カテゴリ:私の日常と家族( 226 )

海外向けの取材

特別SALEのシラルガンミルクポットが大変人気です。ネットでも店頭でもお買い上げの方が多く、急遽台数を増やそうと考えてます。
発送は来週になりますが、ご希望の方はこちらをご覧ください。
私がこの数年使ったなかで、最も気に入った鍋です。すでにお嬢の分もキープするほど気に入っています。


さて、昨日は終日、桧山タミ先生の取材でした。日本でなく海外で放送されるという国際放送の収録。
海外がイメージする日本料理はラーメンやにぎり寿司、すきやきでしょうが、本当の日本の家庭料理はどんなものか、桧山タミ先生の台所から世界に発信します。

起床からの撮影で、私も早朝からおともしました。
長時間取材でやや疲れ気味の私とはうらはらに、お元気なのは桧山先生。ほんとに頭が下がります。なんでこんなのお元気なんでしょう。92歳で現役たる所以は、毎日料理をなさるからか、乾布摩擦か、食べ物そのものか。どちらにしても気持ちの持ちようは大いにあるでしょう。
c0228646_19011909.jpg
ちらし寿司を丁寧に作りました。ちらし寿司はそれぞれの家庭のおかあさんの味。日本では、お祝い事があるたびに食卓にならびます。
日本のお母さんたちは、こんな風にして作っているんだなぁと感じていただけると嬉しいですね。
c0228646_19023846.jpg
お弟子さんたちにもお手伝いに集まっていただきました。
みんなで食べるからさらに美味しいです。ちらし寿司は日本のこころ、そのものですね。
c0228646_19044181.jpg
放送の際は、またご案内します。日本ではインターネットでご覧いただけるはず。英語ナレーションです。


by kitchenparadise | 2018-01-19 08:00 | 私の日常と家族

スタッフOG新年鴨の会

日曜日は年に一度のスタッフOG会。キッチンパラダイスのスタッフや卒業したOGの子たちが集まる会でした。
ここ数年は大人の遠足のようにみんなで電車にのり、小郡市にある「さとう別荘」という鴨料理のお店で開催するのが恒例になりました。鴨のジビエは、11月から2月までの季節限定のお料理。鴨鍋と狩場焼きというお料理のコースをいただきます。10月頃になると、そわそわしてくるほど楽しみな美味しさです。

一年間にあったことを話しながら鴨を楽しむ会ですが、どんどん大きくなっていく子供たちに会うのがとっても楽しみな会でもあります。
かわいくってたまりません。
c0228646_14572126.jpg
ヨシヨチ歩きだったDちゃんの長男はお話ができるように、オッチのおしりに隠れていたMちゃんはすっかりお姉さんに、りさこさんとこのKくんももう小学生になるんです。嬉しいですねー。すっかりおばさん、おばあちゃん?の気分です。

お料理はこんな感じ。10人以上いるので狩場焼きと鴨鍋をどちらも注文して、シェアしていただきます。
どうですか。きれいな鴨でしょう。
c0228646_15004619.jpg
鴨の肉もさることながら、出汁がね、本当に美味しいんですよ。
もちろん要予約です。ジビエは2月までですが、そろそろ満席じゃないかなぁ。私たちも11月には予約済みです。行ってみたい方はお早めにどうぞー。

楽しい時間はあっという間。
c0228646_15051724.jpg
みんなと出会えた幸せ、こうやって集まって時間を過ごす幸せ。子供たちが成長していく幸せ。もう幸せだらけです。いつも抜けてばかりの私を支えてくれた面々です。私の力では17年も何もできなかったと思います。思いやり深く、優しく、表裏のない、私を懸命にカバーしてくれる彼女たちのおかげです。
c0228646_15111722.jpg
ありがたい。この幸せな気持ちを、料理や道具を通して、社会のお役に誰かのお役にたてたらと思い続けています。



by kitchenparadise | 2018-01-18 07:30 | 私の日常と家族

「いのち愛しむ、人生キッチン」が1位になりました

私も企画編集に携わった、「いのち愛しむ、人生キッチン」(桧山タミ著・文藝春秋)は、おかげさまで多くの方々に読んでいただきました。本当にうれしい限りです。
とうの桧山タミ先生は、テレビや雑誌で紹介されるたび「穴があったら入りたい」とか「もぐらを呼んできて」とかおっしゃってます。笑)

昨日、出版の文藝春秋さんから、さらに嬉しいニュースが。

なんと私が大好きな書店リブロ福岡天神(岩田屋7F)で、
2017年に売れた本の総合で第1位
だったそうなのです!!!
c0228646_14051362.png
(リブロさんのツイッターから拝借しました)

すごいですよね。ホント、素晴らしい。買っていただいた方はもちろんのこと、何か所も平積みしたりポップを書いて下さった書店員さんにも本当に感謝しています。多くの本がある中で、書店の方が実際に読んでくださり、その上でポップを書いてくださるのは、とてもありがたいことです。本当に本当にありがとうございます。

現在、第6版まで印刷されていますが、キチパラにはなんと初版があります!まだの方は、ネットでキチパラでお買い求めください。桧山先生のサインのコピーも入れてお送りしています。

明日1/13(土)はNHKの九州各地の放送で、朝の7:30から先生が出演される予定なのですが、雪などの状況で翌週になるかもしれません。ご覧ください。明日か来週の土曜日の予定です。(全国ではありませんので)

いまから、桧山先生に、リブロ大賞の報告にいってきまーす!!

by kitchenparadise | 2018-01-12 14:16 | 私の日常と家族

たくさんの感謝と

また1年が過ぎようとしています。早いものでと言いたいところですが、今年は本当に長かった。長い1年でした。

最初の半年は、桧山タミ先生の「いのち愛しむ、人生キッチン」の企画と編集に多くの時間を費やし、残りの半分はその営業と(笑)と、取材対応で追われていた気がします。生みの苦しみはありましたが、その苦労をはるかに超える貴重な経験をさせていただきました。
出版するにあたりたくさんの方々に協力していただいたこと、心ある方々に出会えたことは大きな喜びでした。
みなさんに感謝ばかりです。

私が不在することが多かったお店ですが、忙しいときはスタッフたちがしっかり支えてくれました。
お店がしっかりしていないと私も活動ができません。そんな活動を応援してくれるスタッフたちにはとても感謝しています。

多くの友人が本を広めてくれました。20冊以上買って配ってくれた友人、ブログやSNSで広めてくれた友人、読んですぐに感想を伝えてくれ励ましてくれた友人もいます。みんな完成を喜びねぎらってくれました。

桧山先生はたびたびタクシーでお店にこられました。「あやさんが居なくて忙しくさせてごめんね」とスタッフにお菓子をもって。
私がちょっと疲れている顔をすると、そのたびに桧山先生が私の手や背中をさすってくださいました。それが桧山タミ先生という方なのです。
長年「口伝えが大切なの」とおっしゃってどんなお誘いも受けなかった先生が、「どうしても後世のために本を残してほしい」という私の切なる希望を聞き入れてくださったこと。とても感謝の一言では言い表せません。

本はアマゾンランキングで1位になり、増刷を重ね、多くの方に読んでいただきました。

ほんと今年は感謝の1年で、本当にたくさん泣きました。笑)


その一方で、体調に悩まされました1年でもありました。病院の領収証がこの2年前で50枚にも上りました。
胃痛が続き病院をあちこちまわったのです。神経性だろうとか、ウイルス性とか、機能性胃腸症、逆流性胃腸炎。まったく原因不明。

7つの病院をまわり、13キロも痩せた私を心配してくれた友人が、この秋、すい臓外科医の権威の先生を紹介してくれました。
結果は慢性膵炎とのこと。今年11月に診断されました。

早期だそうで、血液検査に大きくは出ないらしいのです。おそらく機能性胃腸症も関係しているようです。
アルコールをほとんど飲まないし、食生活もいたって健全なのに、なぜ膵炎になるのかは疑問ですが、たまにそんな人もいるようです。
現在は薬に助けてもらいながら、食事に気を付けて生活しています。相変わらず胃痛持ちでややこしい体ではありますが。



早くに他界した祖母も言っていました。いいことも悪いことも神様はみんな同じように与えなさる。

一病息災と捉えて、無理をしないよう、生かしていただいているお役目をは果たしていきたいと考えています。


今年は本当に感謝の1年でした。ありがたいありがたい1年でした。
家族に感謝しつつ、穏やかな年越しをむかえたいと思います。

年明けのキチパラはセイロと包丁のフェア、そして1/6の福袋と初売券で始まります。

来年もよろしくお願いいたします。





by kitchenparadise | 2017-12-28 09:45 | 私の日常と家族

宮地嶽神社でカレー接待

昨日、宮地嶽神社という福岡の由緒ある神社でこのような催しがあり、私もお嬢と行ってきました!

c0228646_12423302.jpg
この神社には台所の神様がいらしゃるらしく、年に一度このような催しをなさっているとのこと。三溝先生は生徒のみなさんとボランティアで300食のカレーを作って、参拝者の方を接待されているのです。4年もこの活動をなさってます。すばらしい活動に頭が下がります。

神様にお供えした新米、先生が丁寧に作られた美味しいカレー、ご主人が焼いた炭火の鶏肉。最高のカレーですよ。
c0228646_12433872.jpg
境内の中の神様のすぐ前には釜でずっとお湯を沸かしおられる方も。湯気がご利益があると聞き、私もお嬢も頭に湯気をかぶりました。
このお湯も料理に使われているそうです。
c0228646_12424643.jpg
料理も人の縁もおかげさまです。自然の恵みのおかげで今年も美味しいお米がいただけること、いつも神様に守られていることに感謝です。先生や生徒さんの惜しみない奉仕の気持ちにもこころから感謝、尊敬します。心があったまるカレーでした。ありがとうございました。

寒い中なのに、みなさん、ほーんと楽しそう。それが一番すばらしいこと。
c0228646_12441214.jpg
帰りにおみくじ引いたら大吉でした。ありがたいことづくしです。


明日はまた福岡はさらに寒くなるそうです。明日は桧山タミ先生と柳橋連合市場に久しぶり院お買いものに行きます。どうか先生のために過ごしやすい一日にしてください。なーんて、お願い事をしましたが、神様にお願いはしちゃいけないらしいですね。笑)

by kitchenparadise | 2017-11-20 13:08 | 私の日常と家族

My Birthday

11月17日は、私の誕生日、それも半世紀のバースデーでした。
スタッフ3人が、福山剛シェフの店、西中洲の「Goh」でお祝いしようといってくれました。Gohはなかなか予約が取れないので、2か月近く前から予約を入れてくれていたそうです。

終日、テレビ取材のため外出していたら、帰ってきたらようこ先生が待っていてくれ、さらに三溝先生もお祝いにかけつけてくれ、もうびっくりです。こんな歳になってしまい、それほど嬉しくはないなぁと思っていたところ、思いがけないお祝いに気持ちは一転。めちゃくちゃハッピーな気分になりました。

タクシーに乗って、西中洲にむかう間に母にお礼の電話。その後Gohに到着すると、、、なんと、スタッフだけでなく、OGだちも集まってくれていて、もうびっくりびっくり、大びっくり!!

c0228646_17122268.jpg
旦那さんに子供を預けてわざわざ来てくれた子もいれば、東京からわざわざ駆けつけてくれた久保田さんも!
みんな何にも言わないから、ほんとびっくりで、嬉しくて、夢を見ているようでした。ほっぺたつねりたい感じです。


こんな素敵な1日が待っていたなんて、なんて素晴らしい誕生日。なんてすばらしい半世紀。みんなに感謝です。

それにしてもさ、よく私にばれずに集合したよねー、みんな。笑)

Gohさんの食事も最高でした。2年ぶりに訪れましたが、ますます私たちの五感を楽しませてくれました。忘れられない食事になりました。
c0228646_17165778.jpg
(いくつか撮影忘れたかも。)
「会話がとまるほど、美味しいやん!」と福山シェフにクレームをつけました。笑)みんな絶賛です。またすぐ予約だ。

ことばで言い表せない幸せとともに超えた50歳。仲間に深く感謝するとともに、産んでくれた母と支えてくれた父に深く感謝しています。
スタッフとOGのみんな、本当にありがとう。ありがとう。ありがとう。


by kitchenparadise | 2017-11-18 17:21 | 私の日常と家族

海苔の炙りかた

海苔を炙る人は少なくなりましたね。特にIHクッキングヒーターでは海苔を炙れませんし、炙らない海苔しか使わなくなりますよね。
さて、海苔は毎回炙って使ったほうがいいんでしょうか?どう炙るんでしょうか?今日はそんなお話。
私が仕事でご一緒した何人かの海苔やさんや料理家の桧山先生からお聞きした「海苔」の話をまとめます。

海苔は、海で収穫された後、四角のカタチにすかれて乾燥させられます。これが「乾海苔」「干し海苔」です。少し水分を保持した状態でやや赤紫がかったものが多いようです。その後、大きな電気オーブンで焼かれます。これが「焼き海苔」です。これに味がついたものが「味のり」です。おにぎり用や、ひとつひとつパックにされたものは味海苔が多いです。韓国のりは味海苔ですよね。

私が子供の頃は、つどつど乾海苔をコンロで炙っていたように思いますが、最近はほとんど焼き海苔なので、保存状態がよく、湿気ていなければ焼かなくてもいいと海苔業者さんは言います。もちろん焼いたほうが、よりパリッとして瞬間的には香りがいいですよね。

「焼いてない海苔をガスコンロで焼くのは意外と難しいんですよ。」と業者さんは言います。「オーブンを温めてから火をとめて30秒くらいで焼いたりしたほうがまんべんなく焼けますよね。」とも。

料理家の桧山タミ先生は、「すぐ食べる時、古い海苔の時は、焼き海苔も少し炙ったほういいですよ。」と言われました。

炙り方はこう。海苔には表と裏があります。

c0228646_16303250.jpg
海苔を炙る時は表と表を重ねて2枚重ねにしてください。つまり、2枚の裏(ザラザラ)だけを炙るのです。こう炙るのが最も香りが残るとと、業者さんも先生も、海苔やさんもみなさん言われるので、これは基本のようです。
c0228646_16303746.jpg

炙り方は、コンロの火は強火で。そして必ず遠火です。焼き海苔の場合はパパッとでもいいですが、干し海苔の時はこの強火の遠火で、割と長く焼きます。場所を変えて全体的に色が変わるように焼いてください。
コンロの上に網目の細かい焼き網をのせるほうが火が広がってうまくいきます。


私は、今朝もお嬢に軽く炙った海苔のおにぎりを持たせました。いつも本を読んだり勉強したりしながら食べるので、海苔でしっかり包みます。手が汚れないし食べやすいです。海苔も固すぎずに歯でちぎりやすい海苔を選んでいます。

ある夕方、近くのバス停のベンチで高校生の女の子がバクダンおにぎり(大きいおにぎりを大きな海苔でくるんだもの)を食べていました。片手に単語帳。きっと帰宅せずに塾に行くのでしょう。大きな海苔でぐるっと包んだ手が汚れないおにぎりの中には何種類ものおかずが入っているようで、その女の子のお母さんの愛情が伝わってきて、温かい気持ちになりました。
コンビニのおにぎりなら「小腹すいて買い食いかぁ」と少しお行儀悪く感じてしまうのに、母のばくだんおにぎりならホットな気持ちになるという...不思議なものです。


そろそろ一番海苔の季節です。やはり一番海苔は美味しいです。でもこの時期は昨年の一番海苔が安くなりますから、これもお買い得なんですよね。









by kitchenparadise | 2017-11-17 17:55 | 私の日常と家族

「親から子へ道具が育むココロとカラダ」

福岡市内のある幼稚園にお招きいただき、道具講習をお任せいただきました。
c0228646_14093703.jpg
とても熱心なお母さん方ばかり。終了後にいろんな質問をいただけるのが嬉しいですね。


わたしの講習の最初の40分は、なぜ道具をが心と身体を育むことになるのかを、これまでの仕事や子育て、桧山先生から教わったことをもとに具体的にお話しすることにしています。
その後に台所道具の使い方です。
すしおけ、セイロ、木のまな板などの上手な使い方、フッソ加工の長持ちのさせ方、さびないくっつかない鉄のフライパンについてなどなどをお話しました。

終了後の質問もいろいろ。
「ガスとIHはどう違うか。」「子供が全く料理に興味がないけど、教えたほうがいいのか。」「まげわっぱに洗剤の匂いがついたけど、どうすればいいか。」「圧力鍋で何でも作っていいのか。」「子供が親の言うことを聞かないんですがどうしたらいいか」
c0228646_15361909.jpg
道具のことはだいだいはわかりますが、まだまだ私も子育ての勉強中。視野を広くするためにもっと勉強せねば!

役員のみなさんが作ってくださった手作りのホワイトボードは感動モノです。手がこんでます。お母さんたちのがんばりには頭がさがります。みんな一致団結して楽しそうになさっているのがすばらしい。子供たちはそんなお母さんを見ていると思います。

このようなセミナーは、お店の活動とは別に、ライフワークとして続けていきたいと思います。

みなさんお世話になりました!







by kitchenparadise | 2017-11-15 15:54 | 私の日常と家族

映画「ラストレシピ」を観た

ニノがでている「ラストレシピ 麒麟の舌の記憶」を観ました。

なかなか良かったんですよ、これが。

私はレシピや道具がみられる方と思っていったのですが、人間ドラマがよかった。単純なんだけど、結構よかったです。

物語が繰り広げられるのは1930年代と2000年代はじめの2つの時代。2000年代はじめに料理人として、人生最後に食べたい料理の依頼を受けていた佐々木充(二宮くん)。彼は麒麟の舌の持ち主と言われ、一度食べた味を再現することができる天才的人物。あるとき、中国の料理人・楊清明から「大日本帝国食菜全席」を再現してほしいと依頼されます。「大日本帝国食菜全席」とは1930年代に宮廷料理人であった山形直太朗が完成させた伝説のレシピ。山形もまた、麒麟の舌をもっていると言われた男でした。しかし戦争を経て「大日本帝国食菜全席」の存在は闇に葬られてしまっていました。なぜなのか。これをたどることで、主人公が自分の人生までたどることになるとうい内容です。


あらすじはさておき、厨房で使っている道具がすばらしい。
銅鍋がいっぱいなんです。ソトーズがいっぱい。
お嬢とふたりで「あ!うちの鍋だ!」とかいいながら盛り上がりました。料理人の山形直太朗は、フランスで修業をした料理人という設定でしたが、1930年代にあんな銅鍋をたくさん使っていたのでしょうか。
そういえば桧山タミ先生が、小さい頃、バケツや柄杓も銅を使っていたわと。とすると、1930年代ということになります。家庭用品にたくさん使用されていたんですね。

レシピを考案する過程もおもしろかったです。服部先生監修らしいです。

料理好きならおすすめです。



by kitchenparadise | 2017-11-11 14:01 | 私の日常と家族

麻酔なし胃カメラ体験

ここ2年間とずっと胃の調子が悪くなかなか完治しないので、心配してくれる友人たちがそれぞれにいろんな病院を紹介してくれる。MRIやCTも何度も、血液検査は6回、2年間で胃カメラも4回も受けた。それぞれの病院が連携して映像でもつながってくれていればいいのだけれど、なかなかそうはいかないらしい。
結果からいうと、大きな病気ではないようなのでひとまず安心。
今回は膵臓の権威と名高い先生のご紹介で、「念のため」といわれまたもや5回目の胃カメラをすることになり、思い切って「麻酔なし」を選択。そう、これまでは麻酔でぐっすり寝てからカメラをいれてもらっていたので痛くないし記憶にもなかった。

まずは、薬水を1杯飲み、そのあと、喉に麻酔をふきかけてもらう。効いてきたら、横になり、マウスピースのようなものを噛んだら、さっそくお医者さんがカメラを口から入れるのだ。
「少し痛いですけど、カメラがのどまでいったらごっくんといって飲み込んでくださいよ。」
コクリとうなずく私。(ごっくん。うわ、苦しい....)
「はい、食道から胃まで入れますよー。」

息ができないくらい苦しくなった。
(呼吸困難になったら、プロレスみたいにロープみたいなのがないのかな。ちょっと休憩、ちょっとタイム、みたいな。あ、あマズイ。絶対これまずい)
涙がちょろちょろとでてきて、こんな時は、別のことを考えて気をちらそうと決意。
(胃の調子がよくなったら、お肉食べにいこうかな。西中洲のあの店なんだっけ、さしがはいったのはちょっとでいいな。あー痛い。苦しい.....ダメかもしれん)

先生「はい、一度軽く深呼吸してー。ヒー、フー。」
(ヒー、フー、あ、ちょっと楽。生き返った。)
目の前には私の胃の中が画面に映し出されている。
(ブツブツがある、まずいかな)そんなことを考えいると以心伝心したのか
「このポリープはピロリがいない人にはよくあるんですよ。心配ないです。」
「じゃあ、十二指腸までいきますよ。はい、もうすこし我慢」
(うわー、このおなかをえぐられる感じ、きもちわるー。早くおわれー!頼むー!)

「はい、あと1分くらいですからね。がんばってー。最後に薬をふきかけて終わりですよー。」
担当医の先生と胃カメラの先生が、私の胃の状態について話しているが、状態は悪くなさそうだ。
(1分が長ーっ。歌でも歌おう。ラブリーラブリーデー♪こんなときはオザケンしかない。まだか、まだか。もうさびは2回歌ったから1分すぎてるよ、先生!)
「はーい、それではカメラだしますよー。苦しいですけどがんばってー。」
こんな時も礼儀正しいオトナらしく、コクリをうなずいたけど、先生は画面をみていて気が付かず。
(抜くのくるしー。うわー。死ぬかもしれん。くるし...い...)

先生「はい、お疲れ様でした。」

かくして、私の麻酔なし胃カメラは終了。自分の胃が見れたことはよかったけど、次にするときは、麻酔させていただきます。しんどかった。





by kitchenparadise | 2017-11-08 17:28 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

海外向けの取材
at 2018-01-19 08:00
スタッフOG新年鴨の会
at 2018-01-18 07:30
シラルガンミルクポット40%..
at 2018-01-17 08:00
1/25結城奈佳先生の韓国料..
at 2018-01-16 07:30
出張桧山塾について
at 2018-01-15 09:47

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧