<   2013年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

怒らない母

うちのお嬢が期末テストの結果を持って帰るたびに、ため息。
「ほらね、がんばらないからこんな結果になるのよー。」

他の家庭は知らないけど、テストというのはたいていは残念なことが多く、予想以上に点数が良い場合はない。(と思う。)
仮に割とよかった場合でも、数問は簡単なミスがあり、
「ミスが無かったらもっとよかったにぃ・・・。」と、褒める前に余計なことをいってしまう。


先日、お嬢のテスト結果を見て「これはちょっとばかり叱っておこう。」と思い、
「ちょっと私の前に座んなさい!」と座らせた瞬間、昔のことがよみがえってきた。

私、成績が悪くて叱られたことがない。うん、そう。無い。ないない。
勉強しなさいとは言われた。宿題したの?とも言われた。
でも、終わってしまった成績表を見て、叱られたという経験は全く記憶にない。
点数見て、「あちゃ・・・。これはマズイ。」と次回に向けて自らすぐ机につくというパフォーマンスをすることはあったけれども。
「こんな順位でどうするの?」とか、
「あなたが勉強しないからこんなことになるのよ!」とか怒られた記憶は全くない。
高校入試で公立落ちて泣いてる時も、母は意外と平気そうだった。父は「落ちたの?あなたが落ちるなんてめずらしいこともあるもんだね。」と我関せずな感じだった気がする。
父に関して言えば、つい数カ月前、「そういえば、文はどうして公立高校落ちただろうね?」と今頃言う。


お嬢を目の前に座らせて、自分が言われてないことを言うのもおかしいと思い、方向性を変えることにした。
母は私になんて言ったんだっけ・・・・?
わかった!

「終わったことはしかたないでしょ。反省しなさい。」

お嬢は「はい。」と小さな声で返事をして、自室に引っ込んでいきました。

家庭によっていろいろあるんでしょうけど、母がしたように私もしていくんだろうなぁ。そして私がしたようにお嬢も娘にしていくのかなぁと思いながら、自室で勉強しているお嬢にお茶を持って行きました。

だいたい点数が悪いんだから親から言われる前に反省してますよね。自分がいちばん思いあたるんだから。
by kitchenparadise | 2013-02-27 15:33 | 私、こう思う

紳士の爪楊枝論

世の中に「つまようじ」は絶対に必要。あれって外国はどうしてるんだろう。欧米ではみないですよね。中年ともなると歯と歯の間に隙間ができるしなぁ。

ところで、先日ランチに出かけた。
合席した斜め前の男性は私と同年代。髪形が韓流スターみたいでかっこいい。散髪屋じゃなく流行りの美容室な感じ。それにスーツも高級そう。おしゃれでバシッと決まっている。
「近くの大手広告代理店の人かな。」
そんなことを考えながら食事をしていたら、その男性が、爪楊枝に手を伸ばし、歯間掃除を開始しました。
それはいいんです。それは。
時折つまようじを差し棒のように同僚に仕事の話をしながら、シーシーを言わせた後、テーブルに置き、新しいもう一本のつまようじを口にくわえたままお店を後にしたのです。


かっこいい男性だからちょっと残念とか、シーシーと音はならさないでほしいとか、使用済み爪楊枝をテーブルにおくのはどうよとか、そんなことを一般的にほかの女性がどう思うかはここではおいておいて。
私自身の紳士的爪楊枝論としては、「つまようじを加えて外に出ていいのは、ドカベンのイワキだけ!」
(ちなみにあれは爪楊枝でなく葉っぱですが......。)

毎日ランチタイムで目にするつまようじ男子達を「ステキ!」と評する女性は誰もいないと思うのです。
OL時代に憧れていた課長代理さんと昼食に行った時、彼もつまようじ男子で、がっかりしたのを20年経っても覚えているのですから。

スタッフに聞いても、友人に聞いても、お嬢に聞いても、やっぱりつまようじ男子はキライと言います。
いったい誰がどこでOKを出しているのでしょうか。笑)

食事の後で、女性がテーブルで鏡を覗き込んで平然と化粧直しをするとか、信号待ちでとなりの車をのぞくとお姉ちゃんがマスカラと格闘しているとか、おそらく男性がちいさなため息を漏らす程度のことと同じなんだと思います。わざわざ誰も「やめたほうがいいよ。」と、いうほどでもない。だから誰も止めない。

紳士は、つまようじは手かハンカチで隠して。しかも口にくわえたまま立ち上がらない!
フェイスブックじゃないけど、女子に「いいね!」してほしい。じゃない?じゃない?
by kitchenparadise | 2013-02-25 15:54 | 私、こう思う

密着取材受けてます

福岡の某番組で、ひとりの人に焦点をあて、その人の日常と人となりを取材して紹介するといういコーナーがあるそうでして、それに出ることになりました。
3日間に渡っての取材を受け、無事終了。放送予定日は3/14(木)。番組名とかは許可がでたらいづれまたブログで。


いつも会議室代わりに使わせてもらっているAmisでロングインタヴュー。

c0228646_17555131.jpg


なんとちょっとだけ自宅キッチンも・・・(汗)。本当は自宅はNGだったのですが、流れからすると、撮ったほうがいいかなぁということになり、ちょっとだけ。慌ててかたづけて撮影。
早朝に取材にこられ、私がお弁当を作るシーンを撮っていかれました。
これは、フライパンの実験をしている風景。↓
c0228646_18372422.jpg


そのほか、檜山先生にもインタビューに協力していただき、私の趣味もでるかも!アワワ・・・。


恥ずかしいものですねー、取材受けるって。
by kitchenparadise | 2013-02-21 18:40 | 私の日常と家族

楽しい!土曜の道具学月間中!

先週から始まった道具学講習。参加した友人が写真を撮ってくれました!
なんか我ながら楽しそう。ホント楽しいです。
c0228646_11531254.jpg


3/23(土)までほぼ毎週土曜の11時から40分間、蒸籠と鉄のフライパンの講座を企画しました。
参加したお客様の多くが、蒸籠を購入してくださったようです。良さが分かっていただけてウレシイ!
一度買うと、止められませんよね。
蒸し野菜、身体にいいですし、心も温まります。美味しい野菜、美味しい塩で、ぜひ。

この日は、テレビの取材も入りまして、お客様には講習後のインタビューにも協力していただきました。ありがとうございました。

この取材はTNCテレビ西日本さんの番組の企画で、数日間にわたって私の日常を追いかけて撮るそうです。
明日は自宅に早朝に取材に来られます。NGが多くて申し訳ない!OKなのは、キッチンの一部のみ、と私の愛用の道具、それと毎朝3個作っているお弁当だけ。7時にはお嬢が出かけるので、毎日1時間前に起きてます。明日はさすがにスッピンじじゃまずいかな。10分早めにおきよーっと。
by kitchenparadise | 2013-02-18 12:22 | キチパラ講座

2/16(土)は、楽しい!土曜の道具学講座

ブログでご案内した道具学講座の第一回目を、明後日2/16土曜日、11時から行います。


昨日も今日も、私がご紹介している中華鍋をお買い求めに遠方から何組ものお客様がご来店されました。
山口県、北九州、佐賀県・・・。本当にありがたいです!
昨日はお嬢が病欠でして、お店に不在ですいません・・・。

今度の土曜日は、鉄のフライパンの極意、木の蒸籠の活用法を、「道具」の観点からお話したいと思います。
40分、最短です!

当日突然来られても結構ですし、何人でもお店に入るだけ立ち見で聞いていただけるのですが、「必ず参加しまーす」と表明いただけましたら、座ってお聞きいただけるようお席を用意します。ご希望の方は、できればご予約をお願いします。092-534-6311(キッチンパラダイスまで)



私はレンジでご飯をチンしないんです。蒸籠で温めてます。冷凍ごはんも蒸籠で。
蒸籠で温めなおしたご飯は、レンジご飯と違って美味しいし、冷えても問題なく美味しく食べられます。
それに後からまたリサイクルして使えます。

野菜も蒸し野菜のほうが身体を冷やさないし、レンジに比べて水っぽくならず、冷めてもこれまた美味しい。

問題は、めんどくさいってだけです。なので、その「面倒臭さ」より「美味しさ」が勝るように、いかに美味しくしあがるか、蒸籠の使い方のポイント、特にかびずに壊さずに使える方法をご案内しようと思っています。

鉄も同じです。
今日は、百貨店で中華鍋を買ったばかりの方が、キチパラに買い直しにこられました。
理由はカンタンで、「薄くて焦げやすいから。」だそうです。

鉄は厚みで使い勝手が違います。ミリ単位で、何の料理に向いてるかが全く違うのです。
使い始めの油ならしの方法、素材がくっつかないにはどうしたらいいか、どの厚みを選んだらいいかを中心にお話します。
by kitchenparadise | 2013-02-14 13:38 | キチパラ講座

「小鳥来る日」平松洋子著

c0228646_16412044.jpgここ数カ月の帰宅後、料理を作ることとギターを弾くことしかやっておらず(たまにお嬢の宿題を見たり、たまに洗濯したり、って当たり前ですが)毎週2冊か3冊の読書ペースがすっかり緩んでしまっており、たまにはゆるりと本と向き合ったほうがいいのではないかと思って(というか欲して)、東京出張の際に代官山の蔦谷書店に行ってきました。飛行機までの時間、たっぷり2時間半!
5冊購入した本のうち、そのままツタヤのスタバで読了してしまったのが、「小鳥来る日」(平松洋子著)。
食の分野を専門にエッセイを書いている平松洋子さんの本です。

私がぼんやり思っていたことを絶妙な表現で文字にしてくれることも多く、なんとも嬉しい!ニンマリしちゃいます。
平松さんの表現がホントに好きなんです。
例えばこの「小鳥来る日」にでてくるフライパンの再生の話。

古くなった鉄のフライパンをもう捨てたいという友人に、平松さんが飲みながら、どうやって古い鉄を焼きなおして再生するかをこんこんと話します。が、結局はその友人のフライパンをあずかって平松さんが再生してあげることになったと。私もよくあります。最後は「じゃあもう持ってきていいからっ!」と。

そう。さびたりするとついつい捨ててしまいたくなる鉄のフライパンですが、鉄っていくらでも再出発ができるのです。
平松さんの本を読んで、先週急遽決めた「土曜の道具学講座」。
実は1月のスタッフ会議で「道具講座を毎週しよう!」と意気込んでいたのに、なみじゅうの忙しさにすっかりかまけていたことを反省。さっそくHPにアップし、16日(土)から開催することにしました。

鉄の使い方と再生を知っておけば、一生重宝するんですよ。
定期的に本に触れ、刺激を受けなきゃいけないなぁ。夜のギターをしばしお休みして、残りの4冊の読書にいそしみます。また新しいアイデアが浮かんでくるかもしれないし。


「小鳥来る日」。この本、毎日新聞の連載だったそうです。
詳しくはこちらを。本当は普通の本屋さんでぱらぱらと立ち読みした後で買ってほしいけどな。
by kitchenparadise | 2013-02-13 16:54 | 本と言葉

楽しい!土曜の道具学講座

土曜限定の道具学講座始めます!

楽しい!土曜の道具学講座
2013年2月~3月の土曜日 c0228646_15482695.jpg

開催予定日程:
2月16日(土)、2月23日(土)
3月2日(土)、3月16日(土)
3月23日(土)

時間:毎回11;00~11;40

「蒸籠と鉄のフライパン」c0228646_1544286.jpg
参加費:無料 
場所:キッチンパラダイス店内
講師:田中文(またはキチパラスタッフ)
時間:40分


どなたでもその場でご参加いただけますが、腰かけてご覧いただくにはあらかじめご予約が必要です。
ご予約はキチパラまでお電話を。092-534-6311


昨年から蒸籠と鉄のフライパン、中華鍋を買って挑戦してみようというお客様がたいへん多く、毎回使い方やコツを店頭でスタッフが説明しています。そこで毎回いただく下記のうようなご質問を、実演を兼ねて毎週ご紹介していこうということになりました。

■木のセイロのギモン

セイロの使い始めは?
どんな料理ができる?
カビさせず使える?
蒸し布はどうやって使う?
洗い方は?
レンジの代わりにご飯を温められる?
収納はどうやって?
そもそもレンジとどう違う?ステンレスの蒸籠と違う?

■鉄のフライパンのギモン

鉄の油ならしは難しい?
鉄のフライパンってひっつきませんか?
分厚いのと薄いのと違うんですか?
さびないようにするのは?
お肉とかくっつきやすいですよね?
どんな料理に向いてますか?
どうやって洗うんですか?
食洗機にも大丈夫?
安いのと高いのってどう違う?
焦げちゃって、もう使いたくないほど汚れてますが?


セイロを10年以上大事に使う方法、鉄を一生使いこなす方法を40分にまとめてお話したいと思います。
台所の道具は、ちょっとした知識で長く使えてとても節約になり、家族に美味しいご飯を食べてもらえます。
ぜひご参加下さい。お待ちしていますね!

by kitchenparadise | 2013-02-08 17:07 | キチパラ講座

ソワニエに三溝清美先生

まず、ご予約殺到中のなみじゅうの報告。現在は3カ月待ちとなっています。ネットでも店頭でも電話(代引き)でもご注文できますが、お届け、受取は4月末となってますのでご了承ください。

さて、雑誌「ソワニエ」をご存じでしょうか。福岡のグルメバイブル。取材力があって情報が確かなので、隔月でよく買っています。面白いです。編集長は有名人の弓削聞平さん。
c0228646_14333539.jpg


今月の特集は面白くって。
「食通たちの美味日記」と題して、福岡のタレントの山口玲香ちゃんの6日間のデザート日記とか、ビユーティライフスタイリストの中野ちさと社長のランチ日記とか、ビストロミツ訪れたお客様のゲスト日記なんていうのもありましたよ。面白い企画。
そんな中、興味深かったのが
三溝清美先生の
「料理研究家のおうちの晩ごはん日記」
c0228646_14594571.jpg


先生のところのご家族、いいですねー。毎日こんなに美味しそうなご飯。
テール鍋やハンバーグのオーブン焼き、鶏肉のコンティみたいなのもあり、胡麻和えとかおひたしとかもあり。
プテチゲとかも冬だからいいですよね~。

料理研究家の先生でなく、家族に美味しいご飯を作って食べさせたい、という母として妻としての思いが1週間の料理に詰まっていて、さすが先生らしいなぁと思いながら読みました。
料理って「思い」そのものですよね。

料理は手抜きできても、家族への思いは手抜きなんてできないです。
ココロの手抜きじゃなく時間は短くてできる料理を考えるのも、忙しい母の腕の見せところでもあるんだよなぁと、、、改めうのでした。
家族が喜ぶ、身体が喜ぶ料理をで毎日作りたいなあ。先生、ありがとう。

弓削編集長、さすがですね。楽しい企画モノに感謝。

「ソワニエ」はアマゾンでも買えます。福岡在住でなくとも、福岡へ出張が多い方などは是非一冊。
奇数月20日発売です。
by kitchenparadise | 2013-02-04 15:16 | 本と言葉


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

どうしても銅で卵焼き
at 2017-10-23 14:00
ラッセウホブスの電動ミル新発売
at 2017-10-20 14:58
11月のラボ講座は桧山タミ先生
at 2017-10-19 15:32
鉄のフライパン マトファーフェア
at 2017-10-17 15:53
鉄のフライパンはこう選ぶ
at 2017-10-16 07:30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧