<   2017年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

奈佳先生の夏の韓国料理ラボ講座

午前、午後とも満席です。(6/11)
c0228646_14042330.jpg

2017年7月4日(火)
「奈佳先生の夏の韓国料理ラボ講座」 
講師:韓国料理家 結城奈佳先生
    (我が家の韓国料理教室)東京在住
午前の部 11:00-13:30
午後の部 14:00-16:30
場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:5400円 参加数:各6名×2

内容:デモ+実習+試食
持ってくるもの:筆記用具・エプロン
メニュー:枝豆のコングッス・宮中のトッポッキ・エゴマの葉のキムチ・チンゲンサイのナムル・デザートにペスク(梨のシロップ煮)
(枝豆コングッスは枝豆スープのそーめん。宮中のトッポッキはお餅を使ったチャプチェのような辛くないチャプチェのようなトッポッキです)
c0228646_14040536.jpg
c0228646_17142974.jpg
**********************************
奈佳先生とは20年以上のお付き合い。勉強家で、頑張り屋で、誰にでも優しいのは、初めて会った時から変わりません。しかもとびきり好奇心旺盛な性格が、先生の講座を受ければよくわかるでしょう。料理だけでなくそれにまつわる文化の話、言葉、生活など、大好きな韓国に関することをよく知っていて、ほんとに感心してしまいます。

現在は東京にお住まいですが、料理教室を始めたのが出身の福岡であることから、福岡には特にファンが多いので、講座はすぐに満席になるのが常です。しかもラボ講座は少人数制で先生との距離も近く、直接いろんな質問ができ、お話ができます。

奈佳先生のブログ「今日も食べようキムチっ子クラブ」をぜひチェックしてください。
韓国料理が初めての方でも、おひとりでのご参加でもきっと楽しい時間をお過ごしいただけます。

**********************************
6月5日月曜日10:30申し込み開始です。メールかお電話でお願いします。

メールは、タイトルに「奈佳先生ラボ講座」と書いていただき、お名前、お電話番号、午前の部か午後の部かを必ずお書き添えください。
メールはstaff@kitchenparadise.com に、 お電話でのお申し込みは092-534-6311です。
(募集開始から30分以内に応募人数を越えた場合は抽選になることもございます。)
すぐに満席になることが多いので、時間きっちりにメール送信なさったほうがよいと思います。


by kitchenparadise | 2017-05-31 14:09 | キチパラ講座

フッソ加工の見分け方

お客様からのご要望により6月1日からスキャンパンのお買い得企画を行います。20センチ蓋付ソテーパンは40%OFF、24cmフライパン20%OFF、26cmフライパン20%OFFと、全サイズではありませんが、人気のサイズだけを限定にしました。今回はガス用です。

さて、フッソ加工のフライパンはすぐにダメになるので安いものを買って常に買い変えるという方が多いようです。
フッソコーティングのことだけを考えるとそれもありかもしれませんが、そうはいきません。次の3つで味や仕上がりが大きく変わるからです。
①熱伝導は均一か?②保温力はどうか?③どんなコーティングか?

今回は①熱伝導は均一かについて。
熱伝導が均一になると、焼きムラがなく、焦げにくくなります。

この写真をご覧ください。
左は、熱伝導が均一のフッソ加工フライパン(スキャンパン)、右は熱伝導が均一でないフッソ加工の玉子焼き器。
お湯を沸かしてみましょう。左は、底面から同じように細かい泡が出始めますが、右はかなりムラがあります。

c0228646_11390976.jpg
ご自分のフライパンでお湯を沸かしてみたらわかると思います。

ムラがあっても、炒めものなどあおりながら(ゆらしながら)調理する場合は気になりませんが、ハンバーグやステーキ、ムニエルなどを作るには向き不向きがあるように思います。熱伝導のよいフライパンでは、素材をどこにおいても焼き具合が変わらないものです。

とくに、フライパン全体で焼くレシピ、例えばパンケーキやチヂミ、お好み焼きなどを、熱伝導の悪い(ほとんどはうすっぺらい)フライパンで焼くと、焼き具合が違っていてうまくいきません。

熱伝導のよし悪しにはいくつか理由がありますが、ほとんどの場合は薄いアルミが基板の場合は悪いことが多いのです。
安価なフライパンを買い替えるのもよいですが、無駄がなく焼きむらもないフライパンを選ぶことで確実に調理は失敗が少なくてすみ、おいしくなります。

今度はコーティングの良しあしも書いてますね。いま、テフロン加工だけでなく、ダイアモンドコーティングとかチタンコーティング、セラミックとかいろいろありますから。そういえば、一時期、マーブルコーティングってありましたよね。なんとなく消えましたね。どうしてでしょうか?



by kitchenparadise | 2017-05-30 13:19 | 道具:フライパンや鍋

竹皮の使い方

c0228646_18193068.jpg
よく竹皮を使うから30枚ぐらい常にキープしていると友人に話したら、むかしのお弁当みたいだと笑われました。
いやいやいや、昔もいまも竹皮の良さはおんなじ。

通気性があり抗菌力があるので、お弁当には最適だし、揚物やご飯もののときにも良く使います。もちがよくなります。
6月は湿気が多くなり、竹皮を使うにはいい時期なので、たくさん仕入れて安く販売しようと思っています。
6月だけはちょっとお安く、1枚から買えるようにします。

そこで使い方を説明しておきますね。

竹皮は使う前に水に浸けます。濡れ布巾で拭くだけでもいい場合もありますが、包んだりする場合はしっかり15~30分くらい濡らしたほうがいいです。(時間なければ2.3分でも効果はある)

c0228646_18192371.jpg
せいけつな布きんかキッチンペーパーで拭きます。お弁当にする時は、端をさいて竹ひもを作りましょう。繰り返して使いたいときは輪ゴムでもかまいません。

c0228646_18193904.jpg
おにぎりでも出汁巻でも、からあげでも。余分な水分や油分は竹皮が調節してくれます。

c0228646_18194888.jpg
竹ひもでしばります。
c0228646_18195305.jpg
洗って繰り返し使えます。スポンジでもいいですが、タワシなら汚れが落としやすいです。しっかり乾かして収納しておきましょう。
c0228646_18200212.jpg
簡単ですね!

おにぎりをのせるだけでなんだかとっても美味しそうになります。お弁当箱がプラスチックやステンレスの場合も、竹皮をひくともちが違います。竹かごのお弁当箱にも最適ですよ。

竹皮1枚からは、6月1日から販売。6月はスタートでお求めやすく買えますのでまたHPで紹介します。
by kitchenparadise | 2017-05-27 18:42 | 道具:キッチン道具全般

大名にジャックの新店が5/26にオープン!

私の大好きなお店のひとつ、Jacques(ジャック)が、ひっそりと大名に新店をオープンします。
2017/5/26(金)です。

オーナーパティシェの大塚シェフは、ルレ・デセールの会員であることはご存知方も多いはず。ルレ・デセールとは、フランスを中心とした世界最高峰の菓子職人の集まりで、イデミ・スギノの杉野シェフ、などもそうらしく、とんでもない難関を突破したパティシエだけに送られる称号のようなものらしいです。

そういう称号抜きにしても、大塚シェフのスイーツは本当にすばらしく美味しく、うっとりします。私が疲れた時には、まわりがみんなここのシュークリームを買ってきてくれるのですが、そうするとすぐに元気になるのですよ。薬より効きます。笑)

新店のお披露目会へ。
c0228646_12540379.jpg
フランスの小さなサロンをイメージした落ち着いたお店です。
看板もすてき。
c0228646_12553964.jpg
お店の名前は、「ソフィ ア ディモンシュ」。ソフィというのはお嬢さんのミドルネームです。

焼き菓子、ケーキに加え、なんとお酒や前菜のご用意があり、運よく6席のお席があいていたら、大塚シェフの作ったその前菜もシャンパンとともにいただけるのかも!
c0228646_13024577.jpg
奥のシューは、シューの皮に中にあるのはカスタードでなくベシャメルソース。前菜です。まさに新しい「大人のジャックサロン」です。
とはいえ、営業時間は11時~19時30分ですので、夜に飲むのでなく、お昼にちょっと一杯のアルコールか美味しいお茶をお菓子や前菜とともにって感じです。

カウンタバーに入って、スイーツが美味しかったら「あら、なかなか美味しい。ラッキー!」って思うでしょう。ここはすでに最高に美味しいことが分かり切ってますから、間違いなし。いいですよねー。

ジャックの最初の店舗は大名1丁目でした。荒戸に移転してからもずっと、大名の地に後ろ髪ひかれた部分があるそうで、以来この地にお客様が楽しめる、大人のサロンを作りたいと温めておられたとのこと。こんな名店ならどれだけ規模を大きくしてもお客様は集まると思いますが、あえてサロンを作るところがシェフらしい。大塚シェフのなさることには本当に頭が下がります。
お菓子ひとつひとつにそのお人柄が表れています。丁寧で、どれも薫り高く、美味しい。

スタッフ森さんと、そして友人のひなちゃんも一緒でした。
c0228646_13155090.jpg
オープンしたらまたゆっくり足を運びたいと思います。カウンター6席はしばらく争奪戦まちがいなしですね。

ソフェアディモンシュ
福岡市中央区大名1-12-24 紺屋町西通り
・プラザホテルのすぐ近く
092-707-2772 
9:30-19:30(喫茶11:00-19:00) 定休日:火曜日

by kitchenparadise | 2017-05-25 13:26 | 私が好きなもの、好きな店

お嬢が普通の玉子焼器で出汁巻を作ってみたらしい

お嬢が帰宅するや否や、めずらしく話しかけてきた。
「家庭科の時間に玉子焼を作ったけれど、いつもみたいにふんわりならなかったけど。」
「ふふふ。そりゃそう。フッソ加工と銅製の玉子焼器は仕上がりが違うから。」とドヤ顔で答える私。
「いつもみたいに半熟で巻いたら、中がベチョっとなっていたよ。」
「そうそう。銅は半熟で巻いても火が通るけど、他のだとしっかり火が通り始めてから巻くのよ。」

銅の玉子焼きはどうしてこうも仕上がりが素晴らしいのだろう。
道具で味が違うというの本当によくある。
フッソ加工が悪いのではなく、銅の玉子焼き使えば誰でも簡単にうまく作れる。ふっくらできるというわけ。

今日はお弁当用にシソを巻いた出汁巻にしてみた。これは卵2つ分。いつもは18cmの関西型では3個がちょうどいいけれど、2個でもこのくらいふっくら上がる。
c0228646_11332680.jpg
私は4回にわけて卵汁を入れるけれど、最後の2回にシソをのせて巻く。半熟状態で巻いてもご覧のように最後はしっかり火が通るのが銅製のいいところ。焦げても美味しそうだけれど、焦げ具合を自在に操りたかったら、すこし厚みのある銅を使ったほうが間違いがない。

銅を使った時の卵のふくらみ具合はこんなにも違っている。
c0228646_11380024.jpg
お弁当で毎日出汁巻を食べてみるので、お嬢もさすがに違いがわかる。
いいよ、いいよー。そんな感じで、料理と道具に少しづつ興味をもってくれたらいいな。

Kitchen Paradise


by kitchenparadise | 2017-05-24 11:46 | 道具:銅の玉子焼

わたしのすり鉢の洗い方

すり鉢を使っている方が少ないそうですが、すり鉢って使い方が広がるととても便利です。
味噌汁の味噌をすって出汁を加えてから鍋に戻すと、格段に香りと味がよくなります。ほかにも、胡麻をすって胡麻和え、ナムル、豆腐で白あえ、とろろご飯、お刺身やイカなどすってすり身にもします。

c0228646_16304529.jpg
私は21cmを味噌汁用に使います。19cmや21cmがあると使い勝手がいいです。とっても大きいサイズは、おもてなしの時か柚子ごしょうの時しか登場しません。

みなさんがめんどくさいのは、洗い方みたいです。すり鉢の目に汚れが詰まるのが嫌だと。私は結構このお掃除が好きなんです。
基本的には、すり鉢に水を少しはって、亀の子束子で目に沿って洗います。脂っこいときは中性洗剤も使います。
でも、それでもなんだか取れてない感じするときは、これです。
c0228646_16363784.jpg
つまようじ半本をゴムで丸めるのです。

c0228646_16373287.jpg
こんな風につまった汚れを、するする落としていきます。
c0228646_16372455.jpg
一旦、タワシで洗っても、写真のように詰まったのが少しはでてきます。最後にまた水でながしておわりです。
昔は、小学生のお嬢にさせたりしましたが、意外と楽しいお手伝いみたいですよ。

干す時は、逆さにして干す方がいいと思います。こんな風に浮かして干してくださいね。
c0228646_16412124.jpg

すり鉢用の竹ささらという商品もあります。竹を細く裂いた物を束ねたモノです。歯ブラシでもお掃除できますが、つまようじみたいに固いほうがうまく取れる気がしますよ。すり鉢はどこのがいいですかと聞かれますが、ぜひ日本製で。
すり鉢はすり減るものですし、少しは原料の土が口に入るかも知れないしですね!キチパラでも販売しています。

Kitchen Paradise
by kitchenparadise | 2017-05-23 16:56 | 道具:すり鉢

はじめての50℃洗い、低温蒸し講座

*終了しました

2017年6月10日(土)
「はじめての50℃洗い、低温スチーミングラボ講座」

講師:安枝栄子先生(ダムナチュール)
日時:2017年6月10日(土)11:00-13:30
場所:キチパラLABO(福岡市中央区白金)
参加費:4000円(試食ランチ付) 
参加人数:8名
内容:講義・デモ・試食
もってくるもの:エプロン・筆記用具

50℃洗いをごぞんじですか?「はなまるマーケット」「特ダネ」「スマステーション」「クローズアップ現代」など、テレビなども数多く紹介されていますので、実践されている方もいるかもしれません。

50℃洗いとは、その名の通り食材を50℃で洗う調理法。鮮度がイキイキよみがえって生き生きとし、野菜の日持ちが断然よくなり、菌の繁殖が極端に少なくなり安全で、アクや臭みを除去してくれるという画期的な調理法です。肉や魚は酸化物質が取れ、野菜や果物の泥や農薬も除去してくれます。アサリなんて数時間待たなくても5分で泥を吐いてくれます。
私も、以前一度習い、ずっと実践しています。水菜なんて、しゃきっしゃきで、毎回おどろくほど。お嬢に安心して食べさせられるので、野菜はまとめて50℃で洗っています。ちょっとしたコツを習っただけですぐに実践できます。本も購入しましたが、実際に目の前で習うととても分かりやすいです。

低温スチーミングは、70℃程度で蒸す調理法。
あらゆる食材が美味しくなり、栄養価が高まり旨味が増すと言う画期的な蒸し方。殺菌効果も抜群でさらに安心です。
週一度まとめて食材を蒸して冷蔵庫に保存し、使いたい時に取り出して使うことも可能ということで、忙しい主婦にとってうれしい調理法。実践しているレストランもかなり増えているとのこと。
「ためしてガッテン」でも注目を浴びたようです。現在は専用蒸し器も販売されているほどですが、自宅にある道具でできるらしいので、それも今回教えていただきます。

ちょうど、日曜日の読売新聞に講師の安枝先生が紹介されていました。

c0228646_16494969.jpg
家族みんなが健康で安全な料理を食べられるという50℃洗いと低温スチーミング。一度習ってみませんか?

今回は、その調理法に合わせて、人参ともやしのナムル、キャベツのアンチョビ炒め、きのこと鶏肉の梅あえ、から揚げ、あさりのスープなどの活用レシピも教えていただく予定です。(メニューは少しかわることもあります)

5月23日よりお申込み開始です。

タイトルに「50℃洗いラボ講座」と書いていただき、お名前、お電話番号をお知らせください。
メールは
staff@kitchenparadise.com に、 お電話でのお申し込みは092-534-6311です。


by kitchenparadise | 2017-05-22 16:57 | キチパラ講座

まさに、理想的なパフェだぁ!

先日、福岡・浄水通りで、理想的なパフェに出会いました。
c0228646_13115605.jpg
どうですか。うわぁ~!!でしょ。
 「PRINCE of the FRUIT (プリンス オブ ザ フルーツ) の あまおうパフェ」 
友人は茂木びわのパフェです。

もう、女子にはたまりません!!抹茶味のアイスに、さくら味の生クリーム。もう最高。帰ってから自慢げにパフェの写真をスタッフに見せると、「もう行きましたよ。オープン1年くらいじゃないですか」とのこと。なーんだ、結構噂になっているんですね。

このあまおうパフェは2000円。ちょっとお高い。でも仕方ないかなぁ。
むこうの方でご年配の方がマンゴーパフェを食べておられましたが、ちょっと勇気がいる5000円!
他にも季節ごとに果物が変わり、桃パフェ、愛媛みかんのパフェ、さくらんぼパフェなどいろいろ。
かなりお腹いっぱいなので、十分お腹を空かせて行ったほうがいいでしょう。

スムージーも700円くらいであります。なんと朝食の時間から開いているのだとか。8:00-18:00 火曜がお休みです。
キチパラからは車で5分。

PRINCE of the FRUIT (プリンス オブ ザ フルーツ)

福岡市中央区薬院4-18-17-1F 

by kitchenparadise | 2017-05-20 13:35 | 私が好きなもの、好きな店

セイロ初心者の方へ

キッチンパラダイスでは、蒸し料理、特に木のセイロで蒸す調理法をお勧めしています。
今日は、初めてセイロをご購入の方に、2つのことを最も簡単にご紹介します。

なぜ木のセイロはよいのか?簡単な取り扱いのコツは?
*********************************************
なぜ木のセイロはよいのか?

①野菜がおいしく甘くなり、色鮮やか

②肉や魚もジューシーの仕上がる

③茹でるより栄養価を損なわず、油なしで健康的

④出来上がってすぐだけでなく、冷めても美味しい

⑤素材が水っぽくならず、余ったら冷蔵・冷凍しやすい

⑥そのままテーブルにだせ、食卓が豊かに

⑦レンジを使わず、温め直しができる


木のセイロを使うと、野菜を蒸すだけでも豪華で豊かな食卓を楽しめ、レンジも使わず美味しくできます。
道具のおかげで、簡単で美味しく温かい食卓が囲めます。

*******************************
簡単な取り扱いのコツは?

①毎回セイロを濡らして使う

②蒸し布(クッキングペーパーや葉物野菜)を敷くと取り出しやすく汚れにくい

③お湯が沸いてからセイロをのせる

④乾かす時は陰干しで、風通しがよいところで

⑤完全に乾かしてから使う(濡れたまま何度も使うとかびやすい)


詳細は、これまでの「道具:セイロやすし桶」のカテゴリーをご覧ください。

yahoo知恵袋などでみると、「セイロの身は沸かしたお湯に浸かってもいいんですか?」と質問してる方がいました。
ダメですよ!セイロはお湯をわかした蒸気で蒸す道具です。お湯に浸かったら湯気の効率がわるくなり、びちょびちょになりますからね。


セイロフェアの詳細はこちら

by kitchenparadise | 2017-05-19 11:51 | 道具:セイロやすし桶

又吉先生の「劇場」を読んで

c0228646_18432453.jpg
「劇場」(新潮社)又吉直樹著

読みましたよー。スタバで一気に。
「3作目までは自分のことで書けば作品になる」と某雑誌の編集長が言っていたけれど、まさに又吉さんとオーバーラップする感じの主人公。本人はインタビューで恋愛小説と言っていたけれど、これは人間ドラマですね。告白も、濡れ場も、キスシーンもありません。

内容は、小さな劇団を主宰していて全く仕事がない脚本家の男性が、ある性格のいい女の子と知り合い同棲する。夢を追いかけるが口ばっかりなコンプレックス主人公と、自己犠牲が過ぎるできた女の子の物語。
まるで太宰治の小説を現代版に書き直したかの内容で、又吉先生はよほど太宰が好きやな~と感じたのは私だけではないでしょう。

昭和の歌で「神田川」ってありましたよね。「若かったあの頃~何も怖くなかった~、ただあなたの優しさが怖かった~。」
そんなBGMがかかってそうな。

かの渡辺淳一先生が、着物が似合う凛とした芯の強い女性をいつも小説の常に主人公にしたように、又吉先生もきっとこの主人公のような昭和っぽくて、自分の夢を捨ててでも誰かに尽くす、自己犠牲型で、でもちょっと弱い、そんな女性が好きなんだなぁと。

例えば、「そろそろ、光熱費くらい払ってくれないかな?」という彼女に、ヒモ生活をしている主人公は「君の家の光熱費を僕が払うのはおかしない?」とのたまう。ホントはひどいやつだと心ではわかっている。でも彼女は「それもそうだよね。」と返す。

小説としてうまいかどうかは賛否が分かれると思うけれど、書きたかったものを書いたというのが深く伝わり、私には面白かったです。世界観がだんだん確立されてきましたね。前作よりは確実に面白いです。でも、ちょっと評価甘いかも。又吉先生をコメディアンとして好きなので!

蹂躙(じゅう‐りん)という言葉が3回もでてきます。意味は「ふみにじること。暴力・強権などをもって他を侵害すること。」「弱小国の領土を―する」「人権―」。なぜ、こんなインパクトのある言葉を3回も?と思ってしまいました。なんか意味があるのですか?


そろそろ蔦屋の古本に並ぶと思います。笑)




by kitchenparadise | 2017-05-18 19:13 | 本と言葉


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:キッチン道具全般
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:セイロやすし桶
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

すり鉢なんてこわくない!(す..
at 2017-07-22 18:16
すり鉢を使ってクリームチーズ..
at 2017-07-21 17:52
種のままスイカのスムージー
at 2017-07-20 13:49
呼吸する塩壺、半年ぶりに入荷..
at 2017-07-19 10:30
テレビでいわない除菌対策
at 2017-07-18 18:34

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧