<   2016年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

今年もお世話になりました

2016年が終わろうとしています。今年もお世話になりました。
仲間に、お客様に、まわりにたくさん支えられた一年でした。
体を壊したりしてスタッフにも心配をかけましたが、彼女たちからいつも励まされました。
ありがたいです。

今日は、尊敬する料理家である桧山タミ先生のところへご挨拶に。
先生は、半年ほど前に私が芋を好きだといったのを覚えていらして、安納芋も蒸かして待っていてくださいました。甘くてジューシーで最高のお芋さんで、遠慮なくたくさんたくさんいただきました。

先生は私の手を触って「文さん、手が冷たいわ」というと、私の背中にまわり、長いこと背中をさすってくださいました。
「こうやって背中をさすると、ハンドパワーで体全体の血流がよくなるのよ」

「先生、ありがとうございます。もう大丈夫です。」
5、6回言ったでしょうか。先生は
「まだまだ。」と長いことさすってくださいました。

40歳以上年上の大師匠。91歳になられる先生に、力強く背中をさすっていただきながら、涙がでそうでした。このご恩をどうお返ししようかと思いました。
先生から受けた愛情は、世の中にお返ししていくのが私の役目です。たとえわずかでも、そうしなくてはと思います。そのためには、それをできる実力もつけなきゃですね。
c0228646_21494932.jpg


来年も頑張りすぎず、一歩一歩前に進みたいと思います。
2017年もよろしくお願いいたします。
皆様にとっても、素晴らしい1年となりますように。
by kitchenparadise | 2016-12-29 21:43 | 私の日常

キッチンパラダイスのなりたち その3

キチパラのなりたち その3です。(その1はこちら、その2はこちらから)
******************************************************************

キッチンパライスのオープンは私が33歳、お嬢が1歳5か月。子供が小さい時にお店を始めるなんてかわいそうだ思われたかもしれません。私は物事を深く考えるたちではありますが、一度決めたら無鉄砲。頑張れば何足のワラジでも履けだろうという根拠のない自信があったし、経営者だからこそ勤め人より自由時間があるだろうと踏んでいたのです。
そこで、お店を始めるにあたりいくつか決まり事を自分に課しました。

①娘と一緒の時は仕事をしない
②保育園の延長保育はしない
②送り迎え、料理、家事のすべては私ひとりでする
③仕事時間が足りない時は、家族が寝てからやる。寝ない!
④テレビを見る時間と新聞読む時間はなし!
そして、
⑤料理は必ず手作り。冷凍、総菜は買わない。

これだけ頑張れば神様も応援してくれるでしょう。

娘には小さいころからいくつもの習い事もさせました。ピアノ、バレエ、ダンス。常にお店と家と習い事を行ったり来たり。仕事をしてるから時間がないとは思いたくなかったのです。スタッフにお店を任せて、17:00過ぎると毎日飛び出すようにお迎えにいったものです。

しかも、こんな小さな店に当時スタッフは私以外に2人。軌道乗ってない時の給与の支払いは大変でした。娘との時間を考えると、収入は後回しでもスタッフが必要でした。それに、私の稼ぎがない状態で、夫に家事やお迎えは到底頼めません。この段階では、お金がかかりすぎる妻の趣味みたいなもの。

夕方5時に仕事が終わるはずがありません。続きの仕事は家族が寝静まってからになります。
家族が寝た22時過ぎに、車で15分のお店に戻ることもありました。
料理の片づけが終わり、娘をお風呂にいれ、洗濯物をたたんで片づけをして部屋を少し片づけて、娘を寝かせ、0時から仕事再開。睡眠3.4時間。そんな毎日が何年も続きました。自宅なのに座る時間はなく、寝る時間もないので、鏡をみると常に目クマ。
借金は返さないといけない。会社のお金は回らなくなってきた。でも子供との時間が大切にしたい。家事は頼めない。

あまりの忙しさに、1年もたたないうちに疲弊しきっていきました。

1年半経った時、実家の父に初めて「私には能力がなかった、甘かった」と、弱音をはきました。
父は娘をあやしながら聞いていましたが、特に助言はありませんした。
「おかしいなぁ、君は商才はあるはずなんだけどなぁ。」とだけ。

ったく、父が思い付きでいつもそんなこというから、私が調子になって根拠もない自信家になり、こんな失敗するんだ、親譲りだと思ってしまいました。いつ店を閉じようか、借金はどうやって返そうかと思いながら帰路につきました。

翌々日、お店に一通の手紙が届きました。「田中文様」と達筆で宛名書いてある分厚い白い封筒。
父からでした。

とっさに「とうとう、父が小切手入れてきた!」と思いました。

甘えないと思っていたけど、困ったときにはしかたあるまい!
小切手を中から出そうとしましたが、でてきません。
引っ張りだすと、和紙に筆で綴った巻紙のような手紙でした。

「水はザルには溜められません。ボウルにしないといけません。
お金が使えないなら、頭を使いなさい。」

逆さにしても、小切手は出てきませんでした。

ザルでなくボウルか....。

寝ずに考えて、わたしは思いきった行動に出たのでした。
by kitchenparadise | 2016-12-28 16:12 | キチパラのなりたち

なみじゅう出荷中

なみじゅうの年末出荷中です。年の瀬の発送になってしまい大変申し訳ありません。
年末でご不在かもしれないので、スタッフがお電話やメールで確認しながら出しています。携帯に、知らない番号から着信があるかもしれません。キチパラは092-534-6311です。よろしくお願いします。

キチパラ卒業生(キチパラOG)がいつも手伝ってくれます。お嬢とお嬢の友達も加わって、大量のなみじゅうを梱包中しました。おかげで今日で8割が終了。
c0228646_1844890.jpg

キチパラOGのこまっこ・アッキーチームは慣れたものです。
ちょうどOGのおっち、店を手伝ってくれていた友人も帰福して、一緒にまかないランチしました。楽しい時間です。


by kitchenparadise | 2016-12-27 18:24 | お店でのできごと

キッチンパラダイスのなりたち その2

キッチンパラダイスの思い出話、その2です。(その1はこちらをお読みください)

15年前、キッチンパラダイスのオープンにたどり着くまで、頭を抱えた事がいくつかあります。

一番は、ズバリ、お金の問題。OLの時から貯めておいた貯金を頭金に銀行に借りたいと思っていましたが、素人の私にはそう簡単には貸してはくれないようでした。そんな時に見つけた小さな記事が、県主催の「女性起業家セミナー」。男女参画なんちゃらを小泉内閣が打出したばかりで、「このセミナー6回講習を受けた方は、優先的に福岡県が融資する」という内容。飛びつきました。当時、女性が3年以上お店(会社)を続けられる可能性は極めて低いとされ、また市や県がセミナーを受けてもお金の問題で起業にたどりつく女性が少ないことから、受講後は保証なしで融資を受けられる制度ができたようです。託児もついていたこともあり、はりきって通いました。


意気込んで女性起業家融資を12月に申し込んだものの、年度内(3月)までの枠は終了したとはねかえされがっくりです。
改めて紹介された金融機関にアポをとり、経営計画書を持参して面接していただくも、「経験は?」「ご主人は何をされてますか?」「自己資金はもっと出せますか?」最後は親の職業まで聞かれる始末です。融資担当者からは「田中さん」でなく「奥さん」と呼ばれ、落ち込んですごすごと帰りました。
結局、セミナーの甲斐なく、夫に保証してもらい、ようやく借りれました。
誰の力も借りないと意気込んでいたのに、最近からガツンです。

もうひとつ問題は、店舗の賃貸です。素人には貸したくない大家さんばかり。現在借りている物件も、最終契約の時にご主人を連れてきてと言われました。今でこそ、大家さんとは信頼関係がありますが、内心、心配しながら貸してくださったのでしょう。信頼していただけるようになった今は、本当にありがたいと思います。
お店にそんなに賛成ではなかった夫にも、結局は骨を折ってもらわなくてはいけませんでした。

取引をしてもらうため、日帰りで東京にも何度も足を運びました。
ある有名な大手の家庭用品問屋さんからは、アポをとって伺ったにも関わらず、「お店初めて?それならうちはおろしせませんよ。」とはっきり断られ、カタログさえ見せてもらえず退散。(ちなみにその会社とも15年越しにまもなく取引することに)
バーミックスを入荷したいと依頼した別の問屋さんには「いまから福岡支店に現金持っていってください。」と言われ、頭を下げて分けて売っていただいたこともあります。(いまではいいお取引先です)

女性が、しかも未経験者がお店をだすということはこういうことなんだと、自分の甘さを痛感するようなオープン前の2か月間でした。その厳しさのおかげで、信用の為に支払は確実に期日前に、何があろうと遅れないという、当たり前の習慣が身についたように思います。

もうひとつの問題は、小さい娘との時間をどうするかということでした。子育ては手を抜きたくない。毎日手作りのものきちんと食べさせたい。ゆっくり娘の相手をしたい。
台所が好きで、台所の良さを伝えたいのに、娘のことをほったらかしにしてしまったら、もともこもありません。
そのために、自分自身にいくつかの決まりごとを作りました。それはまた次回。

オープンの時の様子です。お花もたくさんいただきました。
c0228646_17555849.jpg

c0228646_17571127.jpg


by kitchenparadise | 2016-12-26 17:37 | キチパラのなりたち

福袋の抽選済ませました

2017年のキチパラ福袋、今年もたくさんのご応募ありがとうございました。
今年は30人でしたが、4倍以上のお客様にメールいただきありがたいです。

昨日こんな、アナログな方法で抽選しました。
c0228646_18485484.jpg

受付番号を抽選して照らし合わせて、当選された方には12/21にメールでお知らせしています。
メールを受け取った方は、そのまま返信していただくと、購入予約完了です。まだ未返信の方は12/25までにご返信ください。無効になり、再抽選になります。

残念ながら福袋のネット予約ができなかった方は100人いらっしゃいます。ご希望に沿えず申し訳ありません。店頭販売は2017/1/7(土)です。こちらも当たりが含まれていますし、5400円ですが12000円以上の商品が入っています。お時間のある方はお越しください。10:00に整理券配布です。



by kitchenparadise | 2016-12-22 19:03 | 福袋

思わず泣いたカレンダー、その続き

(追記:12:26 カレンダーは西部ガスさんから頂戴した部数をすべて配り終え、終了しました。)

数日前、思わず泣いたカレンダーのことをブログで書いたところ、「欲しい!」「12か月全部みたい!」というお声が多く、
15部ほどを西部ガスさんから入手決定!
(追記:15部はすぐ終了したので、また追加をいただきました)
ありがたいです。
で、お分けしますので、欲しい方はメールください!もちろん無料です。
お送りするか店頭でお渡しします。先着順です。
郵送で送ります。送料はキチパラで負担しますのでご遠慮なくどうぞ。(部数がとても多くなってりまいまして、、、取りにお越しになれる方はできれば店頭にお願いします。)

個人のFBとこのブログで西部ガスさんのカレンダーのことを紹介してからというもの、いろんな方とお弁当の話になりました。亡くなられたお母様を思い出されてこみあげてきた方、お嬢さんへのお弁当作りをまた頑張ろうと思い返した方、わけもなく涙がでてきましたよという方など、おべんとうにはそれぞれの物語があるのだと思いました。

私は高校生の頃、朝ごはんを食べる時間がないほどギリギリに起きて飛び出していっていました。
母は私を追いかけきて、「ほら、ばくだんおにぎり。」と、お弁当とは別にカバンに大きなおにぎりを入れてくれたものです。おにぎりはソフトボールくらいの大きさ、うめぼし、おかか、ツナ、昆布、シャケなどいろんな中身が日替わりでいくつも入っていました。学校についてから朝ごはんにひとかじり、2時間後にまたひとかじり。
寝坊した私にばくだんおにぎりを持たせてくれるのは当たり前で、ただお腹すかずに済んだという気持ちしかなく、感謝なんてしてなかったかもしれません。
そんな私が今頃になって、しみじみと有りがたいと感じる。それがおべんとうというものでしょうか。

先日書いたブログをコピペします。カレンダー希望の方はメールください。
staff@kitchenparadise.com

**********************************************

カレンダーを見て泣いてしまった.....。
めくるごとに胸にじわっとこみあげてくる。
そのカレンダーとは、
2017年の西部ガスさんのカレンダー
ふたを開ければしあわせ。
 

c0228646_13175937.jpg

一般発売されているものではなく、お得意様やお付き合い先に配布しているらしい。

1月は、
c0228646_13221659.jpg

「一緒に食べるごはんより、つくってくれた母の顔が見えるお弁当がある」


4月は
c0228646_1324666.jpg

「おかずの数は、母の愛情の深さだ。自分で作ってみてはじめてそう思った。」

5月は
c0228646_13295964.jpg

「母が毎日してくれること、たった1日しただけで ありがとうね、と母は言う」 


私も毎日高校生のお嬢にお弁当を作っている。
どんなおかずをいれるかという、なにげない思考に、無意識の意識がある。
食欲がない夏は、マリネなど酸味があるものをいれようとか、試験の時にはトンカツをいれてみたりだとか、食べ過ぎだという日の翌日は揚げ物は入れないとか、本当になんとなく、なんとなく無意識でそういうことを考えている。それが日常になっている。大切な人のことを大切だと言う代わりにお弁当を作っている自分に気が付く。
私のおべんとうは茶色くって、品数だけは多いけどけっして見栄えがよくない。これを入れると華やかに見えるという見た目はまったく考えず、お嬢の体のことしか考えていない。だから、ときにぐちゃぐちゃなお弁当になるがそれでもいいと思っている。

カレンダーのおべんとうが素朴で飾らないからこそ余計に心を打たれる。「わかるなぁ」という母親目線であることに加え、ようやく私が母に感謝できる年齢になったこともあるなと思う。

このカレンダーは、
12月「お弁当ができたてのごはんよりあったかい日がある」
で締めくくられている。
たぶん、子ども目線ではそんなことは思わない。こんなことを思える大人になるのはまだまだ先のことだと思う。
だけど、ケンカしても、反抗されても、お弁当箱を洗わなくても、変わらず子供を想っているているというのが、いつかは伝わる日がくると信じられる。そんなカレンダーだ。

レシピもついていて親切。西部ガスさん、いい仕事です。

最近、instagramを始めました。お嬢に作るお弁当の記録のため。撮影のためにかっこつけないことにして、アップしています。お恥ずかしながら。
https://www.instagram.com/aya.tanaka.kp/

by kitchenparadise | 2016-12-21 07:00 | お店でのできごと

海賊と呼ばれた男を観て

先週ひとりで「海賊と呼ばれた男」を観に行った。原作が面白かったと聞いていたので期待していったが、結果は...まぁ期待スレスレ。永遠の0ほど胸に迫るものはなかったけれど、2時間以上の映画で飽きることなくみることができ、観てよかったなという感想。

これはおそらく女性より男性は喜ぶだろうなぁ。

ひとりの青年が、明治から昭和にかけての激動の時代をかけぬけ、日本に勇気を与えるような大事業を展開していくというストーリー。石油業界から排斥され、売る石油されもない状態でありながら、社員をひとりも解雇せず、旧海軍の残油集めなどで体をはった仕事をうけながらも、店主(岡田准一)に全員がついていく。
社員を家族のように考え信頼する、常に勇気ある挑戦を選択し最後まであきらめない。人望がある。
だからみんなが命をかけて彼についていく。実話をもとにしていることに感動する。
人間関係が美しい。

「おもしろい!」というより、「勉強になるな~」と感じた映画。
岡田君、立派。


ところでこの映画、キャナルシティのプレミアム・ダイニング・シネマのラグジュアリーシートで観た。
みんな知らないでしょ?
c0228646_1795537.jpg


リクライニングができるシートでゆったり、しかも飲んだり食べたりしながらゆっくり映画鑑賞できる。
3800円。映画鑑賞に、2000円分の食事チケットがついている。ノンアルコールビールは500円。それはいいとして、サラダ(500円)もまぁいいとして...若鶏のクリーム煮(1000円)は最悪だった。300円でも食べないしろもの。
次回は、チーズのもりあわせとかを食べながらビールを飲み、最後にケーキ食べて帰ることにしよっと。
ネットからシートの予約ができますよ。キャナルのユナイテッドシネマ、プレミアム・ダイニング・シート


by kitchenparadise | 2016-12-20 17:03 | 私の日常

わたしの伊達巻の作り方

c0228646_12514287.jpg

お正月は、好きな料理屋のおせちを頼む方も多いでしょう。ですが、年に一度ですから、自分でもちょっと作ってみたいですよね。
わが家は、お煮しめ、黒豆、牛肉のごぼう巻、なます、数の子、栗きんとんは基本です。それと私が必ず食べるのが伊達巻。家で作った伊達巻は保存料も無く、安心です。

伊達巻って、甘いのが好みか、すり身はどれがいいか、ご家庭で大きく違うので、いまのうちに娘や姪たちに味を刷り込んでおこうと思っているわけです。

必要な道具は、銅の玉子焼器、鬼寿(伊達巻用のまきす・鬼すだれともいう)。もちろん、普通の玉子焼器でもフライパンでもできますが、銅を使った時の膨らみと食感は格別。

私の材料はコレ。

卵4個 白身魚やえびのすり身70g(orはんぺん1枚) 砂糖大さじ1~2 みりん大さじ1 出汁大さじ2~3(省略しても) 醤油、塩少々

出汁は入れない人も多いんですが、私は風味づけに入れてます。出汁を入れると日持ちはしません。
最初に作る時は、すり身は高いのではんぺんで何度も練習しました。


では作り方。

①オーブンを160℃に温めておきます

②卵を切るようにして溶きます。泡だて器では空気が入るので気をつけて。

③すり身をすり鉢でなめらかになるまでする。調味料を加えてさらになめらかに。卵をいれてさらにする。
(プロセッサーでもできますが、お正月はぜひすり鉢で)

④こし器でこす(漉したらなめらかさがプロ級に!)

⑤銅の玉子焼器を温めてから油を内側全部に丁寧にぬる。火をとめて④を流しいれる。

⑥160℃のオーブンに銅の玉子焼器をいれる。(取っ手が外れるものでないとダメですね)

⑦中段に5分いれて、130℃に下げてさらに20分程度焼く。
 (オーブンによって焼き時間はかなり異なります。15分経ったら、卵の上をつついてみてください。まだできていないと卵汁がでてきて、焼きすぎだと固いです。巻けそうだなーというくらいでおわり)

⑧巻けそうなくらいに焼けたら、取り出し、鬼寿の上において、何本か切れ目をいれて、巻く。

⑨ゴムやタコ糸で数か所しばって、2時間くらいなじませる。できあがり。

ようは普段の出汁巻にすり身かはんぺんを入れるっていうくらいで、あとは焼き方。
ガスコンロでもやけますし、フッソ加工の玉子焼器にアルミ箔をかぶせ、表裏焼いてもできないことはありません。ただ、フッソ加工はアルミですので焼きむらがあるのです。すべての同じように火が通らないとうまく巻けなくなります。焼きむらのないように工夫してください。もちろん銅のほうがだんぜんよく膨らむという点もあります。

以前、耐熱ガラスに卵液を流し込んで伊達巻を作ろうとしましたが、外側は焼けているのに、真ん中は全く焼けずに、中央部分だけ卵の池ができたようになって、失敗。道具でこんなに違うんだと思いました。

また、伊達巻はぜひ専用のまきすを。お正月らしくなりますし、おめでたい日にふさわしい伊達巻になります。
by kitchenparadise | 2016-12-19 13:16 | キッチン道具について

思わず泣いたカレンダー

カレンダーを見て泣いてしまった.....。
めくるごとに胸にじわっとこみあげてくる。
そのカレンダーとは、
2017年の西部ガスさんのカレンダー
ふたを開ければしあわせ。
 

c0228646_13175937.jpg

一般発売されているものではなく、お得意様やお付き合い先に配布しているらしい。

1月は、
c0228646_13221659.jpg

「一緒に食べるごはんより、つくってくれた母の顔が見えるお弁当がある」


4月は
c0228646_1324666.jpg

「おかずの数は、母の愛情の深さだ。自分で作ってみてはじめてそう思った。」

5月は
c0228646_13295964.jpg

「母が毎日してくれること、たった1日しただけで ありがとうね、と母は言う」 


私も毎日高校生のお嬢にお弁当を作っている。
どんなおかずをいれるかという、なにげない思考に、無意識の意識がある。
食欲がない夏は、マリネなど酸味があるものをいれようとか、試験の時にはトンカツをいれてみたりだとか、食べ過ぎだという日の翌日は揚げ物は入れないとか、本当になんとなく、なんとなく無意識でそういうことを考えている。それが日常になっている。大切な人のことを大切だと言う代わりにお弁当を作っている自分に気が付く。
私のおべんとうは茶色くって、品数だけは多いけどけっして見栄えがよくない。これを入れると華やかに見えるという見た目はまったく考えず、お嬢の体のことしか考えていない。だから、ときにぐちゃぐちゃなお弁当になるがそれでもいいと思っている。

カレンダーのおべんとうが素朴で飾らないからこそ余計に心を打たれる。「わかるなぁ」という母親目線であることに加え、ようやく私が母に感謝できる年齢になったこともあるなと思う。

このカレンダーは、
12月「お弁当ができたてのごはんよりあったかい日がある」
で締めくくられている。
たぶん、子ども目線ではそんなことは思わない。こんなことを思える大人になるのはまだまだ先のことだと思う。
だけど、ケンカしても、反抗されても、お弁当箱を洗わなくても、変わらず子供を想っているているというのが、いつかは伝わる日がくると信じられる。そんなカレンダーだ。

レシピもついていて親切。西部ガスさん、いい仕事です。

最近、instagramを始めました。お嬢に作るお弁当の記録のため。撮影のためにかっこつけないことにして、アップしています。お恥ずかしながら。
https://www.instagram.com/aya.tanaka.kp/
by kitchenparadise | 2016-12-17 15:03 | お店でのできごと

キチパラ福袋の当たりはこれっ!

(追記:2017年ネット予約の受付終了いたしました。12/21の19:00までに当選者の方にメールでご連絡いたします)

キチパラ福袋は、
12/20(火)にネット予約
1/7(土)に店頭販売です。

ネットと店頭あわせて60個の福袋
1個が5400円です。

すべて12000円以上の商品が入っており
今年はこちらが2台当たります。

シャスールのサービングキャセルール20cm(25920円
c0228646_1746269.jpg


サービングキャセロールは、すき焼きからパエリア、お肉のソテーなど、普段の料理、そしてパーティなどでも大活躍します。20cmは少人数用です。重量:約3.1Kg 満水容量:約1.3L 高さ(本体のみ):約5.7cm
深さ:約5cm 原産国:フランス

フタも本体もしっかり重く、厚みがあるので水分の揮発が少なく保温性抜群。食材の水分・エッセンスを十分いかすので、美味しくふっくら仕上がります。焦げ付きにくいのでお手入れも簡単。重さと厚みがあるため、中火~弱火でしっかり調理できます。

今年は2台も当たります。お楽しみに!

***********************************************************
2017年の福袋の詳細は下記の通りです。

2017年福袋も2つの方法で販売いたします。

①予約販売(メール予約・抽選・1月発送)

②店頭販売(先着順)

価格はどちらも5400円です。
*********************************************************************
①予約販売・抽選
2016年12月20日(火)
10:00am-20:00pm受付

限定数:30個

1.10:00am-20:00にメールにて、購入予約の応募をされた方の中から抽選で30名に当選のご連絡をいたします。メールが届いた方は、そのままメールを返信してください。(12/25までの返信締切)
メールをお送りしても折り返しの返信が無ければ、無効です。

*12/21(水)にキッチンパラダイスからメールが無ければ予約できなかったことになります。
*毎年数百名のお応募のため、すべての方にご返信できず申し訳ありません。
*メールアドレスが間違っていたり、キチパラからのメールがはじかれた場合には、受付不可となりますのでお気をつけください。携帯からのご注文はPCからのメールがはじかれることが多いようです。

2.応募は、おひとり様一つ、また同じ住所のご家族に一つとさせていただきます。同じ住所やメールアドレスで複数のご応募があった場合はすべてのご応募が対象外となります。メールが送信されているかどうか、どうしても不安な場合は、お電話でお問い合わせください。(092-534-6311)

3.送料別で、福岡県内486円、九州518円、中国540円、関西648円、関東972円です。
(その他HPをご覧ください)

4.お支払いは、代引き(432円お客様ご負担)か、銀行振込(振込料お客様ご負担)のいづれかをご指定ください。

5.キャンセルやご連絡がつかない場合は、別の方にお譲りする場合があります。

6.福袋に合わせてほかの商品の同送品のご希望があれば、1月6日(金)までにお電話かメールでお知らせください。総額8800円以上は送料無料となります。

7.予約販売の福袋を、福岡白金の店舗でお受け取りになりたい場合は、12/27(火)までにお振込みください。1/11(水)以降に、キッチンパラダイス店頭にてお受渡しです。


8.申込み方法は次の通りです.。

○12/20(火)10:00am~20:00までの間に、staff@kitchenparadise.com
あてに、福袋2017のメールタイトルでお送りください。
○メール内容は下記をお書きそえください。

①お名前:

②ご住所:〒

③電話番号:

④メールアドレス:
(携帯メールでは、PCからのメールを受信できない場合がありますのでご注意ください)

⑤お支払方法;代引きか銀行振込

⑥店頭受取の方は「店頭受取」・発送の方で受取時間の希望がある方は「平日○時頃」「土日○時頃」とご希望をおかきください。


*********************************************************
②店頭販売(キッチンパラダイス店頭)
2017年1月7日(土)10:30~
(10:00から整理券配布) 

限定数:30個

整理券をお受け取りになられたら1/7の18:00までに店頭で必ずお受け取りください。
店頭でご購入の方は、10:30の開店と同時に整理券番号順でお呼びいたします。ご自身でどの福袋にするかをお選びいただけます。
by kitchenparadise | 2016-12-16 18:11 | 福袋


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具のテストや考察、お店のお知らせ、出会った方々や興味深い本などを毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
キッチン道具について
おしらせ(SALE等)
お店でのできごと
キチパラ講座
なみじゅう
私、こう思う
キチパラのなりたち
言葉

家族
福袋
ともだち
プレスリリース
私のプロフィール
私の日常
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

三徳包丁と牛刀の違い
at 2017-03-29 13:28
炊飯ジャーは土鍋を追う?
at 2017-03-28 15:26
生活のたのしみ展に行ってきた
at 2017-03-27 15:58
マニアマニエラの取材
at 2017-03-25 08:00
おろしはおろしでも、おろし違い
at 2017-03-24 07:30

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧