2018年 05月 21日 ( 1 )

お勝手口からどうぞ

自宅の裏の出入り口に「勝手口」という表示がありましたが、今はあまり見かけなくなりました。古い住宅街に行くとまだ時々ありますね。
子どもはその意味が分からないようで、「勝手口(かってぐち)さん」という名前だと思っている子も多いようです。
しかたない。私も昔は「月極」を「げっきょくさん」の経営だと思っていたくらいですから。教えないと知らないこともあります。笑)


昭和のドラマや映画にはでてくるので、まぁ20代、少なくとも30代以上なら 「台所=お勝手(おかって)」とわかるはわかるでしょう。


この「お勝手」の語源は諸説あるようです。

江戸時代に「勝手方」という役職があり、財政が苦しいことを「台所が苦しい」という表現を使っていたことから庶民の台所も「おかって」になった。

女性が唯一自由がきくのだ台所なので「勝手」と呼んだ

「糧」を「勝手」と言い換えた。

弓道の右手を「勝手」や「妻手」いうそうで、自由に使える(あるいは固定されない)利き手という意味から、自由に使える空間を「勝手」と呼ぶようになった。

勝手口は御用聞きさんがお届け物をする出入り口でした。「お勝手に運んでおいてください」とお願いしておくと、台所に直接入れる勝手口から、それこそ勝手にはいっていき、台所の土間に置いて帰るという八百屋やお米屋、酒屋もいました。ご近所さんやごく親しい友人、親戚や子どもたちも勝手口から出入りしていました。

親戚のところにいって玄関から入ろうとすると、母から「勝手口にまわんなさい」と言われていたのも思い出します。


カギをかけていない勝手口が多かったように思います。勝手口は狭いのでいつも履物でごったがえしでいました。

時代がかわり、御用聞きや集金が少なくなり、また台所をのぞかれるのをイヤがる女性も増え、さらに集合住宅が増加して、すっかり勝手口は影をひそめるようになりました。家が狭くなったために裏口をつくるスペースが無いという理由もあるかもしれません。

玄関からは入りにくくても勝手口からは入りやすい友人の家や近所の家、おばさんのうち。勝手口に親しんでいた私たちにしてみれば、そんな風景が消えてしまうのは少し寂しいような気がします。

でも、「お勝手」と言う言葉は残しておくのもいいかもしれませんね。

お子さんが小さい方、お勝手口をみつけたら聞いてみてください。「勝手口ってなんでしょう?」
その返事を聞いてみたいな。



by kitchenparadise | 2018-05-21 14:23 | 本と言葉


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

惚れ込んだスウェーデン王室御用達
at 2018-10-22 18:53
鋳物琺瑯鍋は持っておくべし
at 2018-10-19 17:18
フッ素加工の弱点、ピンホール
at 2018-10-18 08:45
スキャンパンIQシリーズ(I..
at 2018-10-16 10:37
桧山タミ先生「92歳の台所」..
at 2018-10-15 17:44

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧