銅の玉子焼き、あれこれ質問

c0228646_18320265.jpg
銅の玉子焼器を使いはじめたお客様から、「驚くほど美味しくなりました!」「主人から毎日作ってと言われます。」などなど多くの感想をいただきます。ありがとうございます。そうなんです。私もそうでした。
うちのお嬢は産まれてからずっと卵アレルギーだったので4歳くらいまで全く食べてないからか、卵嫌いでした。4歳すぎてから良質な卵黄だけ食べさせ、5歳からは卵白を少しづつ。それが、美味しいふんわり出汁巻がはじまると、卵嫌いから卵大好きに変わりました。
来年からの1人暮らしにどうしても銅の玉子焼器をもっていきたいと聞きません。「銅でないと要らない」とまで言うしまつです。笑)

なぜそんなに美味しいかはこれまでなんどかお話しましたが、今日は、「美味しいけれど、取扱いが少しうまくいかない」という方のために、これまでお答えしたQアンドAを御紹介します。

Q:くっつきやすいのですが?

A:汚れをおとして、油ならしをもう一度してみてください。また、卵液は、ジューッというくらいにほどよく温めてからいれます。
(写真をご覧ください)

Q:玉子が焦げ色が付きます。

A:お砂糖やみりんが多かったり、卵と調味液がよく混ざってないと焦げやすくなります。ある程度高温で半熟のままどんどん巻いてください。最後はちゃんと中まで火が通ります。

Q:キチパラ以外で買ったのですが、高温で垂らしてもやはりくっつきますし、焦げます。

A:くっつくのは、油ならしがうまくいっていないのですが、おそらく汚れがつきっぱなしできちんと掃除されてない状態かもしれません。重曹で一度掃除してから、あらためて油ならしをしてみてください。
また、玉子焼器は軽量ではないですか。厚みが薄いと焦げやすいのです。

Q:キチパラ以外で買ったのですが、取っ手が焦げてガタガタします。交換できますか。

A:キチパラの玉子焼器は取っ手を取り付けるタイプですので交換可能ですが、最初から一体になっている場合は交換できません。
お買いになったメーカーにお聞きになってみてください。

Q:汚れが、銅磨きでは取れないほど、ひどくなりました。どうすればいいですか。

A:以前のブログで解説しましたのでご覧ください。こちらです。


写真の銅の玉子焼器は10年選手です。軽く15分くらい磨いたのでまだらになってますが、これくらいはすぐにきれいになるということです。毎日とても美味しいです。分からなくなったらいつでも聞いてください。スタッフも全員愛用してます。私より詳しいです。


年に一度、この時期だけ年末価格(11/30まで)で、なんと2200円!もお安くなっています。HPリニューアルのための特別企画です。
台数にも限りがあり、関西型はまもなく終了です。おすすめです


もちろんキッチンパラダイスの銅の玉子焼きは再生もできます。一生のお付き合いです。

************************************
明日は出張桧山塾が12:00からございます。遠方からのお客様も多くおられます。気をつけてお越しください。
なお、12月の出張桧山塾の日程は、11/23に決まる予定です。




# by kitchenparadise | 2017-11-21 18:57 | 道具:銅の玉子焼

宮地嶽神社でカレー接待

昨日、宮地嶽神社という福岡の由緒ある神社でこのような催しがあり、私もお嬢と行ってきました!

c0228646_12423302.jpg
この神社には台所の神様がいらしゃるらしく、年に一度このような催しをなさっているとのこと。三溝先生は生徒のみなさんとボランティアで300食のカレーを作って、参拝者の方を接待されているのです。4年もこの活動をなさってます。すばらしい活動に頭が下がります。

神様にお供えした新米、先生が丁寧に作られた美味しいカレー、ご主人が焼いた炭火の鶏肉。最高のカレーですよ。
c0228646_12433872.jpg
境内の中の神様のすぐ前には釜でずっとお湯を沸かしおられる方も。湯気がご利益があると聞き、私もお嬢も頭に湯気をかぶりました。
このお湯も料理に使われているそうです。
c0228646_12424643.jpg
料理も人の縁もおかげさまです。自然の恵みのおかげで今年も美味しいお米がいただけること、いつも神様に守られていることに感謝です。先生や生徒さんの惜しみない奉仕の気持ちにもこころから感謝、尊敬します。心があったまるカレーでした。ありがとうございました。

寒い中なのに、みなさん、ほーんと楽しそう。それが一番すばらしいこと。
c0228646_12441214.jpg
帰りにおみくじ引いたら大吉でした。ありがたいことづくしです。


明日はまた福岡はさらに寒くなるそうです。明日は桧山タミ先生と柳橋連合市場に久しぶり院お買いものに行きます。どうか先生のために過ごしやすい一日にしてください。なーんて、お願い事をしましたが、神様にお願いはしちゃいけないらしいですね。笑)

# by kitchenparadise | 2017-11-20 13:08 | 私の日常と家族

My Birthday

11月17日は、私の誕生日、それも半世紀のバースデーでした。
スタッフ3人が、福山剛シェフの店、西中洲の「Goh」でお祝いしようといってくれました。Gohはなかなか予約が取れないので、2か月近く前から予約を入れてくれていたそうです。

終日、テレビ取材のため外出していたら、帰ってきたらようこ先生が待っていてくれ、さらに三溝先生もお祝いにかけつけてくれ、もうびっくりです。こんな歳になってしまい、それほど嬉しくはないなぁと思っていたところ、思いがけないお祝いに気持ちは一転。めちゃくちゃハッピーな気分になりました。

タクシーに乗って、西中洲にむかう間に母にお礼の電話。その後Gohに到着すると、、、なんと、スタッフだけでなく、OGだちも集まってくれていて、もうびっくりびっくり、大びっくり!!

c0228646_17122268.jpg
旦那さんに子供を預けてわざわざ来てくれた子もいれば、東京からわざわざ駆けつけてくれた久保田さんも!
みんな何にも言わないから、ほんとびっくりで、嬉しくて、夢を見ているようでした。ほっぺたつねりたい感じです。


こんな素敵な1日が待っていたなんて、なんて素晴らしい誕生日。なんてすばらしい半世紀。みんなに感謝です。

それにしてもさ、よく私にばれずに集合したよねー、みんな。笑)

Gohさんの食事も最高でした。2年ぶりに訪れましたが、ますます私たちの五感を楽しませてくれました。忘れられない食事になりました。
c0228646_17165778.jpg
(いくつか撮影忘れたかも。)
「会話がとまるほど、美味しいやん!」と福山シェフにクレームをつけました。笑)みんな絶賛です。またすぐ予約だ。

ことばで言い表せない幸せとともに超えた50歳。仲間に深く感謝するとともに、産んでくれた母と支えてくれた父に深く感謝しています。
スタッフとOGのみんな、本当にありがとう。ありがとう。ありがとう。


# by kitchenparadise | 2017-11-18 17:21 | 私の日常と家族

海苔の炙りかた

海苔を炙る人は少なくなりましたね。特にIHクッキングヒーターでは海苔を炙れませんし、炙らない海苔しか使わなくなりますよね。
さて、海苔は毎回炙って使ったほうがいいんでしょうか?どう炙るんでしょうか?今日はそんなお話。
私が仕事でご一緒した何人かの海苔やさんや料理家の桧山先生からお聞きした「海苔」の話をまとめます。

海苔は、海で収穫された後、四角のカタチにすかれて乾燥させられます。これが「乾海苔」「干し海苔」です。少し水分を保持した状態でやや赤紫がかったものが多いようです。その後、大きな電気オーブンで焼かれます。これが「焼き海苔」です。これに味がついたものが「味のり」です。おにぎり用や、ひとつひとつパックにされたものは味海苔が多いです。韓国のりは味海苔ですよね。

私が子供の頃は、つどつど乾海苔をコンロで炙っていたように思いますが、最近はほとんど焼き海苔なので、保存状態がよく、湿気ていなければ焼かなくてもいいと海苔業者さんは言います。もちろん焼いたほうが、よりパリッとして瞬間的には香りがいいですよね。

「焼いてない海苔をガスコンロで焼くのは意外と難しいんですよ。」と業者さんは言います。「オーブンを温めてから火をとめて30秒くらいで焼いたりしたほうがまんべんなく焼けますよね。」とも。

料理家の桧山タミ先生は、「すぐ食べる時、古い海苔の時は、焼き海苔も少し炙ったほういいですよ。」と言われました。

炙り方はこう。海苔には表と裏があります。

c0228646_16303250.jpg
海苔を炙る時は表と表を重ねて2枚重ねにしてください。つまり、2枚の裏(ザラザラ)だけを炙るのです。こう炙るのが最も香りが残るとと、業者さんも先生も、海苔やさんもみなさん言われるので、これは基本のようです。
c0228646_16303746.jpg

炙り方は、コンロの火は強火で。そして必ず遠火です。焼き海苔の場合はパパッとでもいいですが、干し海苔の時はこの強火の遠火で、割と長く焼きます。場所を変えて全体的に色が変わるように焼いてください。
コンロの上に網目の細かい焼き網をのせるほうが火が広がってうまくいきます。


私は、今朝もお嬢に軽く炙った海苔のおにぎりを持たせました。いつも本を読んだり勉強したりしながら食べるので、海苔でしっかり包みます。手が汚れないし食べやすいです。海苔も固すぎずに歯でちぎりやすい海苔を選んでいます。

ある夕方、近くのバス停のベンチで高校生の女の子がバクダンおにぎり(大きいおにぎりを大きな海苔でくるんだもの)を食べていました。片手に単語帳。きっと帰宅せずに塾に行くのでしょう。大きな海苔でぐるっと包んだ手が汚れないおにぎりの中には何種類ものおかずが入っているようで、その女の子のお母さんの愛情が伝わってきて、温かい気持ちになりました。
コンビニのおにぎりなら「小腹すいて買い食いかぁ」と少しお行儀悪く感じてしまうのに、母のばくだんおにぎりならホットな気持ちになるという...不思議なものです。


そろそろ一番海苔の季節です。やはり一番海苔は美味しいです。でもこの時期は昨年の一番海苔が安くなりますから、これもお買い得なんですよね。









# by kitchenparadise | 2017-11-17 17:55 | 私の日常と家族

究極の土鍋

自在道具の香味鍋、ほんと蓄熱すごいです。
いったん温めると、果てしなく長い時間、沸騰してます。
ガスコンロにのっけてるみたいですが、違います。
鍋敷きの上で8分くらいグツグツです。

c0228646_23414341.jpeg
今月の末まで、香味鍋と香味飯鍋のフェア中です。土鍋の本をプレゼントしています。
単なる土鍋でなく、揚げ物以外はステーキも焼けるし、ケーキも焼けるのでほんとに幅広くいろいろ使えます。小サイズは湯豆腐だけを作るのにも大きすぎないサイズで、まろやかにふっくらできて、とても美味しくなります。
とはいっても、大変人気があり、香味鍋小は残り5台、大は3台しか在庫が残っていませんので、今年中にほしい方はお早めにどうぞ。


# by kitchenparadise | 2017-11-16 23:27 | 道具:フライパンや鍋

「親から子へ道具が育むココロとカラダ」

福岡市内のある幼稚園にお招きいただき、道具講習をお任せいただきました。
c0228646_14093703.jpg
とても熱心なお母さん方ばかり。終了後にいろんな質問をいただけるのが嬉しいですね。


わたしの講習の最初の40分は、なぜ道具をが心と身体を育むことになるのかを、これまでの仕事や子育て、桧山先生から教わったことをもとに具体的にお話しすることにしています。
その後に台所道具の使い方です。
すしおけ、セイロ、木のまな板などの上手な使い方、フッソ加工の長持ちのさせ方、さびないくっつかない鉄のフライパンについてなどなどをお話しました。

終了後の質問もいろいろ。
「ガスとIHはどう違うか。」「子供が全く料理に興味がないけど、教えたほうがいいのか。」「まげわっぱに洗剤の匂いがついたけど、どうすればいいか。」「圧力鍋で何でも作っていいのか。」「子供が親の言うことを聞かないんですがどうしたらいいか」
c0228646_15361909.jpg
道具のことはだいだいはわかりますが、まだまだ私も子育ての勉強中。視野を広くするためにもっと勉強せねば!

役員のみなさんが作ってくださった手作りのホワイトボードは感動モノです。手がこんでます。お母さんたちのがんばりには頭がさがります。みんな一致団結して楽しそうになさっているのがすばらしい。子供たちはそんなお母さんを見ていると思います。

このようなセミナーは、お店の活動とは別に、ライフワークとして続けていきたいと思います。

みなさんお世話になりました!







# by kitchenparadise | 2017-11-15 15:54 | 私の日常と家族

教育とは自分を好きになることを教えること

大人になってみんなが言い始めること。
「いい大学をでたからって、いい人生なわけじゃない。」

不思議だ。あんなに勉強しろ勉強しろと言われたり言ったりしてきたのに、そんなことを言いだしたりする。

それにもっと不思議なのは、そうはいいながらも私たち大人は子供には勉強をさせていい大学に入ったほうがいいと本音は思っている。

確かにそれはそうかもしれませんよ。一般的に良い大学を卒業すれば、安定収入への門戸が広くなるであろうことは想像がつくし、なりたい職業の幅は確かに広がる。

野球にずば抜けて才能があるとか、子どもの頃からスケートで成績を残したとかならまだしも、とりあえず上の大学を目指して努力することが良しとされる。

このところ確固たる目標を持てない学生が大半であるらしいから、半ばしかたなく手が届きそうな大学で名の知れたところを目指すことになるのも無理はない。うちのお嬢(高3)によると、学部さえ決まらない友人も多いらしいから、そういうことなんだろう。

日本の受験生は競争ばかりで大変だ。競争の先に大きな夢があればいいけれど。

ある小説にこんな一節があった。

「教育とは、相手を負かして自信をつけさせることでなく、自分を好きになることを教わること。自分が大事でたまらないとおもえるようになること。それが教育だよ。」

この言葉、我が意を得たりと思った。

受験でいい大学に入ることはできても、自分が大事でたまらないと思えるようになるのは難しい。自分の努力で解決できないからだ。

それには、何にもましてあなたが大事だと言ってくれる親や近親者がいてくれるか、そんな理想の大人が身近にいるか、好きなことを十分にできる状況にあるかなどなど、そんなことだろうと思う。

自分を本気で好きになれない場合、相手を負かしてところで人生はイバラの道だ。だって、努力ではどうにもならないこともあるから。勝ってばかりというわけにはいかない。


自分を好きであれば、どんな時でも、次の一歩は輝かしい。

教育は子供にうんぬんと教える前に、大人に課せられた課題だなぁ。






# by kitchenparadise | 2017-11-14 10:30 | 私、こう思う

鋳物琺瑯鍋はメーカーよってどう違う?(ストウブ・ルクルーゼなどの違い)

ル・クルーゼ、ストウブ、シャスール、バーミキュラのような鍋を「鋳物琺瑯鍋」といいます。分厚くて重い鋳物(鉄を溶かして固めたもの)にホーローコーティングしたものですね。ブランドによってどう違うかとよく聞かれます。

まずカタチに違いがあるのはお客様の好みです。例えばストウブは、ル・クルーゼより同じサイズでも底面が少し小さく、逆にシャスールは底面が広く寸胴です。バーミキュラは蓋と本体に同じようにサイドに取っ手があります。

色も各社特徴があります。ストウブは黒やグレー濃いレッドが人気です。内面は黒ですので汚れや剥がれが目立たない反面、例えばバターやオリーブオイルなどの色味がわかりくくなっています。ほかのメーカーの内面は白やクリーム色などで素材が映えますが、逆に汚れたら目立つでしょう。きれいに使いたいものですね。バーミキュラはパール加工もあります。好き嫌いですが。

これらのメーカーで最大の比較すべき点は、実は色はカタチではありません。

「無水調理の能力」です。

無水調理とは、水分を入れず食材の含まれている水分だけで行う調理です。 ( 水分が少ない素材に関しては少しだけ水や出汁、酒などをいれることもある)
ほぼ水分を入れないので、ビタミンやミネラルの損失が少なく、うまみが保持され美味しくしあがります。ラタトゥーユなどはまさに無水調理です。

各社の鋳物琺瑯鍋は、水蒸気が外にでないようないろいろと工夫を施しています。
蓋を重くしたり、本体と蓋の隙間をできる限り少なくしたり、ストウブやシャスールでは蓋に突起を作ってます。これは水蒸気が突起にぶつかってまた水滴になるからでです。ストウブとバーミキュラは重く、蓋と本体の隙間はバーミキュラが一番精巧です。

無水調理の能力というのは、水分なしでどれくらい無水ができるかという能力なのですが、比較すると、ル・クルーゼはややほかの3社より劣っています。本体も蓋もやや軽く、フタに突起がなく、蓋と本体に隙間があるので水蒸気が逃げやすいのです。とはいってもそんな時は少しだけ水分を足してあげればいいわけですが。

無水の威力をお見せします。
ストウブで小さなリンゴ4個を水なしで無水調理しました。 
 
c0228646_12224999.jpg
 
30分の無水調理でした。例えばリンゴ1個で無水調理する場合は、弱火20分で蓋をあけませんが、今回は小リンゴ4個なので20分経っても水分が多すぎるので蓋を開けました。無水調理を極めた鍋なら、弱火を守れば一滴の水もなく蒸し煮することができます。甘くておいしくて砂糖要らず。ストウブは能力が高いですが、バーミキュラやシャスールでも同じ程度に水分を保持できると思われます。もうひとつ、かぼちゃです。イモ類は水分が少ないので少し水分をいれます。
c0228646_12342151.jpg
こんな少量でも、ほくほくカボチャができるのが無水調理の魅力です。無水の威力が高いと、「焦げたかな?」と思わずに、安心して弱火にかけっぱなしにすることができます。
りんごはこのようにホーロー容器にいれて、朝食のヨーグルトにかけたり、おやつで食べたりします。お嬢がこれが冷蔵庫にはいっているととても喜んだものです。
c0228646_12381468.jpg
唯一日本製のバーミキュラはこの無水調理ために工夫しているほか、鍋面にも工夫をしています。
鍋底をリブ状にすることで食材の接地面積を最小限にし、過剰な熱の伝達を抑えています。実は私としてはこれが使いにくいと思っています。リブ状にすると調味料がリブの隙間にたまるので煮汁が回りにくいし、焦げるときも隙間が焦げます。洗いにくいのです。スープだけを作るとか無水だけをするならいいのですが、ご飯を炊いた時もリブの隙間に入っちゃうのでね。オールランドに使うには鍋底は平らがいいですよねと松田美智子先生とも意見が一致したところです。バーミキュラさん、どうでしょ。
*************************************************

キチパラでは、おすすめの鋳物琺瑯鍋、シャスールとストウブを販売しています。
いまだけお買い得価格で限定品があります。HPをご覧ください。キッチンパラダイスの鋳物琺瑯鍋のページへ。
# by kitchenparadise | 2017-11-13 12:50 | 道具:フライパンや鍋

映画「ラストレシピ」を観た

ニノがでている「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」を観ました。

なかなか良かったんですよ、これが。

私はレシピや道具がみられる方と思っていったのですが、人間ドラマがよかった。単純なんだけど、結構よかったです。

物語が繰り広げられるのは1930年代と2000年代はじめの2つの時代。2000年代はじめに料理人として、人生最後に食べたい料理の依頼を受けていた佐々木充(二宮くん)。彼は麒麟の舌の持ち主と言われ、一度食べた味を再現することができる天才的人物。あるとき、中国の料理人・楊清明から「大日本帝国食菜全席」を再現してほしいと依頼されます。「大日本帝国食菜全席」とは1930年代に宮廷料理人であった山形直太朗が完成させた伝説のレシピ。山形もまた、麒麟の舌をもっていると言われた男でした。しかし戦争を経て「大日本帝国食菜全席」の存在は闇に葬られてしまっていました。なぜなのか。これをたどることで、主人公が自分の人生までたどることになるとうい内容です。


あらすじはさておき、厨房で使っている道具がすばらしい。
銅鍋がいっぱいなんです。ソトーズがいっぱい。
お嬢とふたりで「あ!うちの鍋だ!」とかいいながら盛り上がりました。料理人の山形直太朗は、フランスで修業をした料理人という設定でしたが、1930年代にあんな銅鍋をたくさん使っていたのでしょうか。
そういえば桧山タミ先生が、小さい頃、バケツや柄杓も銅を使っていたわと。とすると、1930年代ということになります。家庭用品にたくさん使用されていたんですね。

レシピを考案する過程もおもしろかったです。服部先生監修らしいです。

料理好きならおすすめです。



# by kitchenparadise | 2017-11-11 14:01 | 私の日常と家族

琺瑯鍋でリンゴを蒸して

私は、銅鍋、ステンレス鍋、中華鍋といろいろ使ってますが、琺瑯鍋はだいたい毎日かかさずキッチンに登場します。
私が言う琺瑯鍋は「厚手の鋳物琺瑯鍋」のこと。カレーやシチュー、ポトフなど一般的な料理から、おでんの下茹でや肉じゃが、煮物、スープなど何にでも使えておいしくできます。

琺瑯鍋といってしまうと、琺瑯用鋼板の上にホーローがけしたものも琺瑯鍋といいますよね、軽量のホーローのミルクパンなんてのも琺瑯鍋のひとつです。一方、ルクルーゼやストウブ、シャスール、バーミキュラのような鍋は、鉄を鋳物に流し込んでかたどったものにホーローがけをしているので「鋳物琺瑯鍋」と言われています。またおなじ鋳物でも、少し薄く作っているのもあるのですが、薄いと蓄熱性にやや欠けます。
つまり「琺瑯鍋」には「薄い鍋」と「鋳物琺瑯鍋(すこし薄い)」「鋳物琺瑯鍋(厚手)」と、大きくわけて3つあるといっていいでしょう。

私のおすすめは厚手の鋳物琺瑯鍋。琺瑯でなくても南部鉄の鋳物鍋でもいいです。とにかく厚みがある鉄の鍋があると料理にはとても便利。自由度が高いのです。
ちなみに肝心なのは厚みと蓋の重さです。また南部鉄器と鋳物琺瑯鍋を比べると、鋳物琺瑯鍋のほうが酸や塩分にも強いので長い時間保存がいれたままで保存ができるので便利。逆に南部鉄器などの鋳物鍋は剥がれる心配はないともいえます。

厚手に鋳物琺瑯鍋の特徴は、蓄熱すること、蒸気が中にこもるので無水調理が可能だということ。
無水調理の何がそんなに美味しいのかな?って思うかもしれませんね。無水調理になれない人には、その美味しさの違いがわかりにくいかも。

ちょっとりんごで試してみましょう。

りんご3個を厚手の鋳物琺瑯鍋にしきつめます。シナモンでもいれて香りをつけましょう。鍋のかさの1/3は必要でしょう。本来は1/2以上が理想。蓋をして中火にかけます。

c0228646_22453815.jpg
鍋が温まったら弱火にして20分。一度も蓋は開けないでおきます。20分たったらオープン。
c0228646_22454500.jpg
砂糖をいれていませんのでジャムとは呼べませんが、言うならば「りんごの蒸し煮」です。水分は入れませんが、リンゴから蒸発する水分で鍋内は100℃以上になります。弱火なら蒸気が外にでないので、りんごの水分でりんごが蒸されることになるわけです。

私はリンゴが手に入ったらいつもこうやって蒸し煮しておきます。ホーロー容器にいれて3.4日はいろいろ使います。
朝はヨーグルトにまぜたり、砂糖を加えてジャムにしてパンにぬったり。
おやつではアイスにまぜたり、パウンドケーキやクレープに挟んだりもします。
夕食では豚肉で巻いて焼いても美味しいですし、ふかしたサツマイモとまぜてサラダにしたりすると子供に喜ばれたものです。

水分を足していないし味付けもしていないので、リンゴの味、うまみがよくわかります。凝縮した感じです。これが鋳物琺瑯鍋のよいところ。りんご以外でもこの蒸し煮はできるので、ぜひいろいろ試してみてください。
ポイントは、鍋にたいして量が少なすぎると水分が蒸発しきってしまうので気をつけることです。


# by kitchenparadise | 2017-11-09 10:30 | 道具:フライパンや鍋

麻酔なし胃カメラ体験

ここ2年間とずっと胃の調子が悪くなかなか完治しないので、心配してくれる友人たちがそれぞれにいろんな病院を紹介してくれる。MRIやCTも何度も、血液検査は6回、2年間で胃カメラも4回も受けた。それぞれの病院が連携して映像でもつながってくれていればいいのだけれど、なかなかそうはいかないらしい。
結果からいうと、大きな病気ではないようなのでひとまず安心。
今回は膵臓の権威と名高い先生のご紹介で、「念のため」といわれまたもや5回目の胃カメラをすることになり、思い切って「麻酔なし」を選択。そう、これまでは麻酔でぐっすり寝てからカメラをいれてもらっていたので痛くないし記憶にもなかった。

まずは、薬水を1杯飲み、そのあと、喉に麻酔をふきかけてもらう。効いてきたら、横になり、マウスピースのようなものを噛んだら、さっそくお医者さんがカメラを口から入れるのだ。
「少し痛いですけど、カメラがのどまでいったらごっくんといって飲み込んでくださいよ。」
コクリとうなずく私。(ごっくん。うわ、苦しい....)
「はい、食道から胃まで入れますよー。」

息ができないくらい苦しくなった。
(呼吸困難になったら、プロレスみたいにロープみたいなのがないのかな。ちょっと休憩、ちょっとタイム、みたいな。あ、あマズイ。絶対これまずい)
涙がちょろちょろとでてきて、こんな時は、別のことを考えて気をちらそうと決意。
(胃の調子がよくなったら、お肉食べにいこうかな。西中洲のあの店なんだっけ、さしがはいったのはちょっとでいいな。あー痛い。苦しい.....ダメかもしれん)

先生「はい、一度軽く深呼吸してー。ヒー、フー。」
(ヒー、フー、あ、ちょっと楽。生き返った。)
目の前には私の胃の中が画面に映し出されている。
(ブツブツがある、まずいかな)そんなことを考えいると以心伝心したのか
「このポリープはピロリがいない人にはよくあるんですよ。心配ないです。」
「じゃあ、十二指腸までいきますよ。はい、もうすこし我慢」
(うわー、このおなかをえぐられる感じ、きもちわるー。早くおわれー!頼むー!)

「はい、あと1分くらいですからね。がんばってー。最後に薬をふきかけて終わりですよー。」
担当医の先生と胃カメラの先生が、私の胃の状態について話しているが、状態は悪くなさそうだ。
(1分が長ーっ。歌でも歌おう。ラブリーラブリーデー♪こんなときはオザケンしかない。まだか、まだか。もうさびは2回歌ったから1分すぎてるよ、先生!)
「はーい、それではカメラだしますよー。苦しいですけどがんばってー。」
こんな時も礼儀正しいオトナらしく、コクリをうなずいたけど、先生は画面をみていて気が付かず。
(抜くのくるしー。うわー。死ぬかもしれん。くるし...い...)

先生「はい、お疲れ様でした。」

かくして、私の麻酔なし胃カメラは終了。自分の胃が見れたことはよかったけど、次にするときは、麻酔させていただきます。しんどかった。





# by kitchenparadise | 2017-11-08 17:28 | 私の日常と家族

自由と多様性、そして承認

数年前に読んだ「14歳の社会学」(宮台真司著 ちくま文庫)を再読。
14歳といわず高校生にも読んで欲しいし、家族関係、人間関係に悩んだ大人が読む本としておすすめしたい一冊です。

著者の宮台先生は14歳にこうなげかけます。

人間の尊厳を支えるには

「自由」と「多様性」の両方が必要である。

また尊厳は、他者から「承認」される経験を必要としている。

分かりやすく説明しています。


 ①キミが試行錯誤する(自由)→

 ②それを他者が認めてくれる(承認)→

 ③失敗しても大丈夫感をいだける(尊厳)→

 ①安心してさらに試行錯誤する→

 ②・・・という循環。

 人間を社会的に成長させるのは、この循環である。
 


14歳にこう書くということは、自分の状況を俯瞰してみることことや、世の中にはいろんな大人たちがいるんだということも理解せよというわけでしょうか。こんなの理解したら、大人より大人になりそう。

興味深いひとつにこんな話もありました。期待水準と願望水準について。

 「人の思いには期待水準と願望水準がある。現実に何が期待できるのか(期待水準)と、自分が心の奥底で何を望んでいるのか(願望水準)だ。いろんな経験をすると、その二つのギャップに耐えるのがつらくなる、だから自分が本当は何を望んでいたのかを忘れていく。傷つかないようにシフトする。この現象が若い人の恋愛にもおきている。」


人間が社会的に成長していくための条件として、子ども時代ににある程度の自由がなくてはいけないと著者は言います。すべてとはいわないが自らの意思で試行錯誤できるほどの自由が要るとうこと。逆にいうと、好きでないことで埋め尽くされたり、強制されすぎたり、あるいは期待され過ぎたりするのはよくないということ。

あと、認められること、つまり承認がとても大切。たとえどんな状況であっても、誰かから認められいる、自分はこれでいいんだという承認。この承認が、社会へはばたく強さを作っていくわけです。そのままでいい、あるがままにいきてていいと思えるのが承認。

これが社会的な大人としての尊厳をささえると綴られています。

14歳が学ぶ社会学としては、難しいけれど、これはなかなか真髄をついていますね。大人の私たちにとっては、胸に手を当ててみたくなる本です。

# by kitchenparadise | 2017-11-07 14:19 | 本と言葉

銅の玉子焼とホールフードマーケット

11/4(土)、タカコナカムラ先生率いるホールフードのメンバーのみなさんによる「ホールフードマーケット」が、マヌコーヒークジラ店で開かれ、「銅の玉子焼き講座」の講師として呼んでいただきました。

開始10分前というのにマーケットの片隅でかぼちゃドーナツを食べている私。笑)
ダムナチュール主宰で実行委員長の安枝さん撮影。くつろぎ過ぎてすいません.....。
このダムナチュールのスイーツ、ほんとの美味しいんですよ。あぁ、またすぐ食べたい。
c0228646_08310298.jpg
この日は、スイーツ以外にも、タカコ先生のお弟子さんたちが作ったお米のバーガーやミネストローネなどいろいろありました。どれも優しくて美味しいですね、やっぱり。体にいいものっていうのかな、効くものというのは、口にいれた瞬間にわかりますね。

さて、わたしの講座はこれ。短い時間でしたが、道具でこんなに仕上がりやおいしさが違うのよ~って説明をしました。
c0228646_08204305.jpg
料理が科学ですから。どんな道具で作るのかで違うのは、銅に限らずほかのものでも同じです。毎日のお弁当にいれるからこそ、冷めても美味しいと感じてもらえる道具で作りたい。よく「こだわってますねえ。」と言われることがありますが、そういうわけではありません。私の願いは家族の健康、そして美味しいと思ってもらえる心の満足感です。

c0228646_08205895.jpg
銅はなぜよいのか、フッソ加工とどう違うのか、取り扱いは、洗い方は、、、と説明して、最後に試食していただきました。

美味しいもの、身体にいいものを作ってあげたいと思うと、まずよい素材を選びます。次に道具を選びます。作り方のコツも覚えたくなるし、調味料もすこしこだわりたくなります。

うちのお嬢へのお弁当もあと一か月少々になりました。いつもと変わらないおべんとうですが、毎日こころをこめて出汁巻を作ってます。


この日は、銅の玉子焼き器がそれぞれどう違うのかの話もしました。厚みによってもずいぶん違うし、それぞれのメーカーでも違います。
私がキチパラの玉子焼器を選んでいるのは、木の取っ手が取りかえられるということです。道具はできるかぎり耐久性があったほうがいいのです。銅は悪くはなりませんが、木はどうしても痩せてきますからね。


キチパラでは11月1日から年に一度の銅製玉子焼きフェアを開催中でして、50台限定で20%も割引きすることにしていましたが。なんと数が足りずに20台余りしかご用意できませんでした。ですからお早目にご注文ください。取っ手はこちらでおつけしてお送りすることもできます。
使い方などをこちらのブログに詳細を書いています。お店に来られる方はスタッフがみんな使っていますから、ぜひ使い方なども直接お聞きになってください。
you tubeで出汁巻の作り方をご覧いただけます。 「銅製の玉子焼き」you tube

私が以前に書いた銅の玉子焼き実験の詳細はこちら

銅を使うにあたって、銅の玉子焼きルールその1ルールその2をお読みください。

ホールフード福岡のみなさん、マーケットお疲れ様でした!

c0228646_08204986.jpg

# by kitchenparadise | 2017-11-06 08:47 | 私の日常と家族

松田美智子先生のラボ講座報告

11/2は松田美智子先生にラボ講座をお願いいたしました。
ご多忙な先生に東京からわざわざお越しいただるなんて、本当にうれしくありがたい限りです。
「こんな少人数で直接教えていただけるなんて、夢のような講座です!」と参加者のみなさんからメールいただきました。
c0228646_15480487.jpg
この日教えていただいたのは、「きのこ鍋」。
NHKきょうの料理でも紹介された、この時期ならではの栄養たっぷりの土鍋料理です。

きのこをはじめ食材の話、食材の切り方、土鍋の話など、「料理は科学」と言われる松田美智子先生ならではの理にかなったおはなしがいっぱいで、みなさんたいへん真剣に聞き入っておられました。
c0228646_15472240.jpg
c0228646_15475320.jpg
土鍋のごはんが意外と簡単に炊ける上、とても美味しいこともおわかりいただけたようです。
みなさん土鍋新米の美味しさを実感なさったようでした。
c0228646_15473442.jpg
単なるきのこ鍋でなく、香菜をいれて風味を変えたり、さらに食べるたびにナンプラーと練りごまなどの調味料で味の変化を楽しんだり、その後乾麺をいれたりと、松田美智子先生流のアレンジの効いた鍋を教えていただきました。私たちスタッフもとても勉強になりました。

機会がありましたら、またこの贅沢な講座をお願いしたいです。先生ありがとうございました。


さて、そして翌日。松田美智子先生を桧山タミ先生にご紹介することになりました。丁寧に作る、手間ひまをかける、旬や土地のものを知る、道具を大切にする、そんな思いをおなじくするおふたりの話は尽きません、あっというまの2時間でした。
お互いの昔話やプライベートは話、これからの日本の話などのほか、私が全く知らない桧山先生のエピソードも飛びだしたりして、ワクワクがとまらない対談でした。
この様子は、毎日新聞さんに11月後半の記事にしていただくこととなりました。お楽しみに。

c0228646_15481202.jpg
とても濃い2日間でした。ありがとうございました。



# by kitchenparadise | 2017-11-04 17:58 | キチパラ講座

今日から3日間、出張桧山塾を募集します。

まもなく終了です。お早目にお申込みください(11/4)

【出張桧山塾について】

日時:11月22日(水)12:00-15:00

開催場所:キッチンパラダイス

  (福岡市中央区白金1-4-14 092-534-6311)

参加費:10000円(試食付) 定員:10名(抽選)


「いのち愛しむ、人生キッチン」の発売後、桧山料理塾に参加してみたいというご要望を多数いただきました。ご要望を受けて出張講座という形で、1日料理講習を開催します。
なお、つづけて12月、1月も予定しております。(日程未定)

今回の講座は、デモンストレーション中心ですが、参加者のみなさんには少しお手伝いもしていただきます。土鍋ご飯の炊き方、基本の味噌汁、冬野菜を使った白和えや胡麻和え、煮物など。またお魚の煮つけなど魚料理も予定しています。銅や土鍋、鉄、すり鉢の大切さなどもお話いただく予定です。

・・・桧山タミ先生プロフィール・・・・・・・・・

c0228646_12290929.jpg

1926年、福岡市生まれ。料理研究家の故・江上トミ先生のもとで、戦前・戦後を通じ38年学ばれ、61年に「桧山タミ料理学院」を開設。72年を境に、フランス料理などの高級料理・西洋菓子中心の指導をやめ、素材にこだわった昔ながらの日本の家庭料理を教える。また日本料理を教える一方、海外の料理や素材にも精通。素材の特性、歴史、レシピの背景など、毎回奥深い講義を行っている。 NHKから始まり、50年にわたりテレビやラジオにも数多く出演。現在は「KBCアサデス。の「タミ塾」にレギュラー出演。 これまで、「できる限り口伝えで」のご意志が固く、92歳にして初めての著書となる「いのち愛しむ、人生キッチン」を出版。

お申し込み開始は11月1日(水)~11月4日(土)まで。
抽選後、11/7までにお返事致します。
*****************************************
お申し込みはキッチンパラダイスHP申込フォームから。
http://www.kitchenparadise.com


# by kitchenparadise | 2017-11-01 12:30

HPをリニューアルしました!

キッチンパラダイスのHPがリニューアルしました。


なにしろ、手作りでございまして、まだまだ不十分でございます。不具合もありますので今夜中に訂正します。
ご購入は明日の営業時間よりおねがいいたします。

しばらくご不便をおかけすることもあるかもしれませんのでよろしくお願いします。

●さっそく明日の10:30amより、桧山タミ先生の11/22のラボ講座の申し込みが始まります。ラボ講座は申込みフォームでのお申込みとなりました。

●銅の玉子焼器の年末割引きが始まります。数がとても少ないのでお早目にお願いします。

●シリットミルクパンの40%OFFも始まります。全部で10台しかありません。

●マトファーの30%OFFも引き続き行います。


スマホでラボ講座の申し込みも、お買い物もできます。↓

c0228646_17193979.jpg

c0228646_17195589.jpg



# by kitchenparadise | 2017-10-31 17:20 | おしらせ(SALE等)

11月4日(土)ホールフードで銅の卵焼き講習

タカコナカムラ先生率いる「ホールフード」のみなさんが主催するイベント「ホールフードマーケット」が、今年も福岡で開かれます。

日程は11月3日(祝)と4日(土)。
場所はなんと!キチパラから歩いて2分の「マヌコーヒークジラ店」です。
薬院駅近くのセブンイレブンの裏手にあります。1階と2階を使って、いろんな食材や食物が販売されるほか、トークライブも日替わりで開催されますよ。

私のトークライブもあります。

11月4日(土)11:40~40分間 @マヌコーヒークジラ店

「ふんわりとできる銅の卵焼きのヒミツ」
       ~銅の使い方とお弁当~

銅の卵焼きを使うとなぜそんなに美味しくなるのか、取り扱いは難しいのか、汚くなったら再生はどうするのか、卵焼きをお弁当に入れると際の工夫。そんなお話を40分にまとめて説明したいと思います。

参加費は無料です。これから卵焼き器を購入予定であれば、ぜひ早めにいらしてください。11月1日から銅の卵焼きフェアを開催するのですが、あまりに人気で思うように在庫ができませんでした。職人さんも少ないので、次回は年内に間に合うか心配しています。年内にほしい方は1日か2日、それもトークイベント開催時間前がお勧めです。(ミニサイズは余裕があります)

銅は一度買ったら一生モノ。ただし、取っ手が木の場合がほとんどなので、木がこげたり細くなったりします。一生ものとして考えるなら交換可能なものがいいです。

この日、11:00からは博多三徳さんの「おだしのお話し」。私も好きなお店です。

3日は浮羽のプランタゴのベーグルもきます。絶対買いに行く!


HPのリニューアルまであと2日。タイムリミットが近づいてきてアワアワしていますが、今日は朝から桧山タミ先生の打ち合わせが朝から2本も!行ってきます。

# by kitchenparadise | 2017-10-30 07:28 | おしらせ(SALE等)

言葉の使い方

昨晩、仕事先の方や友人との夕食にお嬢が同席した。途中、お嬢だけが先に帰ることになり立ち上がった時、彼女が「そろそろおいとまします」とあいさつをしたので少し驚いた。
高校生が「おいとま」を使うとは、なかなかよろしいではないですか。
言葉が少し大人びているのは、別に私が教えたわけではなく、根っからの文学少女である所以だろうと思う。「厠にいってくる」とか「一目散に」など小さい頃から面白がって使っていたし。

それはそうと。先日、「女性の仕事セミナー」の講師をさせていただいいく機会があった。台所道具の講習なら慣れているが、女性のモチベーションをあげるための経験談をまとめるのは準備に時間がかかった。

モチベーションに関して女性と男性を区別する時代でもないが、まだまだ少し地方に行くと、仕事への向きあい方は男女で大きな違いはあるようだ。なので、女性らしいモチベーションとして、とくに女性らしい「言葉」の話をしてきた。

まだ若いころ、先輩が「不躾なお願いですが。」とお客様に話しているのを聞いて、なんて品のある言葉なんだろうと思った。当時は知っていても使えない言葉だったので、手帳に書いて、使うチャンスをうかがったものだった。笑)

ご婦人に道案内をしたら別れ際に「ご親切にありがとう」と言われたのもとてもうれしかった。「ありがとう。」だけでなく「ご親切に」がいい。

ひとことの言葉で気配りができる。反省や尊敬や感謝も、素直に伝わる。

それを理解していただくために、男性のへのほめ言葉を例にあげた。
「すごーい。」としかか言わない相手への誉め言葉を少し変えてみようと。

熱心に経済や政治について数字で表現する男性には「数字に強いね。」とか「論理的ね」「頭の回転が速いね」など少し具体的にほめるほうが嬉しいと思う。
おしゃべりな男性には「会社でも人気でしょう。」武勇伝には「経験が豊富ね。」でもいい。
おとなしい男性には「聞き上手ね。」
「すごーい」「えらーい」では芸がない。

メモを取る女性社員の方もいたから、この手の話は若い子にはウケがよかったよう。笑)
女性の私たちだって具体的にほめられると「お、わかってくれてるな。」と思ってうれしい。


言葉は少し勉強するしかない。簡単なことからでもいい。
雨の時には「お足元の悪い中ありがとうございます。」遠方からは「遠いところからありがとうございます。」
タイミングと状況に応じて的確に言葉を選べれば、仕事は楽しくなるし、会社に貢献もできる。社内でのコミュニケーションもうまくいく。

さきほどの「不躾」という言葉には「唐突で申し訳ない」というニュアンスがある。
「おいとま」にはへりくだる気持ちが伝わる。日本語はとても便利だ。

今日はこの辺で、ごめんください。笑)



# by kitchenparadise | 2017-10-27 20:22 | 私、こう思う

銅鍋フェアは10/31まで

キッチンパラダイス秋の銅鍋フェアは10/31まで。
c0228646_12562720.jpg



現在、在庫があるのは、下記の銅鍋です。


銅製段付鍋

15cm19440円→17496円

18cm24840円→22356円 

21cm30240円→27216円

24cm36720円→33048円


銅鍋は素材によく火が通り、味がよくしみ込みます。ですから薄味でも出汁の味がよく利きます。煮くずれもしません。
混ぜなくても全体的に熱が伝わるのも銅の特徴です。

温度は常に一定で、どなたが作っても失敗がなく、甘みと旨味を引き出す最高の鍋です。


冬の根菜類など、出汁だけでもとても美味しく煮あがります。


この銅は内側が錫引きになっています。

使いかた、洗い方などは、キチパラオリジナルの銅の使い方もお読みください。
またお買い求めの方はスタッフにお電話で使い方をおたずねください。


銅鍋は、錫引き(内側がシルバー)のものと、銅がそのままむき出しのままでコーティングがないものがあります。
酸や塩分で緑青ができやすい為、錫をはっています。プロに道具で錫引き無しが多いのは、小豆専用、ジャム専用、揚物用など、糖度が高く錫が不要であったり、銅イオンに直接触れて色鮮やかに仕上げたかったりと、それぞれの理由があるからです。

煮物、おでんなどでしたら、このような錫引きをお選びください。


10/31まで、ネットと店頭で買えます。


# by kitchenparadise | 2017-10-26 13:48 | おしらせ(SALE等)

老舗フランス家庭料理「花むら」

昨晩はお嬢と恩師と「花むら」で食事。
福岡の「花むら」は、もう学生時代から両親に連れていってもらっているフランス家庭料理のお店です。
「小学生のころ来たような・・・」とお嬢がいうから、彼女にとっては10年ぶりくらいだったようです。非常に美味しかったらしく、「こんな美味しいレストランに10年ぶりにしか連れてきてくれないなんて。」というほど。

オーナーシェフの浅香さんは、帝国ホテル~フランス修行を経て、25歳に店を構えてからまもなく50年だそう。
わたしの母とほぼ同い年ですがまだまだ現役で頑張っておられます。

「花むら」の料理は、堅苦しいフランス料理でなく、フランスの田舎の家庭料理。お嬢が好きなオニオンスープ、牛肉の赤ワイン煮は、私も昔から必ず注文するメニューでした。とろけるようなお肉で、旨味が凝縮されたソースです。


c0228646_14511915.jpg
私は注文したのは、舌平目のソテー。
c0228646_14543457.jpg
エスカルゴバターが嬉しい。魚介のスープは旨味が口にふわーっと広がるのに、食べた後はさっぱりしていています。
c0228646_14562483.jpg
前菜、スープ、メインとデザートで、こんな名店がいまどき3900円(税別)なんて、申し訳ないくらいです。美味しいワインもいっぱい。

わたしの両親が「花むら」に通い始めて30年以上。常連さんに長く愛される老舗ならではの理由が「花むら」にはあります。

子供たちをフレンチなどに連れて行くなんてと思う方もいるかもしれませんが、やはり本物がわかるためには本物を経験させないとなぁと思います。
こちらは本当に良心的すぎる価格です。ぜひご家族でどうぞ。

仏蘭西家庭料理 花むら 

福岡県福岡市中央区舞鶴1丁目3-31

電話: 092-714-5273 日曜お休み 18:00-22:00(LO)

# by kitchenparadise | 2017-10-24 15:13 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

銅の玉子焼き、あれこれ質問
at 2017-11-21 18:57
宮地嶽神社でカレー接待
at 2017-11-20 13:08
My Birthday
at 2017-11-18 17:21
海苔の炙りかた
at 2017-11-17 17:55
究極の土鍋
at 2017-11-16 23:27

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧