<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お弁当というたすき

先日、「お弁当の時間」の著者、カメラマンの阿部了さんにお会いする機会がありました。

お弁当の時間とは、ANAの機内誌「翼の王国」で連載されていて人気の、写真とエッセイのページです。
現在は本も発売され、阿部さんの個展も全国で行われています。
阿部さんがお弁当のそのお弁当を作った方の写真を、その背景をライターの奥様がお書きになっています。
アマゾンで紹介されている写真の1枚↓


阿部さん、とても素朴でチャーミングな方で、こんな方だから被写体のみなさんも心を許してしまうんだなぁ。。事前に彼が「撮影に行きますね」と予告すると、いつもより上等に作ってしまうこともあるらしく、時にはお弁当がお重になったりも。笑)そんな時は、いつものお弁当にも改めて作り直してもらったりもしたらしいです。

4人で打ち合わせしながらそれぞれのお弁当の話をしていると、話がつきません。私のお弁当はこうだった、阿部さんの奥さんのお弁当はこうだ、昔はこんなお弁当が、こんなのがおもしろかった、失敗した、感動した、100人に100人のお弁当の思い出が、いえ、100人それぞれがさらにいろんな思い出をもっているんだなぁと思います。そして、作ってもらった思い出が、今度は作る側の想い出となり、繋がっていく。
お弁当って、未来へのたすきのようなものだなぁと思ったりしました。

アマゾンのレビューをこんなにたくさん読んだの初めてです。レビュー読んであったかくなるって、お弁当ならではなんでしょうね。

アマゾンのレビュー抜粋↓
「お弁当って特別なんですね。改めて感じました。
出来合いのものや、残り物を詰めただけのものでも
作る人の気持ちや思いが必ず入ってるんですよね。

仕事場って、長時間他人と過ごす場所なのに
お弁当をあけているちょっとの時間だけ、
家庭に戻れるんだ。すごいなぁ。。

作り手の思い、食べる人の気持ち。
決して、食欲を満たすだけの手段ではなく
家族とつながる大切なツール。」



おしらせ:9月のラボ講座、ずいぶん埋まってきました。9/24のお弁当講座は濱地佳世子先生、9/28はmacco先生のおもてなし料理です。9/7の砥石講座はすでに満席です。
by kitchenparadise | 2013-08-29 19:01 | 私、こう思う

maccoさん家のおもてなしごはん

c0228646_125792.gif
「maccoさん家のおもてなしごはん」 


下記のラボ講座の募集が
8/28(水)0:00~(メール申込)から始まります。


2013年9月28日(土)

①11:00ー13:00 ②14:00ー16:00

講師:macco 先生
(maccoのhappy kitchen)

場所:キッチンパラダイス ラボ 
(キッチンパラダイスから徒歩1分)

参加費:3000円

定員6名×2回



c0228646_1272754.jpg


ラボにオーブンがまだ無いので、パン講習はどうしようかなぁと思っていたところ、まっこ先生からいい提案が!フライパン焼きのマフィンなら出来ますよと!!それはいい!オーブンがないご家庭でもできるし手軽ですごくいいアイデアです。

まっこ先生のパンはどれを食べても美味しく、センスがあり、生徒さんからもとても分かりやすいと評判です。
お料理もどれも食べてくなるだけじゃなく、作りたくなるようレシピばかりです。
お得意のワンプレートレシピはで見た目にもおしゃれで、食欲が増します。

今回は、鋳物琺瑯鍋のシャスールを使って作るとっておきレシピや季節の野菜を使ったメニューをお願いしました。デモンストレーションに加えて、参加者の方にも少し調理に加わっていただき、完成させましょう!
台所道具に関してもとても詳しいので、いろいろお話いただくことにしましょうね。

最後はみんなで試食です!

予定のメニューはこちら。


・フライパン焼きマフィン(スイスダイヤモンドを使って)
・塩豚と根菜のスープ(シャスールを使って)
・きのこのマリネ
・いちじくと生ハムのサラダ


*メールはstaff@kitchenparadise.com

お電話(092-534-6311)は8/28(水)の10:30から受け付けます。

先着順ですので満席になり次第締め切ります。参加予定の方にはお振込先などをご連絡いたします。

*お申し込みメールのタイトルは「まっこ先生ラボ講座」でお願いします。お名前とご連絡先、希望時間を必ずお書き添えくださいませ。
by kitchenparadise | 2013-08-27 12:24 | キチパラ講座

濱地佳世子先生の朝の10分お弁当講座



c0228646_17102272.gif


下記のラボ講座の募集が8/24(土)0:00~(メール申し込み)から始まります。

「濱地佳世子先生の朝の10分お弁当講座」 

2013年9月24日(火)

①11:00ー13:00 ②14:00ー16:00


参加費:3000円
講師:濱地佳世子先生
( ももち浜ストア フードディレクター)

場所:キッチンパラダイス ラボ 
(キッチンパラダイスから徒歩1分)

定員6名×2回


c0228646_17235282.jpg

今回の内容は、前回にも増してまたさらに面白いですよ。
夕食でちょっとだけ材料を残して、または、夕食の時にちゃちゃっと下ごしらえして、
賢くお弁当を作っちゃおうという先生ならではのお弁当づくりを習います。

お刺身を3枚だけ残して、さて何作る?
ハンバーグの種を残しミートボールじゃないものって?
ポテトサラダの茹でたポテトをどうする?

そんな、手間無しで準備で、朝は10分でできるという賢い母のお弁当づくりです。

子供さんに、ご主人に、毎日の手紙のような愛情あふれるお弁当を作りませんか?


お申し込みは、お名前と、お電話と、メールアドレスを、こちらに。
1回目と2回目のどちらに参加かをお知らせください。

お電話でのお申し込みは092-534-6311 8/24(土)10:30からです。

お申し込みから1週間以内にお振込いただくことになりますので、こちらからご連絡いたします。
by kitchenparadise | 2013-08-22 17:46 | キチパラ講座

永遠の0

c0228646_12124157.gif
実家で過ごしたお盆から帰ってきました。
実家は来客が多く、ゆっくりできるわけではありませんが、合間をぬってちょこちょこ読書とギター。
子供たちをプールに連れて行ったビーチサイドで2時間本を読み、夜寝る前に2時間、そんな感じで3冊ほど読みましたよ。とうとう手に取ってしまった本屋大賞作家の百田さんの本を2冊。

「永遠の0」、年末に岡田君主演で映画が公開されるそうです。映画を観に行く方は、小説読まないほうが楽しめるんではないかしら。映画公開前なので、ネタバレしないように。


簡単に言うと、若くして特攻で亡くなった祖父のことを本にしようと、ライターの姉と司法浪人である健太郎が、当時の祖父を知る特攻の生き残りの方たちの壮絶な話を聞くことになるという内容。
その中で、祖父がどういう人物だったのか、臆病者だったというのは本当なのか、その彼がなぜ特攻を選んだのかが次第にひも解かれていき、、ラストは思わぬ事実に直面するという感動のストーリーです。

その「思わぬ事実」はホントに最後の最後で判明するのですが、ミステリーの謎解きと異なるのは、この長い長い小説が謎解きだけで綴られているのではなく、特攻がなぜ行われたか、死にゆく人たちはどんな気持ちで飛んでいったのか、また戦争の背景はどうであったかを知らせるための小説であるということ。
もちろん小説ですから、戦争や特攻に関する情報には事実と違う部分もあるかもしれません。
が、ここまでの内容を書くには、経験者の話やこれまでの資料、本など、相当な時間をかけて調べぬいているだろうというご苦労がわかります。

特攻の内容があまりにも壮絶で、途中途中で胸が苦しくなります。しかもわずか70年ほど前にこの国で実際に行われていたということに、改めて戦争の不条理を感じずいはいられません。

と同時に、そのような不条理や困難にも負けない信念をもつことができる人がいることに感動を覚えます。
本当の強さとは、戦うことでなく、誰かを守ることにあるのではないかと。それは、戦争でなくても、現代にも通じることのような気がします。

映画の公開が12月。待てないひとは読んでみてください。
間違いなく知っておいたほうがいい内容。若い人があまり手にしない戦争のお話をこのような感動の小説にしてみせ、何百万部も読まれるベストセラーにまでしてしまった百田さんは、ただの小説家でなないなぁ。すごいと思います。会ってみたいなぁ。優しいひとでないと、この内容は書けない。
by kitchenparadise | 2013-08-17 12:01 | 本と言葉

悪賢さのすすめ

男友達が夫婦喧嘩をした話を聞いていて、ぷぷっと笑ってしまった。

中身はこう。

食事を運んでいた妻が子供のイスにつまずいて転び、テーブルの角にお腹をぶつけてしまった。テーブルが激しく揺れたせいで、注いだばかりの熱い味噌汁が彼のスーツにこぼれ、びしょぬれ。奥さんはお腹を痛そうに押さえている。自分はもうスーツを着替えて家をでなくてはいけないのに、妻は謝りもしない。
そこで、嫁がひとこと。「こんなに痛そうなのに心配もしないなんて。」
夫は言い返す。「まずは謝ったらどう?」

ちなみに、これがちょっとした諍いに発展したらしく、
「文さん、どう思う?」と聞かれたわけです。

お答えしましたよー。
「まずは、奥さんを心配するのが先でしょ。正しい正しくないでないよ。男は優しくなくてはね。」
女性ですから、あくまで妻のミカタです!




この一件を聞いて、今月号の「文藝春秋」の塩野七生さんのエッセイ「悪賢さのすすめ」を思い出しました。
アメリカで流行っているジョークに世界で4つの絶対にないものがあるといいます。
「アメリカ人の哲学者、 ドイツ人のコメディアン、イギリス人の作曲家(クラッシック)、日本人のプレイボーイ」
だから日本人の外交が巧みになるはずがないというお話。
プレイボーイとは、「少なく与えて多くをとる能力に長けた人」のこと。多くを与えたつもりでも少なくしか取れない日本人男性が多い。よく言えば、馬鹿正直でお人よしで世間知らずだということらしいです。(おっと失礼)

もちろん、塩野さんは、「外交」での日本人男性の話をしているわけで、夫婦喧嘩のような、ある意味次元の低い(また、おっと失礼)話をしているわけではありませんが。ありませんが、少なく与えて多くを取る人が日本人に少ないというのは男女間、特に夫婦間でも納得できます。

だから、妻の怪我を先に心配するほうがいいよと思うわけです。
考えてみてください。女性は心配してほしいだけなのです。心配してかわいがってさえくれれば、美味しいごはんも作ろうと思うし、自宅でゆっくりさせてあげたいと思うのです。(思うと思う。)
優しい人=頼りがいのある男性、だと思って、信じているわけです。


それを塩野さんが「悪賢さのすすめ」というタイトルしたのは、「少しは計算高くはやりましょうよ、」という気持ちでしょうか。
そんな馬鹿正直に「どっちが先だ!」と目くじらを立てずに、効率よく、優しさを表現してみたらどうでしょう。

つまり、少なく与えて多くを取る男性になりましょうと
損はしませんよと。

あ、ちなみに、女性にも同じことが言えますけど。汗)


男性のみなさんからの反論、受け付けません。笑)
ハウツーのような話でしたが、ようは愛です。愛。
by kitchenparadise | 2013-08-07 17:27 | 私、こう思う

これからのキチパラワークショップ予定

c0228646_1711153.gif


8月末から10月にかけて決まっている講座などの日程です。予告的に。

*************************************************************
2013年9月24日(火)

①11:00~13:00 ②14:00-16:00(予定)

「濱地佳世子先生の朝の10分お弁当講座(仮)」 


参加費:3000円(予定)
講師:濱地佳世子先生( ももち浜ストア フードディレクター)

場所:キッチンパラダイス ラボ (キッチンパラダイスから徒歩1分)

定員6名×2回



まとめて下ごしらえ、朝は10分。楽しく簡単に美味しくできる

お弁当の極意をご紹介。



お申し込みは8/24から始めます。

****************************************************************

2013年9月28日(土)

①11:00~13:00 ②14:00-16:00(予定)


「maccoさんのおもてなしごはん(仮)」 


参加費:3000円(予定)
講師:池上 macco先生( maccoのhappy kitchen)

場所:キッチンパラダイス ラボ (キッチンパラダイスから徒歩1分)

定員6名×2回

maccoさんのお手製のパンに合わせた、シャスールの鍋で簡単に出来るおもてなし料理など。
(パンは作りません)


お申し込みは8/28から始めます。



*****************************************************************

2013年10月7日(月)19:00~21:00


「レストランと美味しく付き合う方法 」


講師:リストランテフォンタナ 中尾裕行さん(ホールマネージャー・ワインソムリエ)

場所:キッチンパラダイスLABO(キッチンパラダイスから徒歩1分)
ワイン・軽食(中尾さんお手製)付
参加費:3500円
限定6名



「記憶」に残る食事、「記憶」に残る顧客なるのには、どこがポイントなんでしょうか?
そんな「記憶」とキーワードに、レストランと美味しく付き合うことのできる方法を、サービススタッフの視点、厨房スタッフの視点からお話しいただきます。


お申し込みは9/7から始めます。

*****************************************************************

*募集中です。

2013年9月7日(土)11:00~12:30 
「究極の包丁の砥ぎ方講習」 

~一生困らない、砥石のコツ~

参加費:800円(マイ包丁とタオルをご持参ください)
講習:三養商会 藤田さん

場所:キッチンパラダイス 定員7名

TVなどで紹介され爆発的な人気を博している三面砥石を使って
一生役に立つ包丁の砥ぎ方を伝授していただきます。

切れない包丁でお困りの方は、ぜひ自分で砥いでみませんか?
男性の方も大変多い講座です。
(2カ月に一度開催しています。)

*キッチンパラダイスで三面砥石を購入された方は講習無料です。
電話でお申し込みください。092-534-6311

*****************************************************************

募集中です。

2013年8月25日(日)18:00~
「檜山タミ先生友の会 第6回」 

~檜山タミ先生を囲み、大勢で飲んで食べる会~


参加条件:となたでも。先生のお弟子さんでない方でも、はじめて先生にお会いする方、老若男女、
大歓迎です。


参加費:無料

持ってくる物:

①手作り一品(無記名です。料理でもそうめんでも漬物でもお菓子でも)

②飲み物を一本(ワインでも日本酒でも、ジュースでも。みんなでシェア。)


場所:ごはん屋今ここ 福岡市中央区桜坂3-7-8

毎年、夏の終わりに、檜山先生を囲んで楽しい会を行っています。今年で6回目を数えることになりました。先生の貴重なお話を聞いたり、コロンビア浦野さん(予定)の昭和歌謡を聴いたり、持ちよりの料理に感心したり、はじめてお会いする方々との交流もなごやかでいつも楽しいものです。

遅れて参加いただいても大丈夫。どうごお気軽にご参加ください。

お子さん連れでもOKです。
by kitchenparadise | 2013-08-06 17:16 | キチパラ講座

「まぁ、勇ましいこと。」

宮崎駿監督の「風立ちぬ」がとてもいい映画だったということは先のブログで書きましたが、特に日本語の美しさとその使い方が印象的でした。

主人公の二郎が小学生のころ、下級生をいじめから助けて帰った時。
「ただいま帰りました。」縫物をしている母の背中に向かい、正座して話しかけます。「ただいまー!」じゃない。
で、少し顔に傷がある(あるいは泥がついているのかな?)をちらりと見た母に対して、
「帰りに転んでしまいました。」と二郎。まあ、ほんとのことを言わなかったんですね。
すると母は、
「ふふ。まぁ、勇ましいこと。  喧嘩はいけませんよ。」と。
二郎はしばらくして、「はい。」とうなずくのです。

「どうしたの?誰と喧嘩したの?お母さんにいってごらん?」とか言わない。
「洋服がよごれてるじゃない!」とかもちろんいわない。
「うそいいなさい!心配するじゃないの。」とかももなく、ただ微笑んでいるわけです。


「勇ましいこと。笑)」そういって笑える母。昔の日本の母は朗らかで器が大きい。日本語が美しいとさらに聡明な印象をうけます。

他にもあの場面も、あの場面も、二郎や菜穂子の美しい会話のシーンがあるのですが、ネタバレになるから、やめておきます。

また明日。ごきげんよう。
by kitchenparadise | 2013-08-05 18:33 | 本と言葉

カツサンドのカツを揚げるひと、手をあげて

お嬢が学校の研修旅行にでかける為、「捨ててもいい容器でお弁当を持たせるように」とのこと。彼女はすかさず、「カツサンドが妥当じゃないっすか~?」と、私の顔を覗き込むようにしてニンマリ。

三溝先生も言っていたけれど、学校や塾でのお弁当って「ながら弁当」が多いからか、「かあさん、簡単な、食べやすいにして。」と頼まれるらしく、夏の塾弁は3つのおかずに決めているそうですよ。がっつり系で、食欲をそそるような。夏なんで揚げ物なら安心。うちのお嬢もその育ちざかりの発想にもれず、「がっつり」「食べやすい」「品数少なくていい」がお好きで。で、カツサンド。

カツサンドって、朝からあんなに肉厚のとんかつを揚げるの、汗かくなぁ。いや、ちゃんと作って持たせましたけどね。カツを揚げた後でつけるソースって、何がいいのか調べようと思い、PCで「カツサンド」「レシピ」検索してみると、○ックパッドにたくさんの「簡単カツサンド」レシピが掲載されているではありませんか。

これ以上簡単にカツサンド作るってどうするか興味津々で見てみると、、、

「パンにマーガリンをぬる」「千切りしたキャベツをのせる」ふむふむ、そしてそして・・・・?

「市販のとんかつにとんかつソースをつけてのせる。」


へ?とんかつ、、、市販?

そうですか。え、そんなもの?

じゃ、最初からカツサンドを買ってくればいいんじゃない?そう思うの私だけかなぁ。
買ってきたとんかつが余った、っていうレシピならわかるけど。

やっぱり、カツは揚げようよ。手間でも、台所汚れても、たまには揚げて持たせようよ。
そんなことを話してたら、「そんなこと言ってたら、解凍するだけとか、チンするだけとか、今いろいろあるんだから。」と友人。

三溝先生の最近の塾弁ブログ見てくださいよ。3つでも手作りなら大満足ですよ。
手作りは愛情。いくらデパ地下が美味しくても、いくらコンビニが美味しくても、失敗しても手作りがよいよ。絶対によいよ。

三溝先生の3品塾弁ブログはこちら。参考になりますよ~。
by kitchenparadise | 2013-08-02 12:59 | 私、こう思う


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

すり鉢なんてこわくない!(す..
at 2017-07-22 18:16
すり鉢を使ってクリームチーズ..
at 2017-07-21 17:52
種のままスイカのスムージー
at 2017-07-20 13:49
呼吸する塩壺、半年ぶりに入荷..
at 2017-07-19 10:30
テレビでいわない除菌対策
at 2017-07-18 18:34

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧