<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

7月25日「韓方茶講座」について

7月8月にキチパラで開催する「韓国フェア」では、ポジャギの展示販売会結城奈佳先生の韓国料理講座を予定していますが、もうひとつ下記の講座を行うことになりました。

2011年7月25日(月)13:00~14:00 参加費800円  募集8名

「韓方茶テイスティング講座」 

 講師:ティーセラピーカフェ 金恵恩さんc0228646_14521262.jpg

「漢方」はよく知られていますが、韓国では、中国の「漢方」、韓国の「韓方」という漢字で区別しています。
韓方茶は自分の体にあった薬草などを見つけて、組み合わて煎じて飲むことにより、リラックス効果、体にたまったストレスから起こる不調和を解消、あるいは病気を未然に防ぐという効果もあるとされています。

韓方薬草を煎じて飲む、薬としてのお茶は、手間もかかり味も飲みにくいため、韓国の韓方医イサンジェ先生がより気軽に飲む韓方茶を開発されました。それが今回ご紹介するティーセラピーの韓方茶です。お湯を注いで3分間蒸すだけでハーブティーのように手軽に飲んでいただけます。

韓方茶で大切なのは、どのお茶が自分に合うかということ。そこで、お茶の販売とカフェをなさっている金さんを講師にお迎えして、お茶の効能を学び、テイスティングをして、どのお茶が自分に合うのかを選ぶ講習を行うことにしました。金さんはよもぎ蒸しのお店も経営なさっていてとてもお忙しく、店外でこのような講習をなさるのはめったにないそうなのです。貴重な講習会になると思います。
とてもとても楽しみです。

では予約受付のご案内です。
ご希望の方は、7月2日(土)10:30~スタート。8名限定とさせていただきます。
必ずお電話でお申し込みください。
キッチンパラダイス 092-534-6311
by kitchenparadise | 2011-06-23 14:53 | キチパラ講座

乙武洋匡さん講演会へ

日曜日、頼んでおいた商品を受け取りに、起きたばかりのとりあえずな格好で天神に行きました。待ち時間にふとツイッターを見てみると、あの五体不満足の著者、乙武洋匡さんが「11時から福岡国際ホールで講演です。」とつぶやているではありませんか。昨年出版された著書「だいじょうぶ3組」の内容にとても共感を覚えたし、ツイッターでも注目していた矢先だったので、こりゃチャンスだ!とばかりに、一か八か方向転換して会場へ向かいました。

イベントは渕上医療専門学校さんが主催している無料の職業フェスタ。並べば誰でも入れるそうで、もう超、超ラッキー!!すぐに並んで最前列で1時間講演を聞くことができたのです。ツイッター効果、おそるべしです。

1時間があっという間。ツイッターや著書から想像していた通りのステキな方で、お話の内容や緩急のつけかたなど、落語家並みのうまさ。慣れというより天性のものですよ。

五体不満足を読んだ時の「障がいに負けずにポジティブに生きている青年。」というイメージは、今回お話を聞いて180%変わりました。「障がい」というと、どうしても可哀想とか、大変そう、なんて勝手に思っちゃいますが、そんな感じが微塵もしない。
36歳の彼は「障がい」があっても、周りに「障がい」を感じさせないのです。むしろ誰より楽しそうで、うらやましいほど自分の役割にやりがいをもって生きている。

こういう彼の言葉からもわかります。

「試練という壁にぶつかった時、2つの道しかありません。
チャレンジし壁を超えるか、
大きな壁を前に立ち尽くし言い訳を探して引き返すか。
僕にはみなさんよりていのいい言い訳があります。これもあれもできないと言うと一生何もしなくて済むほどの言い訳です。
言い訳を探すのが誰よりも簡単だからこそ、言い訳をしないでおこうと、20歳の時に考えたのです。」

「私は女だからこれはできない。お金がないからできない。障がいがなくても言い訳なんて簡単です。本当はできないことより、できることのほうがいっぱいありすぎるくらいなんですよ。」


ほんとにね、私、かなり反省しました。言い訳してます、してます。言い訳得意中の得意だなって思いました。
多忙でも子供会の役員がんばってますしー、娘が居ても自分のお店やってますしー。そんなの恥ずかしいほど大したことでなく、それどころか、そんなちっぽけなことを、実はどこかで自負してたかもしれない自分が恥ずかしくて恥ずかしくて仕方なくなりました。

「言い訳をしない」というのは、自分の人生への挑戦。言い訳が浮かぶ人生から抜けだそ。
心からそう思った、実のある1時間でした。

あ~ちょっと予定狂ったけど、チャンスいただけてよかった。


*韓国茶講座。明日詳細をアップします。
by kitchenparadise | 2011-06-21 13:32 | 私の日常と家族

究極の包丁の研ぎ方を伝授!(6/22更新)

包丁研ぎは、みなさんどうしてますか?切れない包丁で頑張って料理をなさっている方多いですよね。
私ももちろん研石はもってますが、上手にできますかって言われたら自信がなかったんです。

そこで、先日、「三面砥石」を発案した藤田さんに来ていただき、包丁の研ぎ方を習いました。
一般にはあまり知られていないこの「三面砥石」。桧山タミ先生がこの砥石をたいそうお気に入りで知ってはいたのです。今回は偶然にも三溝清美先生が「これいいわよ~。」お店に持ってきてくださったのがきっかけで、お店にきていただき教えていただいたわけです。こういう商品です。
c0228646_13194994.jpg


いやいやいや、ほんと目からウロコ!これならだれでも簡単に、一生困らず、美味しく料理ができると確信しました。やはりいい道具とその適切な使い方を知ることはすごく大事!!包丁とぎはその最たるものですね。
で、一生困らない究極の包丁の研ぎ方を伝授していただく講習会を6月中に一度開くことにしました。わりと近々です。

「三面砥石を習う会」

2011年6月29日(水)15:00~16:30 15名程度まで
c0228646_13292357.jpg

場所は、中央区小笹の三溝清美先生のスタジオをお借りします。三面砥石は7月からキチパラでも取り扱いを開始する予定で、価格は6000円前後を予定してますが、この講習会の参加者には特別価格でお譲りいただけることになってます。機能からいうと、6000円くらいでも決して高くないと思える逸品です。

講習会は無料です。しかも商品を買わなくてはいけないわけではありませんのでご安心を。
先生宅までのアクセスがご不便の方は、14:30にキチパラで私が乗せていきます。15分もかかりません。
場所はお申込みの際にメールかお電話でご説明いたします。

092-534-6311(キッチンパラダイス) staff@kitchenparadise.com
プロの方でもOKです。藤田さんは料理学校にも教えにいっておられますし、改めてもう一度習うと、料理がグーンと変わると思います。

(追記)6/20 am12:00 満席になりました。
「あ、しまった!申し込もうと思ったのに!」という方がおられたら、キッチンパラダイスまでその旨を書いてメールでお送りください。ご希望の方がおおければ、また次回を開催します。
staff@kitchenparadise.com
*****************************************************************

キチパラ店内の講習、

「ダムナチュールの塩麹講座」の日程も決まりました。

ダムナチュールの「塩麹(しおこうじ)教室」

講師:ダムナチュール やすえだえいこ 

(ダムナチュール★体にいいものだけを使ったこだわりのお菓子工房。講師のやすえださんは、タカコ・ナカムラ ホールフードスクールの卒業生です。)

日時:7月4日 (月) 1回目:13:00~13:40 2回目 15:00~15:40

募集人数:各回8名づつ 

1回目は残り1名になりました。(6/21追記)
1回目は満席になりました。(6/22追記)
参加費:1000円 (レシピ・試食・持ち帰り塩麹付き) 

塩麹の作り方と、どんな風に使うかなど、わずか40分ですべて教えてくれるそうです。

こちらもお申し込みはお電話かメールでお願いします。
092-534-6311(キッチンパラダイス) staff@kitchenparadise.com


韓国茶のテイスチティング講座は来週月曜日もちこし・・・。スイマセン!
by kitchenparadise | 2011-06-17 13:19 | キチパラ講座

何かご不明な点がございましたら


今朝、雰囲気のあるイケメン男性がふらりとご来店。スラリとした長身にいかにも鍛えている体に似合うピタリとした黒いTシャツ。(あ、別に好みってわけじゃありません。汗汗)
5分ほどぐるぐると商品を見てまわっておられるので、いつも通り声をかけました。

「何かご不明な点がございましたら、お尋ねくださいね。」

すると、

「じゃあ・・・・<ニヤリ>今日のこれからの天気はどうだろう?」

(ぷぷっ・・。なんだかウイットに富んだというか、小説にでもでてきそうな人だな)

すかさず答えました。
「今日は90%の降水確率だから夕方まで降りますよ。いい質問です。」

「そっか。」
再度ニヤリとしてそういうと、ほどなくして彼は店を出て行きました。

ダンディズムだ。白洲次郎の再来。

黒Tシャツだから「黒洲次郎」。フフフ。
by kitchenparadise | 2011-06-16 19:04 | 私の日常と家族

夏のキチパラワークショップ満載!

この夏はキチパラ主催で開催するワークショップや講習会、パーティなど、ちょっとびっくりするほど満載なのです。今日は駆け足でご紹介。まず、7月1日から8月12日までキチパラで開催する韓国フェアに合わせての二つの講座。

■結城奈佳先生による「はじめての韓国料理」
①2011年7月11日(月)18:00-19:30   ②7月19日(火)11:00-12:30 定員各10名
参加費:1000円 予約は7月1日10:30~電話受付 092-534-6311 

福岡と東京で活躍中の予約が取れない韓国料理教室「我が家の韓国料理教室」主宰の
結城奈佳先生とお迎えして、カンタンで本格的な家庭でできる韓国料理を、デモンストレーション形式で教えていただきます。 (試食あり)結城先生は韓国に留学経験を持ち、韓国の第一人者の先生から伝統的な韓国宮廷料理なども学んでおられます。現在も韓国と福岡、東京を往復しながら活動する結城先生に、料理だけでなく韓国の文化や流行などもお聞きしましょう。

などと堅苦しく紹介しましたが、奈佳先生は20年来の友人。きっと楽しい講習会になると思いますよ。
なかなか先生の教室の予約が取れないという方、まずは7/1の予約にチャレンジしてくださいね!

■ティーセラピーカフェ 金先生による「韓方茶テイスティング講座(仮称)」 
2011年7月日程未定 10名程度  参加費:未定(たぶん数百円ですが)

中国由来の漢方は、韓国で独自に発達発展し、韓国では欠かせない健康ツールになっています。
煎じて飲む漢方茶は気軽に飲めるように開発されたのが韓方茶セラピー。カンピ茶やポウム茶など
様々なお茶を テイスティングして、症状や体質に合うお茶を選びましょう。
スタッフ森さんが大名のカフェへ通って、ようやくOKのお返事をいただいたのが1週間前。こんな講座はめったにないと思います。ぜひぜひご参加ください。日程はまもなくでまーす。

■檜山タミ先生交流会 ~タミ先生に会いたい人、集まれ!~
2011/8/28(日曜日) 18:00~場所:ごはん屋今ここ(福岡市中央区桜坂)
参加費無料 持ってくる物:手作りの一品+飲み物1本
主催は今ここさん+キッチンパラダイスです。
                                    
檜山先生に会いたい! 先生のお話を聞いてみたい!そんなお客様のご要望にお応えして、 料理研究家檜山タミ先生を囲んで、年に一度の交流会を開催しています。 持ち寄り形式の会です。どなたでも ご参加いただける交流会です。檜山塾の生徒さんをはじめお料理好きが70人集まります。
お申し込みは、092-534-6311 キッチンパラダイスまで
****************************************************************

そのほかに、昨日決まったので近々お知らせしますが、6月29日(水)15:00から三溝清美先生のスタジオ兼お宅で、包丁研ぎの講習会を行います。三面砥石という砥石を使い、製造者の方を講師に迎えて教えていただきます。一度聞けば一生役に立つという砥石講習会です。参加費無料で先着順。数日以内に募集開始しますのでブログをチェックしておいてくださいね。

そのほかにも、8月日程未定ですが、キチパラ店内で三溝清美先生のよるデモンストレーション形式の料理教室を企画中。三溝先生にキチパラワークショップに参加していただくのは4年ぶりくらいかしら。何をしていただこうかこれからご相談です。

7月日程未定ですが、大人気ダムナチュールの塩麹教室を企画中。以前一度開催して、キャンセル待ちが多くて2講座も急遽増やすことになりました。お待ちの方が多いようなので、もう一度。


これらの催しは、このブログか、キチパラワークショップのページで随時更新していきます。
キチパラワークショップのページ。
by kitchenparadise | 2011-06-15 11:46 | キチパラ講座

フッソ加工は危険か!?

最近よく聞かれるのです。「フッソ加工(*テフロン加工)のフライパンはやっぱり危ないんですか?」って。

最初に答えを言いますと、フッソ加工に好意的(?)な専門家は「高温になれば危険と言えなくもないが、一概には言えない。」、消費者チームは「危険。使わないべきである。」 メーカーは「基本的な使い方を誤らなければ安全。」です。まぁ、基本的な使い方(説明書)をどれくらいの消費者が読むか疑問ではありますが。

「危険」と聞くと、安全神話大好きな日本人は「じゃあ使わない。」と言うかもしれません。何が危険で何が危険でないかは、原子力がそうだったように、あるいは牛乳や牛肉の取りすぎは危険だと訴える人がでてきたことでもわかるように、長い年月や何かの事件が勃発して分かることもあれば、本人の解釈で決められることもあります。ですから今後変わる可能性も十分あるわけです。

最初に米国の消費者団体が「フッソ加工は危険」だと言い始めたのはもうかなり前です。フッソ加工(テフロン加工)は、260度で劣化が始まり350度を過ぎると気化し有毒ガスがでます。(これはメーカーも認めている)
閉めきった部屋でカナリアが死んだとか、空だきで火をかけっぱなしで就寝した女性が夜中に、のどが痛くなって起きた。空だきした部屋にいた乳幼児が呼吸困難で病院に運ばれたなど、空だきが原因で高温化したフッソ加工が健康に被害を及ぼしたという事例はこの20年ほどだけでも枚挙にいとまがありません。メーカー対環境団体では、ネズミの実験と人体とでは摂取量がどれくらい違うかという話にまで発展しているようですが、いまだにどの国も「危険=禁止」というほどまでは介入してはいないようです。(近々アメリカでは規制ができるという話はちらほら)

煙草の箱に「健康に危険を及ぼす可能性があります。」って書いてますね。あれと同じように、アメリカではすでにほとんどに「260度以上で使用しないように。」と表示されるようになり、ドイツでは「230度以上では使用しないように。」と注意書きが書いてあるようです。その温度の違いもその国の特徴かな。

でも、260度がいつなのか、350度からの煙が危険なんて言ったって、何分くらいで到達するか一般の人はわかりませんね。厚みにもよりますが、350度の危険区域到達は超薄いものなら強火で1分くらい。ある程度の厚みがあっても2分~5分。結構早いのです。新しいガス台やIHには温度の制御機能あるものがほとんどなのであまり心配はいらないのかもしれませんし、閉め切った空間でなければ害は出にくいでしょう。ですから、使い方によって危険性はありますよ、という表現になるわけです。

「条件がそろえば危険」です。

私がフライパン講座の際に、「高温で使う時は鉄のフライパンに任せたらどうでしょう?」といつも強くお勧めするのは、料理の出来栄えや、環境問題の点からもありますが、フッソ加工の危険性からの意見でもあるわけです。

最後に。では私自身はフッソ加工のフライパンを使っているのかと聞かれれば、YESです。
危険を踏まえて、160度以下の時は任せてます。パスタとか、簡単な合えるだけの炒め物とか。お肉やお野菜をこんがり焼く、チャーハンを作る、といった高温が必要な時、時間がかかる料理は鉄のフライパンを使います。分厚い鉄、中華鍋などを使い分けながら。ですから、使用頻度がグーンと低いです。頻度が少ない上、絶対に強火にはしませんし、ガスには制御機能も付いています。ですから相当長持ちします。


さらに今後は鉄のフライパンが見直されると同時に、新しい素材が開発されるでしょう。セラミックコーティングもそのひとつ。(これはこれで問題もありますが。これはまた別の機会に。)
今後もテストしながら、本当のことを書いていきたいと思っています。


*テフロン加工は、デュポン社が作るフッソ樹脂加工の名称です。
by kitchenparadise | 2011-06-13 13:18 | 道具:キッチン道具全般

薬用リップ

今週は偶然にも3人のもとスタッフがキチパラに遊びにきてくれた。

まず7月に出産予定の妊婦R子さん。お土産に薬用リップを片手に。
「田中さんはいつも、この時期に唇が荒れますから。」
そうそう。いつも乾燥しては「R子さん、貸してくれない?」と保湿リップを借りていたのです。覚えていて持ってきてくれたんだなぁ。

昨日は、Aちゃん。「シュークリーム売り切れてたんです。」とプリンを手土産に。
私のシュークリーム好きはみんなが知っている。次にプリンというのもたいてい知られている。嬉しいね。

今日はMちゃん。ミニパンをたくさん持ってきてくれた。Mちゃんは家も比較的近いこともあって、よく寄ってくれては、忙しい私のお昼ご飯を差し入れにもってきてくれる。

贈り物って思いやりそのものだなと思う。想われるってのは何より嬉しいし、私も誰かを想いたいと思うようになる。
お中元とかお歳暮も悪くないかもしれない。でも、1万円の商品券より、薬用リップが嬉しいじゃありませんか。
私を思い出して買ってくれたってことがに、心がホットになるよね~。

「贈る」って、愛。言葉を贈るのも、品物を贈るのも、そこに愛があってこそ。有難いね。
by kitchenparadise | 2011-06-10 13:42 | 私の日常と家族

鉄の厚み考察

「鉄のフライパンは、厚みで用途が違う」というのは、実は知らない人が多い。
例えば有名な山田工業所の中華鍋は、1.2mmと1.6mmがあり、リバーライトというこれまた鉄のフライパンでは有名な会社では、1.6mm、2.3mm、3.2mm、キチパラでよく売れているマトファー社は、2mmや2.5mm、3mm(大きさによって異なるものも)と、これまたどれを買っていいのかとても分かりづらい。
安価なものでは、0.6mmや0.8mm、1mmというものもあるけど、そんなものはもはや厚みが何センチかの記載もない。

「鉄のフライパン持ってます。」では、まーったく使い勝手が違うのです。しかも鉄はIHでも使えるのだけど、薄いと1回で変形してしまったりするからさらに困ってしまう。

今日は10種類以上の鉄を使ってみた感触から、あくまで主観で厚みと料理のでき具合について考えようみようと思います。

■薄切りの野菜やお肉を炒めるなら、1.2mm~1.6mmくらいが適当な気がする。1.2mmの中華鍋は、片手で持つには具合がいい。(キチパラでは1.6mmを中心に売ってるけどその理由はあとで)

■0.8mm~1mmは、温度が上がるのは早いけど、とても焦げやすい。ソーセージを炒めても中が冷たいなんてことも。中火以下で気を付けながら使うほうがいい。

■1.6mmの厚みは炒め物が焦げにくい。保温力がでてくる厚みなので、比較的少なめの油でも家庭用なら揚げ物もうまくいく。(そんなわけで使用範囲が広がるので中華鍋はこの厚みがオススメ)

■お肉を焼くなら2mmは必要。スーパーで売っている薄いサーロインステーキくらいなら全然うまくいく。
中間的なので炒め物と焼き物同時にしたい時に買う人もいる。焼き物としては物足りないかもしれないが、汎用的ともいえる。

■温度変化が激しいIHで使うなら、2mmくらいは必要。早いうちに変形してしまう。1.6mmのフライパンをIHで2か月で変形させてしまった人もいるから。

■2.5mm~あると、抜群に上手に分厚いお肉が焼ける。ジャガイモやレンコンを1cmの厚みに切って両面焼いたりするのも焦がさずに上手に火が通る。この厚みからはフライパンのあおりは女性では厳しいかも。

■3mm以上のものは、かなり重いのでもはや片手で動かしながらというのは女性ではできない。鋳物製品の場合が多い。炒め物というより焼き物や揚げ物だけに使う。


それでは何センチのをそろえればいいんですか、って聞きたくなりますね。
もっと詳しく説明するならば、鋳造、鍛造、打ち出し、など作り方でも違いますし、炭素入りのものも最近は出てきており、それもちょっと違います。
でもまぁ、薄いものと厚手のものは使い分けたほうがいいとは思います。
by kitchenparadise | 2011-06-09 17:39 | 道具:フライパンや鍋

ただいま

3日間の東京出張から帰ってきました。
さっき出勤してきたら、商品の配置換えをしてくれてて、一気に夏っぽくなってました。
c0228646_14373100.jpg

アイザワの新しい楕円のガラス保存瓶とか、エンビロサックスのボトルとかも入荷してました。商品はまた改めてサイトにアップしたいと思います。

東京では、インテリアライフスタイル展、お付き合い先のプライベート展示会、韓国料理の道具屋さんなどを回りました。歩きまわって疲れてたところ、韓国料理道具のお店でゆっくりお茶をいただいてしばし休憩。有難かったァ・・・。

実は、来月7月1日から、超韓国好きのスタッフ森さん企画により、キチパラ韓国フェアを開催することになっているのです。それでご協力いただくお店にご挨拶をしてきたというわけです。韓国の石鍋やお皿・スプーンお箸などに加えて、ポジャギの先生方とのコラボ展示も企画中です。先生方の作品を今日も見せてもらいましたが、ホント素晴らしいですね。森さんが魅せられるはずです。

ボジャギの先生方は複数でご参加いただく予定にしています。少しづつその作品もブログでご紹介していきます。
結城なか先生の店内講座も11日、19日、あたりに予定してます。(はっきりはまだ未定。)
韓国茶のお店からテイスティングを兼ねた韓国茶講座も交渉中。

7月は韓国一色になりそうです。ご期待を!
by kitchenparadise | 2011-06-04 15:18 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

なみじゅうの購入(最新版 2..
at 2017-08-19 08:30
貴重な初版はキチパラで!
at 2017-08-18 08:30
9/16(土)田中博子さんの..
at 2017-08-17 16:15
エッセイ「パンツのゴム」
at 2017-08-16 19:43
8/11(祝)桧山先生NHK..
at 2017-08-10 16:23

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧