カテゴリ:私の日常と家族( 206 )

「いのち愛しむ人生キッチン出版記念トークショー」を終えて

昨日8/7(月)桧山タミ先生の出版記念トークショーが開催されました。

たくさんのお客様にお越しいただき、本当にありがとうございました。

100冊以上用意していた本も売り切れてしまいました。会場にお買い求めになれなかった方、申し訳ありません。
ロビーでは開演前に桧山先生とお話になる列ができ、先生大忙しでしたが、元気にステージに上がられました。

c0228646_13114270.jpg

出版のお祝いに、文芸春秋の馬場さん、西部ガスショールームの北島館長、主催者を代表して塾生の山根さんがご挨拶になりました。
みなさんの心温まるご挨拶が心に響きました。

トークショーは、ゲストに文芸春秋の馬場さん、編集のおおいしさんを迎え、進行役が私田中です。
私にとって、敬愛してやまない桧山先生のことばを生でお届けすることができることはこの上ない喜びです。


桧山先生の深い思いやり、素朴さ、多くの経験に裏打ちされた本物を見極める目、まわりへの感謝など、改めて心に響くお話ばかり。

どうすればより良く生きることができるか、そしてより良く食べることはどういうことか。
一見難しいような課題への道筋が、先生のおおらかな生き方や日々の台所から確かに見えてくる。そんな気がしています。
人生を照らす希望の道筋です。


c0228646_13334952.jpg

先生はいつもこのまま。たとえまわりから重鎮と言われても、威張ったりおごったりすることは微塵もありません。人前にでるのは恥ずかしいからモグラに穴掘ってもらって潜っておくと言ってまわりを笑わせます。笑)

星を眺めながら朝早くおきて朝の太陽を拝み、たゆまず学び、体にいいものだけを自分で作って少しだけ食べて、まわりに感謝して、丁寧に過ごす。常に優しく、常に穏やかです。

桧山先生に「いまの子育て中の若い方にアドバイスがありますか?」とお聞きしたら、
答えは「家族のトイレの後の様子を注意して見ておいたらどうですか。」でした。笑)

排せつ物をみて相手の健康状態をみたらいいということ。そうするとどんな料理を作ればいいかわかるのです。
「常にやさしく、家族に思いやりをもてるようになったらいい。そしてそれを生かす知恵をもちなさい」というメッセージ。
すべての軸は思いやり。究極です、先生。


トークショーをバックアップしてくださった桧山塾塾生のみなさんのチームワーク、優しさに感動しました。
桧山イズムが息づいています。本当にありがとうございました。

このトークショーは、NHKニュースウオッチ9とKBC、読売新聞の取材を受けました。
NHKニュースウオッチ9は、8/11(祝)の21:00放送(予定)、KBCアサデス。は8/16(水)10:00放送(予定)。
ぜひご覧ください。

開演前に写真家の繁延あづささんの写真をご覧いただきました。いい写真ばかりでほんとに和みました。ありがとうございました。
c0228646_13524486.jpg











by kitchenparadise | 2017-08-08 14:07 | 私の日常と家族

桧山タミ先生のNHK取材の1日

週末は家族旅行からバタバタと帰り、昼から桧山タミ先生の密着取材にお供しました。

ひとつは、KBCの「アサデス。」で「たみ塾」番外編の密着取材です。8/16(水)の10:00am放送予定。

もうひとつはNHKの「ニュースウオッチ9」というニュース番組内で、8/11(祝)21:00からの放送予定です。

あくまで予定ですので変わる可能性がありますのでご了承ください。それぞれ10分程度の特集と聞いています。
数日間におよぶ桧山先生の密着などなかなか無いので、とても貴重な映像になると思います。ぜひご覧ください。

ニュースウオッチ9では、アナウンサーの桑子さんがわざわざ福岡に対談にこられました。
とてもチャーミングな方で、先生もにこやかにご質問にお答えなさっていました。

c0228646_12183003.jpg
先生のお言葉をお聞きしながら、やはり「こころ」が大切だと、改めて思います。こころがないものは何をやってもダメ。

先生は、おごったり、威張ったり、愚痴ったり、人気取りしたり、が大嫌い。どんなに御歳を召しても、どんな状況でも、いつもまわりに対する「思いやり」を軸に、大手門村(ホントは中央区大手門)で毎日を送っておられます。

帰り際に、「台所に立っている人を見てると、その方の日常や性格までも透けてみえるから面白いわよ。」なんてニンマリ言われるものだから、ドキッとします。

先生の前ではどう飾ってもムリ。なんでもお見通しなのです。


桑子さん、遠方からありがとうございました。すてきな番組を作ってくださいね。


by kitchenparadise | 2017-08-07 12:31 | 私の日常と家族

「いのち愛しむ」書店めぐり

桧山タミ先生の「いのち愛しむ、人生キッチン」が出版され、地元福岡ではどんな風に陳列しているのかなと思い、市内の書店をぐるっとまわってきました。

博多駅にある丸善さん。なんと6列!だいぶ在庫していただいてます。8/7のトークショーの案内も置いていただきました。


c0228646_13115649.jpg
博多駅バスセンターの紀伊国屋さん。人気の「つくりおきシリーズ」のさらに前列に!ありがたい。トークショーのちらしも置いていただいてます。
c0228646_13133868.jpg
天神のジュンク堂さんでは、どうやら問い合わせや予約が最も多かったのでは?2日目の昼に伺うと、平積みするほどの冊数が残っていませんでした。もう売り切れたかもです。ちらしを横においていただきました。「とにかくお問い合わせがおおいです。」とおっしゃってました。7/31時点で20冊くらいになっていました。
c0228646_13145008.jpg
TSUTAYA福ビルでは、私が好きな本の間においてありました。感激です。
c0228646_13153606.jpg
リブロ天神さん、3か所においていただき、トークショーのちらしも預かっていただきました。


ほかにもブックスキューブリックさん、積文館さん、金文堂さんでも取り扱いいただいており、一部店舗で売り切れがでているようです。
今日は西日本新聞ほかに広告がでており、今週、来週ともに雑誌、テレビ、ラジオでの露出がいっぱいです。
まだの方はお早目がよいと思います。読まれたらキチパラにもぜひご感想をお寄せください。
「桧山タミ いのち愛しむ、人生キッチン」のフェイスブックメッセージでも受け付けます。

8月7日のトークショーも申し込みが増えてきています。大きな会場ですので当日参加もできますが、定員になりしだい入れない場合もございますのでご注意を。詳細はこちらのページです。
また、先生の本買いましたよー、読みましたよーって方は、インスタやツイッターで #桧山タミ #人生キッチンでつぶやいていただけると、ありがたいです。桧山先生にもお見せしています。


キッチンパラダイスのフライパン40%OFFキャンペーンダネッツキャンペーンがまもなく終了です。
ぜひ詳細をご確認ください。




by kitchenparadise | 2017-07-31 17:24 | 私の日常と家族

種のままスイカのスムージー

ブレンダーをフル活用する季節。糖度が高いスイカが売ってたので買ってきました。
毎日スムージー作っています。

スイカはカリウム、シトルリンが多く、有害物質をだしてくれる利尿作用がとても高いので、定期的に摂るようにしています。

今日は、朝の1杯をスタッフと飲みました。
スイカだけじゃ甘みが足りないので、冷凍の苺と冷凍の完熟バナナもいれます。材料はこちら。

■スイカと苺とバナナのヨーグルトスムージー
(700cc 4~5人分くらい)

スイカ(種ついたまま)100g 
冷凍いちご 100g
冷凍バナナ 100g
ヨーグルト 100cc
牛乳 100cc

c0228646_12264413.jpg
普通、種はキレイに取るのですが、

ダネッツやバイタミックスのような強力なブレンダーは取らなくても大丈夫。すべて滑らかに砕いてくれます。


ダネッツブレンダーにはスムージーボタンがあり、一番右のボタンを押すと40秒の表示がでます。
c0228646_12361180.jpg
私はせっかちなので20秒ほどでとめます。それでも十分滑らかですが、今日は自動に任せて40秒やってみました。
c0228646_12412362.jpg
40秒から34秒。6秒しか経ってませんが、冷凍フルーツもスイカの種も難なく砕いてくれます。さすがダネッツ。

できましたー! 

砂糖もはちみつも入れませんでした。ヨーグルトや苺の酸味と、スイカと完熟バナナの甘みでちょうどいい感じです。
ホント美味しーい。
c0228646_12423992.jpg
食欲が進まない夏の朝は、スムージーです。
果物と野菜を新鮮なうちに買ってきて50度洗いして冷凍しておけばいいのです。グリームスムージーはお嬢が嫌がるけど、完熟バナナを入れると意外と甘いです。
ビタミンをたくさん摂取してシミ防止にもなるし、繊維も丸ごととれてお通じもよくなるし、牛乳の代わりに豆乳で中性脂肪を減らすとも言われていて、ダイエットにも抜群です。桧山先生曰く、フルーツは夕方4時までに摂りましょうとのこと。そのほうが体にいいそうです。

ダネッツの夏の限定割引を開催中。7/31までとなりました。
ご興味のある方は、こちらをご覧ください。


by kitchenparadise | 2017-07-20 13:49 | 私の日常と家族

竹皮おにぎり弁当

c0228646_17080000.jpg
今日のお嬢は竹皮おにぎり弁当です。最近、昼休みに委員やら部活やらで忙しい上、プチダイエットをしていて量も少なめ。

いつものように沢山のおかずをゆっくりお箸で食べるのは面倒らしく、「今日もおにぎりとイモでお願い。」言われることがしばしばなのです。それもお弁当箱に入れるのも荷物になるのでい嫌だというわがままぶり。そんな時は、竹皮なら水分調節するので昼まで美味しく食べられるし、それを布で包んで持たせます。箸もなし。

お弁当作りが意外と好きな私にとってはやりがいないな~と思うけれど、本人がそういうからそれでいいというからそれでいいかな。
たまに「今日は普通のおべんとうで。」とか言うのを待っております。まぁいいかな、おにぎりでも子供は育つし、大丈夫でしょう。

今日はちょっと抵抗して、おにぎりに大根葉と生姜と梅を混ぜたりしてみました。

この間、LoveFMにラジオ出演して竹皮の良さを熱く語ったところ、パーソナリティの方から
「この時代に、学校で竹皮のお弁当とか広げたら、みんなびっくりしませんか?」なんて言われてしまいました。

なんてことおっしゃる!竹皮最高ですよ。最高!

時間が経っても美味しく、べちゃっとならないし、繰り返し使えるし。いまの時期は特にいいでしょう。お弁当に下に敷いてもいいですよ。え、お嬢も恥ずかしいのかなぁ?


キチパラで竹皮、いまなら30円で買えます。
c0228646_17274703.jpg

by kitchenparadise | 2017-07-11 17:32 | 私の日常と家族

今夜23:00にLoveFMに

今日はeiko先生のラボ講座です。すごく美味しいタイ料理をいただきました。また後日ご紹介します。

さて、今夜7/8(土曜)は23:00からラジオで出ます。LoveFM「大野タカシのロマンチックラジオ」です。

道具の話を20分くらいやってます。

収録はとっても楽しいひと時でしたよ。でもちょっとしゃべりすぎた。笑)

ラジオのHPはこちらです。




c0228646_14241343.jpg

by kitchenparadise | 2017-07-08 14:25 | 私の日常と家族

アンチフォトジェニックへの挑戦

フォトジェニック:写真向きである、写真映えのするという意味。

毎日、高校生のお嬢にお弁当を持たせています。
まげわっぱの温かみを伝えるために昨年からインスタも始め、毎回アップしていましたが、そろそろ暑さが厳しくなったので保冷剤付お弁当箱に変えました。
昨日のお嬢のお弁当はこんな感じ。
まげわっぱに比べると、確かにフォトジェニックではないです。笑)
c0228646_17320235.jpg

アスパラと豚肉の酢炒め、カボチャ焼、ニラの出汁巻、あらびきウインナー、みようがとトマトの酢漬、ズッキーニのチーズはさみ。
何とも地味で飾り気のない....。ハハハ。

実は、インスタを始めた当初から私が挑戦しているのは、このアンチフォトジェニックなのです。

そう思ったのはANAの機内誌に長年「おべんとうの時間」の写真を掲載されており、本も出されている阿部了さんとお話した時の事。

「田中さん、僕ね、飾らないいつものお弁当を撮りたいんですが、僕があらかじめ撮影依頼の連絡しておくと、いつもより豪華だったり、なんかおしゃれに飾ったりするんですよね、みなさん。それじゃぁ写真としては全くよくない。そんな時は、遠慮なく作り変えてもらうんです、わざわざ。いつものをもう一度作ってもらえませんかってね。」 

カメラマンの阿部さんが撮りたかったのは、日常であり、無駄がいっさいない「素朴」ではなかったのかと思うのです。

私も阿部さんと同様、私の「素朴」、飾らないお弁当を撮りたいと思ってインスタを続けています。時にはおにぎりだけの時もあるし、こんな風に卵が曲がって巻けて仕上がる時も。笑)それが我が家の日常であり、ほかの誰のためでもない、お嬢の体のためだけに作ったっていう証になるから。

言い換えれば、上手に飾るのが苦手な言い訳でもありますけど。(苦笑)

アンチフォトジェニックは、私のこころのフォトジェニックなんですよね。
保冷剤付お弁当箱はこんな感じ。キチパラでも扱ってます。夏は便利ですね。
c0228646_17321548.jpg

by kitchenparadise | 2017-07-01 09:00 | 私の日常と家族

色どり豊かな人生

麻央ちゃんが旅立ったニュースで日本中が泣いたと思います。私もそのひとり。涙が止まりません。

麻央ちゃんの闘病生活は、5歳と10歳の子供を残して他界した姉のことを思い出させました。

短いとはいえ、麻央ちゃんも、私の姉も、きっと幸せな人生だったと思います。

麻央ちゃんの言葉。
「私は、子供を残して可哀そうにと思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。だから、与えられた時間を病気だけに支配されることはやめました。」

体は病でも、こころは病気に支配されたくない。姉もそう思っていたようです。
亡くなる9日前、姉が好きだったユーミンのCDを買ってきて病室で一緒に聞いた時、話せず、目もうまく開けられず、全く体が動かない状態だったのにも関わらず、「この曲いいいよねー、好き好き。」と言わんばかりに薄目をあけて私にうなずきながら笑ってくれました。

酸素マスクのずれも自分で動かせない姉は、「私はユーミンの曲を聞いて楽しんでいるの」と、病気に支配されない強さをもとうとしていました。姉の意識があったその最後に日は、私のおしゃべりにずいぶんつきあってもらいました。

姉の家族としてあまり言われたくなかった言葉があります。
「子供たちが可哀そう。」「先に亡くなって親不孝。」「病気に負けた」そんなマイナスな言葉です。
きっと姉も言われたくなかったのだと思います。

子供たちは、個性的で素直で優しい姉に生まれて幸せだと思いますし、姉の意思を継いで愛されて育っています。先に亡くなって親不孝なんて両親は全く思っていませんし、むしろ父も母も姉を誇りに思っています。それに私たちは姉が病に負けたとも思っていないのです。果敢に挑戦した姉を立派だと思います。
最期の日は、親しい人が遠方から集まってくれました。愛されていることを実感して幸せだったろうとと信じています。

それに、海老蔵さんがそう感じたように、姉もいつも私たちの近くにいるような気がします。姉だったらこうするだろうと思うことが浮かんできます。

海老蔵さんをはじめ麻央ちゃんのご家族、とてもお辛いでしょう。そんな中、麻央ちゃんの意思を継ぐためとはいえインタビューにお答えになり本当に立派です。忘れることはできなくても、こんなに愛すべき人と出会えたという深い幸福感とともに、いつかは乗り越える日がくることを心から願います。

先に旅立つ愛する人は愛を教えてくれます。海老蔵さんの言う通り。

だから人生こんなもんだとあきらめたらもったいない。愛を学ぶために、そして人を思いやるために私たちは生かされているのです。家族との毎日の生活も、友達との何気ないやりとりも、忙しい仕事でさえ、無意識の中にあるのはいつも愛でありたいです。

心からご冥府をお祈りします。


月曜日は愛を伝えるために温めに温めた桧山タミ先生の本についてご紹介させていただきたいと思います。姉が生きていたら一番喜んでくれたろうな。
by kitchenparadise | 2017-06-25 08:00 | 私の日常と家族

お店のようなパンケーキの条件

行列ができるキチパラ近所のカフェ「白金茶房」のパンケーキは、お客の全員がSNS用の写真を撮ります。
撮らない人はいないくらいみんな撮るんですよね。これこれ。確かに美しい焼き上がりですね。
なぜこんなにきれいに焼けるのか、いろいろ試してみました。
c0228646_17182293.jpg
・きれいに丸く焼けるように、高いところから生地を垂らすとか、
・温めたフライパンをいったん濡れ布巾でさましてから生地を入れるとか、
・強火でなく弱火でじっくり焼くとか、
・生地をまぜ過ぎないとか、牛乳おおめとか。

パンケーキを綺麗に焼くためのノウハウはいろいろと言われているけれど、実はぴったりのフライパンを使えばそんなノウハウは全く不要であることがわかりました。白金茶房のこの白丸部分をみてください。側面が丸くカーブしてますよね。ぴったりサイズのフライパンで、それも側面にも火が通りやすい熱伝導が均一のフライパンで焼いているというだけのことなのです。白金茶房はおそらく18cmか20cmでしょう。


こちら、同じスキャンパンのフライパンですが、
左は26cmのフライパンで焼いたもの(ひっくり返して20cmに入れかえましたが)
右は20cmのフライパンで焼いたものです。
c0228646_17304564.jpg
ちなみに、左は北野エースので、右は日清です。色はそれぞれ違うのですが、これは、粉が細かいかどうかと、玉子と粉の分量で違います。
スキャンパンの場合は、バターや油をひかないので、まず油ムラがありません。
それから火をつける前の低温の状態で生地をいれるので、フライパンの性質でまんべんなく熱がまわります。

生地が側面までゆきわたるように流し込むと、側面が焼けてフライ返しに生焼けの生地がつきません。逆に生地を多く入れすぎると、側面とはいえ焼けてない生地ができるのでフライ返しにくっつきやすくなります。そうすると左のように裏返した時に生焼け生地がくっついてしまうのです。

白金茶房のように上手に焼くには、
・ぴったりサイズのフライパン(20cm)
・ぴったりの生地量(130g~150gの粉量)
・低温スタートできる熱伝導のいいフライパン(ちょっと厚手、スキャンパンのようなフライパン)
これで完璧です。

少々厚く焼いてもスキャンパンなら、中までよく焼けます。

ちなみにですが、このように焼くだけなら、バッラリーニ、ルール、スイスダイヤモンド、バイオタンなど、ほかのフライパンでも優秀なものはあります。
あとは、基盤がアルミなのかアルミダイキャストなのか、さらにはその厚みでも蓄熱性が変わってきます。加工はチタンかダイヤモンドコーティングか、その量はでも効果が違うでしょう。
スキャンパンは、バッラリーニのようにフッソ加工にチタンを配合しているのではなく、フッソ加工とアルミの間に高温で放射しています(特許チタン技術)
私がオススメしているスキャンパンはその特殊技術により耐久性がすばらしく、強いわけです。

また、現在はIH兼用をガス用として販売しているフライパンも多いようですが、私の考えでは、これはメーカー側の都合です。ガス用ならステンレスを貼り底にする必要は全くありませんし。ガスはガス用がよいと思っています。


スキャンパンの特別価格は、こちらです。



by kitchenparadise | 2017-06-21 18:07 | 私の日常と家族

住宅展示場でのキッチンセミナー

2017年6月17日、福岡・香椎hi住宅展示場にある株式会社アネシスさんのスタジオで「キッチンセミナー」をさせていただきました。
時間は1時間半と結構長いにも関わらず、みなさん最後までとても熱心にお聞きいただきました。ほんとありがたいです。
c0228646_15265770.jpg
内容は「賢い道具の選び方、使い方」です。

すしおけ、まげわっぱ、おひつ、ザル、まな板などなどの木の道具は実はとても優れた道具であること。その使い方。
少し遅れている日本のフッソ加工の対応やセラミックのフライパンのこと。フッソ加工を長く使うにはどうしたらいいかや、フライパンによって味が違うことがあること。
ほかにも、すり鉢のこと、鉄のフライパンの使い方、キチパラ独自のアンケートによるIHとガスの違いなどをお話しました。

便利、簡単、時短、コンパクト。そんな謳い文句で新しい商品がどんどん登場しては消えていく最近の世の中で、本当に使うべき、残すべき道具はどんなものなのかをみなさんに考えてほしいという思いで、このようなセミナ-をお受けしています。

台所は、家族のいのちを繋いでいく場所。手早くても心は手抜きしてはいけないと師に教えられました。
お客様の台所が心のこもった場所になるよう、道具屋として時代が変わっても変わらない本物を紹介していきたいといつも思っています。

参加者の方の質問も受け付けました。

南部鉄はが錆びますが、取扱いのコツは?
ルクルーゼやストウブなどのブランドの違いで何が違うのか?
木のまな板でキムチとかを切っても汚れは残らないのか?

みなさんの質問は、私にもとても参考になります。

主催したアネシスさんには、熊本の展示会場にも何度も伺っています。環境のこと、生活のことなどに意識の高いお客さまが大変多く、とても話しやすいセミナーです。フッソ加工や電子レンジに関する疑問、業界の裏話など、テレビでは言わないようなことも結構喋ったりします。
アネシスさんはとても若い社員さんが多い会社で、従来の住宅メーカーの固定観念にこだわらないところが素晴らしい。住宅展示場もどこもホントすごくかっこいいです。
またいつでも呼んでくださーい!




by kitchenparadise | 2017-06-20 15:47 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

なみじゅうの購入(最新版 2..
at 2017-08-19 08:30
貴重な初版はキチパラで!
at 2017-08-18 08:30
9/16(土)田中博子さんの..
at 2017-08-17 16:15
エッセイ「パンツのゴム」
at 2017-08-16 19:43
8/11(祝)桧山先生NHK..
at 2017-08-10 16:23

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧