<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

北風と太陽

「北風と太陽」というお話、覚えていますか。

「あるとき、北風と太陽が力比べをしようとする。そこで、旅人の上着を脱がせることができるか、という勝負をする。
まず、北風が力いっぱい吹いて上着を吹き飛ばそうとする。しかし寒さを嫌った旅人が上着をしっかり押さえてしまい、北風は旅人の服を脱がせることができなかった。
次に、太陽が燦燦と照りつけた。すると旅人は暑さに耐え切れず、今度は自分から上着を脱いでしまった。
これで、勝負は太陽の勝ちとなった。」(ウィキペディアより)

今朝の茂木健一郎さんの「太陽であることのについて」のつぶやき(←ツイッターですよ)はとても興味深い内容でした。ここで彼の例える北風とは、「脅迫産業」。
「あるべき状態」について研究するのは良いけれど、それを、「そうならなかったら大変だ」と脅迫に使うのは間違っている。
幼児教育は、「脅迫」に使われやすい分野である。さまざまな学習が幼い時に始めた方が良いことは事実だとしても、だからと言って、「早く始めないと大変なことになる」などと脅迫するのは間違っている。発達の道筋はそれぞれ。もっと大らかに構えていて良い。
英語教育もそう。今やらないと取り残されると煽るのも脅迫である。好きであればすればいいし、苦手ならとりあえず放置してもいいのではないか。
やらないかと北風をぴゅうぴゅう吹きつけるよりも、こんなに楽しいよ、嬉しいことがあるよと太陽で照らす方がよほど効果があるし、生きることの本質にも沿う。世の中には北風産業がたくさんあるけれども、そんなものは無視していればいい、というツイートでした。

考えてみると私たちは、子供の教育について、健康について、最近はエネルギーについても、毎日のように「北風」にビュービュー吹かれています。特に緊急時に吹いてくる北風はここぞとばかりに、台風のように暴れ、旅人たる私たちは恐怖に慄いてしまいます。

なにが善意でなにか策略なのか、なにが知恵でなにが悪知恵なのか、政府もツイッターさえも信じられず、噂に惑わされる。

茂木さんは締めくくりにこうつぶやいていました。

「一般において、「あるべき論」を展開し、そうでないものを切り捨てたり決めつけたりする人は、さびしい人である。北風は生命を育まない。太陽は、ものみな照らす。どんなに条件に恵まれなくても、仕方がないじゃないか。人生は一度しかないんだよ。」


善意まで悪意に見えるような屈折した人間にはなりたくないと思います。
見抜く力をつけるには、学びつづけるしかない。
ある一定の人が得をするような構図でなく、みんなが幸せになる方法を選択していく。そういうシンプルな考えしかないんじゃないかと。
北風と太陽はイソップ寓話のお話です。技術はいくら進歩しても、人の心は紀元前から変わらないんですね。
by kitchenparadise | 2011-05-27 12:25 | 私、こう思う

レンジと蒸し器の蒸籠(セイロ)の違い

はなまるマーケット、とうとう蒸し器の特集したそうですね。ふっふっふっ・・・ようやく時代が私に追いついてきましたか(ニヤリ)。蒸し器で温めなおしたご飯と炊きたてのご飯を食べ比べて、ほとんどの人がどちらも変わらず美味しいと答えていました。レンジより蒸し器が美味しいという当たり前の事実にプラスして言うと、ヘタな炊飯器より、もう一度蒸し器で温めたほうが美味しいですよ。しかも木製セイロで温めたら100点です。今までなぜレンジで温めていたのかと後悔するほど。

そもそも蒸し器(セイロも含め)とレンジは熱の伝わり方が違うんです。
レンジは、食材の持つ水分の摩擦熱で温まります。だから水分の無い食材は温まりません。冷えたら硬くて食べられない時ありますが、あれは加熱しすぎたり、水分が蒸発して無くなってしまうからです。基本的にレンジチンのご飯は、もう一度温めることはできません。

蒸し器は、蒸気の凝縮熱で温めています
蒸し器にはアルミやステンレスなどの金属製と、木製のセイロがありますが、これも使い勝手が違います。
金属製は気密性が高く水蒸気が逃げにくいので、高温で長い時間熱したい時にはいいでしょう。ただし、内面に水滴がついて下の落ちたり、温めなおしたご飯が蒸し器の中でそのまま冷えると、水っぽくなってしまいます。(布などを挟むとこの欠点はちょっと解決)

木製のセイロは高すぎない温度でゆるやかに加熱した時に向いています。またテーブルにそのまま出してもいいですね。食材に水滴が落ちてこることもないし、冷える時にも木が水分調整をしてくれるので、冷えても美味しく感じます。木製セイロは水分がどんどん抜けるので、水分量に気をつけます。

温めなおしのご飯、蒸し野菜には木製セイロが最適なわけなんですね。冷凍ご飯は一度解凍してから蒸してくださいね。冷凍の塊のままだと30分くらいかかります。または冷凍するときに平らに薄くしておくなら大丈夫です。

木製はカビたりするから使いにくいと言われますが、それはカビないように取り扱えばいいのです。
割と簡単です。



by kitchenparadise | 2011-05-19 16:37 | 道具:セイロやすし桶

伊藤家の銅鍋

前回のブログで、キチパラのオリジナル銅鍋のことを書いたら、福岡や九州だけでなく遠方からも多くのお問合わせをいただきました。こんな扱いが難しいオリジナルの鍋を、「ぜひ使ってみたい」とおっしゃっていただけるなんて、仲間が増えていくような感覚でとても嬉しいです。100年後にも、子供たちに引き継いだり、あるいは料理好きの方の手に渡ったりして、日本のどこかの台所で使われていたら、すごく幸せだなぁ・・・。c0228646_15114394.jpg
当初、12台製作することにしていましたが、すでに問い合わせだけでも12件以上あるので、もう少し数を増やして作ってもらうように依頼しました。金曜日午前中から1カ月ほど注文を受け、1週間毎に製作を依頼することにしました。初回だけはすでに12台の予定に入っているので早めにお渡しできるでしょう。(注文の詳細は金曜日の朝に。)

また、銅鍋の使い方を詳しくご説明するため、手渡しを中心に予約を受け付ける予定でしたが、これも全国や九州各地からお問合わせをいただき、それもそうよね~と思いなおし、お渡しした時点でお電話でご説明させていただくことにいたしました。銅もコーティングのしている錫も、ちょっとしたコツで上手に使いこなすことができます。それをなかなか説明書だけではお伝えできないのです。
よろしくお願いします。


c0228646_153938.jpg1978年に書かれた「図説 台所道具の歴史」という本があります。研究者たちが、各地の歴史博物館や古い家に残っている台所の道具を集め、写真とともに紹介していくという本です。(当時で3800円だからちょっと高い。でも見ごたえあり)



江戸時代~昭和初期まで、土鍋や鉄鍋が中心で、銅鍋は一般向きには高価だったのです。ですが、他の金属にはない優れた熱電導率や熱効率、殺菌性、銅イオン効果などから、煮物、汁もの、卵焼き、あんねり(和菓子)には最適だとされていました。


c0228646_153361.jpg
大きな鍋でも鉄や土鍋に比べて軽く、伝導率も数倍で、保温性でも群をぬいています。
戦では陣鍋にも使われるほど、大量に作っても火の通りが良い鍋だという認識があったのですね。

写真でもご覧いただけるように、大きい鍋が博物館に多く残っています。明治~昭和初期にかけて、伊藤家という豪農が使っていたものです。(北方文化博物館)
今回キチパラでは、その博物館にも劣らない直径30cmの鍋を復活させようということなのです!!!
そう考えるとさらにスゴイ感じしますよね。

最後に紹介している鍋は内側に突起がありますが、これは手塗りの錫が高温によって隆起したものでしょう。実は職人さんさえいれば修理できます。

そんなわけで、ご希望の方は金曜日に御予約ページを作りますのでお待ちを。
1か月間の予約製作を予定しています。c0228646_1562070.jpg
by kitchenparadise | 2011-05-17 16:12 | 道具:キッチン道具全般

オリジナル銅鍋、到着~!

きましたきましたきました~!2ヵ月前から工房アイザワに頼んでおいた直径27cmボウル型、
キッチンパラダイスオリジナルの銅鍋が!!
c0228646_122952.jpg


この銅鍋は、私の師匠である桧山タミ先生が何十年も前から使用なさっている特注の鍋を、先生と生徒さんらのご要望で約7年前に工房アイザワに作ってもらったものの復活版です。当時は35000円弱だったのではないでしょうか。ちょうど銅の価格が上がり始める時で、バタバタと希望者を募って50台作っていただいたのです。
携帯やパソコンなどの需要が増え、銅は電気の配線、回路、電線にも使われているほか、中国では昨年、大型景気刺激対策のため銅などの鉱物の備蓄を始まったと新聞に書いてありました。まだどんどん値が上がるんでしょう。2004年では1トンあたり230千円→今月は838.5千円の原価だそうですから。

そこで、そうこうしているうちにまた銅鍋がもっと貴重品になり、さらには鍋を叩いて作ってくれる後継者もいなくなるかもしれないと思い、重い腰をあげてもう一度だけ作っておこうと決めたのです。
価格は工房アイザワさんにずいぶん無理を言いました。(感謝しまーす!というかすいません。)
なので、なんとか39000円で販売しようと思っています。

とりあえず、サンプルに3個作っていただき、これから製作に入ります。今回は12個しか作らない予定です。
すでにお客様2人からずっと前に予約が入っているのと、私の11歳の娘が嫁に行く時用に持たせるために購入する予定なので販売できる個数は9台。私が持っている7年前に作った銅鍋をサイブガスさんの「わたしの愛用キッチンツール」に掲載していただきました。(今年の3月かな)
http://www.saibugas.co.jp/product/cp/tool/index.htm

私が毎日毎日使っているもっとも役に立っている、最高の鍋です。
内側はこんな感じになってます。
c0228646_12231872.jpg


来週、改めて製作する9台の予約をはじめたいと思います。夢が実現して本当によかったです。
この7年間たくさんの方にお問合わせいただき「もう銅が高いので作れません。」とお断りしていたので、その方々がこのブログをみてくださるといいんですが。

今朝、ひとりで鍋をマジマジと見ながら感動していると、桜坂「ごはんや今ここ」の倉重さんがやってきました。c0228646_12475763.jpg
「お~この形がスバラシイ。スバラシイ!底がちょっとだけ平らなのはまたいいね。」と褒めていただきました。倉重さんも銅鍋を愛用なさっています。

倉重さんから先週お預かりしていた義援金ピラウ50個の代金をお渡しししましたよ。➜
被災地の盲学校への寄付は今後、今ここさんのブログでチェックお願いします。
by kitchenparadise | 2011-05-13 12:59 | 道具:キッチン道具全般

親切貯金

子供の頃は「誰にでも親切にしなきゃだめよ。」と言われ、その時はテキトーに「は~い。」と答えておいたけど、今考えてみると、親切には2つの意味合いがあると思う。

まず、人に思いやりをもった行動にでること。席を譲ったり、何かを届けたり、相手の身になって行動したり声をかけたりすること。親切な行動のこと。

もうひとつは、人柄そのものが親切な人のこと。
「親」は、「身近に接する」「親しく接する」という意味があり、「切」は「刃物をじかにあてるように身近に」、「ゆき届く」という意味があるらしい。行動でなく、その方のもってるパーソナリティそのものが誰にでも親切であるということ。


おとといの夜中、「このへんトラベラー」というFBSの番組に私が出演したらしい。「らしい」というのは、ずいぶん前に華丸大吉さんとエドはるみさんがお越しになり収録があったのに、すっかりオンエアーを忘れていたから。あらら・・・。
で、昨日テレビを見て初めて来店された方が、「テレビみてないんですか。私録画してますから送ってあげますよ。」と言ってくださった。そしてメールで、買った商品の感想まで書いてくださり「今日送りますからね。」と連絡をくださった。で、さきほど丁寧に包まれた郵便レター便が届いた。

はじめて会う私に、こんなことをしてくださるなんて。なんて親切な方なの~!

親切にしてもらったら、私の中の親切貯金が上がる気がする。誰かに親切にしたくなったきたー!
親切貯金、親切貯金。
by kitchenparadise | 2011-05-12 18:35 | 私、こう思う

愛という奇妙な花と向かい合うには

最近、恋愛が終わった友人がこんなことを言っていた。
「相手はもう私のことが好きじゃないみたい。もう私も冷めたわ。」と。
すでに相手への恋愛感情は終わったらしい。相手からウソをつかれた、相手が理想と違った、さらに相手は自分のことを好きじゃなくなった。だからピリオド。
「それって、愛じゃなくて単なる「熱」じゃないの?」と言うと、
「そんなことないよ、本当に好きだったんだけどな。」と言う。

ふむ。

結婚を前提に付き合っている彼がいる別の友人は、毎日5、6回メールがこないと安心できないらしいのです。
「私のことが好きなら、すぐにメールくれるはず。おかしい。」続いて、
「もとカノと会ったなんて、ひどくない?」


ふむ。

こういう話を聞くと、私はいつもある詩を読みかえすことにしている。いつも折りたたんでシステム手帳に入れているコレです。c0228646_20342451.jpg

「愛について知りたいのであれば、
恐怖が愛でなく  依存心が愛でなく 
嫉妬が愛でなく
所有し支配することが愛でなく 
責任や義務が愛でなく  自己憐憫が愛でなく
謙遜と虚栄が表裏一体であるように

愛は
憎しみに相当するものではないことがわかるであろう

従って あなたがそういうものを 力ずくでなく
木の葉に何日もの間たまった汚れを
雨が洗い流すようにきれいに取り除けば
その時はじめて
人間が常に渇望してやまない
この愛という奇妙な花と
向かいあうことになるのである」

相手に見返りなんて全く持たなくなるまで、母なる大地が私たちを包むように、周りの人たちのことを愛せるようになればいいな。せめて身近な人を愛せるようになればいいな。
そういう思いから、この紙を開けたり閉めたりしています。なかなかうまくいかない時、自分とはどういう人間なのかを振り返る。今のところ自分にできるのはそれくらい。

それにしても、この紙、きたない・・・。
by kitchenparadise | 2011-05-10 20:39 | 私、こう思う

ENGINE from EDITOR



この雑誌の鈴木正文編集長がちょっと変わってて好きなんですよ。見た目もね。(リンク先へどうぞ)
だからfrom EDITORという編集長の巻頭コラムを毎月楽しみにしているのです。今月のコラムは、3/11から繰り返し流されるACの公共広告CMで、「日本は強い国です。」という台詞についてでした。

まずコラムは、自身の父親の想い出から始まります。
少しだけ抜粋しながら紹介。

「大きくて強い父が酔った時に小さく見える時があった。そんな時父は、学生のころテニスのチャンピオンだったということを自慢した。そして強い選手だった証がここにあるといって、左のそれよりずっと太い右の腕を僕に見せるのだった。」

「父はなにかがうまくいってなかったのだろうか。じぶんが小さく思えて、その想いを振り払いたくて、もっと大きかったころのじぶんの、身体に残された証拠を確かめようとしていたのかと、いまのぼくは思う。もっと小さな人間の僕を証人にしてまで。」

「「日本は強い国です」という台詞を聞いてるうちに、父が子供の僕に差し出した太い右腕が幻影のようによみがえった。(略)日本は、ある種の奢りにむける目をそらしているとも僕にはおもえた。」

「僕たちはいま打ちひしがれた。じぶんがそう信じたかったほど、僕たちは大きくも強くもなかった。「日本」は「強い国」ではなかった、といわざるをえない。それでも、僕たちは強いかもしれない。いや、強いだろう、と思う。それなら、強がらなくてもいいのではないか。」

最後はこう締めくくっています。

「大きいと思っている人間は小さくなるだけだ。いま小さい人間だけが大きくなることができる。」



私もACのCMに違和感を覚えたひとり。
大きな何かに打ちひしがれた時、「ぼくらはもともと強いんだから」と励まされて、「そうだったんだ。」とすくっと立ち上がれるわけない。私が人生で一番苦しい時、一緒に悲しみを分けあって泣いてくれる友人らがいたからこそ、また立ち直れたんではないかと振り返ります。
強い国といきがるのでなく、これまでのことを振り返り、どういう日本にしていくべきか変わっていくべきかを一人一人が考え始めることが今大切ではないのかと思うのです。ただ単に流れてくるCMに「うんうん、強い強い。」と、テレビ任せにしてはいけないのではないかと。

まぁ、あくまでCMですからね。こっちが勝手に解釈するわけで、受け身側の問題なんですが。
にしても、私たちは、強かろうと弱かろうとみんなで支え合っていかなきゃいけない。


今月のENGINEの表紙は、私が愛してやまない作家、島田雅彦さんですよ。
島田先生は震災後まもなく「復興書店」をウエブ上に立ち上げました。作家に自著を提供してもらい、サインやメッセージを書きこんでプレミアにしてこのウエヴ書店に送ってもらう。それを売ったお金を寄付にあてるという試みです。

ちなみにこの雑誌は車雑誌ですのでね。クルマ・バイクのカテゴリーにあります。私はクルマには全く興味ございませんが・・・たまに買ってます。

復興書店 http://fukkoshoten.com/


5/7までのキチパラ10周年感謝祭、ありがとうございました。オリジナルモデルナミジューは限定1000本なので、まだ販売中です。
by kitchenparadise | 2011-05-09 17:23 | 本と言葉

ストウブとル・クルーゼの違いをひとことで

連休中、親しい友人やツイッターのフォロワーさんほか、親戚にまで鍋のことを質問されました。
みんなの質問は

「ストウブとル・クルーゼってどう違うの?」

しかも
「ひとことで言えば?」って聞かれるんですよ・・・。ひとことねェ・・・。

これまでキッチンオタク道に鋳物琺瑯鍋のことは何度も書いてきましたが、どうやら私の話はオタク過ぎてよくわからんと・・・・・(汗)。つまり、どっちがいいのかってことを再三聞かれるわけです。しかもそんな時、私の好きなシャスールは蚊帳の外。やっぱりブランド名かなぁ。シャスールとってもいい鍋なのに。

で、キチパラのストウブ&シャスールフェアも一応明日で終了ですし、今日はスバッと素人さんに分かりやすく一言、いや二言か三言、くらいで答えましょうか。

スバリいいますよ。デザインの好みは別ですのでね!c0228646_14174256.jpg

ル・クルーゼのほうが良い!という理由。

①色がカラフル ②アウトレットなどで安く買える ③つまみが熱くならない ④内側がクリーム(白)なので、料理が映える ⑤ストウブより断然軽い

この5つです。

ストウブのほうが良い!という理由

①素材の水分で調理できるので旨みが十分に引き出せる ②焦げにくい ③保温性が高い ④油なじみがよい *①に関してはル・クルーゼよりもかなり効率的です。c0228646_14183777.jpg

こんなんでどうでしょう。

明日7日までの10周年記念感謝祭のイベントの詳細はこちらをご覧ください。↓
http://www.kitchenparadise.com/10nen.html

限定スイーツ、今日と明日は
みなりんのヴィジタンディーヌ ア・ラ・ノワゼット(180円)
ダムナチュールの苺のシフォン(210円)
田中博子さんのキンカンジャム(840円)とタルトタタンジャム(840円)です。

どれも売り切れ御免となっており、ジャムはもうあと3つしかありません(汗)。c0228646_143363.jpg

また、被災した盲学校への支援のために作られた今ここさんの「ピラウ・チキン」ができあがりました。
御予約の方は今日か明日、できればお早めにお越しくださいね。(予約で終了しています)
タンザニアの子供たちが海辺で遊ぶ姿が貼られています。
by kitchenparadise | 2011-05-06 14:34 | 道具:キッチン道具全般


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

お重と仕切りと本のセット
at 2017-12-14 12:58
2018年福袋について
at 2017-12-12 20:23
はじめてのモリママ先生。お正..
at 2017-12-11 16:45
キッチンペーパーをやめてみる
at 2017-12-08 17:59
桧山タミ先生「受験生の親がで..
at 2017-12-07 13:04

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧