カテゴリ:私の日常と家族( 211 )

映画「永い言い訳」を観て

昨日観た、西川美和監督の「永い言い訳」は、なかなか良かった。
直木賞候補作というもあり、小説だけを読んだお嬢(17)の感想は、「共感できる部分がない」。

「そりゃそうでしょうよ。高校生に共感されたらたまらん。」というのが、見終わったあとの私の感想だった。
濡れ場もあって、こんなの高校生が読んでもいいんかなと、若干母親目線もあったりして複雑でもあり。

ネタバレしないようにあらすじを書くと、もっくん扮する人気作家が、突然のバス事故により、長年連れ添った妻を失う。妻との間はとうの昔にギクシャクしており、妻を亡くした悲しみにふけることはできない。
一方、同じように妻を亡くしたトラック運転手は、幼い2人の子どもを遺して旅立った妻の死に憔悴しきっている。主人公のもっくんは、そのトラック運転手の子供たちをの面倒を時折みることになり、そこから自分の感情と向きあっていくことになる。というお話。

妻や夫を亡くしてもたいして悲しくない。あぁ~あ、そんな人生を送りたくない。
悲しまなきゃいけないはずなのに、全く落ち込まない。
彼は妻を愛するのを忘れていたわけでなく、妻と向き合ってこなかったということにだんだん気が付いていく。
自意識過剰で、卑屈で、幼稚なこの主人公が時々酔っぱらうのだけれど、この姿がとてもみっともなくって、映画では効いている。
子供たちの心の変化も、演技もすばらしい。、もっくんとの距離感がだんだん近づいてくるのもほほえましくなってくる。

ひさしぶりに、もう一回みて考えてみたいと思ったいい作品だった。
夫婦のあり方、愛という不確かなものをどうやって手にいれるのか、考えさせられる映画。
夫婦でみる?いえ、まずおひとりでご覧になったらいかがでしょうか。

福岡ではKBCシネマでやってます。


月曜日にTNCももち浜ストアにキッチンパラダイスがでます。なみじゅうがしばらく無くなる可能性があるので、年末までにご購入予定の方はお早目に。
**********************************************************
キッチンパラダイスのHPはこちらです。
台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。
by kitchenparadise | 2016-10-28 17:06 | 私の日常と家族

お弁当は15分で6品

お嬢のお弁当作りを始めて5年になります。
正直言います。ほんと、すごく...楽しいっ!!

朝起きて香味飯鍋でご飯が炊きあがる30分の間に、15分間でお弁当を作り、5.6分で朝食を作り、あとは洗濯機を回したり、たまにタイマーかけて二度寝もしています。
この「15分」で「6品以上」という時間を自分に課しているのが、毎朝のちょっとしたチャレンジでなんとも楽しいのです。
ご来店なさるお客様の中には、お弁当や夕食に時間がかかるという方も多く、ワタシ流の時間配分を紹介してみます。主婦の先輩方や料理家の先生方からは素人っぽくて笑われるかもしれませんが。

鶏のハーブ焼きとブリ弁当
c0228646_11442071.jpg

いつもお魚とお肉の2種類を入れるようにしています。
まず、お弁当を作る時に、一番時間がかかるものからとりかかります。
①の鶏肉のハーブ焼きはオーブンシートにのせてアルミ箔でつつみ、鶏ハーブは魚焼きグリルで15分のタイマー。これが一番時間がかかる料理です。ハーブソルトは寝る前にまぶして冷蔵庫に入れておきました。
グリルには、ソーセージ1本を縦に4つに切っていれて温めます。
5分経ったらソーセージを出して、②ブリみりんは10分弱、鶏の横で焼きます。
*鉄のフライパンならそのまま巻いても十分火は通りますよ。

前日の残りの⑥厚揚げは3分保存していた琺瑯容器のまま温めている間に...
鉄のフライパンに薄く油を流して弱火にします。
その間に、餃子の皮にシソとさきほどのソーセージ、チーズも入れて水をつけてクルクルッまき、そのまま温めた油に入れてころがしながらやきます。(ソーセージはさきほど温めたので火の通りは気にしないでよいのです)この③餃子のしそソーセージ巻は1分で完成。
最後は④出汁巻卵3分。銅製玉子焼器に火をつけて、油を薄くぬって弱火。卵を割って出汁と醤油砂糖などをいれて焼きます。この日はシソがあったので途中で巻きました。銅だと卵2個で3分。早いのです。
この日はあまり野菜がなかったので、⑤常備菜のきゅうりの塩もみを。冷蔵庫から出していれるだけ。
かんせーい。野菜を切らしていたため、野菜不足気味なお弁当。夜は野菜スープにしました。

朝は小さな鉄のフライパンならよく火が通りますし、銅の玉子焼器なら2.3分でちゃちゃっと巻けます。しかも冷めてもとても美味しいのが特徴。
鶏のハーブも鉄のフライパンで焼いたほうがジューシーで短時間でできます。我が家はプチダイエット気味なのでグリルにしましたが。

ワタシ流の時短のコツは、
①前の料理の時に、次の料理の下ごしらえ
②一番時間がかかるものからまずとりかかる
③熱を有効に使う
④時短&美味しくできる道具を上手につかう


この4つだと思います。時短で、より美味しく、より楽しく。

「鉄のフライパンがうまく使えない方へ」は、キッチンオタク道のこちらのブログへ。
銅の玉子焼きにご興味がある方はこちらのブログをごらんください。

*********************************************************
キッチンパラダイスのHPはこちらです。

台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-24 11:59 | 私の日常と家族

好きなことならがんばれる

先日ありがたいことに、福岡市内の某小学校に講演に招かれた。「料理道具が育むココロとカラダ」というタイトルで、台所と子育ての関係を、道具選びの観点から考えてみるという一風変わった試みで、僭越ながら私の子育て経験を盛り込んだお話をさせていただいたわけである。
内容はまたいづれ。で、その講演前、その小学校の校長先生とお話しする20分ほどの時間があり、私はお嬢の小学校1、2年生の担任だったY先生の話をした。

「小さい頃からうちの娘は本の虫で、歩きながら本を読むわ、授業が始まる起立の号令でさえも気づかない始末でして。当時の担任の先生の相談したところ、こう励まされたのです。『気が付かないくらい好きなんですから好きなことをさせておきましょう。起立しない時は、となりにお世話好きの子を座らせてポンポンと肩をたたいてもらいますから』 と。その先生のアドバイスのおかげで、親として心から娘を自由にしてあげることができ、現在も彼女は文芸道に励むことができております。」という内容だった。


講演後、小学校をあとにすると、校長先生からお電話があった。
「田中さんの話されたY先生、〇〇小学校におられましたよ~!いまから学校に電話してください。Y先生には話していますから。」
びっくりした。なんと行動的な校長先生!
私が講演している最中に、探してくれたらしい。

電話をかけたら、先生が電話口にでられた。
「Y先生!ごぶさたしております!」
先生の授業前だというのにすっかり話し込んでしまった。当時、私は1年生の親として学年委員をしており、先生とはずいぶんやりとりをしていたが、ひょんなことからアドレスを失くしてしまっていて全く連絡がつかないでいた。10年近くのご無沙汰だった。

改めてY先生に感謝を伝え、お嬢が寝る間も惜しんで好きなことに没頭していること、元気なことなどを伝えると、先生はとても喜んでくれた。きっと、あの時先生からのアドバイスが無ければ、「本は読まずにちゃんと起立しなさい。休憩時間はお友達につきあってあそびなさい。」などと親の都合で娘を悩ませたに違いないと思う。

「わたしが担任だった生徒のひとりは、教科書に落書きばかりしてお母さんを悩ませてましたが、いまは名の知れたアニメーターになってます。ウィキペディアにのるほどの。好きなことだからがんばっていけるんだと思いますよ。〇ちゃん(お嬢)も好きなことならいくらでも頑張る子だと思ってました。大丈夫よ。」

Y先生に、10年越しにまた励まされた。そしてお嬢ともども近々お目にかかる約束をした。

好きなことだから、頑張れるし、ふんばれる。本当にそうだなぁ。
そう教えてくれたお嬢にとっての恩師は、私の恩師でもある。

校長先生にも感謝。ホントにありがたい。

*********************************************************
キッチンパラダイスのHPはこちらです。


台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-21 15:40 | 私の日常と家族

ママの定義

c0228646_136201.jpg

うちのお嬢、高校2年生。演劇部と文芸部に所属し、かたほうで部長もしている。
週に2回は弓道を習いに行き遅くなるが、それ以外は部活から帰ると静かに本を読むか、文章を書いているので部屋からでてこない。(手伝いなさーいと言えば、素直にでてはくるが)
食べるのが好きで、帰宅5分以内に必ず食卓につき、お箸をにぎっている。「美味しい」とは母をほめない主義で、かわりに「どうやって作ったん?」と聞く。それが「美味しかった」ということらしい。
驚くほどよくしゃべる子で、しゃべらない時はブスッとしている。でも人当たりはいい。
きわめて自由人。
反抗こそしないが、自由なあまり、その言動には母として傷つくこともあれば、ハッとさせられることも多い。

2年ほど前のある日、仕事の打ち合わせのしている横で、塾に行く前のお嬢が夕食をとっていた。打ち合わせ先の女性が言った。

「おじょうさん、幸せねぇ。
こんなに忙しいママなのに、こんな料理が上手で。毎日美味しいもの食べられて。」


私の特製カレーをかきこみながら、お嬢はニッコリといかにもお付き合いで笑ってみせ...
こう返した。

「働くママが料理が上手なんじゃなくて、料理を好きなママが働いているだけですから。」 

「・・・・・・・。」

私もその女性もしばしポカン。


この時、私はひとつの結論をだした。

「この子にとってのママの定義は、昭和の古き良き時代の日本の母。」

料理はあたりまえに手作りする母
無駄にベトベトはしてこない母
何があってもジタバタ騒がず安定している母
家事をあたりまえにこなす母
家族が一番で、自分のことは後回しの母

であるから、仕事で忙しい母が料理を作るのがスゴイわけない。忙しいかどうかはお嬢の問題ではない。
「輝いているママの背中を見てもらう」なんてのは、私の考える都合でであって、お嬢には関係ない。
お嬢にとっての母の輝きなんて興味ない。ママは母でしかない。

だから、家族を一番に思う母が料理を上手に作るのは当たり前であって、毎日感動感謝するようなことではない。確かに、私だって毎日高校生の時お弁当を作ってもらっていたが、お弁当箱を洗いながら「ありがたい」などと思ったことはない気がする。今になって感謝してるけど。

もちろん、そうでないお嬢さんや息子さんたちも世の中にはいるだろう。
ママがおしゃれで自慢とか、ママがテレビにでてるから自慢とか。

少なくともうちは違うと再認識したできごとだった。

ママに形容詞は要らない。ただただ、家族の真ん中にいる、家族の中心でびくともしない母親であるということだけなんだと。

まさか世の夫も、そうなのか。さぁねぇ。

***********************************************************

キッチンパラダイスのHPはこちらです。
台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-14 14:53 | 私の日常と家族

京都スタッフ研修旅行 その2

スタッフと行った京都旅行のつづき、その2です。
朝、私がのんびりしているすきに、スタッフたちは有名なカフェやパンやさんに行っていたようです。ほんと、食べることには疲れをしらない人たちです。
私はゆっくりとホテルブレックファーストを楽しんだところで、今日の一軒目、有次へ。
包丁はもちろんのこと、季節や場面に合わせたいろんな抜型があったり、銅鍋があったり、めちゃくちゃ楽しい!京都の行ったらいつも行くのに、いつもなんだかんだと買ってしまいます。スタッフもうどん鍋を買って名前を彫ってもらってましたよ。いいなぁ。
c0228646_1225355.jpg


ホテルにいったん帰ってチェックアウト。ホテル一階に公長齋小菅という竹製品のおしゃれな店があり、そこでまたキッチン道具を購入。歩いて竹松という別の竹屋さんに行く際に、桂川でパチリ。いい天気でした。
c0228646_12311137.jpg


そのあと、昼食のレストランへ行くのにタクシーを拾ったのですが、そこでスゴイラッキーなことが!
タクシードライバーさん、「お客様が乗られたこのタクシーのことご存じですかね。これ、四つ葉タクシーなんです。」
わたしたち「???」
タクシーさん「私たちは三つ葉タクシーがマークのタクシー会社なんですが、1300台のうち4台だけ四つ葉が走ってるんです。その一台です。お客様、運がいいですよ。珍しいもんで、交差点で止まっていても写真撮られます。」
わたしたち「えー!やったー!」
記念の四つ葉シールをいただきました。なんだか良いことがありそう!(ちなみにあとからすごくいいことがあったのですが、それはまたおいおい)
タクシーを撮影して、「リョウリヤ ステファン パンテル」の前。古民家を改装した京都らしい趣があります。
c0228646_1240534.jpg


人気店だから早めに予約しておいたらしいのですが、うわさ通りのすばらしいお食事でした。スペシャリテフォアグラの奈良漬巻きに代表される、組み合わせや味の調和には衝撃を受けました!
c0228646_12435776.jpg

グラス、プレート、すべての見せ方、サービスもすばらしい。みんなで感動しきり。
またすぐ行きたいです。今度は夕食も。

大満足のランチの後は散策しながらホテルへ。
途中、世界的ショコラティエのショップ「ASSEMBLAGES KAKIMOTO」(アサンブラージュ カキモト)と、一保堂本舗の本店へ。
c0228646_12453558.jpg

そして、全く観光をしなかったので、本能寺の表で説明だけ読んで「ほぅ。」とみんなで納得するも中へは入らず、包丁の見学、菊一文字へ。鳩居堂へも行き、私もお嬢へのお土産を購入。
c0228646_12501482.jpg


京都では有名な雑貨店「TODAY'S SPECIAL」はキチパラと同じ商品も置いてあるので、チェックしにきました。勉強になります。
c0228646_1252861.jpg


ホテルで荷物を取って、ようやく京都駅へ。
スタッフは最後まで手を抜かず、帰りのお弁当も予約してくれていました。京都の料亭 和久傳のお弁当です。最後を締めくくるにふさわしい、美味しいお弁当でした。

楽しい京都旅行はここまで。お留守番をしてくれたそれぞれの家族に感謝しつつ、帰路につきました。
みなさんお疲れ様でした。


***********************************************************

キッチンパラダイスのHPはこちらです。

台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-12 13:00 | 私の日常と家族

京都スタッフ研修旅行 その1

この連休、キチパラスタッフとOG(もとスタッフ)とで京都へ行ってきました。
道具店や雑貨店を見てまわり、食べ歩きをするという1泊2日の旅。スタッフの森さん、園田さんがすべての行程を組み予習してくれたおかげで、美味しくって楽しくってとても勉強になる、すばらしい旅行となりました。
集合は6:40博多駅新幹線口。みんな、留守中の2日間の家族の食事を準備してきたらしく、あんまり寝てない様子。
しおりも作ってくれています。京都駅で、もとスタッフ久保田さんと合流し、まずはホテルのある三条へ。
c0228646_13154963.jpg


ホテルに荷物を預けて、最初の昼食「おかる」へ。
11時開店すぐに入店したのにもかかわらず、すぐ満席という人気店。けいらんうどんをいただきました。生姜たっぷりです。京都は前夜は大雨。そんな天気もあってかこの日は急に涼しくなってきたらしく、体がぽかぽかでちょうどよかったです。
c0228646_13174051.jpg


祇園まで歩いて、鍵善良房のカフェへ。くずきりで有名な鍵善さんのおしゃれなカフェ「ZEN CAFE」です。
c0228646_13251854.jpg

カフェの上にはギャラリー、おとなりには落雁を販売しているGift shopもあります。季節の落雁を購入しました。京都らしい趣に新しさが加わり、とてもスタイリッシュです。
次はなんと、京都のお寺の境内にあるD&Departmentへ。同じ境内のおとなりにはカフェもあり、なんとも型破りな空間です。ここは京都造形芸術大学が生徒のために経営しているそうです。フランチャイズ店です。
c0228646_13322946.jpg

そして鍛金工房 WESTSIDE33へ。職人さんが丁寧に叩いて作ったアルミや銅、真鍮の鍋がたくさん並んでいてうっとりしました。鍛金(たんきん)というのはその漢字の通り、地金を金づちや木づちで叩き込んで作ること。熱効率がとてもよくなるのです。職人さんが少なくなってきているので、このようなお店は貴重です。
c0228646_1456985.jpg


他にもいろいろ行ったのですが、割愛させていただくことにして....
夜は嵐山方面、桂川沿いのにある天ぶら松へ。松田美智子先生が雑誌で紹介されたお店です。
賀茂茄子を車エビではさんだ揚げ物、ぐじとずいきの茶わん蒸し、甘鯛、さんま、よこわのお刺身、アユのご飯や、いくらとぎんなんのご飯、はもとマツタケのすき焼きなどなど、天ぷらだけでなく秋の旬素材を存分に楽しめるお料理でした。写真は一品目のとうもろこしのすりながしです。
c0228646_14594559.jpg

天ぷら松は外国人の方も多いらしく、あちこちから英語やフランス語が聞こえていました。魯山人などの由緒ある器も使われていて、海外の方も大喜びでしょう。

2日目は明日のブログで!

***********************************************************

キッチンパラダイスのHPはこちらです。

台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-11 13:21 | 私の日常と家族

シェフと南阿蘇村へ

西部ガスヒナタショールームで開催した、熊本支援イベント「ヒトサラプロジェクト」の義援金を、颯香亭の金丸シェフ、ミラベル事務局のMさん、西部ガスさんと一緒に南阿蘇村にお届けに行きました。
c0228646_186172.jpg


2時間少々かかる道のりのはずが、行くとこ行くとこ通行止めのため結局3時間かかりました。待ち合わせにギリギリセーフでした。
崩落したがけや、橋、道路、全壊した家、並ぶ仮設住宅。ニュースではあまり伝えなくなったものの、復旧にはまだ時間がかかりそうです。

お目にかかったのは南阿蘇村の長野村長。村長の家も、水が復旧したのはなんと10/1、つい先日とか。
南阿蘇村は、直行できる橋や道路が通行できない状態で、観光は以前の9割減が続いているそうです。道路の開通が急務なのですが、2次災害が危険で人が入れない場所も多いのでなかなか作業が進まない現実があるらしいです。他の自治体から35人の応援をしてもらっているもの、技術者が少なく人手が足りないともおっしゃていました。

忘れず、続けてまたお手伝いしたいと強く思った1日でした。観光に行くのもひとつのお手伝いですね。
10月には大きなイベントもあるようですよ。

アスペクタについてhttp://aspecta-aso.net/

***********************************************************
キッチンパラダイスのHPはこちらです。
台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-04 18:20 | 私の日常と家族

ボランティアなのに豪勢なランチ

NPO法人ミラベル21さん主催のランチイベント「ヒトサラプロジェクト」が9/18に開催されました。
30名のシェフ、料理家が一品づつ持ち寄ったビュッフェランチに参加者を募り、その参加費を熊本支援にあてるというもの。
震災から5か月経過し、被災地をニュースで紹介される回数もグンと減ったところ、ミラベルさんがいい企画をなさるなぁと共感し、お手伝いさせていただいたわけです。ひと月前にプライベートで行きましたが、局地的に崩壊したまま手付かずの場所も多くて驚きました。まだまだ長期的に支援が必要なのです。

9/18、ヒトサラの会場の様子です。盛況でした!
(モザイクをお許しくださいませ)
c0228646_1338191.jpg


福岡市を中心に集まったレストランは名店ぞろい。料理研究家の方々も人気の先生ばかり。それぞれに得意な分野の料理をお出していただいていました。プロが集う会ですから、みなさん、全く手抜きがありません。
すっごいお料理の数々です。
c0228646_13413722.jpg

全部召し上がったという方はおそらく居ないと思うのですが、友人たち聞いたところ20皿くらいは食べたと言ってました。名店のお料理を20皿!贅沢なランチでした。

今回料理を作られたシェフや料理家は、材料費も人件費も、全くのボランティア。ご自分の仕事やランチ営業を休んで参加された方もいて、本当に頭が下がります。また、快く会場を提供し、スタッフのみなさんも全面的に応援された西部ガスさんも素晴らしい。


by kitchenparadise | 2016-09-21 13:57 | 私の日常と家族

うわぁ、ヒトサラの豪勢メニュー

今日は、9/18(日)に開催するヒトサラプロジェクトの最後の打ち合わせ。
ヒトサラプロジェクトというのは、福岡の名店のシェフや料理研究家約30名が、一品づつ提供する「ビュッフェ形式のランチ」を熊本震災の支援資金にしようという試み。私も料理こそ作りませんが、ボランティアで協力してます。今日は、会場である西部ガスヒナタショールームにて、西中洲のGoh福山シェフ、東区の颯香亭の金丸シェフらが真剣に意見を交わしているところを、盗み撮りしてきました。
c0228646_1827587.jpg


当日お出しするシェフのメニューが決まり、その報告。まだ発表されていないのだけど、撮影。
c0228646_1303641.jpg



すごいでしょ。これ全部食べていいよ、っていう3500円のイベントなんて、まぁそうそうないと思います。
どうしても全部食べたくて、私もスタッフではあるのですが、チケットも買いました。笑)

すべての飲食店さん、料理家さんがボランティアで、西部ガスのスタッフのみなさんもみんな、ボランティアで動いてくださいます。ありがたいことです。
南阿蘇災害義援金にすべてお渡しするようにしているそうです。

詳細は次の通りですが、実はもうキャンセル分などの8枚しか残っておりません。


販売:キッチンパラダイス 092-534-6311

~福岡の料理人・料理家による1日限りのビュッフェランチ~
9月18日(日)12:00-14:00(11:30受付開始)
場所:西部ガスショールームヒナタ福岡
定員:120名 参加費:3500円


主催はNPO法人博多ミラベル21。東区のフランス料理颯香亭 金丸シェフ、西中洲Gohの福山シェフ、大橋のイタリア料理テシマ の手島シェフほか、ビストロミツ、カンティーナガシーヨ、ラ・ロシェル福岡、レストランカズなどの有名店が20店以上が会員として名を連ねており、当日はそれぞれ一皿づつ料理をだします。

このボランティアランチにはミラベル以外からも、料理家の三溝清美先生、井口和泉先生、大野敦子先生、Hisako Araki先生ほか、デリマシェリのパクスンリョンさん、アトリエ・オキ、白つぐ、オステリアインクローチ、アシェット・ド・マコ、パンストック、LUCA、蓮双庭、飯屋くーたと、そうそうたる顔ぶれが協力。

料理は前菜からデザートまでいろいろ。ラ・ロシェル福岡は、仔羊と燻製のラフェアエル、イタリア料理テシマは、ストロッツアブレッティグーディ カルネ セージ風味、ラ・メソン・ド・ナチュレGhoは、スパイシーイエローカレー、レストランカズは、地鶏と彩り野菜のコンフィ、などなどを作ります。(すべて予定です。変更する場合もあります)
約30名のシェフや料理家が参加予定。参加費3500円で人気店のいろんなヒトサラを少しづつ召し上がれるという、夢のようなランチビュッフェです。


Gohの福山シェフが、「僕のイエローカレー、めっちゃ美味しいから。カニはいってる。旨くてびっくりするよ。」と横でささやくので、私はそうとう楽しみなのですが、12時開始で12時から実演しながら作るというのです。
だから食べられるのは12:50くらいかなぁ。たくさん作るらしいのでご心配なく。

追記:満席になりました。9/10
by kitchenparadise | 2016-09-05 12:51 | 私の日常と家族

こっそり思いをこめる幸福

最近、「あぁ、なんて幸せなのかしら」としみじみ思う瞬間が多い。

それは、いい仕事がはいってきたとか、まわりに認めれたとか、お嬢がよい成績をとったとか...そんな運や、努力で導かれるような出来事からではありません。そりゃもちろん、そんなこともありがたく幸せではあるけど。

例えば、お風呂を隅から隅まで丁寧に洗っているとき。
「こんなきれいに洗ってたら、最近疲れているお嬢が気持ちよくお風呂にはいれるに違いない。
あぁ幸せ。」

デパートの喫茶店の待ち合わせ椅子で父の肩をもんだとき。
「これでだいぶ肩が軽くなるなるかも。あぁ幸せ。」

スタッフがピンクのシャツを着てきてすごく似合っていた
「薄いピンクは彼女の顔色も元気にみえるなぁ。あぁ幸せ。」

もとスタッフの息子さんが保育園に通い始めの日
「お母さんもゆっくりして、息子ちゃんも楽しんだろうな。幸せ。」

お弁当にお嬢が好きなチキンを入れたとき、
「お昼にチキンはいってたら喜ぶだろうな。幸せ。」

お客様が木のすし桶を買っていかれたとき、
「ご家族で囲む手作りお寿司はおいしいだろうな。幸せ。」


つまり、なにもかも幸せ。誰かが喜んだり、助かったり、ほっとしたり。そんなちょっとした日々の当たり前に心を寄せるだけで、思いをこめるだけで、とても幸福を感じます。

なんで私だけがお風呂洗わなきゃいけないの、なんで私だけが料理しなきゃいけないの。
なんで私だけが子育て?なんで、なんで、なんで私だけがこんな目にあうの?
そう思ってた時期が私にもありました。お風呂を洗いながらぶつぶつ言ってた気がします。

そんな時は、たぶん料理もおいしくないし、お嬢も反抗するし、部屋はちらかり放題。

相手のことをこっそり思うこと。見返りを求めたり、思いをわざわざ伝えたりしなくても大丈夫。
思いをこめると幸せがあふれてくる。ふしぎです。

お布団干した!これでお嬢が気持ちよく寝れる。
鍋買った!またおいしいごはんが作ってあげられる。
朝日を眺める。今日もみんなと会える!

あたりまえのことに、こっそり思いをこめる技を習得すると、幸福感があふれてきます。




台風の中ではありますが、週末から叔母の葬儀のために上京します。デザイナーの叔母はわたしのあこがれ。本当にかわいがってもらいました。5年前の私の東京での入院の際も毎日寄り添ってくれました。
悲しい報告から1日経って朝日をみていたら、、叔母から受けた思いやりで感謝いっぱいになり、幸せがふつふつと湧き上がってきてきました。感謝しかありません。
こっそり思いをこめて、行ってきます。月曜日は私だけお店お休みです。
by kitchenparadise | 2016-09-03 09:51 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

わからんけど、みたいな。
at 2017-09-22 10:30
福岡に蔦屋書店がやってくる
at 2017-09-21 07:30
便利好きで、便利がイヤな日本人
at 2017-09-20 07:30
9月29日、30日キチパラだ..
at 2017-09-19 07:30
蚤の市は17日のみ中止に
at 2017-09-15 13:10

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧