人気ブログランキング |

カテゴリ:私の日常と家族( 278 )

燕三条「KOUBA」にいく②

先週、工房アイザワさんに誘われて、新潟の燕三条で開催されている工場の祭典「KOUBA」に行ってきました。

1日目は工房アイザワさん、ステンレスのオダジマさん、銅製品の工房さん、霜龍器物さんなどのをみせていただきました。
2日目は、包丁のタダフサさん、カンナの高三さん、銅工芸の玉川堂さん、そして地場産フェアにもつれていっていただきました。

タダフサさんの包丁はほんとに人気らしいですね。キチパラはおいていないんですが、以前パン切りは入手して使ってみました。ストレートと波刃をあわせた面白い刃です。
c0228646_13381764.jpg

マークもかわいい。待ち時間に1本買ってしまいました。三徳です。これでラボには13本もの三徳が。笑)

同封の説明がわかりやすい。英語でも書いてあるし。

この包丁はステンレスではないんです。鋼(SLD鋼)をステンレスで挟んであるもの。ですから一般の鋼にくらべて錆びにくいとはいうものの、ほったらかしたら錆びます。ちょっと濡らしておいておきましょうね。どのくらいでさびるのかな。

c0228646_13433641.jpg

作るところを見せていただくと、改めて包丁1本をきちんと作るのは本当に大変なんだなと思います。多くの工程に分かれています。

これは鋼の包丁作り。焼いては叩き焼いては叩きを繰り返します。気が遠くなります。

c0228646_13494167.jpg

こちらは仕上げ砥石。グルグルまわっているローラーに水をかけながら目で確認しながら仕上げるのです。曲がらないように木と重ねています。

c0228646_13505856.jpg

これは工程のほんの一部ですが、鋼はこの下の写真のように叩いて形成されます。

c0228646_13523268.jpg

いい包丁は安くは買えないはずです。

次は、高三さんというカンナを作っている会社です。工房アイザワさんの鰹節削りも作ってます。

鰹節削りは価格差が大きく、アマゾンで調べると安いので2000円、高いのは30000円です。どこがどう違うのかもお聞きして大変納得しました。しばらくはあらゆる店でチェックしそうです。安すぎるのは買わないほうがいいのは間違いないですね。


c0228646_13540384.jpg

大事なのは、カンナの刃を支える部分。

まずは、機械で削りだします。これがなかなか見てておもしろい。


c0228646_13563988.jpg

機械の後は手作業で。


c0228646_13565348.jpg

これは硬い樫の木じゃないとほかの木だと刃がずれやすかったり削れたりします。なるほど安価なものをみると「天然木」を書いてあるので何の木かわかりませんね。どのような刃を使っているかももちろんポイントです。

どの程度のレベルを買うべきなのかをよくお店でも聞かれます。プロで毎日何度も使うなら、かなり良いもの買わないとかえってお世話が大変でしょう。週に1回、あるいは月に何度かしか使わないなら、超高級品でなくてもよさそうかな。でも木の種類と刃の良しあしだけは見ないとね。刃によっては最初からうまく削れないものもあるらしいです。


明日は伝統工芸の玉川堂さんに行った時のことを。








by kitchenparadise | 2019-10-08 14:26 | 私の日常と家族

燕三条「KOUBA」にいく①

先週、工房アイザワさんに誘われて、新潟の燕三条で開催されている工場の祭典「KOUBA」に行ってきました。

このイベントはもう7年目だとかで、回を追うごとに来場が増え、いまは5~6万人がくるそうですよ。

ひとつの場所でバーンと大きなフェアをやってるわけではなく、それぞれの工場や工場などを見学できるというイベント。(工場などの製造だけでなく、農場や販売など町全体が公開になっているという感じ。)

1日目は工房アイザワさん、ステンレスのオダジマさん、銅製品の工房さん、霜龍器物さんなどのをみせていただきました。


これは銅板のへら絞り。キチパラで販売している銅鍋もこの方法です。

高速回転させた銅板にへらを押し付けて、変形させていきます。


c0228646_12401962.jpg

簡単に型抜きする「プレス」と違って手作業が必要なのでたくさんはできませんが、細かい形がある程度自由に作れます。といっても経験が必要ですが。

銅はこんな風にバーナーをかけると一気にやわらかくなります。ふにゃふにゃです。


c0228646_12404130.jpg

次に、槌目をいれます。

足腰が痛くなりそうな時間のかかる作業です。

c0228646_12403040.jpg

槌目をつけることで表面積を広くできるので熱容量が高くなり、おいしく料理を作れます。


金槌がたくさんありました。


c0228646_12405196.jpg


銅鍋ひとつ作るのはとても大変。時間と技術が必要です。

いままでのように「あと20個すぐに作ってください」なんて簡単に言えなくなりました。

これからは「すいませんが、、できるだけ早く、いいでしょうか」なんて言いそうです。笑)

いまも銅のフェアをキチパラでやってますが、割引するのも申し訳なくなってきました。



全国から集まったお仲間と、お昼に「とんかつ三条」でかつ丼を食べましたよ。


c0228646_12412092.jpg

揚げたあとで、タレカツなんですね。甘めです。しかし量が多いっ!







by kitchenparadise | 2019-10-07 13:26 | 私の日常と家族

新潟・燕三条の工場の祭典へ

c0228646_09402576.jpg

はじめて新潟に降り立ちました。10月3日から6日まで、職人さんたちの製作所を見学できるという「工場の祭典」という催しが燕三条で開催されているからです。

このあたりは昔から金属加工、鍛冶、木工の高度な技術と伝統が集中しているところで、一度は行ってみたかったのです。

工房アイザワさんの掛け声で、全国のほかの専門店さんとも交流をすることができてたことも、お店を開店して以来はじめてのことで、とても貴重な経験でした。

その交流や祭典の様子はいづれまとめたいとおもいます。

で、この写真は鎚起銅器の玉川堂さんです。

200年に渡り燕(つばめ)で銅器づくりを継承し続けてきた玉川堂さんの制作工程を見て、圧倒されました。
培ってきた技術と伝統をベースに、人間は自然を生かしてこんな素晴らしいいものを生み出す力があるのだということを思い知らされました。

作品はティーポットで60万という価格がついているものもあります。いただいたお茶のお湯呑みは3万円。
でもね、欲しくなりますよ。
そこにいろんなものが詰まっているような気がするのです。お茶を飲んだだけで、またがんばろうと思ったり、逆にほっとしたり。お湯呑みが語り掛けてくるような感じというのか。

いつかひとつくらい手元におきたいものです。




by kitchenparadise | 2019-10-04 10:09 | 私の日常と家族

運動会、弁当、リレー、組体操


c0228646_11150322.jpg

日曜は地元で6年生の甥っ子の運動会。なんとかギリギリ天気がもちましてホッとしました。
私が作った張り切らない簡単なお弁当。私の母はカゴのお弁当箱が好きなんでそれに入れて。


甥は6歳で母親(私の姉)を亡くしているので、姉は全く甥の運動会を知らず、早いもので小学校最後の運動会となりました。
お弁当を作り終わり、学校へ出かける前に「行ってくるよ。お姉ちゃんにも見せてあげたかったなあ」とお仏壇の写真に向かってつぶやくと、「大丈夫よ、ありがとう」と姉が返事をしてくれました。
もちろん返事をしてくれた気がしただけなんですが、姉ならそう言うでしょう。

甥は友人も多くおおらかで素直。とってもいい子に育ちました。まわりのみなさんのおかげです。しみじみありがたいなぁと感謝しながら運動会を眺めました。

c0228646_11155307.jpg


最近は昼で終わる運動会が増えたようですね。家族で食べるお弁当時間がない。いろいろ事情はあるだろうけれど、自分のお弁当の思い出を振り返ると、なくすのはほんとうにもったいないなぁと思います。貴重な経験ですよ。何千人で同時にお弁当を食べるのだから。それもお母さんが年に一度がんばってつくるお弁当です。私は自分のが食べ終わったら友達のところでまた食べてました。

甥は6年なので組体操もありました。いまの組体操は3段までというのもびっくり。事情はあるだろうけれど、リスクのために何かをなくすのはよくよく考えないと。もちろんよくよく考えてのことでしょうが。
保護者からの意見、先生の働き方改革、生徒を平等に扱うことやリスク回避などで、お弁当や組体操だけでなくいろんなことが消滅していきそうです。

これも、そうですか?。え、あるのはうちの町だけ?

地区対抗リレー。


c0228646_11151753.jpg

駅前区、東町区、みたいにして12区に分けて地区で対抗してリレーをするのです。(6地区×2 男女別)地区ごとのテントで観覧しているので、おばあちゃんやおじいちゃんも身を乗り出して応援。前を通るとみんな手を叩いて応援するなどかなり盛り上がります。午前のハイライトです。

地区ごとにだれが走るかの予選もあり、基本的に一番足が速い人が出場するので人数が多い町がほぼ優勝します。だから勝つ地区はいつも同じ。

私の小学生のころはというと、6年間ずっと出場しました。すごいでしょ!足が速いんです!
といいたいところですが。。。実は町内に子供が少なく、同じ学年は私しかいなかったからです。そんなに足は遅くなかったのでイヤではなかったですが、5年や6年になると前と半周ほどは離された時点でバトンを渡されますから、もうテントにむかって手を振りながら走るしかありません。笑)なのでうちの町はほぼビリでした。

でもたまに低学年にすごい速い子がいると、2番とか3番でバトンがまわってくるんです。そんなときは私も真剣になります。
ビリをまぬがれた時は、テントに帰った時にご近所さんから大喝采をあびたものです。決勝にでたときなんか、あんまり見かけないおばちゃんからも肩をたたかれて「がんばったがんばった」と褒められました。

姉、わたし、弟を続いてしばらく休んだ地元の小学校の運動会に、姉のとこの姪甥が出場し、11年にわたり久しぶりに楽しませていただきました。昨日で終了です。

この年齢になって、子供のころの思い出がしみじみと思い出すようになりました。おいしかったお弁当、みんなの応援する笑顔、組体操の達成感。40年も経ってです。感謝です。

******************************************************************

明日から消費税が10%です。HPでは朝10:29まで8%となります。よろしくお願いします。




by kitchenparadise | 2019-09-30 12:02 | 私の日常と家族

パンのまかないは10分で

ランチにコンビニやスーパーでサンドイッチ買って食べたらそりゃラクはラクでしょうけど.....でもねェ....。

どうせなら、自分の好きなも食材をはさめて

保存料とか使ってない安全な食材で、

美味しくて.... しかも安いなら... 理想のランチでしょ。

この数年、スタッフのまかないの半分はパンにしています。10分くらいしかかからず仕事の合間につくれるのでもってこいなのです。
自慢できるようなものじゃありませんけど。

たとえば先週は、無添加のハムとサラダの残りをはさんだもの。
茹で卵だけ早い時間に茹でておけば、10分とかかりません。買いに行くより早いです。

c0228646_16544530.jpg


今日はスモークサーモンと茹で卵にチーズかけて焼くだけ。
これは3分。簡単すぎるけど、シェ・サガラのパンなので。パンだけでもおいしい。笑)


c0228646_16553960.jpg

昨日はフレンチトーストでしたが野菜がなかったので、バナナをシナモンかけてバターで焼いて上にのっけました。
これは友人のお父さんの作ったはちみつかけてます。牛乳のかわりに豆乳です。こういうのも好きにできるから手作りはいいですよね。

c0228646_16560215.jpg

前日に鶏肉が残った時は、ヨールグルト・カレー粉・はちみつにつけておき、翌日焼くだけ。気のきいた葉っぱがなかったため紫蘇で。

c0228646_17012512.jpg

実は私が一番好きなのは、シンプルなエッグサンドイッチ。これは茹で卵にヨーグルトや牛乳、ハチミツいれてはさむだけ。

c0228646_16555246.jpg

たまにはロールパンがあると華やかに。


c0228646_16553042.jpg

こんな具合で10分もかからず、安心して食べられてほんと便利です。福岡はパン屋が多いので、パン屋さんのパンを買うことができるのもいいところです。

アメリカのホームスティしていた時に、ステイ先のママが毎日ランチボックスを持たせてくれていました。ランチボックスといっても、薄くて色が茶色いパンに、ハムとチーズがはさんであるもの。それに小さなリンゴとクラッカーとジュースでした。

それでも手作りだからうれしかったですよ。たまにはトマトになったり、葉物野菜になったりもしました。

サンド、簡単です。ご自身のランチにも、おこさんのおやつにもどうですか。



by kitchenparadise | 2019-09-25 17:19 | 私の日常と家族

スタッフと噂のSolaへ

c0228646_15170196.jpg

昨晩はベイサイドプレイスというちょっと都心から離れた場所にあるレストラン、Solaに行ってきました。昨年末にオープンしたばかりですが、開店直後から行ずっといきたいと思っていて、ようやくです。

ベイサイドプレイズは、天神や博多から車で10分ほどで、壱岐や対馬などへの定期船に乗らない以外はめったにいかない場所。こんなところに100坪、30席以上ものフレンチを開くんだから、よほどすごい方?

そのと~り!オーナーシェフの吉武シェフはパリでレストランを開業してわずか1年3ヶ月でミシェランで一ツ星を獲得したという凄腕シェフ。フランスでご活躍のころから何人もの方に噂には聞いていましたが、噂をうわまわる素晴らしい料理の数々でした。

めずらしく(許可をいただき)写真を撮りました。


c0228646_15171732.jpg


最初のひと品はお決まりらしく、スティック状の春巻きの皮みたいなのにアドガドムースをしきつめ、丁寧にいくらが並べてあるもの。
大好きないくらのプチプチ感と皮のさくっと感がたまらないスタートでした。どれもおいしくって、とうとう全部写真を撮ってしまいました。
アナゴもおいしかったなぁ。クリーミーなソースと食べたのははじめて。

外に出たら海が広がっている余韻もいい。こういう空間も含めて、シェフはベイサイドにしたんですね。

場所は非常にわかりにくいです。ベイサイドのC館2Fというのは、魚が泳いでいる水槽のある建物の2Fの海側です。

福岡にこられたらぜひどうぞ。


Sola HP

福岡市博多区築港本町13-6 ベイサイド博多C館2F
092-409-0830



by kitchenparadise | 2019-09-20 15:31 | 私の日常と家族

「なんなっと」はどこの方言か?

c0228646_12032007.jpg
昨日、桧山塾で撮影した時、東京の出版社の方に

「みそ汁なっと食べててください」

と言ったが通じなかった。

「え、みそ汁となっとう?」

いや違います。

「なんなっと、のなっと、です。桧山先生、なっとって言いますよね。」

と聞くも、先生からも冷ややかなお返事。

「そんなことば知らんよ。私の両親は岡山やもん。」

「いやいや93年も福岡で生きてこられて、いまさらなっとを知らないなんて言わせませんよ。」

というと。

「それ福岡弁じゃないやないと?」と桧山先生。

「あやさん、筑後出身だからそっちの方言やないの?」


わたしは、高校も福岡のど真ん中だし、ずっと福岡の都会人なので博多弁しか使わないという自覚でしたが、違うのか??

華丸大吉と同じ博多弁です。実家は筑後だけど。


「なんなっと食べていきなさい」=「なにか(あるもの)食べていきなさい」のニュアンス。

だからして

「みそ汁なっと食べて」=「何もないけどみそ汁くらい食べて」のニュアンスで使っています。


ググってもわからないので、みなさんからお聞きしたいと思います。


今日、明日だけ限定でコメント欄をあけますので、「なっと」を使う方、地方名を書いて教えてください。
(コメントありがとうございました。終了しました。8/27)

北九州出身のスタッフからも「なっと?知りません。」と言われて、朝から大ショック.....。


「なんなっと食べる」は

いったいどこの方言なのだ??





by kitchenparadise | 2019-08-24 11:46 | 私の日常と家族

バーチャルお参りと柿の葉問題

今年のお盆もいつものお盆だった。

先祖を13日にお迎えして15日に送る。母は日に何度かのお供えの料理を作るのでお盆はなかなか忙しい。私は、帰省した娘の友達も遊びにきていたので大目にご飯の用意をしたり、亡くなった友人の初盆のおまいりにいったり、お盆はそういうものと思っている。自分の時間というのはなかなかない。

テレビのワイドショーでコメンテーターが「グーグルアースでバーチャルおまいり」についての是非を議論していた。
「やはり、お参りはいかないきゃ。」という人、「心がこもっていればいいんじゃないか」という人。

みんな自分のものさしを持っている。というか好き勝手に意見する。

お盆の初日に母に「おとなりさんからお団子をもらってきて」といわれ、お供えするお団子をいただきに行った。お隣の奥さんは抜群にお料理が上手で手早い。その旧家の若奥様は(といってももうそうお若くはない)古くから続くお供え膳をきちんと作っておられて、「すごいよね」とうちの娘と顔を合わせた。海のものは出汁には使わない。お団子は必ず11個のせる。1日1回柿の葉寿司を作る、など決まりがいろいろあって、嫁がれた時から丁寧に守り続けて作っているらしい。

うちは、柿の葉がないからちらし寿司にするし、お団子も1個しか上げない。わたしは長いこと母のお供え御膳でも「慣習とはいえ面倒なお膳」だと思っていたから、上には上がいるものだと思って帰ってきた。


一方、親戚の家に行くと、仏様にはお供えのお菓子だけでご飯もなかった。宗派の違いかなと思ってググってみたら、そうとはいえず、みんなそれぞれで省略しているようす。


100%やっている人にとっては70%やっている人は足りないかもしれないし、70%の人からすると20%の人はとても足りないと思う。

そこでバーチャルおまいりの話に戻る。

きちんとお盆のお参りする人が「バーチャルお参り」しかしない人を批判するとすると、バーチャルのお参りすらしない人をバーチャルお参りする人は「お盆におまいりもしないの?」ってことになるわけで。これは終わりがないのではないかと思った。


柿の葉寿司をお盆に作ったことがない私は、とてもバーチャルお参りをする人を、コメンテーターさんのように「いやいや、お盆はきちんと参らないと意味がないでしょう」などと批判する気にはならない。

いまは十人十色。自分で心地よいことを選べばいいやんって思う。

私はできる限りお墓参りはしたいし仏壇に手を合わせたい。いくら旅費が高かろうとそれで先祖が喜んでいると思っているから。
どうしてもいけない時は心の中でおまいりする。
こんなにも心が穏やかで幸せでいられるのは、両親や祖父母が代々先祖を大切にしてきたからと疑わずに思っている。といっても、宗教心が特別あるとかじゃなく、本当にそうなのかどうかも問題ではなく、私がそう思うっていうだけのことです。

でもね、スマホやパソコンに向かって手を合わせるバーチャルお参りは気が進まないなあ。
なんかアイフォン崇拝みたいで。笑)



by kitchenparadise | 2019-08-17 18:15 | 私の日常と家族

夏休みの戦う昼ご飯


夏休みの戦う昼ご飯 

というタグ付けしたツイッターが流行っているのだそう。

お母さんたちは戦ってるんですね。

確かに夏は毎日毎日3回のご飯を作るので、ママたちは大変です。毎日そうめんだと飽きられちゃいますかね。それにしてもこんなキャッチーなネーミング付けた人、すごいなぁ。

で、いくつかレシピが紹介されていましたが、「ん?」と思ったので、私なりによい方法を考えてみました。

テレビで紹介されたのこれ。


「チキンナムル丼」

温かいご飯300g 韓国のり2枚 サラダチキン1枚 小松菜1/2 ゴマ油・塩・白いいりごま

小松菜をカットしてレンジでチンし水けをふき取る。チキンを割いて小松菜と合わせ、ごま油を塩を振って和え、どんぶりにのせる。


手作りしたほうが安心でおいしいので、こうしてしてみれば。↓

「サラダチキンを買わずに作る」

鶏の胸肉を何枚かかっておいて、フォークで穴をあけ、塩、酒、砂糖を適量いれてジップロックにいれておく(30分以上はいれておいたほうがいい。できれば一晩でも)
鍋(できれば厚手)にお湯を沸かして、下味をつけた胸肉を入れて1分経ったら蓋をして火を止める。30分くらい放置。



このチキンを作っておけば、茹で汁のまま冷蔵庫に入れて4日もちます。
小松菜もできればレンジでなくてさっとゆでておくといいと思いますよ。冷凍もできますし。


胸肉を茹でておけば、いろんなランチアレンジができます。

●そうめんの上にサラダとのっけて蒸し鶏サラダそうめん。

●キャベツとピーマン、ニンジンなど炒めたやきうどん。

●そのままラーメンにほうれんそうとのっけて蒸し鶏ラーメン

夜ごはんでもいろいろ使えます。



ほかにも、戦う昼ご飯の投稿をいろいろ紹介されていました。

「なんちゃってえびマヨうどん」というのも。

レンチンしたえび焼売とレタスをうどんにのせ、マヨ、ケチッップ、レモン汁、砂糖をまぜたソースをかける、らしいのです。うーん、想像しただけでもちょっと見た目がおいしそうではないな......苦笑)。




by kitchenparadise | 2019-08-16 13:25 | 私の日常と家族

卵の殻をこれにつかってみたら

桧山タミ先生がいつも「卵の殻はすてないのよ」と言われます。

「いろいろ使えるじゃない」といわれるので、先日「いろいろってなんですか?」ってお聞きしたら、「自分で考えてみたら?」

でた!いつも自分で考えなさいと言われるのです。

でも、掃除とか言ってあったなぁと思い、土鍋を洗ってみました。

水をちょっといれて、殻をいれて、混ぜます。グルグルグル。


c0228646_18171723.jpg
20回くらいまぜて、水で流したら、びっくり!

c0228646_18172573.jpg

きれいに取れてるやん!!!

卵の殻、なかなか使える。


いつもはタワシですが、タワシはご飯粒がつまるでしょう。そうすると取らなきゃいけない。
殻があるなら、捨てるまでにこれですれば有効利用だぁ!!

グローブはめたらなお良い、とは思います。

今日はいい発見した。

by kitchenparadise | 2019-08-03 18:19 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー日記。お店のお知らせ、調理道具の実験や考察、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:銅の玉子焼
道具:ステンレス鍋
道具:土鍋・琺瑯鍋・その他鍋
道具:中華鍋
道具:鉄のフライパン
道具:フッソ加工のフライパン
道具:キッチン道具全般
道具:スライサーやおろし器
道具:すし桶・おひつ
道具:木のセイロ
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:塩壺
なみじゅう(入荷状況も)
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
私が好きなもの、好きな店
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
桧山タミ先生
プロフィール
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

「選択の科学」シーナアイエン..
at 2019-10-16 08:07
鉄は厚みで料理の仕上がりが違..
at 2019-10-15 15:04
フランス製の鉄フライパン「マ..
at 2019-10-11 16:33
11/9(土)「極上水炊きと..
at 2019-10-10 13:05
燕三条「KOUBA」にいく②
at 2019-10-08 14:26

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧