カテゴリ:道具:キッチン道具全般( 84 )

銅製品の昔と今にせまる

玉子焼器、鍋、オロシ器、ボウルなどなど、キッチンパラダイスでは銅製の台所用品をお勧めしています。
ですが、銅は変色したり緑青がでたり、錫コーティングしたものは高温にも気をつける必要があるためか、多くの方が台所用品としては面倒だと思われるようです。
実際は、銅で作った玉子焼、銅でおろした薬味、銅で作った煮物、どれもほかの鍋では味わえない特別な美味しさがあり、いったん使うと、ちょっと面倒そうな使い方のコツを覚えるくらい何てことないいと言う人ばかり。
とはいいながら、銅製品はこれからお茶の間に広がっていくほど価格が安くはないのが現実です。
しかも、近い将来、とても買える価格ではなくなる可能性もあるというから大変なのです。

銅は人類が手にした最初の金属です。あちこちの遺跡からも発掘されていることからわかるように、叩いて延ばして色々な器具や装飾品を作り始めたのが始まりです。
実用金属として使われたのは6000年以上も前。青銅ができてからは、スメリア文明および前王朝時代のエジプト文明以来あらゆる文明に貢献しました。ちなみに銅と青銅って違いが分かりにくいでしょうが、青銅というのは、錫をわずかにまぜた合金です。昔は、斧、剣、壷など、銅像なども青銅、大砲や、釣鐘、10円玉も青銅です。(10円玉は亜鉛も含まれていますが。)

日本の最初のお金「和同開珎」は銅です。以来、日本では全国の鉱山から銅を採掘し、お金だけでなく、神社仏閣、のちに日用品にも使われ始まるのです。江戸時代は、銅製錬する職人が1万人もいたそうです。

1770年代に始まったイギリスの産業革命は銅の生産にも大きな変化をもたらしました。銅生産による公害の問題もあり、1880年以降の銅生産は北米に移ります。ちょうど明治政府以降推し進めてきた銅生産の政策も、低価格のアメリカ銅の輸入で苦境に追い込まれました。当時の煙害問題があったりと、紆余曲折をへて、現在の銅の国内産出はゼロ。すべて輸入に頼っており、製錬所も2か所を残すばかりとなったそうです。(2006年)

平成16年の調査で、日本で出荷される銅と銅合金のうち、日用品はわずか2.6%。
今ではそのほとんどが、電気機械類、建設関連などに使われています。銅は電気を通しやすいため、電線や電子基板にも使われ、パソコンや携帯などにも使われているため、年々価格が上昇し、日用品としては買いにくくなりつつあるわけです。

近年、中国の経済成長とともに、銅はどんどん値上がりしました。今後、アジアやアフリカなどの経済発展を考えると、近い将来、日用品としての銅製品はとても手が届かない商品になることは間違いないと、私は考えています。そうなのです。私たちが普段使いしている鍋や玉子焼の銅は、原油や金と同じく、その時の世界経済によって価格が変化しやすい素材なのです。とくに、この数十年。

1980年にロンドンで取引された銅の価格は1トンで2185USドル、2011年は同じ量で8823USドルです。
トランプ政権によって、内需拡大路線が始まると、さらに建築や電気機器の需要が高まり、銅価格が跳ね上がることも考えられます。

今日のブログは、とても銅鍋を販売している台所道具店の内容ではなくなってしまいましたが、笑)
ようは、銅の価格は今でも十分高いし、今後も高くなり、日用品ではなくなるかもと私が勝手に危惧しているわけです。もともとの使い方と大きく変わってきたことで、台所の一流品が脅かされてるといっても過言ではないと思います。
***************************************************
Kitchen Paradise Aya's Diaryで、銅に関する記事を書いています。

銅に関するQ&A http://kpayas.exblog.jp/26363305/
銅の良さ:煮くずれについて http://kpayas.exblog.jp/26349308/
銅の良さ:調理時間について http://kpayas.exblog.jp/26327585/
by kitchenparadise | 2017-01-12 13:03 | キッチン道具について

わたしの伊達巻の作り方

c0228646_12514287.jpg

お正月は、好きな料理屋のおせちを頼む方も多いでしょう。ですが、年に一度ですから、自分でもちょっと作ってみたいですよね。
わが家は、お煮しめ、黒豆、牛肉のごぼう巻、なます、数の子、栗きんとんは基本です。それと私が必ず食べるのが伊達巻。家で作った伊達巻は保存料も無く、安心です。

伊達巻って、甘いのが好みか、すり身はどれがいいか、ご家庭で大きく違うので、いまのうちに娘や姪たちに味を刷り込んでおこうと思っているわけです。

必要な道具は、銅の玉子焼器、鬼寿(伊達巻用のまきす・鬼すだれともいう)。もちろん、普通の玉子焼器でもフライパンでもできますが、銅を使った時の膨らみと食感は格別。

私の材料はコレ。

卵4個 白身魚やえびのすり身70g(orはんぺん1枚) 砂糖大さじ1~2 みりん大さじ1 出汁大さじ2~3(省略しても) 醤油、塩少々

出汁は入れない人も多いんですが、私は風味づけに入れてます。出汁を入れると日持ちはしません。
最初に作る時は、すり身は高いのではんぺんで何度も練習しました。


では作り方。

①オーブンを160℃に温めておきます

②卵を切るようにして溶きます。泡だて器では空気が入るので気をつけて。

③すり身をすり鉢でなめらかになるまでする。調味料を加えてさらになめらかに。卵をいれてさらにする。
(プロセッサーでもできますが、お正月はぜひすり鉢で)

④こし器でこす(漉したらなめらかさがプロ級に!)

⑤銅の玉子焼器を温めてから油を内側全部に丁寧にぬる。火をとめて④を流しいれる。

⑥160℃のオーブンに銅の玉子焼器をいれる。(取っ手が外れるものでないとダメですね)

⑦中段に5分いれて、130℃に下げてさらに20分程度焼く。
 (オーブンによって焼き時間はかなり異なります。15分経ったら、卵の上をつついてみてください。まだできていないと卵汁がでてきて、焼きすぎだと固いです。巻けそうだなーというくらいでおわり)

⑧巻けそうなくらいに焼けたら、取り出し、鬼寿の上において、何本か切れ目をいれて、巻く。

⑨ゴムやタコ糸で数か所しばって、2時間くらいなじませる。できあがり。

ようは普段の出汁巻にすり身かはんぺんを入れるっていうくらいで、あとは焼き方。
ガスコンロでもやけますし、フッソ加工の玉子焼器にアルミ箔をかぶせ、表裏焼いてもできないことはありません。ただ、フッソ加工はアルミですので焼きむらがあるのです。すべての同じように火が通らないとうまく巻けなくなります。焼きむらのないように工夫してください。もちろん銅のほうがだんぜんよく膨らむという点もあります。

以前、耐熱ガラスに卵液を流し込んで伊達巻を作ろうとしましたが、外側は焼けているのに、真ん中は全く焼けずに、中央部分だけ卵の池ができたようになって、失敗。道具でこんなに違うんだと思いました。

また、伊達巻はぜひ専用のまきすを。お正月らしくなりますし、おめでたい日にふさわしい伊達巻になります。
by kitchenparadise | 2016-12-19 13:16 | キッチン道具について

保存容器は賢く使い分ける その2

「保存容器は賢く使い分ける その1」の昨日の引き続き、保存容器の使い分けの説明です。

今日は、ガラス容器とスクリュー式ガラス容器、琺瑯容器について。

ガラスには、昨日紹介した超強化耐熱ガラスにような進化系もありますが、ソーダガラスが一般的です。

③ガラス保存容器(WECK)

c0228646_11513581.jpg

一般的なガラス容器は、このようなソーダガラスです。蓋もガラスになっている(写真右)場合は、密閉度は期待できません。ガラス蓋をかぶせて調理済みのものを、冷蔵庫に入れたりするのは冷蔵庫の匂いのもとになります。
でも一時的に保存するだけなら、ガラスなのでこびりつきや匂いもなく便利です。

ガラス蓋のかわりに、プラスチック蓋なら、冷蔵庫にもOK、調味料入れに向いています。(これは写真なし)

写真のようにパッキンをつけて、真空にすることもできるので、このようなガラス容器はパッキンとともにジャムやピクルス、常備菜どの長期保存に使われます。写真のようにパッキンを2つのクリップで留めて、鍋にいれてたっぷりの水を15分以上沸騰(煮沸密閉)。真空になるというものです。
ジャムづくりの方にはお勧めですね。WECKはかわいいので、いろんなものを入れて飾っておく方も多いです。重ね収納もできます。レンジは使用できません。

④スクリュー式ガラス容器(チャーミークリア) 

c0228646_11385444.jpg

スクリュー式というのは、蓋がネジみたいになっている容器のこと。プラスチックもスクリュー式ありますが、それならガラス製が断然おすすめです。

出汁や、ドレッシング、タレ、スープなど、液体のものを入れておくのが
一般的。上が広口で出し入れしやすく、中身がよく見え、スクリュー式だからこぼれず、また臭いももれません。ガラス製なのであとあと匂いや菌が残ったりすることもないので、出汁やタレなど手作りのものを冷蔵庫に入れておく方は、ぜひこのチャーミークリアがオススメです。タレなどはどうしても匂いが残りやすいですし、出汁も毎日使うとプラスチックだとわずかな匂いが気になり、菌も発生しやすくなります。
レンジは使用できません。

⑤琺瑯容器
c0228646_11521654.jpg

私がもっともたくさん使っている保存容器が琺瑯です。
琺瑯容器の中には欠けやすく傷がつきやすいものがあるので、これまでく敬遠される方も多かったようです。おそらく鋼板が薄すぎたり、コーティングが薄かったりする場合でしょう。目安としては安価なものや軽すぎるものは避けたほうがいいと思います。

琺瑯にはすばらしい特徴があります。
酸や塩分に強いので、漬物、味噌、梅干し、ジャムなど長期保存向き。
匂い移りにくく、洗うのも簡単。
表面はガラス質コーティングなので、ガラスと同様、料理の風味と質が変化しにくい。
直火、オーブンが使える(蓋をはずして、弱火で)。
熱伝導が良いので、冷蔵庫の中の保存に最適。
冷凍もできる。
白いので中身の状態がわかりやすい。

ゼリー型どったり、火にかけて温め、蒸しをしたり、下ごしらえに使ったりといろいろできますが、なんといっても一番使うのが、冷蔵庫や冷凍庫での保存。鋼板は熱伝導が大変よく、すぐにキーンと冷えて蓄冷します。プラスチックや普通のガラス容器より早く冷たくなるのです。効率的に保存できるので、長く保存ができます。

重ねて収納もできますが、中身が見えないので、ラベルシールをはっておくとよいでしょう。直接書く場合はホワイトボード用のマーカーなら取れやすいです。油性ペンで書いても油用マジックリンひと吹きで落ちます。
琺瑯容器に使うペンに関しては、以前2015.6.5に実験しましたのでこちらをご覧ください。

by kitchenparadise | 2016-12-15 11:21 | キッチン道具について

保存容器は賢く使い分ける その1

NHKのアサイチで保存容器の特集があってますよと、スタッフからLINEがきて、慌ててチェック。プラスチック容器、スクリュー式保存容器、バネ式保存容器、琺瑯容器などの使い勝手をそれぞれ比べるというもの。すごく面白い特集でした。
そんでもって、私もちょっと番組をパクりますよ。NHKでは言えない商品名も書いて、さらにワンポイント付け加えて、今日と明日で保存容器について書きましょう。

今日は、プラスチック保存容器、バネ式プラスチック容器、ロック式超強化ガラス容器です。

①プラスチック容器

c0228646_15171875.jpg

ジップロックやネオキーパーほか、100円ショップ、スーパー、どこでも売ってある軽い容器です。

特徴:
安価で軽くて、落としても割れず、レンジでも使えて便利。ただし、酸や塩分、油分、臭いが残るものなど全般に弱く、長時間の保存はできません。スポンジで洗ううちに傷がついたり、長めに保存したり、レンジにかけたりすると、洗っても匂いが残り、冷蔵庫の匂いの原因とも言われているので注意。とくに油分のあるもの(カレーやシチューもそう)などをレンジにかけると、素材に臭いがしみこみやすく、菌も繁殖しやすいです。匂いが残るもの、翌日まで冷蔵庫に入れたりするものは、ガラスや琺瑯容器のほうが臭い取りは簡単です。長期保存には向いてないことは覚えておきましょう。

ちなみに、臭いがとれなかったら(臭いの種類にもよりますが)、茶殻をいれておいたり、米のとぎ汁をいれたり、柑橘の皮でとったり、塩水であらったり、ほかにもアルコールスプレー、重曹、漂白剤と、いろんなやり方があります。

料理をそのまま外にもっていったりするときは軽くて重宝するし、そのまま差し上げる時は安価なので便利ではあります。

傷がついた場合は汚れが入りやすいので、あきらめて食品以外の保存容器にしたほうがいいでしょう。

②バネ式プラ容器 (OXOポップアップコンテナ) 

c0228646_15384346.jpg

特徴:
蓋をワンプッシュするだけで中身が密閉になる容器。海苔、昆布、豆類、お菓子、コーヒー、粉、シリアルなどなど乾燥したものを入れる容器です。片手でできるので取り出しやすく、密閉もしっかりでき、組み合わせて重ねて収納もできて使いやすいです。中身も見えるのも便利。2007年にグッドデザイン賞を受賞して以来のロングセラー商品です。真空ではありませんが、バネの密閉度は優れています。コーヒー豆なども上手に保存してくれます。
ただし乾物用にしか使えませんし、ふたは洗えませんので、その点は注意が必要です。

OXOの詳細はこちら

③ロック式超強化耐熱ガラス容器(グラスロック)
c0228646_16385686.jpg

特徴:
まず、ガラスは酸や塩分に強い素材。ガラスは長期保存可能。何をいれても大丈夫で安心です。さらにこの超強化耐熱ガラスというのはとくに優れています。固い床に落としても割れず、230℃までの高温にも強く、レンジやオーブンにも使え、冷凍にも食洗機にも使えるという万能さです。(オーブンは蓋は不可。レンジは蓋のロックをあけたら使用可)
蓋はガラスではないので、多少に臭い移りはあります。

また、このグラスロックはロック式。韓国製でキムチなどの匂いが漏れないように作られているので、調理済みの料理、例えばカレー、シチュー、肉じゃがほかにも向いています。
臭いが全く外に漏れず、密閉度が高いので、冷蔵庫用、持ち運び用にはとても向いています。
グラスロックの詳細はこちら


明日は、琺瑯容器、スクリュー式容器、ガラス保存容器を紹介します。
**********************************************************
by kitchenparadise | 2016-12-14 15:18 | キッチン道具について

定番、ポテトマッシャー

私のだいぶ前から使っている大定番のひとつが
このOXO(オクソ)ポテトマッシャーです。

ほんとに使いやすくって、いつも自宅を訪れる友人にことあるごとに勧めています。
OXO(オクソ)というのはアメリカの家庭用品のブランドで、特にユニバーサルデザインのアイテムにはスグレモノがいくつかあります。でも正直、ここ10年デザインや規格がコロコロ変わったり、新商品などが多すぎて不安定なため、あまりキチパラではラインナップしなくなっていました。でもこのマッシャーだけは違います。一切デザインも規格も変えず、何十年も前から大定番。
c0228646_15331577.jpg


ステンレスヘッド部分がくねくねになっていて、穴があいたマッシャーと違って目詰まりがせず、
取っ手のグリップがすべりにくく、柔らかくてヒダがついてて力が要らず、握りやすく、
つぶす部分が大きいので、スピーディ。
c0228646_16232540.jpg


かぼちゃやポテトのマッシュが超ラクチン、気持ちよいほどスムーズにできるマッシャーです。
これから一本買いたいなという方は、オススメ。クリスマスプレゼントにもいいと思います。
ながーく使えるし。
ちなみに、ポテトサラダは丸のままセイロで蒸してから皮を剥くのがおすすめです。

○キチパラの店頭、インターネットでもご購入いただけます。

by kitchenparadise | 2016-12-02 16:29 | キッチン道具について

まぜ卵は、なかなか

c0228646_16185535.jpgいわゆる便利グッズは嫌いな私ですが、たまには好きなグッズもあるんですよ。
 「まぜ卵」  ←まぜらんといいます。これが、なかなかよい!

とても重宝する便利グッズ。よく考えたなぁというアイテムです。
毎日のお弁当に使うので、なくてはならないもの。

つまり、卵をまぜる。ドロリとする白身をまぜながらカットする道具です。
出し巻、すきやき、天ぷらの時の卵。白身が混ざらずに残るのは好ましくないですね。かといって、菜箸で一生懸命まぜると空気が入りすぎたり、泡が立ちすぎたりします。薄焼きなどの時は特に泡立てないほうがいいでしょうし。出汁巻のときもなるだけ空気がまざらないほうがいい。
つまり短時間でしっかりまざるために棒の先端にナイフをつけたもの、なわけです。

菜箸2本で150回まぜたものと、まぜ卵1本で150回まぜたものの比較です。
c0228646_16503034.jpg


私的には、まぜ卵と菜箸を一緒にもってまぜると早くて効率的な気がします。作業時間が早く、玉子焼きがきれに仕上がります。まぜ過ぎと、先端のナイフには気をつけてください。洗うときに手を切らないよう。

菜箸を同じところに置いておくといいですね。せっかく買っても探して使うと時短の意味がないですから。
by kitchenparadise | 2016-11-02 16:20 | キッチン道具について

同じ耐熱スプーンだけど、ちょこっと違う

c0228646_1744245.jpg

耐熱ソフトスプーンは確かに便利。ここ数年、使い勝手がいいと広がって人気です。
木のヘラなどに比べてヘラ部分がしなるので素材を取りやすく、耐熱なのでアツアツのフライパンの上で使うこともできます。調味料をまぜる、素材をまぜる、ジャムやつくだ煮を瓶から取り出す、などなど。
ただ、これまでのは一体型ではなかったので、それがちょっとだけ難点でした。写真のように、何年も使うと汚れがたまるので。
c0228646_1743044.jpg

後になって、最近ですが、一体型がでました。左が一体型です。これなら汚れが入り込まず、衛生的だし見た目もいいです。
値段は少しだけ高くなりますが、まぁ毎日使うからよいのではないかしら。

キッチンパラダイスのHPではこちらでご購入いただけます。
by kitchenparadise | 2016-10-22 17:43 | キッチン道具について

クッキングトーチについて

クッキングトーチを使ったことがありますか。バーナーといもいいます。料理用バーナーのほうがわかりやすいかな。
クレームブリュレの時に使うイメージですが、グラタンや野菜をあぶったりするほか、お肉やお魚もあぶっても美味しいです。旬の美味しいサバをあぶって「炙り鯖」、おにぎり焼いて「簡単焼きおにぎり」。お寿司を炙って味の変化を楽しめます。

クッキングバーナーといえば、イワタニが有名です。イワタニのバーナーはカセットコンロのボンベに装着するので、ダイニングに置くのはちょっと危なっかしいとか、炎が大きくて怖いという声が多いので、そんな方こんなトーチはどうでしょうか。

ドイツレズレー社のキッチントーチ

c0228646_17594966.jpg

スタイリッシュです。
カセットコンロのボンベでなく、ライター用のガスを充填するのでだいぶこじんまりしていて、安全で、見た目にも安心です。これだと「炙る」という作業が、ダイニングで気軽にできそうです。

使い方は簡単。
c0228646_183290.jpg

まずは、安全ロックを右から左に動かし、点火ボタンを押します。
c0228646_1863338.jpg

このようにレバーを右側にスライドすれば、点火ボタンを押さなくても炎をキープできます。
c0228646_1810082.jpg

反対側のこのレバーは火力です。自在に火の大きさを変えられます。

このレズレーのキッチントーチをガスを満タンにしておけば1時間分の炎が使えます。
使いやすく、最近とても人気です。
**********************************************************
キッチンパラダイスのHPはこちらです。今月は「究極の鍋月間」を開催中です。


台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-18 16:47 | キッチン道具について

酒か酢か、匂い消しの軍配は

青森ヒバがあまりに素晴らしいというので、昨年夏から様々な製品を実験中。
青森ヒバの魅力は、
抗菌効果:カビ、雑菌を寄せ付けない
防虫効果:シロアリ・ダニ・ゴキブリを寄せつけません
消臭・脱臭効果:不快な臭いを抑えます

(参考:青森ヒバ専門店 わいどの木さん HP)と、HPで紹介されています。
ヒノキ、いちょう、スギ、それぞれの木にはそれぞれの特徴があって面白いのですが、ヒバはとても良いだけに高価です。テスト中の米びつはなんと50000円!それでも全く虫を寄せ付けず一生モノならよかろとテストをしてます。予想以上に驚くほど全く虫が近寄らない。蓋を開けっぱなしでも虫は寄ってこない。虫たちはヒバの強い匂いがよほど嫌なんでしょうか。

そこで困ったことがおこりました。長く米を入れておくとヒバの匂いがお米に移りすぎるのです。炊いても消えないどころか「ヒバごはん」と名付けたいほど。いやな匂いではないにしろ、新米の季節にはもったいないです。そこでお米に移った木の匂いをどうやって取るかの実験をしました。

①ひたすらきれいに洗う
②日本酒を少し入れて炊く
③酢を入れて炊く


まず、
洗っても洗っても匂いはとれません
日本酒少し入れたらほとんど取れ、やや多めに入れたら全く気にならないくらいとれます。お米の甘味もでるくらい。炊くのではなく、浸水の時の小さじ1、2杯くらいでも意外と効きます。
酢は少量でも匂いはなくなりますが、かわりに酢特有の風味がします。酢飯のような味。
少量なら気づかないかも。酢を入れるとごはんが長持ちするので、夏のお弁当では時々入れていました。

で、私の結論は、
お米についた匂いは日本酒で消す!まずは3合で大匙1くらいから入れてみてください。

***********************************************************

キッチンパラダイスのHPはこちらです。
台所道具についてのコラムは「キッチンオタク道」にまとめています。
フッソ加工を長くもたせるのは、IHとガスの違い、銅の玉子焼き器の使い方など、こだわりの道具の道具や検証を紹介するブログです。

Aya Tanaka
by kitchenparadise | 2016-10-03 17:06 | キッチン道具について

キッチンオタク道

ブログを15年書いていいます。の割には、長いだけで、ちっとも上手にならずお読みになる方には申し訳ない限りです。
基本的に、キッチンパラダイスからのおしらせ、キッチン道具のこと、私が思うこと、読んだ本、たまに自分の生活や娘のことも書いています。

エキサイトブログにしたのは2009年。7年間のうち、ここ2年ほどはできるだけキッチン道具の実験、説明、考察などを書こうと心かげてきたので、たくさん記事がたまってしまい、どこにどの記事があるのかがさっぱりわからなくなりました。
そこで、いま「キッチンオタク道」のブログに書きなおす作業をおこなっています。
今後は、キッチン道具に関してのブログは、すぐに「キッチンオタク道」にも掲載することにします。

キッチンオタク道は、次のように分類されています。

スライサー・グレイター
銅鍋・銅製品
銅の玉子焼器
鋳物琺瑯鍋

フライパン
包丁とまな板
シリコンアイテム
ボウル・ストレーナー
蒸し器・せいろ・おひつ

その他の道具
ミル
キッチン雑貨
調理家電
道具の揃え方
ガスとIH
なみじゅう(オリジナル)
ザル
すりばち


キッチンオタク道のページには右側に上記のようなカテゴリーがあります。
フッソ加工のフライパンに知りたい方は「フライパン」を、スロージューサーの実験ついては「調理家電」をという感じでクリックしていただくと、過去の記事を少しまとめて見れるようになっています。

キッチンオタク道のコラムはこちらです。



by kitchenparadise | 2016-09-30 13:32 | キッチン道具について


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
なみじゅう(入荷状況も)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

「いのち愛しむ、人生キッチン..
at 2017-06-26 14:49
色どり豊かな人生
at 2017-06-25 08:00
究極のスパイスカレー塾
at 2017-06-24 13:36
桧山タミ先生の本、表紙です!
at 2017-06-23 17:13
ポルトガルのお皿受注会、7/..
at 2017-06-22 14:54

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧