhoは、スパイシーイエローカレー、レストランカズは、地鶏と彩り野菜のコンフィ、などなどを作ります。(すべて予定です。変更する場合もあります)
約30名のシェフや料理家が参加予定。参加費3500円で人気店のいろんなヒトサラを少しづつ召し上がれるという、夢のようなランチビュッフェです。


Gohの福山シェフが、「僕のイエローカレー、めっちゃ美味しいから。カニはいってる。旨くてびっくりするよ。」と横でささやくので、私はそうとう楽しみなのですが、12時開始で12時から実演しながら作るというのです。
だから食べられるのは12:50くらいかなぁ。たくさん作るらしいのでご心配なく。

追記:満席になりました。9/10
# by kitchenparadise | 2016-09-05 12:51 | Trackback

こっそり思いをこめる幸福

最近、「あぁ、なんて幸せなのかしら」としみじみ思う瞬間が多い。

それは、いい仕事がはいってきたとか、まわりに認めれたとか、お嬢がよい成績をとったとか...そんな運や、努力で導かれるような出来事からではありません。そりゃもちろん、そんなこともありがたく幸せではあるけど。

例えば、お風呂を隅から隅まで丁寧に洗っているとき。
「こんなきれいに洗ってたら、最近疲れているお嬢が気持ちよくお風呂にはいれるに違いない。
あぁ幸せ。」

デパートの喫茶店の待ち合わせ椅子で父の肩をもんだとき。
「これでだいぶ肩が軽くなるなるかも。あぁ幸せ。」

スタッフがピンクのシャツを着てきてすごく似合っていた
「薄いピンクは彼女の顔色も元気にみえるなぁ。あぁ幸せ。」

もとスタッフの息子さんが保育園に通い始めの日
「お母さんもゆっくりして、息子ちゃんも楽しんだろうな。幸せ。」

お弁当にお嬢が好きなチキンを入れたとき、
「お昼にチキンはいってたら喜ぶだろうな。幸せ。」

お客様が木のすし桶を買っていかれたとき、
「ご家族で囲む手作りお寿司はおいしいだろうな。幸せ。」


つまり、なにもかも幸せ。誰かが喜んだり、助かったり、ほっとしたり。そんなちょっとした日々の当たり前に心を寄せるだけで、思いをこめるだけで、とても幸福を感じます。

なんで私だけがお風呂洗わなきゃいけないの、なんで私だけが料理しなきゃいけないの。
なんで私だけが子育て?なんで、なんで、なんで私だけがこんな目にあうの?
そう思ってた時期が私にもありました。お風呂を洗いながらぶつぶつ言ってた気がします。

そんな時は、たぶん料理もおいしくないし、お嬢も反抗するし、部屋はちらかり放題。

相手のことをこっそり思うこと。見返りを求めたり、思いをわざわざ伝えたりしなくても大丈夫。
思いをこめると幸せがあふれてくる。ふしぎです。

お布団干した!これでお嬢が気持ちよく寝れる。
鍋買った!またおいしいごはんが作ってあげられる。
朝日を眺める。今日もみんなと会える!

あたりまえのことに、こっそり思いをこめる技を習得すると、幸福感があふれてきます。




台風の中ではありますが、週末から叔母の葬儀のために上京します。デザイナーの叔母はわたしのあこがれ。本当にかわいがってもらいました。5年前の私の東京での入院の際も毎日寄り添ってくれました。
悲しい報告から1日経って朝日をみていたら、、叔母から受けた思いやりで感謝いっぱいになり、幸せがふつふつと湧き上がってきてきました。感謝しかありません。
こっそり思いをこめて、行ってきます。月曜日は私だけお店お休みです。
# by kitchenparadise | 2016-09-03 09:51 | 私の日常 | Trackback


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
くらしガ、スマート
じゃないお弁当
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

9月の一生モノの鉄のフライパ..
at 2016-09-29 12:56
悩まない鉄のフライパン
at 2016-09-28 12:07
やっかいなストレス
at 2016-09-27 11:59
実験、実験、食べてまた実験。
at 2016-09-26 12:19
いったいどの鉄のフライパンは..
at 2016-09-24 07:15

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧