<   2015年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

なみじゅうでシュークリームを

c0228646_15254249.jpg
たまに、「なみじゅう、ってどういう意味?」って聞かれます。

「波刃10cm」の略。「なみじゅう」です。


なみじゅうは、
「キッチンパラダイスのオリジナルペティナイフ波刃10cm」のことです。*なみじゅうは商標登録。
ようやく「赤なみ」(=なみじゅうの取っ手が赤)が入荷してきました。いま箱に詰めてますので、来週月曜日から出荷始めます。おまちください。

なみじゅうは、すっごくかたいフランスパンでも、熟したトマトでも、ケーキでもフルーツでも、ステーキでもハンバーグでも、何でも難なく切れるのですが、私が毎回惚れ惚れするのが、シュークリームです。
私、自他共に認めるシュークリーム好き。自分のプロフィールにも堂々と、「好きな食べ物:シュークリーム」と謳っております。
シュークリーム食べる時のにいつも、「やっぱ、なみじゅうサイコー!」と言ってしまう切れ感です。

ほらこれ。シュークリームが自分が切られたことに気づかず、あとからクリームがとろ~りとでてくるシーン↓
c0228646_15385456.jpg


薄いシューの皮がびくとも動きません。
大好きなシュークリームを、意味もなくわざわざ半分にカットして食べます。

このなみじゅう、基本的には砥げませんが、驚くほど長持ち。ほんと驚くほど。
私の何本かは14年以上モノです。

なみじゅうはこちら。
*在庫不足で数か月待ちもありますが、ご予約の方には必ずお送りします。
ギフトバックはこちら。
c0228646_1614058.jpg


なみじゅうでハンバーガーを切るっていう動画もあります。

来週、銅の取り扱いと、まな板のこと詳しく書きます。
by kitchenparadise | 2015-02-27 15:32 | キッチン道具について

まな板の真実

c0228646_15565279.jpg

これなんでしょう?



正解は、木のまな板を顕微鏡でのぞいたもの
撮影機能付きの顕微鏡です。すでに数回使ったものですが、意外ときれいですね。

実は、今朝お客様がいらして、「プラスチックのまな板を長年使っていると傷が入っているようで、だんだん気持ち悪くなってきたのですが、、木は清潔なんですか、どうなんですか?」と聞かれたのです。
ちょうどお店にいたので、まな板のこと、使い方、洗い方を詳しく説明したところ、納得して薄手のひのきのまな板を購入なさいました。

木のまな板については拡大写真を合わせて来週ご紹介するとして、プラスチックのまな板は確かに傷がつきます。何年も傷がつきまくったものを、洗ったり、漂白したりして使っているわけです。木は上手に使うと、上の写真のように、多少の傷はひとり勝手に修復してくれます。(これも詳しくは来週)
やっぱり、木はもともとの抗菌力があり、刃あたりもよく、傷がつきにくく、理にかなってます。

以前、コルクのまな板(1年くらいキッチンで使ったもの)を撮影しました。

c0228646_1684636.jpg


コルクは無垢の木ではないので、こんな風に傷が残ります。
コルクは樽に使われたり、ワイン栓にも使われることから、安全面、衛生的には問題ないそうですが、弾力性があり柔らかいので、刃の傷は修復しづらいのがわかります。
コルクや木の集成材のまな板は、パンボードなどのほうが向いているのでは、という感じです。(あくまで私の個人的な意見ですが)
来週、プラスチックのまな板の画像も撮影して比べてみることにします。

昨日、クイジナートのプロセッサーをアップしました。ミニプレップはまだ格安価格で数台ありますので、お店にお問い合わせを。092-534-6311

また、銅製の玉子焼器のご注文が殺到しており、半数は来週の発送です。申し訳ありません。
来週、銅の油ならしの仕方と、私がどうやって銅鍋を洗ってるかのを詳しくアップしますね。
お手元に届いた方も、できればそのブログをおまちください。カンペキにおみせしますよ!
by kitchenparadise | 2015-02-26 16:08 | キッチン道具について

銅と鉄とフッソ加工の玉子焼実験

道具でこんなに違う!という実験をしました。
c0228646_14455184.jpg

3つの玉子焼を実験してみました。
卵三個で160gと、出汁、しょうゆ・砂糖、みりんを入れて、同じように焼いてみました。
c0228646_14341410.jpg

フッソ加工は、約1000円。ホームセンターで。IH兼用で、新品。
鉄は約5000円。私も5年前のテスト用に購入。
どれも18cmの縦長です。

フッソ加工のは一番時間がかかります。強火だと焦げるのですが、弱火だと時間がかりすぎ。
中火くらいで巻いていきましたが、時間がかかります。ゆっくりのほうが膨らむというので、7分くらいで巻きました。
鉄は、意外と火の通りが早いですが、焦げやすいので気をつけて焼きました。5分くらいです。

銅はいつも使っていますが、3個を巻くのに3分くらい。非常に早いです。
巻きながら、あまりにボリュームの違いに、量がまちがってたっけ?と思ったほどです。

玉子焼きをカットしました。
c0228646_1448386.jpg


スタッフと食べ比べてみました。

フッソ加工・・・卵が固い。つまってる。薄焼き卵の味。だしの味はあまりない。塩分がききすぎ。

鉄・・・しっとりしてる。少し水分がある。見た目より触感はやわらかい。

銅・・・かなりふっくらしている。しっとり感がある。ジューシー。出汁の味が美味しい。


フッソ加工と鉄の違いは、膨らみ方はあまり変わらないのですが、鉄のほうが触感がやわらかい。
鉄と銅の違いは、ふんわり感と出汁の風合い。
銅製とほかの二つで作るのは、できあがりが全く別物という印象でした。

キッチンパラダイスでは、工房アイザワの玉子焼器、関西型を普段使いにおすすめしています。
アイザワは取っ手が外せ、交換できるので一生使うには安心です。
工房アイザワのミニ型だと、卵1個にも対応できます。1個、1個だとお弁当用に便利です。お弁当に入れると、冷めてお昼に食べる時にもジューシーさ、しっとり感を感じます。

ご購入際は、キチパラオリジナルの使い方、出し巻の究極レシピをお入れします。
こちら。


出し巻きの作り方の動画です。

ご購入をお考えの方は、「銅の玉子焼きルールの①」と「銅の玉子焼きルール②」をまずお読みください。




補足:


銅製で作った仕上がりは、まず厚みで違います。薄い銅は、温度変化のために多少焦げやすくなるかもしれません。また銅製でもスズ引きでないものもあります。スズが良いのは、使えば使うほど油がなじむこと、ステンレス引きは油はなじみません。銅は一生モノですので、飽きないデザインで、カタチが美しいほうがよいと思っています。また取っ手が木製の場合は、交換可能なものをお選びになると、あとあととても重宝します。

テストのフッソ加工玉子焼器は、IH兼用ですので、アルミに底面有磁性ステンレスを施したものに内側がフッソ加工です。

キッチンパラダイスで販売している工房アイザワの銅製玉子焼はIHでは使えません。ご注意ください。
by kitchenparadise | 2015-02-24 14:38 | キッチン道具について

洋子先生の基本ごはん会の報告

友納洋子先生の「基本ごはん会」の講習、Vol.1が終わりました。
洋子先生にとって初めての講習でしたが、和気あいあいとした雰囲気の中で、とてもわかりやすく楽しい講習会でした。先生の明るく、まじめで、謙虚なお人柄ですね。三溝先生のアシスタントとして、とても多くのことをスポンジのように吸収してこられたんだなぁと思いました。
ご参加のみなさん、お疲れ様でした。ありがとうございました。

みなさんにご参加の動機を伺ったところ、「我流でしかやってないので基本を知りたくて。」「基本と書いてあったので、初めてでも大丈夫かなと思って参加しました。」という方が多かったようです。実際主婦歴17年の私でさえ、知らなかったことも多く、ホウレンソウのゆで方だけで目からウロコでした。基本って大事でおもしろいです。

「料理は、楽しく作るもの。美味しく作ってあげたいという気持ちが大切。きついーって思うくらいなら作らないほうがいいと、三溝先生から教わってきました。自分が料理にでるんです。」「今日、こういう場所をいただけたこと、本当に幸せで感謝のきもちでいっぱいです。」と洋子先生。
c0228646_115734100.jpg

「塩きんぴらに唐辛子いれましたが、お子さんがいれば辛みを外して、できあがった後から一味をかけるとかでもいいですね。」「きんぴらの語源、調べてみたんですが、おもしろいんですよ。」
c0228646_12283332.jpg


最後は、みんなで試食です。
c0228646_12364921.jpg


洋子先生の講師デビューにあたり、お仲間のみなさんから温かいメッセージやお花などが届きました。また師匠である三溝清美先生からは、お店にこっそりお赤飯が届き、その心に沁みる温かいお心配りに私たちスタッフが感動しました。休憩時間にみんなで美味しいお赤飯をいただきながら、料理の本質を改めて思い知らされたようでした。洋子先生、ウルウルでした。

料理って、作る人を成長させ、食べる人の心をほぐすことができます。
洋子先生の講習のアシスタントをしていたキチパラスタッフの園田さんもキッチンの端でウルウルです。

友納洋子先生の今後のご活躍を応援したいと思います。
******************************************************
洋子先生の次回講習のお知らせです。

「洋子先生の基本ごはん会 vol.2」
講師:友納洋子先生

2015年3月19日(木) 
午後の部 14:00-16:30
夜の部 18:30-21:00


場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:3000円 参加数:各6名×2
内容:デモ+実技+試食
友納洋子先生は、料理研究家・三溝清美先生のアシスタントとして、料理講習だけでなく、テレビ、雑誌、企業レシピ開発、レシピ本の出版など、あらゆる料理に関する仕事にかかわってこられました。
その経験を生かして、これから料理をしたい方や、基本を見直したい方などにわかりやすいレシピを作っていただきました。
洋子先生ならではの思いやりレシピとチャーミングなお人柄で、料理を作る幸せ感をたっぷり味わっていただきたいと思います。

洋子流 基本の肉じゃが

貝汁

菜の花のおひたし

揚げ出し豆腐


2015年3月6日(金)までのご応募から抽選です。(3/7にお返事します)
お申し込みはこちら、またはキッチンパラダイスにお電話で。092-534-6311
by kitchenparadise | 2015-02-23 13:03 | キチパラ講座

結城奈佳先生の本格キムチ講座

2月19日と20日は、奈佳先生の韓国料理の講座でした。今回初の試みである「本格キムチ講座」ではキムチの塩漬けと水切り、ヤンニョムづくりを2日間にわたって講習いただきました。
先生曰く、キムチづくりで最も微妙なのは塩漬けだけれど、ほとんどの講座は1日限りのため、塩漬けを省略してからヤンニョムづくりから始めるとのこと。そこで、一度イチからやってみましょうか、ということになったのです。
1日目は、2日間の流れと塩漬け。白菜の切り分け方、日本と韓国の白菜の違いなどなど説明されました。
c0228646_11292472.jpg

塩漬けした後は、1時間半でいったん終了。写真はありませんが、この日は別のチゲ講習も行いました。
塩漬けする間に、先生がキムチの様子をみて裏返します。8時間ほどかけて塩漬けが終わったら、水洗いしてまた水抜きをしながら翌日まで寝かせておきます。先生は夜遅くまでラボでキムチのお世話です。
そしてここでいったん、おやすみなさい。
c0228646_11324454.jpg

さて翌日。手前にあるのは、すっかり水分がぬけた白菜。これからヤンニョムをつくります。
c0228646_1136999.jpg

c0228646_11371866.jpg

キムチの複雑な味には、こんなにたくさんの材料が入ってるんですね。キムチづくりは大変。自分で作ると美味しいばかりでなく、すごーく安心。というか、逆に思うけど、買ったキムチはこんなに材料入れるのに相当安い。安いキムチ、だいじょうぶ???
c0228646_11402087.jpg

最後は、自分がつけたキムチをお持ち帰りいただき、
さらに、キムチを使った料理をみんなで作って試食しました。
c0228646_11413267.jpg


なか先生、2日間にわたりキムチ講座、キムチのお世話、ありがとうございました。
ご参加のみなさん、ありがとうございました。またこの講座、しましょう!!

*今日土曜日は洋子先生のラボ講習です。月曜日に報告します。
by kitchenparadise | 2015-02-21 11:49 | キチパラ講座

コレイジョウキレイニナッテイイデスカ?

銀行に行った帰り、会社の制服姿の20代の女性二人とすれ違った。
2人とも片手にお財布を持っていたので、これからランチにでも行くところだったのでしょう。
声が大きく活発そうな二人で、ずっと遠くから会話がよく聞こえていて、ひとりは、
「私、まつげパーマ予約したのよ!」と話していた。

すると、おとなりの女性がこういったのです。

「えー!?まつげパーマ?

これ以上キレイになるの?」


思わず、すれ違いざま、ニンマリしてしまいました。
「これ以上キレイになるの?」ですよ。それもにっこり笑顔で。

いい。この言葉の使い方、好きだなあ。言われたほうはもちろんだけれど、そういう言葉がでるっていうのがいい。してやったりという顔をしてはいけません。心からそう思っている時だけ使ってください。
男性もどうぞ。


昨日と今日は結城なか先生のラボ講座を開催中。明日報告しますね。
by kitchenparadise | 2015-02-20 14:05 | 言葉

預金封鎖って。

昨日、NHKが、「69年前の今日は預金封鎖があった日です」と伝えていた。

そういえば、「終戦からまもなくした金曜日やったかな。お国から突然、自分のお金を自由に引き出せんって言われて、、ひどい話やったわ。」と義母が話していた。
本当にある日突然、自分のお金を自由に引き出さないなんて、驚いたと思う。

ハイパーインフレ(モノの価格が突然グーンとあがる。お金の価値が下がる)を、回避しようという大義の裏で、国民の預金(富裕層がほどんど)の9%が消滅させることによって、戦後の国の財政赤字を立て直すということをやっている。
NHKがこの預金封鎖のことを特集していて驚いたけど、もっと驚いたのは当時の大臣と官僚の極秘資料を発表したこと。

「国家の財政再建の為、財産税が必要になる。国民がどれくらい財産を保持しているかを確認するために預金封鎖しかないだろう。」という資料だった。つまり、国民の預貯金の一部を国が取りあげるしか方法がなかったという資料。

ちなみに、今年の国の借金は1143兆円。もう大きすぎてよくわからない。戦後よりさらに悪いことは確か。専門家たちの数人は「現代の預金封鎖に備えろ!」的な本も出版している。そう。現代も預金封鎖があるのではないかと危惧する人たちがいる。


富裕層とは関係ない私は全くもって無関係だけれど、ここで考えたのはそんなことではなく、
大きな政策には、いつも表と裏があるということ。

国が発表すること、ニュースでコメンテーターが伝えること、学校で教えることは、すべては単なる情報でしかない。原発の時もそうだし、この前の人質事件だってそうだった。
「戦後の預金封鎖にはこんな裏がありました。」「へー、そりゃひどかったね。」
なんていう話の、別の話が今現在でも続いている。あちらこちらで。遠い昔の話ではないと思う。

裏はいつも深い。
「すべての人にとって得」であることは何ひとつなく、でも、確かに誰かが特別に得をしてたりする気がする。

あー、明日は楽しいこと考えようかな。
by kitchenparadise | 2015-02-17 12:38 | 私、こう思う

「永遠の0」の結婚感

昨日、永遠の0のドラマ版をみてしまった。正直、映画や本を最初に読んだ時の感動ほどはなかったけれど、ドラマを見て百田さんが書きたかったこと一片に、改めてハッとした。
まったくストーリーを知らない方には、ちょっと申し訳ないけれど、、、。

広末さん扮する姉と桐谷さん扮する弟が、「なぜ祖父は特攻を選んだのか」を知りたいが為に、当時の祖父の知り合いを探し出して話を聞くというストーリー。特攻のすさまじさゆえ、かえって家族への愛がくっきりと際立っていて、姉と弟二人の今後の人生に影響を与えていく。

ライターの姉は本当は好きな人がいる。優しく純粋だけれど、あんまり甲斐性がない。ドラマではこれまたそれっぽい人が配役されていた。
その人に素直な思いを伝えられないうちに、別の大手新聞社の男性から求婚される。物語の前半、弟から「その人と結婚するの?」と聞かれ、「ライターとしても、経済的にも、彼との結婚がいいと思っている。いい人だし。」と答える。
「女は結婚相手によって幸せが左右されるの。」そんな言葉で弟に返した。

ところが、祖父のことを知った後、物語の最後の最後で、姉は結婚を断ったと弟に報告する。

百田さんは、姉に、
「結婚相手によって幸せが左右する」
「結婚は条件。」というのをきっぱり否定させたわけです。
非常にわかりやすい。



思い出した。ある哲学者の言葉。

「幼稚な愛は、愛されてるから愛するという原則に従う。
成熟した愛は、愛するから愛されるという原則に従う。

あなたが必要だから愛するのでなく、
あなたを愛しているからあなたが必要だ。」

百田尚樹さんが書く主人公はいつも、愛の本質を忘れず、信念をもって生きていく、決意の人がばかりだ。
騒動になっているたかじんの奥様の話もそうだった。
復讐したり、裏切ったり、嫉妬したり、そんな人間の屈折やコンプレックスに焦点を当てた作品が受ける中、百田さんという人は、愛の可能性に挑戦しているなぁと思うのは、私だけでしょうか。

本当はそういう信念をみんなが求めている。
そうはいかないからかもしれないなぁと思ったりするけれど。
by kitchenparadise | 2015-02-16 12:32 |

驚異の納豆スティック

先週から新しい卵まぜ用の棒をテストしていた。前回「まぜ卵」をテストしたところ、なかなか使い勝手が良く、実験結果をブログで書いたところ、新商品が出ましたよというので。毎日出し巻卵を作っている私としては、おいしくって時短になるならよかろうと。
新商品のスティックで卵を混ぜましたよ。
c0228646_125055.jpg

なるほどなるほど。早いしなかなか良い。しかし、「まぜ卵」に比べると、やや泡が多いので、オムレツには向くけれど、出し巻や錦糸卵にはどうかな。そう思って実家に持って帰ってその辺に置いておいた。

すると、数日後に母が、「あの棒、あれすごいじゃない。素晴らしいね~。」という。
聞いてみると、納豆が早くねばねば混ざるし、空気を含んでかなり美味しくなるという。
「え~!?納豆?納豆なの?」と私。
「あれ、納豆棒じゃないの?」と母。

そんな言うならちょっと試してみようと、父や義兄までもが見守る中、試してみる。
50回まぜる。
c0228646_12595728.jpg


ほほ~。すごいすごい。早いし、相当ねばる。
100回過ぎると面白いほどねばねば。

c0228646_130287.jpg


うわ~、すごい。150回すぎると。違いが明らかにわかる。上が菜箸、下が同じ回数で納豆棒。
c0228646_133098.jpg

しょうゆを入れて、みんなで食べてみた。

味が、全く違う。納豆棒で150回混ぜた感じにお箸でまぜたのを近づけるにはさらに100回も150回もまぜねばならない。空気を含ませながらまぜると美味しいとは聞いていたけれど、魯山人の424回(?)でなく150回で十分ではありませんか。最高級です。楽し~。

あまりに楽しいので、2月16日からのキチパラフェアで先着で配ろうということにしました。(私が勝手にそういう企画を考えた。)2/16(月)から大切にしたい定番フェアというのが始まります。店頭で5000円以上お買い上げの方にプレゼントします!でも、買っても400円くらいです。汗)では月曜日から。
by kitchenparadise | 2015-02-12 13:09 | キッチン道具について

タミ先生と柳橋市場を歩こう会

2月14日、応募締切迫る!

「タミ先生と柳橋市場を歩こう会」

講師:料理研究家 桧山タミ先生(89) 
c0228646_17154620.jpg


2015年3月14日(土)9時柳橋集合 12時解散

参加費:3000円(柳橋散策・食と道具のミニ講習・おにぎり付)
場所:柳橋集合~キッチンパラダイスにて講習 解散

参加人数:15名


すでに募集人数を上回っておりますので抽選になっております。

桧山先生と柳橋連合市場を歩き、素材の見極め方、買い物のコツなどを教えていただきます。
先生が50年にわたり通われている魚屋さん、乾物専門店、海苔専門店などなどのお店の方から、それぞれ専門家ならではのお話を伺う予定です。
柳橋での散策・買い物を1時間程楽しんだ後は、キッチンパラダイスに移動して、桧山先生を囲んで食と道具のミニ講習を行います。おにぎりを食べながらみんなで楽しみましょう。


2015年2月14日までご応募受け付けます。抽選です。
応募はメールかお電話で。092-534-6311

外れる方もでてくるので申し訳ないのですが、また先生に第二回をお願いするつもりです。m(__)m
by kitchenparadise | 2015-02-10 16:55 | キチパラ講座


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
キチパラのなりたち
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

ジオの行平鍋15cmがいい
at 2017-04-27 16:52
片手鍋で実験、時短テク。
at 2017-04-26 15:32
こんなレックコーヒー
at 2017-04-25 18:51
お手洗いは入口から遠いほうを使え
at 2017-04-24 14:12
まな板をほってほって掘りつくす本
at 2017-04-22 13:50

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧