<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

韓国に行ってきました

2泊3日でソウルに行ってきました。
親交のある食文化の先生方を訪問する旅。おかげ様で、美味しいところにお連れいただいたり、家庭に夕食を招いていただいたり、とてもありがたい3日間でした。食のことなら何でも聞ける専門家の先生方が3人もそろってお付き合いくださっていて、すばらしく贅沢な旅行です。


マンドゥの鍋(餃子みたいな饅頭)は、とても人気のレストランらしく、入口にはたくさんの人が並んでました。
マンドゥも美しいです。お野菜がいっぱいで、ヘルシー。
c0228646_1422279.jpg


2日目の夜は、ご自宅に招いていただきました。お料理がとても上手な奥様です。
c0228646_14254724.jpg


豚肉のスペアリブ、タコのスープ、クジョルパン、骨付カルビとジャガイモ煮(カルビチム?)、鯛のネギソースかけなどなど、いろいろと作っていただき、感激です!
今回お招きくださった食文化研究の第一人者、ユン先生(94)のご長男の奥様の手料理。見事なおもてなし。豪華で美味しい韓国料理でした。

山の上のカフェにも行きました。ひっそりとたたずむこのカフェの名前は「アラビカ」。四季折々の景色が楽しめる、こだわりのコーヒーのお店は、知る人ぞ知る、癒しの場だそうです。
c0228646_14305017.jpg


あっと言う間の3日間。私を除く全員が70代、80代、90代。料理のすばらしさ、面白さもさることながら、韓国の素晴らしい先生方とのお話が心に沁みました。また改めて書きます。
by kitchenparadise | 2015-10-31 14:45 | 私の日常と家族

銅の玉子焼き器の比較実験のこと

今年の(2015年2月27日)に玉子焼き器の実験をしたところ、おかげで数十万人の方々にアクセスしていただいたもよう。フェイスブックのシェアをしていただいた方々、ありがとうございました。
銅と鉄とフッソ加工の玉子焼きを焼いて、ふくらみがどう違うかの実験で、こんな内容。補足して再度アップします。
**************************************************************
c0228646_14455184.jpg

卵三個で160gと、出汁(+しょうゆ・砂糖)をそれぞれ45ccづつを正確に入れて、同じように焼きました。
c0228646_14341410.jpg

フッソ加工は、約1000円。ホームセンターで。IH兼用で、新品。
鉄は約5000円。私も5年前のテスト用に購入。
どれも18cmの縦長です。

フッソ加工の玉子焼きは最も時間がかかります。強火だと焦げるのですが、弱火だと時間がかりすぎ。なので中火くらいで巻いていきました。時間がかかりますね。ゆっくりのほうが膨らむというので、7分くらいで仕上がりました。

鉄は、意外と火の通りが早いですが、焦げやすいので気をつけて焼きました。5分くらい。

銅は私がいつも使っているもの。3個を巻くのに3分くらい。中強火で焼いていきますが、早いです。

この3つの玉子焼器。ボリュームの違いは歴然です。量がまちがってたっけ?と思ったほど。

切ってみました。
c0228646_1448386.jpg


スタッフと食べ比べてみました。

フッソ加工・・・卵が固い。つまってる。薄焼き卵の味。だしの味はあまりない。塩分がきいてる。

鉄・・・しっとりしてる。少し水分がある。見た目より触感はやわらかい。

銅・・・かなりふっくらしている。しっとり感がある。ジューシー。出汁の味が美味しい。


フッソ加工と鉄の違いは、膨らみ方はあまり変わらないのですが、鉄のほうが触感がやわらかい。
鉄と銅の違いは、ふんわり感と出汁の風合い。
銅製とほかの二つで作るのは、できあがりが全く別物という印象でした。

キッチンパラダイスでは、アイザワの玉子焼1.5mmの関西型を普段使いにおすすめしています。
出し巻が上等なひと品になるだけでなく、お弁当に毎日入れると、冷めてお昼に食べる時にもジューシーさ、しっとり感を感じます。改めて実験して、みんなで納得です。

**********************************************************************

銅製で作った仕上がりは、まず厚みで違います。薄い銅は、温度変化のために多少焦げやすくなるかもしれません。また銅製でもスズ引きでないものもあります。スズが良いのは、使えば使うほど油がなじむこと、ステンレス引きは油はなじみません。銅は一生モノですので、飽きないデザインで、カタチが美しいほうがよいと思っています。また取っ手が木製の場合は、交換可能なものがベターです。

*キッチンパラダイスで販売しているのは工房アイザワの銅製玉子焼です。IHでは使えません。ご注意ください。

*銅の玉子焼きを使う際のルールをでご紹介しています。

私のお店、キッチンパラダイスのHPはこちらです。

***************************************************************

私がこの実験で伝えたかったのは、単なるふくらみの違いというよりその美味しさです。
食べたら全く違います。しっかりと厚めの銅で作られた玉子焼きの味は誰の心をも温かくしてくれます。道具で美味しくなる。素材で美味しくなる。それを知って、誰かに作ってあげたくなる。料理で気持ちを伝えることができるということです。
なんと楽しいことでしょう!ぜひ大切な人に、美味しい出し巻き卵を作ってあげてください。一生買い替える必要のない道具です。一生変わることのない気持ちが表現できます。
by kitchenparadise | 2015-10-28 08:01 | 道具:銅の玉子焼

「仕事を楽しくする6つのこと」

「仕事を楽しくする6つのこと」と題した、女性のための講習をさせていただいた。
以前にもこのブログに書いたけれど、私は台所道具の講習は本職ではあるけれど、自己啓発は専門でもなんでもない。私自身が店を楽しく運営させていただいているからか、うちのスタッフがよほど楽しそうに仕事してくれているからか、ありがたいことに、「そのコツを教えてください」と言われることがあり、良いか悪いか、正解か否かはさておき、最近その経験談をお話しすることにしている。昨日は直方の会社におよばれして、女性30人ほどの方の前でお話しする機会だった。

仕事を楽しくするのは、職種や労働、給与、人間関係などのバランスもあるだろうが、ようは心の持ちようだと思っている。この仕事を楽しいと思いたい。それがベースにないと先に進まない。「仕事は仕事。楽しいかどうかではない。」とお考えなら何の役にも立たないと思う。

私はこの6つでお話している。

①何を言うかより、どう伝えるか。

私が考えるのはノーハウではなく、言葉(伝え方)を選び、それに心をおいていくいうやり方。心が伴わない言葉は意味がない。嫌味なく素直な意見を述べるには、嫌味のない素直な人になりたいと、まず思わなくてはいけない。

②会社から使われない。

自主的に仕事するのと主体的に仕事するのは少し違う。主体的は、会社全体のことを考えてリスクまで承知で仕事する責任が要る。働きたいように働くには、この「主体性」が必ず必要になってくると思っている。

③人と比較しない。

人と比較して伸びる人もいるかもしれないけれど。私にはその方法は合わない。実績を上げるためだけならそれもいいけれど。昨日の自分と今日の自分を意識すること、そして他人を認めることが、楽しく仕事をできる早道だと思う。

④プチ目標と冒険的目標を。

言葉通り、必ず達成できるプチ目標と、達成したい目標を遠くに定めること。

⑤サバサバする。

短く表現すると、こうなる。失敗には反省が必要。反省して真剣に次の取り組む作業は必要だが、深刻にとわわれる必要はない。

⑥働く意味を考える。

これは2年前に他界した姉が残した言葉から学んだこと。


厚かましくも、このような講習をさせていただいているけれど、専門家でもなんでもないところがポイントなのだと思う。この6つのポイントのために紹介した例は、すべてキッチンパラダイスや私のまわりで起こったことばかり。こんな小さい店で、みんなが泣き笑いしながら成長してきたことが、どなたかの小さな仕事の意欲、相互理解に繋がればいいと思う。



お招きいただいた会社様、そして多くのことを学ばせてくれたこれまでのスタッフに感謝です。
by kitchenparadise | 2015-10-24 13:00 | 私、こう思う

捏製作所

捏(つくね)製作所という、藤崎にあるつくね料理専門店に行ってきました。お相手はソワニエ編集長の弓削さん、おなじみの料理研究家、三溝清美先生、そして洋子先生。

薬院からタクシーで20分近くもかかる住宅街という、かなり不便な場所にあるし、あんまり知られてないと思いきや、びっくり。
満席~。予約しないと入れないらしいです。
友人やスタッフに話すと意外とみんな知っていて、夏にオープンしたそうですが、もう有名店の仲間入りっぽいですね。お店は打ちっぱなしのおしゃれな雰囲気で、お酒の説明もおもしろいし、蒸したつくねが美味しい。
c0228646_129248.jpg

トマトとバジルのつくね、えびとパクチー、なんてのもあり、食べてみた時の味、食感、意外性が楽しい。7種類も食べちゃいました。

c0228646_12134046.jpg

c0228646_1214410.jpg


二次会は、警固の「万yorozu(よろず)」へ。うわさ通りの素敵なお店です。海外からの取材なども多い、日本茶のバーです。こちらも予約しないといけないみたい。いま福岡は、コンセプトがはっきりしたこだわりのお店が人気あるんですね。

楽しい夜はあっというまでした。


by kitchenparadise | 2015-10-22 12:15 | 私が好きなもの、好きな店

11月14日(土)洋子先生の基本ごはん会 vol.5

11月14日(土)友納洋子先生の基本ごはん会vol.5を開催します。

基本のおかずでありながら、これまで我流で味が定まらなかったり、きちんと習ったことなかったというおかずを、丁寧にイチから教えていただこうというのが洋子先生の基本ごはん会。
生姜焼きや肉じゃが、チキン南蛮、餃子など、回数を重ねて主菜も副菜も種類が増えてきました。

今回は、鯖の味噌煮と豚汁です。簡単なようですが、洋子先生ならではのちょっとしたコツを覚えて、これからずっと作りたい自分の定番にしましょう!

副菜も数品作りますよ。

洋子先生の基本ごはん会vol.5


2015年11月14日(土) 
午前の部 10:30-13:00
午後の部 14:00-16:30

場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:3000円 参加数:各6名×2
内容:デモ+実習+試食



友納洋子先生は、料理研究家・三溝清美先生のアシスタントとして、料理講習だけでなく、テレビ、雑誌、企業レシピ開発、レシピ本の出版など、あらゆる料理に関する仕事に長くかかわってこられました。
その経験を生かして、これから料理をしたい方や、基本を見直したい方などに、毎回とてもわかりやすいレシピを作っていただいています。
今回も洋子先生ならではの思いやりレシピで、料理を作る幸せ感をたっぷり味わっていただきたいと思います。

お申し込みは10月26日(月)10:30amから。
お申込みは、staff@kitchenparadise.com までお願いします。
基本的には先着順ですが、同じ時間帯にたくさんの方のお申し込みがあった場合は抽選になります。
タイトルに「洋子先生ごはん会」と書いていただき、お名前、お電話番号、午前の部か午後の部かを必ずお書き添えください。
by kitchenparadise | 2015-10-21 13:43 | キチパラ講座

松田美智子先生の自在道具

c0228646_1673835.jpg


松田美智子先生の自在道具のラインナップが増えました。スタッフで自在道具の勉強をしていますが、勉強すればするほど、先生の考案した道具は本当によく考えてあると納得します。

最も人気のある、鉄の中華鍋のような「自在鍋」。深さといい、持ち手の角度といい、絶妙です。
揚げ物にも炒め物にも、ゆで物にも使えます。

一生モノの、楕円の飯台。お寿司だけにとどまらず、炊き込みごはん、サンドイッチなどのプレート、日々の食事やおもてなしに自在に使えます。楕円というアイデアがすばらしい。テーブルに収まりやすいのです。

最近、スタッフが全員買ったのが、こちら。イチョウのまな板1404円。
c0228646_16325882.jpg



松田美智子先生が講座で使っているのをみて、みんなで「ほほ~。なるほどなるほど。」と深く納得。
イチョウは、水はけがよく、臭いが残らず、復元力が強いのです。普段使いにとてもいい。
しかもこのサイズ。15センチ×15センチ。 小さいんだけど、ちょっとネギを切って、その都度そのまま鍋に入れられるという便利さ。なるほどでしょう。大きめのまな板がいらないわけじゃなくて、まな板オンまな板でもよいわけです。

お店で取扱いをはじめ、週末までには特におすすめのものはネットでも取り扱いを購入できるようにします。
自在道具、すばらしい。香味鍋もいい。おひつもいいい。ホーローのスプーンも理にかなってるし、ホントどれでも良いんですよ。

おしらせ:11月14日、洋子先生の基本のごはん会を開催します。サバの味噌煮、豚汁ほか、ぜひ押さえておきたい基本のメニューを紹介していいただきます。まもなく10/26(月)の10:30amから受付を開始します。おまちくださいね。
by kitchenparadise | 2015-10-20 16:14 | 道具:キッチン道具全般

ROSLEのエッグウイスク

c0228646_1311497.jpg


泡だて器なんてどれでも同じ!?そんなことはありません。良い泡だて器は、使いやすく、手になじみ、使うたびに心地よく、長持ちします。つい使いたくなってしまう泡だて器があるのです。
私が18年使っている泡だて器は、ドイツのROSLEのエッグウイスク。ウイスク=泡だて器。

母が海外で買ってきたお土産でした。ドイツでは、どの台所用品店でもROSLEがたくさんたくさん置いてあります。名の知れた一流メーカーなのです。
18-10ステンレスというさびにくいステンレスを使用し、手に取った時の取っ手とワイヤーの重さのバランス、丈夫な作り、長時間使っていても重さを感じないし、疲れないのです。

2700円(税抜)と、さすがにお高めですが、主婦生活50年使えるとなると、全く高くないと思えます。年間使用料金60円かかりませんから。こんだけ使ってもびくともしないのです。

このROSLEは、創業から130年ほど、キッチンツールをはじめて100年以上の老舗です。ステンレスの厚みがあり重厚感を感じるのは、もともと耐久性と使いやすさを一番に考えてた、業務量、プロ向けだからです。
新製品を開発して販売するまでに、必ずプロの調理人によってテストされるらしいですから、すばらしい。

18年も使っても古さを感じず、使い勝手が良いのは、プロフェッショナル向けのキッチンツールメーカーである自信からくるものかもしれません。

日本でいえば、木のおひつ、鋼の包丁、竹のザルなど職人が自分の自信をもった作品を作るように、ステンレス職人のドイツならではの作品がこのROSLEなのでしょう。

ローズレ、と読んだり、レズレーと読ませたりするようです。私たちは「レズレー」として、お店で20点ほどに商品数を増やして販売をすることになりました。

ちなみに、このレズレーのウイスクは卵用だけで数本、ジャグウイスクという縦長のグラスでつかう泡立てだけでもまた数本と、用途に分かれてデザインやワイヤーの本数が変わってくるというこだわり用です。
50年以上使えるツールですので2700円とはいえ、実際に見て、触って選んでいただきたいと思います。

Vスライサーやレリコンスパチュラもすばらしく使いやすいです。
by kitchenparadise | 2015-10-17 13:44 | 道具:キッチン道具全般

スグレモノ!Glasslock

c0228646_1542342.jpg


数年前、キチパラ韓国フェアの時に紹介していたこの保存容器、グラスロック。韓国製。
正式に輸入販売されることになったらしく、さっそくキッチンパラダイスでも店頭で販売を始めました。

ほかの保存容器とどう違うのかいうと、

一、まず、落としてもそうそう割れない!
二、温度変化に強い!
三、パチンと蓋がロック、こぼれない。臭いももれない!


そう。キムチを入れてもへっちゃらだから、韓国で売れ始めたのではなかろうかと言っているけれど、日本でも受けると思っています。
落としても割れないっていうのもすごいし、温度変化は160℃なので、230℃までのオーブンにいれてもいいし、電子レンジでもいいし、とにかくびくともしないところがすばらしい。

•料理したての熱い食べ物もすぐに保存できるし、
•ガラス容器なので、食べ物の中身が一目で確認できるし、
•もちろん、食器洗い機でも洗うことができます。

•蓋にシリコンが付いているので持ち運んでも割れないし、

•ガラスだから食べ物の匂いとか色がつきにくく、簡単に洗浄ができます。

•食卓の器として使えますし、

•積み重ねて収納ができます。強いから。

これまでのガラス容器から一歩進んだと言えると思います。
次に買うならぜひ買い!です。

韓国フェア以来、絶対日本でも流行ると思っていたけれど、ようやく正式に輸入されるようになりました。


ご購入はこちらです。
店頭でもございます。
by kitchenparadise | 2015-10-02 15:52 | 道具:キッチン道具全般

イタリアベジ講座とゆず胡椒講座

先週と今週、ラボでは2つの講座がありました。
まずは中島志保美先生による、イタリアベジ講座。野菜だけのイタリアン講座です。
チャーミングでお野菜ラブの志保美先生。野菜がいかに体と心を温かくするのかという話になると、思わず涙ぐみそうになるシーンも。その明るさと純粋さで、和やかで楽しい会となりました。
c0228646_14393665.jpg
c0228646_14395034.jpg

ほかにもいくつかの野菜だけのお料理ができあがりました。やさしいお味です。野菜だけなのにしっかりおなかいっぱいになりました。
ワインの差し入れもあり、まさかのワイン会のようなラボ講座に。Tさんありがとうございます。

ゆず胡椒講座は、マダムゆずでおなじみの神谷先生。
昨年に引き続き2回目ですが、またもや先生の軽快なおしゃべりに引き込まれ、最後は柚子胡椒の卵かけごはんにノックダウン!
c0228646_14433042.jpg
c0228646_1443487.jpg
c0228646_1444244.jpg

できたてすぐのゆず胡椒卵かけは、女子高生的に言えば、「これ、ヤバッ!!」な感じです。
いましか、というより作った直後しか味わえない、まさに究極の香りと味なのです。

売っているゆず胡椒と作り立てのでは全く違います。
今年も堪能しました!先生ありがとうございます。3回もの講座を引き受けていただきました。

ご参加のみなさん、お野菜、ゆず胡椒、作られましたか?ぜひご感想をおきかせくださいね。

来週は、毎年恒例の西部ガスさんのガス展「くらしガ、スマート2015」があります。
私はキッチンステージの企画をお手伝いさせていただいており、数日は司会進行役も務めさせていただくことになりました。素人がやって、大丈夫なのか!?ですよね。笑)

私も観客のつもりで、みなさんを代弁する立場でインタビューに臨みたいと思います。
昨年までのように、キチパラのサテライトショップとはいきませんが、9日は松田美智子先生の道具を販売しますし(キチパラの白金のお店はお休みになります)、10日と12日は保存容器を3Fで販売します。スペシャルな商品もちょっとだけ持っていきます。ぜひお立ち寄りください。
by kitchenparadise | 2015-10-01 14:53 | キチパラ講座


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

なみじゅうの購入(最新版 2..
at 2017-08-19 08:30
貴重な初版はキチパラで!
at 2017-08-18 08:30
9/16(土)田中博子さんの..
at 2017-08-17 16:15
エッセイ「パンツのゴム」
at 2017-08-16 19:43
8/11(祝)桧山先生NHK..
at 2017-08-10 16:23

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧