カテゴリ:道具:セイロやすし桶( 26 )

私がセイロを使う理由

ご飯を温める時、お野菜を蒸す時、ほとんの方は電子レンジをお使いでしょうか。
キッチンパラダイスでは、電子レンジグッズをほとんど販売していません。私自身もスタッフもほとんど使わないので、使わないものを商品として並べないというコンセプトからです。
今日は、レンジとセイロの違いについて、セイロの使い方についてお客様から毎日のように聞かれる内容があります。

「電子レンジは、なぜ使わないのですか。」

私はレンジ調理が「美味しい」と思わない場合が多かったことと、加熱原理の安全性に疑問があったので調べたことがきっかけです。のちに発表された「レンジ加熱が老化の原因である」というメイラード現象と老化の関係を読んで、さらに使わないようになりました。
*安全性に関しては様々な角度から多様なご意見があるので、気になる方はお調べください。

「セイロがあればレンジは要りませんか?」
私は要りませんが、笑)、、レンジ調理の冷凍食品などはできなくなりますよね。
冷凍ご飯は、ある程度解凍してからでないと基本的には蒸せません。ですから、計画的に解凍するとか、冷蔵保存して早めに蒸さなくてはいけないです。

「セイロとレンジでは味は違いますか?」

はい。ご飯の温めなおしでは全く美味しさが違うと思います。常に蒸気を調節するので、冷めても美味しいのです。何度も温めなおしをすることもできます。
野菜は水っぽくならず、冷めても美味しい蒸し野菜が食べられます。
肉まんなどが断然美味しいにも同じ理由です。

「セイロはかびませんか?」
濡れたまま室内に放置したり、湿気が多い場所にほったらかしにしておくと当然かびます。
かびないためには、慣れることが必要です。しっかり短時間で乾かすこと、乾かし方のコツを知り、収納の場所、収納方法を意識することでしょうか。

「セイロは何年もちますか。」

1週間に何度使うかで違います。
毎週何度も使う人は、安価の杉セイロなら1年くらいで壊れる場合もあります。
白木のセイロなら5年くらいから20年、もっとでしょうか。焦がさないように、壊れないように、かびさせないようにするためにはいくつかのポイントがあります。意外と簡単。
ちなみに高いですが、ヒノキはやはりもちがいいです。セイロは小さいほど壊れるのが早いようです。


「蒸し布はどんな時に使うんですか?要りますか?」

蒸し布(ふかし布)はぜひ買ってください。ごはんの温め用の蒸し布は小さい「麻」のものがあり、乾きやすいので毎日使うのに清潔で便利です。お赤飯やおこわでは大きいものが要ります。純綿のものでよいと思います。野菜蒸しの時は使わない場合も多いです。レタスなどを敷いたりしても。クッキングペーパーに穴をあけて敷いてもよいですが、これが水分を吸いません。

「セイロは二段必要ですか?上と下とでは蒸し具合は?」
少し大きい場合(24~27以上)まずは一段(身とフタ)お買い求めになればよいのでは。身が二つあれば交代に使えるので、壊れにくくかびにくいです。
(続けて使い続けるとかびやすくなります)
上と下とでは蒸具合が全く違います。下から出来上がります。上は保温程度の状態にしかできあがりません。

「使用後は直射日光にあてていいですか?」
十分に風通しがよければ十分です。夏の日差しに何時間もあてると壊れやすくなります。日光で急に乾かすのは避けましょう。冬の日差しならさほど気にしなくても。

「セイロを使って良いことは?」
セイロで蒸した野菜を食卓に出すだけで、野菜の美味しさを十分に味わえるだけでなく、食卓が豊かになるようだと、使い続けておられるお客様が口々におっしゃいます。
毎日のごはんをセイロで温めれば、チンしたご飯や、長時間いれっぱなしの炊飯器臭にない満足感があります。(最近は炊飯器臭をなくすように研究されているようですが)
家族が喜びます。子供がセイロの使い方を覚えます。いつも美味しい野菜を買って帰りたくなります。


by kitchenparadise | 2015-01-26 17:25 | 道具:セイロやすし桶

すし桶の大きさ

すし桶の大きさは2.2合から5合を常時お店に置いています。

簡単に言うと、2.3人のご家庭の普段使いなら3合で、4人以上なら5合となるでしょう。もともとすし桶は酢飯を切るように混ぜることから、「大き目を買うべし」というのが基本なのですが、台所がコンパクトになり、人を常に招いて5合炊いているわけでもないので、ちょっと考えちゃいますね。
では2.2合や2.5合はどうして要るのかというと、お寿司以外の用途を考えているからです。小さめだと場所を取らずおひつと同じように使え、普段使いでテーブルなどでサーブするにももってこいなのです。
お赤飯、炊き込みご飯、普通のご飯やまぜご飯なども、小さいすし桶を使うと、とっても美味しそうで(実際に美味しく)、家族の食が豊かになり、ご飯の保存にも有効なのです。
5合は5合で必要な場合もあるのですが、最初はちょっと小さめを普段使いで使ってみませんか。

2.2合や2.5合用で3合のおすしが作れないわけではありません。ガラスボウルやステンレスボウルに温かいお米を入れて、冷めずに水分がこもったりするより、はるかに上等にできると思います。お子さんが少し大きくなったり、お客様を招くときに2サイズほど大きいものをお買い求めになるのもいいと思います。
フタがついているわけではないので、濡れふきんをかぶせて保存してください。

洗う際、すし桶のご飯粒が取れにくいというご質問。
炊いたご飯をいれる前に、濡れ布巾で内部を拭いて濡らしておくと、水分の奥まで汚れが侵入しにくいです。ご飯粒も幾分こびりつかなくなります。今の時期は酢水でふくと殺菌になります。
それでも取れにくいときは、ゆるま湯をしばらく張ってちょっとふやけさせてから洗います。ふきんで洗ってよいのですが、しっかり汚れを取る場合にはタワシが必要です。金属ではいけません。自然素材のもので。亀の子タワシとか。

すし桶は、水やお湯を張っても漏れる場合があります。とくに薄いものなどは漏れます。
うどんなどをいれてある桶はすし桶ではなく、それ用に水漏れしないようにコーティングされてます。洗おうと思ってもどうしても漏れる時は、シンクにゆるま湯をためて、ちょっとだけ浸しておいてください。

すし桶はピンきりです。がしっかり収縮しているいい木だと、初心者にも使いやすいのです。
セイロもそう。安価だと急激な乾燥などですぐに壊れたりして、「やっぱり木がだめね。」という感想をもってしまいます。

あと乾かし方。
特に内部をしっかり拭いて、風通しのよいところにたけかけて乾燥です。すぐに次に使うときはしっかり乾かしてからからご使用ください。マンションの低層や戸建ての方、北側の空気が流れない場所での保存では、長期間使わないときは湿気がこもってかびる時があります。水分を吸う紙(新聞紙やクラフト紙)で巻いておくとよいです。

長く使うにはちょっといいものを、丁寧な使い方を覚え、長く使ってください。
数十年使いますからね。
by kitchenparadise | 2014-07-17 10:14 | 道具:セイロやすし桶

とにかくセイロを買おう

昨日はすし桶のことを書きましたが、もっと頻繁に使える道具がセイロ。
みなさんに「とにかくひとつは持って欲しい」と思っているのが中華セイロです。
「そんな古臭いもの何に使うのかなぁ?」とお思いの方は、ひょっとして私のブログには辿り着かないかもしれませんが、中華セイロはとにかく毎日のように使います。


デパ地下の肉まんや焼売を温めるだけではないのです。それだけならおすすめしません。
私はこんな風に使っています。

*冷ご飯を温め治す。(毎日!レンジとは比べ物にならず、まるで炊きたて。)
*野菜を蒸す(蒸すと甘味がでて美味しい。バーニャカウダなども。)
*鶏肉を蒸す(胸肉やササミをたくさん蒸して、サラダに。チルドにいれて毎日のお弁当に。)
*豚肉を蒸す(白菜やレタスを敷き詰めて蒸すだけで、美味しい一品料理に。)
*手作りの肉まんや焼売も作る気になります。(意外と簡単です)
*おこわやお赤飯は蒸して作ると最高に美味しい。
*魚を蒸す(塩と昆布とお酒だけで上等な酒蒸しに)

蒸した野菜は、レンジと違って何度温め直しをしても美味しく食べれますし、まとめて蒸したのを冷蔵庫にいれて、お弁当や朝ごはんなど別に機会に使っています。
私のせいろ。↓21cm、27cm、それと18cmのミニも持ってます。実は18cmが一番使うかも。
かなり古くなってますが、杉せいろより白木せいろが何倍も耐久性が優れているように感じます。
お客様にはこのせいろのままお出しします。せいろが水分を調節してくれ、いつまでたっても美味しいのです。
できれば蒸し布を同時に買ってくださいね。汚れにくく、さらにペーパーのように水分が残りません。
c0228646_12404539.jpg


7/15よりせいろとすし桶のフェアを開催。セットで特別価格になるだけでなく、スタッフ4人のおすすめレシピを大公開準備中です。またお店では7/15ー8月末までの期間中、有機野菜の即売も行っています。せいろをご購入のかは、ぜひこの最高に美味しいお野菜を蒸して召し上がってください。シーズヴィレッジさんにご協力いただきます。
せいろの取り扱いも含めて、お近くの方はお店でご案内したほうがわかりやすいと思いますのでぜひ!
同日、ネットからも販売を始めます。レシピ、使い方を同送しますね。
by kitchenparadise | 2014-07-08 12:48 | 道具:セイロやすし桶

ひとまず、すし桶を持つ

ご自宅に木の蒸籠とすし桶はありますか。
今は無い方のほうが多いみたいです。
蒸籠は60代以上、寿司桶は50代以上の主婦の方ならお持ちで、30代40代の方になるとグーンと減るようです。
c0228646_16324156.jpg

(↑10年使っている私の寿司桶は伊予秀芸さんのもの。紹介したいけど、もう作られておりません。ごめんなさい。おおざっぱな私ですがカビさせず使ってます。)

以前、私が某住宅メーカーで道具講習をした際、寿司桶をお持ちの方は30代で2割。理由をお聞きすると「寿司桶は大きくて邪魔なので。」「あまり作らないから。」「木は腐りそう。」ということでした。
30代以上の方たちは小さいころ、うちわで寿司桶の酢飯を扇ぐというお手伝いをしたことがあるようですが、今は、ガラスやステンレスのボウルで代用します。

ではなぜ、いま!すし桶はなぜ必要なんでしょうか。
①寿司桶は、酢飯を冷ましてくれます。
(ガラスやステンレスは、入れた瞬間にボウルが温まってしまいます。うちわであおいでも表面は冷めますが、ボウルとの接点は冷めるどころかあったまってべっちょりになっていきます。)

②すし酢を調整してくれます。

(余分なすし酢を木が吸収、調整しながら混ざっていきます。)

③冷めたお寿司をそのまま保存できます。
(ちゃんとしたすし桶は、殺菌作用が働きます。濡れ布巾をかけておけば、ガラスやステンレスのようにすぐに悪くなることなく、長く保存できます。)

そして何より、家族が(自分も)寿司桶で作った美味しい味を覚え、味覚、視覚、感性ともに本物を知る。

ということです。



寿司桶は数千円買え、数十年使えます。お得で、美味しくできます。
使っていない子供たちは、大人になって寿司桶を買う可能性はかなり少なくなります。うちわであおぐ楽しさの中に、その奥底にある食とともにある豊かさを感じていくと思うのです。寿司桶があれば、ずっとです。

使い方は、使用前にちょっと気をつけることと、風通しのよいところでよく乾かすことだけです。
カビが気になる方は、新聞紙でまいておけばいいだけ。たいして面倒でもありません。

みんなが美味しいと喜ぶと、また作りたくなります。私もこの寿司桶を買ってから、そこに道具があるだけで暇さえあれば作ってあげたくなりました。


食卓にすし桶がある豊かさを、ぜひ子供たちにって、思います。子供だけじゃなく、夫にも、彼にも、両親にも。


by kitchenparadise | 2014-07-07 16:37 | 道具:セイロやすし桶

蒸籠はこう使う

c0228646_13284594.jpg



蒸籠ですが、私はどのように使っているのかをご紹介。上の写真は一昨日の朝ご飯のひとこま。

18cmの蒸籠とセイロ用鍋を使って、前の晩の残りご飯を蒸しているところ。

実は我が家には.....電子レンジがありません。

前の晩にご飯が残れば、朝ご飯用かお弁当用に、ご覧のように蒸しています。
電子レンジと比べて、レンジ特有の臭いはしないし、ふんわりしあがるし、冷めても美味しいです。
お弁当用のおにぎりにしても、家族の誰も蒸籠の温め直しご飯か炊きたてご飯だったか気がつかないほどです。
蒸籠は湿度を調整してくれる、超スグレモノ。
残ったらまた冷蔵庫にいれるか、冷凍します。

あ、冷凍ご飯の大きな塊はとても蒸しにくいですので、あらかじめ薄くして冷凍するか、一旦ある程度解凍してから蒸すといいです。私は、空の蒸籠にラップを敷いて、その上にご飯をのせ、丸く薄くして冷凍しています。(蒸す場合はラップ外してくださいね。)
蒸し布も専用のをぜひ。濡らして使うと全くくっつきません。

私は蒸籠無しでは、とても毎日が送れません。


今日は友人家族が泊りにくるので、27cmの蒸籠で6種類くらいの野菜を蒸してバーニャカウダです。
私は3種類の蒸籠を使ってますが、レンジの代わりにフル活用です。
洗い方も簡単ですし(明日の講習でも説明します)、とにかく毎日の食事が豊かになるような感じがします。

お弁当作りの方は特に、小さいのを買われると重宝するのでは?美味しい野菜なら、蒸して塩するだけで十分お弁当の一品です。冷めた時が威力がわかると思います。
幼稚園のお弁当が始まる方、おおいのではないかと思います。小さいころ、野菜そのものの味を覚えるといいですね!
by kitchenparadise | 2013-03-22 13:50 | 道具:セイロやすし桶

レンジと蒸し器の蒸籠(セイロ)の違い

はなまるマーケット、とうとう蒸し器の特集したそうですね。ふっふっふっ・・・ようやく時代が私に追いついてきましたか(ニヤリ)。蒸し器で温めなおしたご飯と炊きたてのご飯を食べ比べて、ほとんどの人がどちらも変わらず美味しいと答えていました。レンジより蒸し器が美味しいという当たり前の事実にプラスして言うと、ヘタな炊飯器より、もう一度蒸し器で温めたほうが美味しいですよ。しかも木製セイロで温めたら100点です。今までなぜレンジで温めていたのかと後悔するほど。

そもそも蒸し器(セイロも含め)とレンジは熱の伝わり方が違うんです。
レンジは、食材の持つ水分の摩擦熱で温まります。だから水分の無い食材は温まりません。冷えたら硬くて食べられない時ありますが、あれは加熱しすぎたり、水分が蒸発して無くなってしまうからです。基本的にレンジチンのご飯は、もう一度温めることはできません。

蒸し器は、蒸気の凝縮熱で温めています
蒸し器にはアルミやステンレスなどの金属製と、木製のセイロがありますが、これも使い勝手が違います。
金属製は気密性が高く水蒸気が逃げにくいので、高温で長い時間熱したい時にはいいでしょう。ただし、内面に水滴がついて下の落ちたり、温めなおしたご飯が蒸し器の中でそのまま冷えると、水っぽくなってしまいます。(布などを挟むとこの欠点はちょっと解決)

木製のセイロは高すぎない温度でゆるやかに加熱した時に向いています。またテーブルにそのまま出してもいいですね。食材に水滴が落ちてこることもないし、冷える時にも木が水分調整をしてくれるので、冷えても美味しく感じます。木製セイロは水分がどんどん抜けるので、水分量に気をつけます。

温めなおしのご飯、蒸し野菜には木製セイロが最適なわけなんですね。冷凍ご飯は一度解凍してから蒸してくださいね。冷凍の塊のままだと30分くらいかかります。または冷凍するときに平らに薄くしておくなら大丈夫です。

木製はカビたりするから使いにくいと言われますが、それはカビないように取り扱えばいいのです。
割と簡単です。



by kitchenparadise | 2011-05-19 16:37 | 道具:セイロやすし桶


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

海苔の炙りかた
at 2017-11-17 17:55
究極の土鍋
at 2017-11-16 23:27
「親から子へ道具が育むココロ..
at 2017-11-15 15:54
教育とは自分を好きになること..
at 2017-11-14 10:30
鋳物琺瑯鍋はメーカーよってど..
at 2017-11-13 12:50

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧