人気ブログランキング |

カテゴリ:私の日常と家族( 271 )

バーチャルお参りと柿の葉問題

今年のお盆もいつものお盆だった。

先祖を13日にお迎えして15日に送る。母は日に何度かのお供えの料理を作るのでお盆はなかなか忙しい。私は、帰省した娘の友達も遊びにきていたので大目にご飯の用意をしたり、亡くなった友人の初盆のおまいりにいったり、お盆はそういうものと思っている。自分の時間というのはなかなかない。

テレビのワイドショーでコメンテーターが「グーグルアースでバーチャルおまいり」についての是非を議論していた。
「やはり、お参りはいかないきゃ。」という人、「心がこもっていればいいんじゃないか」という人。

みんな自分のものさしを持っている。というか好き勝手に意見する。

お盆の初日に母に「おとなりさんからお団子をもらってきて」といわれ、お供えするお団子をいただきに行った。お隣の奥さんは抜群にお料理が上手で手早い。その旧家の若奥様は(といってももうそうお若くはない)古くから続くお供え膳をきちんと作っておられて、「すごいよね」とうちの娘と顔を合わせた。海のものは出汁には使わない。お団子は必ず11個のせる。1日1回柿の葉寿司を作る、など決まりがいろいろあって、嫁がれた時から丁寧に守り続けて作っているらしい。

うちは、柿の葉がないからちらし寿司にするし、お団子も1個しか上げない。わたしは長いこと母のお供え御膳でも「慣習とはいえ面倒なお膳」だと思っていたから、上には上がいるものだと思って帰ってきた。


一方、親戚の家に行くと、仏様にはお供えのお菓子だけでご飯もなかった。宗派の違いかなと思ってググってみたら、そうとはいえず、みんなそれぞれで省略しているようす。


100%やっている人にとっては70%やっている人は足りないかもしれないし、70%の人からすると20%の人はとても足りないと思う。

そこでバーチャルおまいりの話に戻る。

きちんとお盆のお参りする人が「バーチャルお参り」しかしない人を批判するとすると、バーチャルのお参りすらしない人をバーチャルお参りする人は「お盆におまいりもしないの?」ってことになるわけで。これは終わりがないのではないかと思った。


柿の葉寿司をお盆に作ったことがない私は、とてもバーチャルお参りをする人を、コメンテーターさんのように「いやいや、お盆はきちんと参らないと意味がないでしょう」などと批判する気にはならない。

いまは十人十色。自分で心地よいことを選べばいいやんって思う。

私はできる限りお墓参りはしたいし仏壇に手を合わせたい。いくら旅費が高かろうとそれで先祖が喜んでいると思っているから。
どうしてもいけない時は心の中でおまいりする。
こんなにも心が穏やかで幸せでいられるのは、両親や祖父母が代々先祖を大切にしてきたからと疑わずに思っている。といっても、宗教心が特別あるとかじゃなく、本当にそうなのかどうかも問題ではなく、私がそう思うっていうだけのことです。

でもね、スマホやパソコンに向かって手を合わせるバーチャルお参りは気が進まないなあ。
なんかアイフォン崇拝みたいで。笑)



by kitchenparadise | 2019-08-17 18:15 | 私の日常と家族

夏休みの戦う昼ご飯

キチパラの夏休みは終了。今日から通常営業です。明日8/17(土)も10:30~18:00まで開いています。
シャスールがすごく少なくなりました。お早目にどうぞー!


夏休みの戦う昼ご飯 

というタグ付けしたツイッターが流行っているのだそう。

お母さんたちは戦ってるんですね。

確かに夏は毎日毎日3回のご飯を作るので、ママたちは大変です。毎日そうめんだと飽きられちゃいますかね。それにしてもこんなキャッチーなネーミング付けた人、すごいなぁ。

で、いくつかレシピが紹介されていましたが、「ん?」と思ったので、私なりによい方法を考えてみました。

テレビで紹介されたのこれ。


「チキンナムル丼」

温かいご飯300g 韓国のり2枚 サラダチキン1枚 小松菜1/2 ゴマ油・塩・白いいりごま

小松菜をカットしてレンジでチンし水けをふき取る。チキンを割いて小松菜と合わせ、ごま油を塩を振って和え、どんぶりにのせる。


手作りしたほうが安心でおいしいので、こうしてしてみれば。↓

「サラダチキンを買わずに作る」

鶏の胸肉を何枚かかっておいて、フォークで穴をあけ、塩、酒、砂糖を適量いれてジップロックにいれておく(30分以上はいれておいたほうがいい。できれば一晩でも)
鍋(できれば厚手)にお湯を沸かして、下味をつけた胸肉を入れて1分経ったら蓋をして火を止める。30分くらい放置。



このチキンを作っておけば、茹で汁のまま冷蔵庫に入れて4日もちます。
小松菜もできればレンジでなくてさっとゆでておくといいと思いますよ。冷凍もできますし。


胸肉を茹でておけば、いろんなランチアレンジができます。

●そうめんの上にサラダとのっけて蒸し鶏サラダそうめん。

●キャベツとピーマン、ニンジンなど炒めたやきうどん。

●そのままラーメンにほうれんそうとのっけて蒸し鶏ラーメン

夜ごはんでもいろいろ使えます。



ほかにも、戦う昼ご飯の投稿をいろいろ紹介されていました。

「なんちゃってえびマヨうどん」というのも。

レンチンしたえび焼売とレタスをうどんにのせ、マヨ、ケチッップ、レモン汁、砂糖をまぜたソースをかける、らしいのです。うーん、想像しただけでもちょっと見た目がおいしそうではないな......苦笑)。




by kitchenparadise | 2019-08-16 13:25 | 私の日常と家族

卵の殻をこれにつかってみたら

シャスールの激安クリアランス続いておりますが、ほとんどが色が一色くらいになりました。オンライン購入可能なものはコクエルのレッド、キャセロール18cmはピスタチオ、20cmもピスタチオ、22cmはシトロン(レモン)があります。店頭ではほかのサイズもあるのでぜひ月曜日以降にお越しください。

ところで、桧山タミ先生がいつも「卵の殻はすてないのよ」と言われます。

「いろいろ使えるじゃない」といわれるので、先日「いろいろってなんですか?」ってお聞きしたら、「自分で考えてみたら?」

でた!いつも自分で考えなさいと言われるのです。

でも、掃除とか言ってあったなぁと思い、土鍋を洗ってみました。

水をちょっといれて、殻をいれて、混ぜます。グルグルグル。


c0228646_18171723.jpg
20回くらいまぜて、水で流したら、びっくり!

c0228646_18172573.jpg

きれいに取れてるやん!!!

卵の殻、なかなか使える。


いつもはタワシですが、タワシはご飯粒がつまるでしょう。そうすると取らなきゃいけない。
殻があるなら、捨てるまでにこれですれば有効利用だぁ!!

グローブはめたらなお良い、とは思います。

今日はいい発見した。

by kitchenparadise | 2019-08-03 18:19 | 私の日常と家族

簡単すぎる水出汁の作り方


c0228646_11334592.jpg

夏はおそうめん!毎日そうめんでいいくらいですね。さすがにそれでは飽きるので、生姜にみょうがを加えてたり、ねぎをシソにしたり、梅やオクラを加えたり、たまにはかけ麺やゴマダレにしたりするくらい。
いまはほとんど「めんつゆ」「そうめんつゆ」ですよね。でも、実は、手作りつゆってとても簡単です。
特に「水出汁」さえ作っておけば、そうめんだけでなく、すべての料理に便利なんです。みそ汁にもね。

水出汁の作り方(桧山タミ先生の分量)

材料 

水800cc 
昆布10cm×10cm 
いりこ適量(10g~20g)
(*たまに干し椎茸2つ 椎茸は香りがありすぎるのでお好み)

写真は水出汁1Lにして、それぞれ量を増やしています。

作り方

全部ガラスや琺瑯容器にいれておき、一晩したら取り出す。
そのまま1日いれっぱなしでもいいのですが、昆布などはどろんとしますし、1日で取り出したほうがいいでしょう。
濾して冷蔵庫で3~4日保存できます。


普段はみそ汁や煮物の時は椎茸は使わないのですが、夏にたくさんいただく時は入れることが多いです。
そうめんの出汁は椎茸が入ると私は好き。その椎茸は取り出して甘煮にしておけば、素麺とともにいただけます。

そうめんの出汁の作り方

水出汁 4 : みりん1 : 醤油1

九州は少し甘いのでこれくらいの割合で作りますが、ほかの地域は4:0.5:1 くらい、また水出汁が5か6でしょうか。

薄口を使う人も多いでしょう。4:1:1で作ってあとから水出汁で薄めればよいと思います。そんな時も水出汁が冷蔵庫にあると便利です。

作り方はこの3つを2~3分煮立てて、あとは冷ますだけです。
私は時間があるときにみりんを煮立てて醤油を入れてさらに煮立てておきます。あとから水出汁を入れて薄めるとよりコクがあるものができますし、水出汁が沸騰して火をとめ鰹節をいれて沈んだら濾すと、香りがよくなります。これは省略可です。

c0228646_11572088.jpg


写真は27cmです。ご購入はこちらからどうぞ。







by kitchenparadise | 2019-07-29 12:03 | 私の日常と家族

映画「天気の子」を観る

c0228646_17395052.jpg

「天気の子」は、中高生でいっぱい。大雨だというのに、いや大雨だから多いのかしら。何回かの予約満席で断られたのち、ようやく夕方映画館にはいれました。アニメファンでもありませんが、前作「君の名は」がなかなか面白かったのと、絵が美しかったでしょう。だから次もぜひ見ようと思っていました。

ネタバレしないようにあらすじを書くと、

田舎の島に住む主人公の少年が家出して東京にやってきます。なんのツテもないので、船の中で助けてもらったちょっとワケありそうな編集プロダクションの男性のもとで働くことに。雨が降り続いたある日、自分よりちょっと上の女の子と出会うのです。母親が他界して以来、小学生の弟と二人で生活しているその女の子は、祈るだけで天気が変えられる不思議な力をもっている子。彼女は巫女のように使命を感じながら天気をあやつるようになるのでした。この先は劇場で。

前半は天気に関するストーリーがはさまれてくるのがあまり意味が分からず、後半も最後のほうになりようやく「この物語は、社会のシステムからこぼれおちた10代の素朴さ、ひたむきさを描いている」のだと理解するに至りました。

そのこぼれおち方が、未成年対象のわりにはあまりに反社会的で、世間を敵にまわして大丈夫か?と思うのですが、最後はまぁ、なるほどと。(中途半端ですいません)

この映画は、普通の大人たちからはあんまり受け入れられないかなあ。たぶん。

普通の中高生にとっても、ある意味リアリティがなさ過ぎて微妙かもしれない。ハウルやポニョみたいにリアルでない主人公が空を飛ぶならわかるけど。「君の名は」のパラレルワールドのほうが、空飛ぶより受け入れられやすいだろうと思ったり。(これも中途半端ですいません。言うに言えない。笑笑)

2004年に書かれた有川浩さんの「塩の街」っていう小説があるんですが、これに少し似た感傷にひたりました。

とはいえ、やはり新海監督の映像はとてもきれい。新海監督の空や天気の描写はうっとりしますよ。新宿や池袋など街の様子も「これ写真じゃない?」と思うほど見事です。

「君の名は」に比べるとおそらく苦戦するでしょうが、私は嫌いではないです。こういう映画は、作家の意図を掘り下げて考察してみるのが楽しい。もう一回観に行こうかな。




by kitchenparadise | 2019-07-23 17:46 | 私の日常と家族

ミシェラン店「一本木石橋」を初訪問

c0228646_13532237.jpg

昨晩はレストランガイト格付け本「ミシェランガイト福岡・佐賀・長崎2019」の発表がありました。福岡は311件を紹介。キチパラの近くにもたくさんのミシェラン店があります。なんだかワクワクしますね。選ばれた店はうれしいでしょうが、同時に身が引き締まる緊張感のようなものもあるのではかと思います。

そんな中、二か月も前に予約していた「一本木石橋」に、友人と3人で行ってきました。オープン10か月でこの日ミシェランの星を獲得したそうです。
フリーアナウンサーの西川さんは古くからの友人、ソワニエのもと編集長弓削さんもご飯仲間で、地元福岡の食の本など人気本をたくさん発行している地元の人気編集長です。彼が「いま予約しないと取れなくなるよ。」と二か月前に言っていた通り、7月に、10月まで週末は予約でいっぱい。8月も後半に数席しかないとか。ミシェランの発表前にこれですから、人気店は人が集中しますね。


今日は珍しく料理の写真を撮ってきましたよ。全部じゃありませんがこんな感じです。

美味しさがこれ以上伝わらなくて残念なくらい。とても美味しく、季節感や土地感まで感じられるお料理でした。

c0228646_14080864.jpg

私の青魚嫌いはどこいったのかってくらい、鮎もこはだも最高に美味でした。

さすが、京都の和久傳や東京の鮨店の海味で修行なさっただけあって、料理のすばらしさはもちろんのこと、お皿もどれもいいものばかり。

大将はまだ33才の若き料理人です。ご主人の笑顔と、奥様のかわいらしさが印象的ですよ。
さらに上を目指して頑張っていかれることと思います。


場所は、福岡市中央区平尾です。西鉄大牟田線平尾駅から歩いて6分ぐらいでしょうか。薬院駅からだと8~9分。ちなみにキチパラからは歩いて7分。


「一本木石橋」 福岡市中央区平尾 1-9-13 092-534-7560

*昼はたぶん6000円か7000円、夜は15000円か20000円だと思います。






by kitchenparadise | 2019-07-10 14:45 | 私の日常と家族

わたしのトマトソースの作り方

夏はトマトが安くて美味しいので、オーガニックトマトが並んでると何も考えずに大量に買ってしまいます。で、うっかり冷蔵庫の奥にいれてるのを忘れてしまうのです。笑)
熟しても大丈夫。熟しきったトマトは、ぜひトマトソースにしましょうよ。甘くてかえってこくがあります。

トマトがおいしいときの
私のトマトソースの作り方


材料

熟したトマト 大きめ4~6個
玉ねぎ(みじん) 1個(半分でもぜんぜん大丈夫)
にんにく(みじん) ひとかけ
バジルの葉 (できれば)
オリーブオイル 適量
塩 適量(あれば塩麹ならベスト!)

必ず使う道具

キチパラオリジナルなみじゅう
厚手のホーロー鍋(今日はシャスール)


作り方

①トマトを湯剥きします。トマトのうしろバツの切り込みを入れて、沸騰したお湯に10秒入れて冷水に。
皮を剥いてむいて、ヘタのある芯をとります。

このとき、なみじゅうがとても便利。波刃と先が尖ったのが絶妙です。

c0228646_14592148.jpg

②トマトをざく切りします。これも適当でOK。ついでに、玉ねぎ、にんにくもみじんにしておきます。

なみじゅうなら熟したトマトも気持ちよくカットできます。しかもまったく潰さずに。

c0228646_15013157.jpg

③にんにくと(ちょっとおおめくらいの)オリーブオイルを火にかけ、香りがではじめたら、玉ねぎをいれて、しんなりするまで炒めます。
そしてトマトを投入。

これは、厚手の鍋が絶対によいです。ルクルーゼ、ストウブ、バーミキュラ、そしてこのシャスールなど。温度も安定するし、焦げませんし。中火です。普通のフライパンなら焦げそうになると弱火ですが、これはいったん温まると底面に火が届くぐらいの中弱火くらいでずっとOKです。

塩とひとつまみ入れておきます。

c0228646_15033982.jpg

④あとは蓋をして20分~30分。最後に蓋をあけて、水分が残っていたらすこしトロッとさせます。

⑤私は最後に千切りに切ったバジルの葉を入れます。塩で味もみてくださいね。


できあがり。


トマトソースパスタでも、パンにのせたりはさんだりしても、グリルしたチキンにのっけたり、おさかなにのせたり、アレンジはいっぱいです。ビンにいれて保存しても、冷凍もできます。


これが熟し具合が足りないと、ケチャップ大匙1とかコンソメ1個とか、あるいはみりんや砂糖をいれないと酸味がありすぎたりします。
いまなら、シンプルで塩だけでOKです!!

ぜひトマトソースを作りましょう。そして、なみじゅうはぜひ。





by kitchenparadise | 2019-07-09 15:18 | 私の日常と家族

素材料理が好きなお年頃

先週、東京に引っ越していったスタッフが戻っていたのでみんなでご飯に行きました。
スタッフが行きたがっていた人気店。福岡・薬院のチェルニアです。
3時間以上、わーわー言いながらしゃべりました。笑)
学生とちっとも変らないノリです。

ここの料理は最初から最後まで素材料理です。素材を生かした和食とかフレンチとかを「素材料理」ということもありますが、ここのはホントに素材そのものっていうのが多いんですよ。

たとえばこれ、ズッキーニですよね。それにパルメジャーノかけてある。

c0228646_18494643.jpg

スズキのトマトカルパッチョ。このスープはまさにトマトの味です。
トマトだけの味。笑)

c0228646_18502930.jpg

これはサラダとチーズとクルミのサラダ。これは酸味のあるドレッシング。素材そのまんま。

c0228646_18520056.jpg

これなんてどうですか。桃の冷製パスタ。そのまんま桃味です。赤司農園さんの桃は絶品。

c0228646_18533573.jpg

こんな感じで、素材にこだわった、素材まんまを楽しめる料理を、われわれ世代は本当に好きです。

サラダがそのままでてきたら「わあーおいしそう!!」と喜び、
トマトそのままで「わあーおいしそう!」とまた歓声。

それなら料理しなくていいやん、と思うけれど、それは違う。素材のチョイスと活かし方があるのですよ。
この赤司農園の桃パスタとかどうですか。絶妙ですよ。

チェルニアは、薬院駅から徒歩3分。ググッて予約していってください。

by kitchenparadise | 2019-06-25 18:59 | 私の日常と家族

そら豆は茹でて冷凍?生で冷凍?


c0228646_11572110.jpg

また実験熱がふつふつと湧いてきてしましました。

そら豆の季節がそろそろ終わるでしょう。いま(2019年6月18日)は九州のそら豆は収穫がほぼ終わり、宮城や秋田など北のほうのそら豆が福岡でも販売されています。いまのうちに買って冷凍しておこうと思いました。
ググると、「そら豆は茹でて冷凍がおすすめ」「そら豆は生で冷凍がおすすめ」と、どちらももっともらしく書かれてあり、どちらが良いかわかりません。

確かに茹でて冷凍すると使う時は便利でしょうね。炒め物にもさっといれていいし。使いやすい。でも果たして色はどちらがきれいなのか、どちらがおいしいのか、その前に冷凍してたら割れやすくないのかも気になります。

眠れないので、試すことにしました。

一晩冷凍して、味や色をわかりやすくするために、木のセイロで蒸すことにしました。セイロで3分。(剥きやすくするため切り込みはいれてます。)

c0228646_11581482.jpg

蒸し終わった時点では違いはよくわかりません。並べてみると色の違いはわかりますね。生冷凍のほうが色がきれい。
茹でてまた蒸すわけですから、当然色は少しだけ落ちます。
生のまま冷凍したのはきれいな黄緑色です。でもまぁ、茹でたのは解凍してそのまま使えますし。また再度蒸す必要もないんですが。

c0228646_11583315.jpg

ちょっと割ってみます。

c0228646_11582430.jpg

みるからに、生のまま蒸したもののほうがみずみずしいです。

冷凍するまで3日ほどあったので白い芽がでてしまったようで少し鮮度が落ちてしまいました。(食べられます)
冷凍するなら余ったものをするのではなく、買ってすぐ冷凍したほうがもちろんおいしく食べられます。


スタッフと一緒に食べてみました。

c0228646_11583852.jpg
あー、やっぱり生のまま冷凍したほうがおいしい。食感もいいです。
どちらも全然オッケーでですが、茹でてまた熱を通すと、すこしパサつくようです。

そら豆を自然に近いカタチで食べる場合は、生のままで冷凍したほうがよさそうですね。

いまなら東北や北海道ならもう少し、西日本でも百貨店などでは売っています。もう少し長く食べたい方は冷凍でもどうぞ!





by kitchenparadise | 2019-06-19 12:22 | 私の日常と家族

納豆をめぐる冒険

今日は納豆をめぐる大発見のお話。

暑くなり、朝食が少なめになりました。ある日は甘酒と豆乳とフルーツのジュースとか、ある日はご飯に納豆と味噌汁とか。

最近は朝はお米も食べたくなくなり、料理家の土井先生にならって味噌汁を具だくさんにすることも多くなりました。そうなると、どうしても摂取したい卵と納豆も味噌汁にいれなきゃいけません。

卵は味噌汁に入れますが、納豆を味噌汁いれるのはあまり好きじゃない。でも納豆は栄養あるから外せない。だいたいそんな好きでもないのに、そのまま食べるのには1パックは多すぎ。1日1パックは食べよとどんな栄養学の先生も言ってはいますが。

確かに、納豆の栄養すごいんです。

タンパク質、脂質、イソフラボン、ナットウキナーゼ、ビタミンK2、B1、E。

美容にも健康にもいいし、カルシウムの吸収を助け、なにより
ナットウキナーゼは活性酵素は体の健康な体を作る効果が大変期待されているらしいのです。

なのに、こんなのを見つけてしまいました。

【50℃越えでナットウキナーゼは失われます】


えー!それなら味噌汁にいれたらダメじゃない!!

やっぱり味噌汁は味噌汁で、納豆は納豆だけで食べるべきだろうかと迷ったあげく実験をすることにしました。


①味噌汁は何分で50℃以下になるか。

②50℃の味噌汁に納豆をいれて美味しいのか。


早く食べたいからさっさと実験したいと思います。


まず、いつものように味噌汁を作ります。ネギや玉ねぎ、ゴボウを入れて、卵も。そして納豆もスタンバイ。

木のお椀についだときは80℃くらい。せっかくだからアツアツを二口くらい飲みます。

4分経過すると61.6℃。まだ入れられません。


c0228646_18030084.jpg

7分経過してようやく50℃以下に。試しに指をいれていました。(きたないっ。でも消毒した)

50℃洗いで慣れた温度ですな。あるいは失敗して熱くしすぎたお風呂の温度って感じ。

c0228646_18031076.jpg

よし、いまだ!納豆注入!じゃーん。

c0228646_18032010.jpg

50℃という温度はそんなにぬるいという感じではありません。体温より10度以上高いので、また温かくいただける感じです。
納豆の香りも損なわず、栄養価もすべて損なわず、ばっちりではないですか!

味は、

50℃以下納豆みそ汁、とてもおいしいです!!!

アツアツよりもおいしいかも。って人それぞれですが。

結論、

納豆をみそ汁に入れる場合は、7分経ってからいれると、おいしいし栄養もそのままであ~る。



おっと、7分というのはそれぞれですから、5分のひとも10分の人もいるでしょう。ご自由に。



by kitchenparadise | 2019-06-14 11:26 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

バーチャルお参りと柿の葉問題
at 2019-08-17 18:15
夏休みの戦う昼ご飯
at 2019-08-16 13:25
簡単すぎる手作りケチャップ
at 2019-08-10 12:47
梅の土用干しと理由とザル
at 2019-08-09 11:55
ふきこぼれないごはん鍋、コクエル
at 2019-08-08 16:29

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧