カテゴリ:キッチン道具について( 227 )

おろしはおろしでも、おろし違い

お客様に「このおろしと、このおろしと、どう違うんですか?」といつも聞かれる。このおろしたちはこちら。

c0228646_18152703.jpg

よくあるステンレスのおろし金と、セラミックのおろしと、あとは竹製の鬼おろしというもの。それぞれおろし具合も味も全く違っているので、「何に使いますか?」と聞くのだけれど、
「だいたい大根おろしです」とお答えになる。
そこで「大根おろしを何に使われますか?」とさらに聞く。

「えっ?普通にお魚とか...。おろしって何に使うかで違うんですか?」
「はい、違います!」

そんな会話をもう何百回もこの店でやっている。
今日はその全貌をわかりやすく説明。味や触感を説明するのは難しいのだけれど。
まず、ステンレスのおろし。
c0228646_18232880.jpg
説明の前に。この大根おろし、相当使いやすいです。もうすごくいいです。キチパラの人気アイテム。
一般的なおろし。プラスチックやステンレスの場合が多く、目の形状でおろし具合も違うが、だいたいはこんな風にランダムなおろし具合になる。
食感は水っぽく、分離していて、細かいおろしではない。大根と大根が短くつながっていることもある。だいたい辛い。
お魚と一緒に食べるのはこれにしている。辛みがあって魚に絡むから。

次にセラミックおろし。
c0228646_18294392.jpg
すりおろす感じ。安いものだと時間がかかるが、ちゃんと先が尖ったのを買えば意外とはやい。大根と大根からでた水分が一体化していて、非常に細かくおろしてくれる。やはり辛いが、ステンレスよりまろやかに感じるのは金属じゃないからか?
たれやドレッシングを作る時はセラミックおろしが一番いい。そばつゆ、てんつゆはこれ。(ステンレスでもいいけれど)

最後に、竹製鬼おろし

c0228646_18354372.jpg
ご覧のとおり、ザクザク仕上がり、水分はない。サラダのような食感と思ったらいい。食べたら、甘い。上の二つとは明らかに違う。時間が経っても甘いし、変色もあまりない。
大根がメインのみぞれ鍋、なまこ大根、じゃこと混ぜて食べる、味噌汁などにも。甘さが美味しくなるような料理ならこれがよろしいかと。

それぞれ一個1000円~2000円近くするけれど、どれも一生ほど使えるようなもの。3つも邪魔など言わず、道具で違う素材の味を楽しんでほしい。





by kitchenparadise | 2017-03-24 07:30 | キッチン道具について

正しいカセットコンロの使い方

昨日のブログで、「IHを使用している人が土鍋や銅の玉子焼器などを使う時、カセットコンロを使うが多いようだ」ということを書きました。そうでなくてももうひとつコンロが欲しい時など、私もたまにキッチンにだすことがあります。

いまの一般のガスコンロは、2008年10月より安全センサー(Siセンサー)が義務付けられたので火事など心配が少なくなりましたが、カセットコンロはボンベが必要で、持ち運びできるものですし、間違うと引火します。とても気をつけないといけません。

神戸市が注意喚起のためにHPで次のようなことを紹介しています。一度お読みになってみてはどうでしょう。リンクもとは
神戸市(消防・生活安全情報)より「カセットボンベの取り扱い」です。
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/fire/information/anzen/20151001.html
以下、紹介します。

********************************************
■カセットコンロの火災事例

(1)グリルで魚を焼いていたところ、グリル排気口の上にカセットコンロを置いていたため、カセットボンベが過熱され破裂し、グリルの火により引火した。
 
(2)台所でガスコンロに鍋をかけ調理中に、流し台でカセットボンベのガス抜き業をおこなったため、滞留したガスが、ガスコンロの炎により引火した。
 
(3)カセットボンベを交換し点火したところ、取り付け位置が正しくなかったため、ガスが漏れ、引火した。
 
 また、火災には至っていませんが、次のような事故事例も報告されています


■事故事例

IHクッキングヒーター上に置かれたカセットコンロで調理しようとしたが、誤ってIHクッキングヒーターのスイッチを入れてしまったため、カセットボンベが過熱され破裂した。IHクッキングヒーターは電磁誘導によって金属を加熱するため、カセットコンロやボンベも加熱されます。

■安全にお使いになるには

○IHクッキングヒーターやガスコンロ上で使用しない。
○大きな調理器具を使用しない。
○コンロに指定されているボンベを使用する。
○石綿やセラミック付きの魚焼き器を使用しない。
○2台以上並べて使用しない。
○カセットボンベは表示どおり正しくセットする。
○ストーブの近くで使用しない。

これらはいずれもカセットボンベの過熱やガス漏れを防止するために気を付ける点になります。
また、古いカセットコンロをお使いの場合はOリングが劣化してガス漏れの危険性がありますので、ご注意ください。同様に古いカセットボンベにサビが発生している場合は、ガス漏れや破裂の危険性がありますので、早めに廃棄するようにしてください。


■カセットボンベの廃棄方法

カセットボンベやエアゾール缶の廃棄方法は各自治体によってさまざまですが、神戸市の場合は『必ず中身をすべて使い切り、風通しの良い屋外で穴を開け、燃えないゴミとは別にして、決められた収集日に出すように』と決められています。
中身が入ったまま出されたカセットボンベ等が原因のごみ収集車火災が依然発生していますので、ルールを守って出すようにしてください。
********************************************
キッチンパラダイスのお客様の中には、IHクッキングヒーターからガスコンロに戻した方も少なくありません。気軽に見積もりをしてくれるところもありますので福岡・北九州圏内ならご紹介できます。キチパラまで。

by kitchenparadise | 2017-03-17 17:57 | キッチン道具について

IHクッキングヒーター使用者が悩む時

c0228646_15314052.jpg

キチパラのお客様の中の2割くらいはIHクッキングヒーターを使用している。賃貸物件がIHだった方もいるが、ほとんどは新築の際、ハウスメーカーにコストや安全面、便利さ、掃除しやすさを薦められて選んだ、という方が多い。コストの違いはさておき、掃除は確かにIHがだいぶ簡単だ。

とはいえ、キチパラに相談にこられるIHクッキングヒーター使用者さんたちは、掃除やコストには満足しているというものの、しばらく使った後でその不便さに悩んでいる方がとても多い。ここが台所道具専門店ということでママ友や料理の先生から噂に聞いて相談にこられる。
聞かれることはこんなこと。

①土鍋は使えないんですか?

②銅の玉子焼はIHでは無理ですか?

③IHで使える中華鍋はありませんか?

④IHでも劣化しにくいフッソ加工はありませんか?

フライパンをあおりながらの調理ができない、アルミ鍋が使えない、海苔があぶれないなどは最初から納得して使ってはいるものの、どうしてもなんとかならないかとこのような質問をしに来店されるわけである。

しかもキチパラ開業から16年、何百回と同じ質問をされているが、このような相談にこられるタイミングはいつも似通っていて、
ひとつは、子どもさんが生まれた後、次に家族の健康などから料理に目覚めた後、そして料理教室に行き始めた時など。たまに年配の方も方もいるが、ご年配の方に関しては諦めてしまう方が多いように思う。

特に多いのが、お子さんの成長とともに料理に向き合うママさんからのご相談。これが7割くらい。
先日は「子供が白米を好きじゃなくて、土鍋で美味しく炊いてあげたいのですがIHで方法はありませんか?炊飯ジャー臭やレンジ臭だと思うんです。」と若いママ。
「韓国でトウッペギのチゲが美味しかったんで、子どもが作ってというんですが、IHでは使えませんか?」というご相談も。IHでは使えないんですよとお答えするのが道具屋として心苦しい。


今日はよくあるIHのお悩みについて、私がお客様に説明している内容を順にお答えしましょう。

まず、①土鍋は使えないんですか?について。

IH用の土鍋も販売されていますが、実は遠赤外線の効果をもたらす「土」は、電磁では温まらないのです。それでも土鍋を温めるため、カーボン製の発熱体を鍋底に取り付けたりしてなかば無理やり土鍋を作っています。これは鍋全体を包むように温めるのは難しく時間もかかります。価格が高めの割には効率が悪いのです。土鍋の良さを生かすには直火のほうが断然良いわけです。例えばよいごはん用土鍋は、カセットコンロで15分も火にかければあとは余熱で仕上がります。
IHならルクルーゼやストウブのような鋳物琺瑯鍋、鉄鍋の方が無理なく全体が温まります。その場合は、蒸しあがったら水分が鍋内にたまるので、蓋をあけてぬれぶきんをかけるか、おひつに移したらよいでしょう。
注)カセットコンロは安全には十分気をつけて使って下さい。使い方は神戸市の説明が詳しいです。こちら

次に②の銅の玉子焼はIHでは無理ですか?について。

銅の玉子焼きはIHではできません。カセットコンロでする方はいますよ。出汁巻の調理時間は3分ほどとフッソ加工よりかなり短いです。しかしIHなら鉄の玉子焼器がいいかもしれませんね。

次に③IHで使える中華鍋はありませんか?について。

IHで使える中華鍋あります。中華鍋はもともと底がまるいのですが、IH用では、中華鍋の底が平らになってます。素材は鉄で、深さもあります。揚げ物などに便利です。鉄なので基本は劣化しないので良いと思います。といっても薄い鉄だとIHでは反ることもあるので、1.6mm程度の厚みがあるものを買ったほうがいいと考えます。実際1.4mm、1.2mmの底厚の鉄のフライパンがIHで使った壊れたという方が、過去何人もおられます。ただし、本来の中華鍋が底が丸いのは、①まんべんなく熱が回ること②少ない油で揚げ物ができる、ことなどですが、その部分の機能は果たしません。

最後に④IHでも劣化しにくいフッソ加工はありませんか?について。


あります。と、その前に。
フッソ加工は4つの弱点があります。260度以上の高温使用、急激な温度変化、金属ヘラなどのキズ、そして食材の入れっぱなしです。
劣化しにくいという「スキャンパン」は、急激な温度変化と金属ヘラにはかなり強いコーティングしてます。(ガス用は販売中ですが、IH用は2017年3月の4週目からお店で買えるようにしています。現在はガス用スキャンパンキャンペーン中です)でも、このようなコーティングのフライパンは安くはありません。

IH用のフライパンが何を使ってもすぐにダメになるのは、IH特有の「急激な温度変化」が主な原因です。
新しいフライパンを買ったらすぐに高温にせず、弱火か中火からゆっくり余熱するとコーティングが傷みにくいんですけどね。早く温まるのがIHの良さでもありますから悩ましいところ。でも高温スタートだけは止めたほうが無難です。

IHクッキングヒーターは、使えない道具はがまんできるし、調理中キッチンから離れられるとか、小さい子に調理させる際の安心感とか、掃除がなにより負担だという方にはいいですね。逆に、あとになってお子さんのためにあれこれと料理がしたくなると諦めることもでてきます。選ぶ前の方はよくよく考えたほうがよいですし、現在お使い中の方は、土鍋の代わりに鉄鍋、カセットコンロでたまに代用するとか自由の幅を広げられるように工夫してくださいね。
*************************************************************
キチパラ16周年記念、スキャンパンソテーパン26cm(フタ付)の思い切った30%OFFキャンペーンは残り少なくなりました。HPからどうぞ。http://kitchenparadise.com/

by kitchenparadise | 2017-03-16 16:13 | キッチン道具について

初心者の間違いのない包丁選び

c0228646_17262120.jpg
この春、お嬢さんが一人暮らしを始めるというお母さんにお願いしたいこと。

最初の包丁は間違いないものを持たせてあげてほしい。

そう考えています。

「間違いのない包丁」というのは、「よく切れて」「すぐに切れなくならない包丁」です。
高いものを買ってくださいというわけではありませんが、安物はちょっとしたストレスになります。

ほとんどの若い人たちは包丁にはお金をかけません。砥石やシャープナーを買うお金も惜しみますし、そもそも砥げません。一度も研がないまま「この包丁切れないなぁ」といつも思いながら使い、我慢できなくなったら新しく安いのをまた買うでしょう。そしてまたすぐに切れなくなるのを繰り返すわけです。
残念なことに、切れないから料理したくなくなる初心者さんもたくさんいます。

例えば1000円の包丁は1か月もすれば切れ味は落ちるでしょう。3000円くらいでも2カ月もしないうちに熟したトマトはつぶれます。
5000円くらいならまぁまぁとはいえ、4.5カ月で切れにくくはなります。
7000円くらいならたいていは新品から半年かそれ以上はなんとか使えます。毎日使わないなら1年くらいもつかもしれません。
(頻度や条件でかなり変わります)

楽しく料理を始めるには、包丁がいつも切れることが大切。
ストレスない道具を持てば料理がより楽しくなります。最初が肝心なのです。
初心者の間違いない包丁をまとめます。

鋼とステンレスは?
切れ味は鋼といいたいところですが、忙しい学生さんや社会人1年目の方が持つには錆びが気になるでしょう。
最初はステンレスのほうが錆びずに安心。お手入れがわかるなら鋼に挑戦してもよいでしょうが、ここでは初心者むけにステンレス包丁を中心に紹介していきます。

何包丁がいい?
三徳包丁か牛刀です。三徳は日本の万能包丁で鎌形、牛刀は欧米からきた万能包丁です。
三徳なら野菜が切りやすく、牛刀は先が尖っていて肉を切るのが得意です。(もちろん両方とも野菜も肉も切れますが)

刃渡りは?
1本なら基本の長さは18cmくらいです。16cmは短すぎで、20cmなら長すぎです。2本目には15cmくらいがおすすめです。

包丁はどこのブランドが?
〇印良品、〇KEA、また調理道具のメーカーなどが出している包丁より、刃物メーカーが直接製造している包丁を私はオススメしています。プロも使っている包丁なら良いと思います。私は刃物問屋さんに「調理師の専門学校の一年生が最初にもつ包丁は?」とよく聞きます。
海外ものならヘンケルスが有名ですが、日本で販売されているものはほとんどが日本で作っていて、ランクもピンからキリまであります。ビクトリノックスはよく切れますが、取っ手はプラスチック製で木製はほぼありません。日本のメーカーなら、私はステンレスはミソノと関兼次を使っていますが、これも正解があるわけではありません。買ったばかりでなく、長く使っている方の意見を聞くのがよいでしょう。

価格はいかほど?
取っ手がプラスチックなら少し安く買えます。木製やステンレスの取っ手なら高くなりますので一概にはいえませんが、木製なら5000円くらいからでしょうか。私がオススメするのは7000円ほどから。耐久性はいいはずです。4.5年後に買い替える必要がありません。1万円以上すればさらに耐久性が伸び、切れ味がするどく切れる期間が長くなります。

切れ味を持たせるには?
切れ味を持たせるには上記に書いたような包丁を使うこと、切れないからといって刃を上から押さえて左右に揺らさないこと、できれば木製のまな板か柔らかい樹脂のまな板を使うこと。
早めに砥げば、研ぐ時間がだんぜん短くなり、簡単です。
固いプラスチックのまな板はどんな良い包丁でもどんどん切れ味が悪くなります。特にうすっぺらいまな板がありすよね。こんな感じの。
たまに使うには良いのですが、主として使うと包丁の切れ味は悪くなるばかりです。ガラスのまな板なんてとんでもないですのでご注意ください。
c0228646_17320125.jpg








by kitchenparadise | 2017-03-14 17:40 | キッチン道具について

良いフッソ加工の条件と相違点(スキャンパンとスイスダイヤモンド)

前回、よいフッソ加工は熱が通るという話を書きました。

私が考えるよいフッソ加工フライパンをまとめると、

①環境と健康に影響を及ぼす物質を使用していない
 (PFOA除去など)

②底に厚みがある

③蓄熱性がある製法で基材が作られている(ダイキャストなど)

④コーティングが強い

⑤セットの蓋がある

このようなフライパンにはスキャンパンやスイスダイヤモンドなどのフライパンがあります。昨年末、大人の事情でスイスダイヤモンドの販売代理店の変更により今後の販売が不安定なので、16周年ではスキャンパンフェアをすることにしましたが、この1年はスキャンパンも店頭で取り扱ってきました。どちらもキチパラでは長期テスト済みで、すべて性質はわかっています。
それぞれいいところ、得意なことろがありますが、あ比較してみましょう。

(24cmのフライパンで)
深さ:スキャンパン4cm、スイスダイヤモンド4.5cm
重さ:スキャンパン925g、スイスダイヤモンド920g
底の厚み:スキャンパン 7mm、スイスダイヤモンド6mm

PFOA:スキャンパン・スイスダイヤモンドともにフリー

コーティングの固さ:
スキャンパン セラミックチタンでとても強度が強い(金属ヘラにも強い)
スイスダイヤモンド ダイヤモンドコーティングで熱伝導性が高い(金属ヘラにはやや弱い)

コーティングの温度変化:スキャンパン 強い、スイスダイヤモンド やや弱い
(これは例えば熱いフライパンに冷水につける温度変化に耐えられるかどうかです)

コーティング保証:スキャンパン 10年保証、スイスダイヤモンド保証なし

本体:スキャンパン アルミダイキャストに圧力をかけた製法
   スイスダイヤモンド 圧縮アルミダイキャスト


ざっとこんな感じです。読んで、??かもしれませんので、ひとことで言うと、

スキャンパンはセラミックチタンで究極に強度が増し、耐久性で100点。熱伝導は90点
スイスダイヤモンドはダイヤモンド粉をいれて究極に熱伝導がよくなり、熱伝導では100点。耐久性は70点。

私が実験した2つのフライパンの違いです。こんなんでどうでしょうか。
もし、鉄の分厚いフライパンをもっているなら、強度100点のスキャンパンのほうがいいと考えています。
さすがにどちらも安くはないフライパンなのでぜひよく考えてご購入下さいね。

スキャンパンはソテーパン26cm(蓋つき)を16周年特別価格で販売中です。今後もいろんなキャンペーンを考えています。
(ソテーパンのような30%OFFはそうそうありませんのでぜひこの機会に)















by kitchenparadise | 2017-03-13 19:11 | キッチン道具について

生焼けの原因はフライパン

チキンソテー、中が生焼けになりますか??
私が選ぶフライパンだとぜんっぜんそんなことないです。
生焼けの原因は、火加減が強すぎるとか、鶏肉を室温に戻してないとか、鶏肉が分厚いとか、いろいろ考えられますが、

最も多く考えられる生焼けの理由は、フライパンが薄い!

鶏肉は皮目から先に焼きます。まず180度で、焦げる直前まで焼いて色づいてパリッとさせたら、ひっくり返して焼きます。基本的には蓋はしません。皮が茶色く色づいた状態で裏返すと、それが蓋の代わりになり肉汁を閉じ込めてくれるので、裏返すのは一回だけ。
あとは中火の弱火で焼いていきます。
薄いフライパン(だいたい軽い)を使っていると、フライパンの底と素材の接点は早く焦げるのに、中には熱が入っていかないという現象になります。
薄いと、弱火にしたら温度が低すぎて10分しても20分しても熱がはいらず、強火にすると焦げてしまうとくことに。それで仕方なく、蓋をして熱をこもらせたり、水を入れて蒸し煮したりするわけです。
(重石を置いてや、最初から低温で焼くという方法も最近では評価を得ているようですが)

蓋をしてもよいですが、水蒸気が中にこもると皮がパリッとしなくなるし
水をいれると、本来の鶏肉の風味が薄まります。
薄いフライパンで焼いて、いったん表裏が焦げてしまえば、あとはレンジにいれるか、蓋をして蒸し焼きにするかしかなくなるわけです。

一番成功に近いフライパンは分厚い鉄のフライパン(銅でも)です。安定して中に火を入れてくれますし皮をパリッと仕上げてくれます。余分な脂を鉄が調節してくれます。分厚いフライパンなら中に熱を入れる力も大きくなります。料理の自由度が高くなるのです。

次に良いのは厚めのフッソ加工のフライパン。スキャンパンやスイスダイヤモンドのように、素材に熱を通すための工夫がなされたフライパンです。
重いほうが、鉄のフライパン近い実力を発揮します。短い時間で難なく中に熱を通してくれます。

今朝はお弁当にいれるチキンソテーをスキャンパンで焼きました。常温にもどしておき、フォークで少し穴をあけて、塩コショウに小麦粉をふってます。
皮を下にして強中火で3分、裏返して中弱火で6分数分休ませます。
切ってみたら、ほら、十分に火が通ってます。
焦げもなく、火加減の調節も一度だけ、蓋もしません。
焼いた後の鶏肉を上から指で押さえると、写真(右)のようにどんどん肉汁が出てきます。

c0228646_12260162.jpg


今日のお嬢のお弁当↓です。料理の先生みたいに上手くないので見た目はちょっとアレですが、道具を生かして美味しく作るのは得意です。
c0228646_16290781.jpg

お弁当で数時間後に食べてもパサパサ感は全くありません。

お肉でも野菜でも美味しく簡単に焼こうと思ったら、ちょっと少し良いフライパン、重たいフライパンを使うと手間が要らないことになってます。同じ鉄でも、薄くて軽い中華鍋などだとやっぱりちょっと焦げやすいので気をつけてくださいね。

スキャンパンソテーパン26cmの16周年記念割引(30%OFF)+プレゼント付企画は、まもなく終了しそうな感じです。どうぞお早目に。
便利で簡単で、美味しくでき、耐久性に優れた、キチパラオススメのフライパンです。ご購入は
こちらです。

PFOAもなく小さいお子さんがいても大変安全です。PFOAの危険性に関する情報は以前のブログ「フッソ加工は安全か?」から。




by kitchenparadise | 2017-03-11 07:30 | キッチン道具について

フライパンの価格の違いとは

キッチンパラダイス16周年を記念して、3/7よりスキャンパンソテーパン26cm(蓋付)30%OFF SALE + プレゼントを行っています。
フッソ加工のフライパンとひとことでいってもピンからキリまでありますが、スキャンパンはこれまで試したフッソ加工のでは、1位2位を争うとても良いフライパンです。
毎日使う道具なので使い勝手がよいにこしたことはないでしょう。
スキャンパンの3年ほどのテスト期間を経て、ほかのフライパンとはどこがどう違うのかをわかりやすく説明します。
***************************************************** 
キチパラ16周年記念企画はこちらです。
スキャンパンソテーパン26cm25380円→
17766円
*ハサミまたは包丁プレゼント 
限定20台
*****************************************************
フライパンの善し悪しのすべてが価格に比例しているとは言えないといえ、2000円のフライパンと20000円のフライパンではほとんどの場合、決定的な違いがいくつかある。

①耐久年数
フッソ加工のコーティングにはランクがある。これは確実に価格に反映する。たとえばスキャンパンでは最もいいランクを使っているといっていいし、厚みがあることで、フッソ加工が悪くなる原因でもある温度変化にも強くなる。

②傷がつきにくい
金属ヘラなどが使えるというのは、チタンやセラミックなど固い素材をコーティングに入れてる場合が多い。スキャンパンはこのコーティングの剥がれの10年保証をしているというから驚く。フッソ加工の剥がれの保証なんてこれまでどこもやっていないから。

③調理時間が短くてすむ 
炒め物やお湯を沸かすような調理は、薄いフライパンのほうがちゃちゃっとできるが、ハンバーグや鶏肉、ステーキを焼くなど素材の中にいっこくも早く熱を通すとなると、フライパンにいくつかの特徴が必要になる。
ただのアルミよりもアルミダイキャストやスクイーズアルミニウム(これがスキャンパン)にする。パンの底の厚みを厚くする、またダイヤモンドなどの蓄熱性の高い素材を添加するのも効果的。

④③なので、うまみが逃げずに美味しくできる 
薄いフライパンでハンバーグを作ると中に火が通るのに時間がかかり、15分.20分と焼き時間がかかることが多い。時間がかかればかかるほど、素材のうまみが蒸発してしまうことになる。スキャンパンはその点効果的においしくできる。

⑤焦げない
全体に熱が伝わるということは、外だけ焦げて中は生焼けということがない。


道具としての良いフライパンは、耐久性があり旨みを逃がさず美味しく仕上がる。 

「安いのを買って何度も買い替えて使ってます」という人も多い。それで耐久性の問題だけは買い替えることでカバーできるものの、美味しさだけはどうしようもない。ただし野菜の薄切りの炒め物なら火の通り方に差は感じられないとは思うけれど、高温で炒めると薄くて安いフライパンの加工はすぐだめになってしまうこともお忘れなく。



by kitchenparadise | 2017-03-08 19:22 | キッチン道具について

おひつ、すし桶がカビる人は読んでください

おひつやすし桶がカビましたって方、多いですね。
私のすし桶、全くかびてません。母から12.3年前に買ってもらったものです。

c0228646_13542343.jpg
正真正銘の片付けベタのO型、おおざっぱの私ですが、なかなかきれいに保ててます。
おすしに、おひつに、おにぎりの保存にと、かなりの頻度で使ってます。

カビさせてしまった人は、こんな覚えがあるのでは?

①完全に乾かないまま続けて使っている
②何日もいれっぱなしにした
③桶に水をはってしばらく置いてから汚れを取っている。
④洗ったあと、よく拭いていない
⑤シンクの近くや、湿気があるところに干している

ほかにもこんな方もカビやすいかも。

⑥内側を濡らしてから使っていない
⑦タワシでなくスポンジで洗う

カビが好きなのは、湿気と温度です。寒いとあまりカビにくいですし、また乾燥してるとカビにくくなります。
桶に水をはってから汚れを取るというのは、「汚れをふやかす」には良い方法ですが、水分が木の奥まで浸透して乾かすのに時間がかかります。
しっかり水分を吸った後、乾燥が早い気候ならいいのですが、雨続きで室内干しになると乾くのに時間がかかり、まるで洗濯物の生乾きのような状態になります。それがカビの原因です。つまり、濡れたままの時間から、乾くまでの時間が長くなってしまうわけです。

汚れもカビの原因を作ります。木肌はスポンジでは取れない汚れが多いのです。目にみえなくても木に入り込んでいる汚れがありますのでタワシのほうが取れます。洗剤で洗うと洗剤が残り、水道水に含む鉄分で黒ずむこともあります。表面の黒ずみは、タワシでこすったり、レモンの酸味をかけて取ったり、塩をかけて取ったりもします。早めに処置すれば薄くなることも多いです。

また、内側を濡らして(軽く拭く)から使うと汚れがつきにくくなり、水で長時間ひたして取る必要もなくなります。できればパパッと洗うにこしたことはありません。特にジメジメの時期は。もし乾きにくいなら、しっかり拭くことです。髪毛のタオルドライと一緒で、きちんと髪を拭いてからドライヤーしないといくら時間があってもなかなか乾かないのと同じです。
乾きにくいなら、少し遠くから軽くドライヤーと当てて乾きを促進させるのもひとつの手です。(薄手のものは急激な乾燥に弱いので気をつけて)

とくに内側の隅のほうからカビることが多いので、その部分だけでもしっかり水分をとり、そこに風が通るようにして乾かすことが大切です。

何も難しいことはありませんよ。すぐに慣れます。

①水で濡らして拭いてから使う。
②水分をきれいに拭き取り、空気がよどまないところで早めに乾かす。
③タワシで汚れを取る。
④続けて使う時には、完全に乾燥してから。

この4つだけでも頭にいれておいてくださいね。50年以上使いましょう!!

もし一人暮らしやお嫁にいかれるお子さんいらしたら、プレゼントされるといいですねー。
母からのプレゼントだったからこそ、大事に使おうと思ったので。
ぜひカビない方法を教えてあげてくださいね。

春のすし桶フェアは明日2/28までとなっています。間違いないものを、長く使ってください。
キチパラ春のすし桶月間について









by kitchenparadise | 2017-02-27 14:14 | キッチン道具について

炊飯たまに失敗する原因はこれ

c0228646_16175701.jpg
ごはんを炊くとき。お米を洗ってからザルにあげて濡れ布巾をかけておき、1.2倍の水を加えて自在飯鍋という土鍋で炊くというのがふつうだ。30分浸水してからザルにあげて炊くこともある。(季節によって1:1から1:1.2に変える)
お米も同じ、鍋も炊き時間も同じ、水も1.2倍で同じなのに、特に1合しか炊かない時、たまに水っぽく仕上がることがある。

もしやと思い.....あることを計ってみた。
お米をザルにあげた時の水切り時間。

30分浸水した後、竹ザルで水をザッザッと切りまして、いつもならそのまま土鍋に入れるのですが、それからさらに3分間琺瑯の上にのせていた。ひょっとしたら、十分に水がきれてないんじゃあ......
3分後。うわっ!
水切ったのに、こんなに水がでてる!
c0228646_16331413.jpg
テレビでよくやる電動シェーバーテストのよう!
「しっかり剃ったつもりなのに、こんなに残ってるんですね。」
と、通勤中の伝声が言うではないですか。
同じだ。3分ザルあげしたら、どのくらい余分な水がでてきたか計ってみると、
c0228646_16361601.jpg
なんとまあ、1合なのに50CCも残ってるなんて。なるほど、浸水した後はしばらるザルにあげておかなくては正確な水量が計れないわけだ。
それを竹ザルでやると水分を早く吸収してくれるから正確に測りやすい。やはり竹は良いわけである。水切り大事。
c0228646_16392075.jpg

***********************************************************
お寿司はとくに水切りが大切です。水が多すぎるとべちゃっとします。
2017/2/28まで、春のすし桶フェア中です。1年に一度のお安い価格で、竹しゃもじもプレゼントです。
3月からさわらのすし桶の価格が上がりますので、ぜひこの機会にどうでしょう。
インターネットでもご購入できます。詳細はこちら
by kitchenparadise | 2017-02-24 16:52 | キッチン道具について

木のまな板を熱湯にかける極端な実験をしてみた

木のまな板の良さは、以前「キッチンオタク道」にも書きましたが、とはいえ「木のまな板ってかびたり黒ずんだりするのねー」って方が多いようです。

木のまな板はわずか3つのことを抑えれば、意外と綺麗に長年気持ちよく使えます。

①使う前に濡らす
②熱湯で洗わず、タワシで水(ぬるま湯)
③洗ったらよく拭いて風通しのよいところで乾燥


②の熱湯で洗わない理由は簡単です。例えば、肉を切ったあと軽くスポンジでさっと洗うだけで熱湯をかける実験をしましょう。
c0228646_12192374.jpg
肉は約70度くらいの熱で調理されるので、残った汚れはまな板にこびりつきます。木のまな板表面は凹凸があり、軽くスポンジで洗っても汚れは取れないままだと、かえって黒ずみの原因になります。
c0228646_12233447.jpg

熱湯をかけるなら、ぬるま湯以下の温度でタワシで全部汚れを取ってから!
基本はかけなくても良い。

プロの調理場では基本的には木のまな板は使わないように指導があり、以前使っていた場合も保健局から熱湯を20秒とか30秒かける指導がなされていたと鮨屋さんから聞いたことがあります。(木のまな板を漂白剤につけなさいとも。もうむちゃくちゃです)
レストランは家庭のように風通しのよいところで毎日乾かせませんからそれはそれで理解できないこともありませんが。

木は正しい洗い方で汚れを完全に取り除けば、熱湯をかけての除菌は100%とはいいませんが効果はあります。100%でないのは、プラスチックと違って木のまな板は傷があるので、たかが数秒では完全殺菌とはいかないのです。乾燥の促進になるために、きれいに洗った後でささっと熱湯をかけることはあります。
結局は、木の抗菌力を生かして自然乾燥してよいと思います。日本では何十年も何百年(千年?)もそうやってきたのですから。

繰り返しになりますが、以下復習しておきます。

c0228646_11371133.jpg
まな板はお湯をだと汚れが落ちやすいと思われますが、そうとは言えない場合があります。逆にカビや黒ずみの原因にもなっていることが多いのです。
肉、魚、卵などにはタンパク質が含まれます。タンパク質の凝固温度は、凝固開始が58℃、完全に凝固する温度が80℃です。温泉卵を例にあげるとわかりやすいかもしれません。卵黄の凝固温度は約70℃、卵白の凝固温度約80℃なので、固まらない67℃くらいに調節して茹でると温泉卵になるわけです。
中途半端に落ちずに残ったタンパク質は、黒ずみ、カビ、そして臭いのもとになります。木のまな板が黒く汚れる大きな原因にもなります。給湯器の温度が70℃とか、高く設定している場合は、最初から熱いお湯で洗わず、汚れを落としてから改めてお湯をかけたほうが、汚れがきれいに落ちやすいです。

また、木のまな板は、使う前に濡らしてからきれいな布きんで拭いておくと、汚れが入りにくく、洗う時にも便利です。スポンジでなくタワシのほうが汚れはよく落ちます。

最近は便利な除菌スプレーや漂白剤なども出ていますが、過度な除菌をしなくてもいい方法を知っておくとちょっと便利です。特に木のまな板は、汚れさえきれいにとれば、木そのものに抗菌作用がありますから。
東京都福祉保健局のHPではこうあります。
****************************************************************
•木製のまな板は、細くて深い包丁傷ができるので毎日の手入れで徹底的な洗浄と殺菌をするとともに、たびたび表面を削らなくてはなりません。
•プラスチックやゴム製のまな板は比較的包丁傷が浅いので、フキンと塩素系の漂白剤で殺菌パックすると効果的に消毒できます。
•加熱済み食品用と未加熱食材の下ごしらえ用のまな板は別のものを使います。
•食材をかえるごとにまな板に熱湯を十分にかけて消毒しましょう。
****************************************************************
もちろん、これが間違いというわけではありません。ただし、熱湯で殺菌するのであれが、2.3秒では完全では奥まで届きません。
O157が流行った時は、「80℃以上の熱水に10 分以上つければより安心」と、関連のお役所がネットで公開しています。役所としては、塩素系漂白剤を使ってでも、熱湯を十分にかけても、完全殺菌第一なのでそうでしょう。

家庭では、熱湯をかけるより、まずは汚れの落とし方を知っておくことが先決ではないかと思います。

黒ずみは早めにレモンの残りでこすり、汚れたなと思ったらお安い塩をかけてタワシでこすります。
かびないためには、しっかり水分を拭き取って、風の通る場所に立てかけておくことです。

テレビやネットでもどれか本当かわかりませんね。ご自分でやってみてくださいね。

by kitchenparadise | 2017-02-22 12:52 | キッチン道具について


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
キチパラのなりたち
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

生活のたのしみ展に行ってきた
at 2017-03-27 15:58
マニアマニエラの取材
at 2017-03-25 08:00
おろしはおろしでも、おろし違い
at 2017-03-24 07:30
マイナスエネルギーは圧倒的に強い
at 2017-03-23 14:50
16周年特別企画:キチパラ春..
at 2017-03-22 07:30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧