銅鍋の正しい使い方

c0228646_11331288.jpg
桧山タミ先生のスタジオです。銅鍋がずらりと並んでいます。先生は煮込み料理にはほとんど銅鍋を使われます。私もその影響で15年ほど前から銅鍋ファンになり、お店でも銅鍋をたくさん取り扱うようになりました。

銅はほんとに不思議な素材でして、なぜか美味しくなる、なぜかまろやかになる、なぜか殺菌する、なぜか煮崩れしにくい。現在も一流ホテルや老舗菓子店などが使っているほか、ずっとずっと昔の王様たちも使っていたそうです。いまのように科学的な検証をしないまでも銅の素晴らしさは常識だったというのがすごいなぁと思います。

8月は私が好きなその銅鍋を15%OFFというこれまでにない価格で販売することにしました。
夏の銅鍋はこちらです➜
制作数が少ないながらも、在庫が確保できるこの夏に、ぜひこの素晴らしさを経験してほしいと考えました!

ただし、銅の使い方にはちょっとしたコツがいります。今回は銅の正しい取り扱い方をご紹介しましょう。

■使いはじめ 

まず。油をゆっくりなじませるのがくっつかないポイントです。
使い始めは、洗剤で洗って水をたっぷり入れて中火以下で沸騰させてください。
水分を拭き、油を多めに(半分程度)入れて弱火(途中からとろ火程度)で5分~10分ほど温めます。*実際には5分~10分にこだわらず、温度が上がりすぎない状態で必ず止めてください。油にパンなどを浮かべたりして状態をみるとわかりやすいでしょう。温度が上がりすぎると、錫引きが膨れたり溶けたりします。揚げ物の温度180℃は高すぎです。)油を捨てて中性洗剤を使わずにお湯で洗い、その後、再度水を入れて沸騰させてから捨て、温かいうちに乾いた布巾で拭きます。

■使う時 

毎回使う時は、弱火~中火で少し温めてから油を多め入れてなじませます。温まったかどうかわからない時は、数滴の水をかけてみてください。すぐにジュッと無くなる程度まで温めます。)温めすぎると錫引きが剥げますので、煙が出そうになったらすぐに火を止めてください。キッチンペーパーなどで油をなじませるといいのですが(特に、角などをよくなじませる)、ペーパーだと油をすっかり吸収してしまいがちなので、小さいさらしが重宝します。

■洗う時 

洗剤を使わず、油分を残すのがポイントです。

汚れは、お湯で汚れをふやかしてから洗います。玉子焼器に入れた水を沸騰させ、火を止めて温かいうちにスポンジか布でこすると汚れがすんなり落ちます。錫引きはだんだん変色してきますが、基本的にはそんなものだと思って頂いたほうがよいです。再度、錫引きすることも可能です。

銅の汚れは、塩と酢を混ぜたものをスポンジに含ませて拭きます。梅のシソで拭くのもよく取れますし、専用の銅磨きもあります。取れにくいスス汚れは、細かいサンドペーパーか、とても細かい金タワシで部分的にこすってください。塩分をそのままにすると緑青の原因になるのでしっかりお湯で洗って下さい。

■乾かす時 

緑青がでないように乾かすのがポイントです。
水分や湿気が付着したままだと、1日でも緑青がでることがあります。緑青を防ぐには水分を完全に飛ばしてから保管することです。銅は保温力があるので、洗った後で再度少ないお湯で沸騰させることで玉子焼器を温め、そのお湯を捨ててガスレンジの上に置いておけば、数分もかからないうちに保温力で水分が全くなくなります。冷めてから収納しましょう。使わない時でも、たまに軽くガスの遠火で温めると湿気が飛ばせます。

■収納する時

湿気がないところに保管がポイント!シンクの下などは湿気がすぐに付着します。棚の中に収納して湿気が気になる時は、新聞紙で包んで収納します。乾燥材などを中に入れて新聞紙で巻くと完璧です。いつも使う方は、しっかり乾かせば心配は不要です。

■内側の錫引きは230℃で溶け始めます。プロの調理人のように強火で使うのも結構ですが、温度あがり過ぎると溶けてしまうので気をつけて。必ずガスから離れないようにして下さい。


by kitchenparadise | 2018-08-07 16:13 | 道具:フライパンや鍋


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

コウケンテツさん×桧山タミ先生
at 2018-12-15 13:20
驚異の効果、A2careとい..
at 2018-12-14 12:31
2019年のキチパラ福袋について
at 2018-12-13 08:30
重曹で台所をピッカピカに
at 2018-12-12 12:08
「はじめての薬膳」ラボ講座でした
at 2018-12-11 17:27

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧