<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シャルロット型とキチパラオリジナル銅鍋

昨日、消えていく道具の話をしました。
そのひとつがシャルロット型です。私は7cmの鋼板(スズメッキ)を10年近く前にいくつか購入し使っています。数日前に、お客様から聞かれ、当たり前のようにマトファー社へ在庫を聞くと、もう販売していないというのです。なんとすっかりステンレス製に取って代わっていました。

理由をメーカーに尋ねてみると、取り扱いがステンレスのほうが簡単だからと。
c0228646_2138525.jpg

冷やして使う場合はステンレスも鋼板(スズ)もさほど変わりませんが、焼き菓子、ケーキなどに使うとあきらかに仕上がりが違います。ステンレスより鋼板のほうが熱の伝わりが均一で、スズメッキを施したもののほうが焼き色もキレイで油なじみがよいのです。焼いて使う場合は、ステンレスより鋼板のほうが全く優秀です。


メーカーに問い合わせると、カタログには掲載されていないものの、いくつか在庫がありました。
キッチンパラダイスではお客様のご要望もあり、在庫を引き取って、ご希望の方に40%OFFでご提供することになりました。とはいえ、すべての在庫は10個~20個ほどしかありません。なくなり次第、完全に終了です。シャルロット型購入はこちら

もう1点はキッチンパラダイスのオリジナル銅鍋のことです。
c0228646_21501394.jpg

キッチンパラダイスの銅鍋は2005年と2011年に受注制作したのですが、2011年が最後の予定でした。
理由は簡単で、銅の価格が年々高騰しているからです。今後4万5万、もしかして7,8万になってしまうと鍋としては販売するのが難しいと思ったのです。
なのですが、販売を終了しても お客様からのご要望は相変わらず多く、特注した工房アイザワに再度依頼して、そのつど銅の価格と見合わせながら制作を続けることにいたしました。

お恥ずかしい話ですが、「消えていく道具」の話をしていながら、価格を理由にして制作をあっさり中止にしていたのは自分だったんですよね。それをなんとか続けていくのがキッチンパラダイスの役目でもあるのかもしれないなと思っています。

銅の価格が毎年値上がりしているため、販売価格は変動いたしますが、できるだけお客様に買っていただきやすい金額を守りたいと思っています。また銅板を購入して3個づつ作りますので、今回の在庫でお渡しできない場合は、さらに3か月ほどお待ちいただくことになります。

現在は、2012年3月の仕上がりを予定しており、価格は42000円です。
ご希望の方は、説明をご覧ください。キッチンパラダイスオリジナル銅鍋はこちら
by kitchenparadise | 2012-01-24 21:50 | おしらせ(SALE等)

消えていく道具たち

また日本から「良い道具」が消えていくことになりました。詳しくは明日話しますが。

道具が消えていくのはなぜか。規格が変更するとか、値段が合わないとか、職人が少なくなった、原材料が無くなるとか、まぁいろいろ理由はありますが、同じ共通点は「売れない」からです。以前は売れていたのに売れない。これが一番の理由です。

「売れない」の原因のいくつかのうち三つをあげましょう。

①流行りが終わった。ルクエのスチーマーもあんなに流行ったのに陰りが見えてきました。(私は実は、もう少し早めに終わると思っていましたが。)競合品がでてくるとだんだん売れなくなり、全体的なニーズが落ちてきます。


②もうひとつは、使い方がちょっとやっかい。木のまな板、ざる。銅の鍋、鉄のフライパン、おひつ。かびる、さびある、重いなどでしょうか。

③そして、値段が高い。実はこれは単に「高い」からではないのです。価格に納得しない。つまり価格相当の価値を知らない、あるいは価値に納得しない場合です。
*****************************************************************

①はまあいいとしましょう。量産で作っている会社はいつか人気が無くなることはわかっています。そういう商品が耐久性が良くなかったり、本当は究極には美味しくなかったり、よく考えてみるとそんなに必要ではないことがほとんどだと思っています。

②はちょっと残念ですよね。木の良さは、単に温かみがあるだけでなく、キチンとした理由があります。銅も鉄もしかり。取り扱い方さえ知れば、こんなに理にかなった道具はないのですが。やっかいだけども、これは外せないと言う道具もあるはずなのです。

③②の理由とかぶりますが、職人さんが一つ一つ丁寧に作ったものは、それに相当する価格をはらってあげなくてはいけません。高いなりに優れた価値が必ずあるのですが、それが分からない場合が多い。

*****************************************************************

消えてしまった道具をまた後から復活させるのはとても難しいのです。
メーカーさんや製造会社の中には、売れなくても存在させておこうという方もおられますが、なんといってもこのようなご時世なので、大抵の場合諦められます。どんなに理にかなった道具、100年も200年も愛された道具でも、(いや1000年もといってもいいかも)今の時代は「売れるか売れないか」でその存在が危うくなることが多いのです。

明日はそんな商品を取り上げたいと思います。
by kitchenparadise | 2012-01-23 18:49 | キッチン道具について

2月26日は西部ガスで桧山塾!

告知していた2月末の講習会とはこれです。
c0228646_1294849.gif

西部ガスの高宮ショールームの2Fで、檜山タミ先生の講義とデモンストレーションをすることになりました。
私が進行役を務めさせていただきます。
西部ガスクッキングクラブの講座に2010.10~2012.3の間に講座にお申込みをされた方が対象だそうです。24日にDMが発送され、29日に一斉申し込みが開始です。抽選ではありませんのでお早めに。すぐに満席になること間違いなしです。

檜山タミ先生と言えば、料理界の重鎮のなかの重鎮。私も弟子のひとりですが、その講義のおもしろさたるや、単なる料理教室の域ではありません。食の文化、成りたち、それに繋がる歴史や背景まで本当によくご存知で、10年習ってもまだまだお聞きしていないことのほうが何十倍も何百倍もあります。
先生に習い、今の自分に何が大切か、家族やまわりに何をしてあげられるのか、そして大げさに聞こえるかもしれませんが、生きる意味まで考えるようになったと思います。

昨年、先生がどうしても行ってみたいとおっしゃったので、大型スーパーにお連れしました。
檜山先生は、添加物のたくさん入ったソースがたくさん並んでいるのを見て首をかしげておられました。
「文さん、もっと美味しくて、安くて、安全で、簡単に作れるのに、どうしてみなさん買われるのかしら?」

その先生疑問が、この講習に繋がりました。
先生は現在86才。まだまだお元気で海外にも出かけておられます。その元気の源はなんでしょうかとお尋ねすると、
「料理の先生は病気したらいかんと。」とおっしゃいます。

料理を教えること=身体に良いことを教える。という信念です。

私も初めてのことで、とてもわくわくしています。 
by kitchenparadise | 2012-01-21 13:03 | おしらせ(SALE等)

お嬢と作家と芥川

前回の芥川賞では、「苦役列車」の西村寛太さんの経歴が話題を呼びましたが、今回の「もらっといてやる」とうそぶいた田中慎弥さん(39)は、前回に負けず劣らず話題をさらってて面白いですね。

以下、記者会見のひとこま。
「確か、シャーリー・マクレーンが何度もアカデミー賞にノミネートされた末にようやく取ったとき、『私がもらって当然だと思う』と言ってたらしいが、だいたいそういう感じです。」
「4回も落とされたので、断るのが礼儀といえば礼儀。でも私は礼儀を知らないので、もらうことにしました。気の小さい選考委員、都知事が倒れて都政が混乱してはいけないので。都知事閣下と都民各位のために・・・もらっといてやる。   もう、とっとと終わりましょうよ。」

彼の顔を見たら演技ではないでしょう。演技でこれだけ本の予約が入るなら、ホリプロにでも推薦したいくらい。偏屈というより、なんらかの理由でコミュニケーションが苦手なために、逆にあのような発言をしてしまっただけのこと。他の1:1のインタビューでは結構まともに答えてましたから。気分によって多面性があるんでしょう。

記者たちのインタヴューの内容のほうがつまらないとおもいましたけど。しっかし、you tubeで何度見ても面白い。なんて個性的で、他に迎合しない、作家らしい作家なんだろうと。私は個人的に会いたいくらいです。

ニュースでは、「20年間働いたことがない」ということを、いかにも変人みたいに取り上げられてましたけど、ちゃんと小説書いてるじゃないですか。(参考までに:新潮新人賞(2005年)川端康成文学賞(2008年)三島由紀夫賞(2008年))
みんなそれぞれにいろんな事情があってお勤めできない場合、お勤めに向いてない場合もあるのですし、そもそも作家という職業は人と違ってこそ書けるというもの。石原慎太郎だって太宰治だって、発言といい行動といいかなり変わってます。


そんなことをお嬢(12)に話していると、作家志望の彼女はバッサリ。
「私は読まないよ。買わないし。賞をもらったことに感謝できなくて、人にいい影響を与える小説がかけるとは思えん。第一、なんのために書くかを考えたら、読んでくれる誰かのためやろ。自分のためだけじゃないやろ。性格が悪い作家は、作家と認めん!」と、鼻息がやたら荒い・・・。

「それにさ、芥川龍之介って自殺でしょ。なんで自殺の人の賞なんてあるわけ?美しい話にしようとしてない?太宰治だって、女の人何人も巻きこんで自殺したのに、あんなの英雄みたいにちやほやされてさ。だいたいさ・・・。」
車の後部座席でもっともらしい「正しい作家論」をのたまい、正義感を振りかざしておられ、笑っちゃいましたよ。笑)
うちのお嬢も、小学生にしてはちょっと変わってるから、作家志望としてその点では見込みあるかもしれませんね。
by kitchenparadise | 2012-01-20 16:10 | 家族

玉子焼き講座と砥石講座

1月17日は藤田さんによる「究極の砥石講座」と、私の銅の玉子焼器講座が2講座、計3講座ありました。

年末に玉子焼器講座の写真を撮るのを忘れてました。こんな感じでやってます。狭い店内の棚移動が大変です。もう少し広い、新店舗物件を探さなきゃと改めて思っております。
c0228646_12451561.jpg

今回は年末のように「伊達巻き」の講習をしないかわりに、マヨネーズ玉子焼のデモと、添える大根おろしの食べ比べをしていただきました。ステンレスおろしと、竹の鬼おろし、竹の粗目おろし3つで、大根をおろしてどう違うかをお試しいただいたのです。みなさん食べた瞬間、ちょっとびっくりした顔をされるのが非常に面白い!
銅の玉子焼は変色しやすいので敬遠されがちですが、美味しさを一度知ると、どうしても持ちたいと思われるよです。そこで、どの程度の変色は大丈夫なのか、どうすれば汚れにくいのか、上手に出汁巻きが巻けるのか、どうやって保管すると緑青がでないのか、そのあたりを重点的にご説明することにしています。
道具を知ってから使う。→この道具でしか作れない満足感を味わう。→この美味しさと使い方を次世代に引き継ぐ。
知らないだけで、食べないのはなんとももったいないですから。

IHの方は使えませんよね。卓上ガスでも2分とかからずできますよ。そのうち、IHで使える銅の玉子焼器ができないかしら。オールメタルでもちょっと厳しいかなぁ・・・。


またこの講習しますからねー。いつか習ってみたいなという方は、曜日や時間帯の希望をお店にお知らせくださいね。
staff★kitchenparadise.com

昨日は、三面砥石の藤田さんの講習もありました。一度に8人はこれまでもあるのですが、うち男性が4人もおられ、テーブルが狭くなってしまい、急遽新しいテーブルをだしました。
包丁研ぎはホントに奥が深い。面白いです。刃物が世の中から無くなることはありませんから、その研ぎ方は知っておくと、生涯便利ですよね。
c0228646_12594737.jpg


次回の砥石講座の日程は決まっています。3月17日11:00~12:30です。限定7名です。

来月以降のワークショップは、森光桂子先生の「セイロを使ったおこわ講座」、ダムナチュール安枝さんの「塩麹講座」、私田中の「鍋学(鍋とフライパンを美味しく無駄なく揃える方法)」といった講座を予定しています。随時ご案内しますのでお待ちくださいね。
私のお店の外での講習もあります。福岡女学園サテライトでの「道具の流儀」。これは事務局へお申し込みを。定員は割と多いようですが、先着順だそうです。
それと、2月26日の西部ガスクッキングクラブ特別講座にも行きます。会員さん限定だそうです。そのおしらせが会員さんに西部ガスさんから届くのが下旬だそうです。すごーい方とご一緒していますので、たぶんすぐに申し込みは締切になるでしょう。あれ、抽選だっけかな?
内容を詳しく発表できるようになればこのブログで!
by kitchenparadise | 2012-01-18 13:08 | キチパラ講座

福岡女学院天神サテライトで1日講座

キッチンツールアドバイザーによる「道具の流儀。」
というタイトルで、福岡女学院天神サテライトで1日講習をすることになりました。
c0228646_15344857.gif

2012年2月25日(土)10:30~12:00 参加費:2000円

場所は天神の新天町に近い協和ビル9Fにある、福岡女学院のサテライトスクール。
こちらでは韓国の食文化や宮廷料理がご専門の西田圭子先生、プロトコール講師の原田陽子先生が定期的に講習をなさっています。福岡女学院の生徒や卒業生だけでなく、どなたでも受講できるようになっており、生徒さんの年代にも幅があるそうです。

最近の私の講習は45分~1時間くらいの講習時間が多かったので、1時間半のお時間をいただけるとなると、台所道具に関する一通りの知識がお話できるのではないかと思います。

私がお話する内容は、

①包丁の選び方、まな板の選び方と木のまな板の取り扱い。
②フライパンの選び方、フッソ加工を上手に使うコツ。
②鉄のフライパンや中華鍋のさびない、くっつかない、上手に料理する方法。
④よい鍋と悪い鍋の見分け方。鍋の正しい揃え方について。
⑤保存容器の真実。道具としてのプラスチックと琺瑯の違い。
⑥おひつ、ざる、木のセイロの本来の取り扱い方。
⑦買わなくていいキッチンツール。
⑧フードプロセッサーとハンドミキサーはどちらが便利か?
⑨圧力鍋は必要か?
⑨毎日をゆたかにする道具とは。

このような感じです。時間があれば、究極の道具「銅製品」のことにも触れたいと思っています。

私は、祖母から母に、母から娘に、大切なものを伝えていくことを念頭において講座を行っています。ですので、いわゆる「便利グッズ」や「時短アイデア」のキッチンツールを期待されている方にはご満足いただけないかもしれません。ご了承ください。

本当のことを学んて豊かな食生活を送りたい、次世代に大切なものを伝えていきたいという方、また本来必要な道具を見直したいという方には楽しんでいただけると思っています。

私自身まだまだ勉強中でして、まだまだ発展途上ではありますが、折々にこのように私の思いを紹介させていただける機会に恵まれるということは、本当にありがたいと思っています。

さて、すでに申し込みが始まっているようです。
福岡女学院 天神サテライト 福岡市中央区天神2-8-38 協和ビル9F
TEL 092-715-2718 http://www.fukujo.ac.jp/tenjin/

講座内容以外にもご質問などがあればお受けしますのでぜひお楽しみに。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています!
by kitchenparadise | 2012-01-13 17:57 | おしらせ(SALE等)

今年の営業は今日からです

キチパラは今日から営業です。
あらためて明けましておめでとうございます。今年もみんなでがんばります。
去年の反省点も踏まえて、よりよいお店になるべく着実に階段を上りたいと思います。

そうそう、明日からキチパラスタッフが一人増えます。キチパラのながーいご常連のお客様がキチパラのスタッフとして加わってくれることになりました。今月中は道具の研修、来月からはレジや仕入れなど仕事全般の研修をします。お店で見かけたら声をかけてくださいね。
イサヤマさんです。たぶん研修の名札を付けてます。といってもすでに道具のことかなり詳しいと思いますが・・・。

さて、今月は、1月10日(火)に福袋の販売があります。10:30から販売で1個5250円です。
限定30個、すべて違うものが入っています。ラッキーな方は、シャスールの鋳物琺瑯鍋が(2台)、インペリアルのイタリア製パスタマシーン、ビクトリノックスの製菓・パン用ナイフ、キチパラのオリジナルナイフなどなどが入っています。はずれはなく、すべて10000円以上の商品が入っています。
インターネットでのご予約30個はすでに1分で(!!!)完売して抽選になってしまいまして、店頭販売の分は30個となっています。昨年より数が少ないので心配です・・・。
整理券は10時からお配りします。整理券を受け取られたら、10:30以降にまたお店にお戻りください。
整理券番号順に好きな福袋を選んでいただけます。もちろん中身は見られません。

10日は朝9:30からお店の前に、私の行きつけのカフェ「Amis」がコーヒーを特別価格で出してくれます。
通りがかりの方も買えますよー。お楽しみに。


17日はキチパラワークショップがあります。
12:00と18:00は「銅の玉子焼講座」です。年末に開催したのですがすぐに満席になってしまい何人ものお客様にお断りしてしまいました。この日に玉子焼器を予約購入される方には1000円ほどお安い特別価格で承っております。すでに玉子焼きをお持ちの方もお気軽に。参加費は300円です。

14:00からは「究極の砥石講座」です。これは1時間半ほど行います。講師はいつもの通り、三面砥石の藤田さんです。すでに満席近くになっており、あと1席しかありません。お早めに。
ワークショップについては詳しくはこちらを。


さて、今年の福袋は、それぞれかなりテイストが異なります。
お弁当に使えるような南部鉄の揚げ物用小鍋が入っているものもあれば、オクソのポップコンテナとパエリアパンのセット、プジョーのソルトミルやペッパーミルとシリコンスプーン、秋田の曲げわっぱ(これが私は一番欲しい!)とフロッシュセットなども用意しましたよー。
なにしろ、キチパラの福袋は中に入っている金額は10542円~20000円以上までいろいろ。いわば「クジ」みたいになってます。


では、福袋を買いに来られる方々、寒くなりそうですからあったかな服装でお見えくださいね。
by kitchenparadise | 2012-01-06 18:09 | お店でのできごと

過程を生きる

あけましておめでとうございます。私は4日から出勤、お店は6日から営業開始。そして福袋販売は10日、17日はキチパラワークショップとして砥石講座と銅の玉子焼器の使い方講座と続く予定です。

改めまして。私の拙い文章を読んでくださってる皆様には、本当に申し訳ないやら、有難いやらです。この日記はお店のオープンした年なので、もうかれこれ10年以上書いております。これだけ続ければ少しマシなことを書いてもよさそうですが、もともとの能力不足で、これで精いっぱいです。呆れる言い回し、言葉足らず、そして誤字脱字など、今年も頻繁にあるでしょうが、そんな人だと笑って引き続き読んでくださいませ。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は大震災によって、国全体が大きな悲しみに打ちひしがれました。大切な人を失った方々の苦しみ、不条理にも故郷を離れなければいけなかった方々の悲しみ、会社や仕事を失った方のお気持ちたるや、如何ばかりかと思います。そんな中でも、食べて、寝て、働いて生きていかなくてはいけないのです。

どんな苦しい目にあっても、私たちは生きている。生きている限り、私たちがどう変化するかは誰も分からない。日本がさらに困難に陥るのか、それとも戦後のようにまたはいあがり、30年後の廃炉に歓喜するのか。
大切な人を失い、また大切と思える人と出会うのか。
生きがいを失い、そしてまたいつの日かまた新たな生きがいを見つけて1歩を踏み出すのか。
死ぬまで私たちは生き続けますから、これからどうなるのか、結果は誰にも分からないのです。
(死んでもなお生き続けると私は思っているのですが)

そう考えると、今の結果が結果ではない。そう思えます。
私たちも、日本も、地球も、結果に至るまでの過程を生きているのです。
99.99999%の過程を希望とともに生きるか、絶望と生きるか、私たちそれぞれが決めるわけです。

私にも以前「もう人生なんてイヤだ!」と思う出来事がありました。立ち直ったのかそうでないのかわかりませんが、あの時の自分ではありません。立ち直り、新しい自分になる過程を日々生きています。
40代の私にはちょっと早いのですが、人生を閉じる瞬間まで、私の結果はおあずけ、そう思っています。


2012年、キチパラは11周年を迎えます。私の年齢といい、お店の年数といい、「駆け出し」と言い訳するには申し訳ない年数が経ってしまいました。もっと確実に、その過程を意識しながら、前進したいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

田中文 2012.1.4
by kitchenparadise | 2012-01-04 19:07 | 私、こう思う


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
キチパラのなりたち
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

三徳包丁と牛刀の違い
at 2017-03-29 13:28
炊飯ジャーは土鍋を追う?
at 2017-03-28 15:26
生活のたのしみ展に行ってきた
at 2017-03-27 15:58
マニアマニエラの取材
at 2017-03-25 08:00
おろしはおろしでも、おろし違い
at 2017-03-24 07:30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧