カテゴリ:私の日常と家族( 232 )

最後の出張桧山塾が終わりました

11月から3回募集をして行った桧山タミ先生の一日講座「出張桧山塾」がさきほど終わりました。
ご応募いただいたすべてのみなさんにご参加いただく広さがなく、10名の抽選でした。
本当に申し訳ありません。

今日は、長野、神奈川、大阪などからもご参加いただきましたが、それぞれいろんな思いがあって桧山タミ先生の御本をお読みになったことがわかりました。台所がみなさんにとって、楽しい場所に、そして思いやりあふれた場所になればいいなぁ、そう改めて思います。

先生の講習内容は改めて書きます。
終わったあとに、アシスタントをしたくださったお弟子さんたちとのひとこま。
みなさんお疲れ様でした。
c0228646_17104396.jpg





by kitchenparadise | 2018-02-27 17:12 | 私の日常と家族

「今夜ロマンス劇場で」からのR15「リバーズエッジ」辛い

2日続けて映画を観に行きました。「今夜、ロマンス劇場で」に行き、「リバーズエッジ」。

嗚呼...観る順番を逆にすれば良かった。泣)
リバーズエッジは、高校生の親をもつ母にしてはきつ過ぎる。いや、違いますね。誰にでもキツイというか衝撃的すぎます。

最初にみたのはこれ。ほんわかする内容です。

「今夜、ロマンス劇場で。」


ひとことで説明するならば、綾瀬はるかがきれいすぎ。そのヘップバーンみたいな映画の中のお姫様を、坂口健太郎扮する映画監督を目指す青年(健司)が本気に恋愛してしまうことから始まります。ある日、小さな劇場(ロマンス劇場)に雷がおちた瞬間、そのモノクロ映画のお姫様が実体となって表れるのです。モノクロ、つまり白黒で。
まったくリアリティの無いストーリーなんですが、この二人が惹かれあって最後にどうなるかってところだけは非常に現実的というか人間味があふれる内容になっており、ちょっと考えさせられます。うっとりする内容なんだけど、自分に置き換えて考えてしまうってことかな。ご夫婦、恋人とご覧ください。
こういうのをバカバカしいという男性は、私はイヤだなあ。映画としては、星★★。



「リバーズエッジ」



原作は、「ヘルタースケルター」も映画化されている岡崎京子さんの人気漫画。高校生のやるせないほどの深い悩み、マイノリティーの苦しみ、性と暴力、死と生が渦巻いていて、見終わった後にお嬢(18)と放心状態。

放心状態のお嬢のひとことは、「これ、R15でOK?」

青春映画にも関わらずわざわざ行ったのは、大好きな小沢健二さんが主題歌を担当していたから。軽い気持ちで行ったわけですが、これは娘と行く映画じゃないなぁ。笑)
とにかくひどい濡れ場が多いのです。ひどいというのはつまり、高校生たちの愛のない濡れ場というのか、むちゃくちゃなシーンが次々とあって、ママは目を伏せました。笑)

あらすじ代わりにキャストを紹介します。これだけで内容がわかるかもしれません。見たい人はここまでで。

若草 ハルナ (二階堂ふみ)
母親と暮らす女子高生。観音崎という遊び人と付き合っていたが嫌気がさしているが、そんな観音崎とも関係をもつことになる。 山田を助け、死体をめぐって友人になる。

山田 一郎(吉沢亮)
ハルナと同級生の男子高生。死体を観察するのが趣味でハルナを誘う。性同一性障害。
吉川 こずえ(SUMIRE)
ハルナの後輩で人気のモデル。摂食障害で学校のトイレで食べては吐く。レズ。

観音崎(かんのんざき)
ハルナの元彼。ハルナが好きなのに、ハルナの友人と関係をもっている。
田島 カンナ
山田一郎を好き。山田とハルナの仲の良さに嫉妬する。

小山 ルミ
ハルナの女友達。観音崎など複数の男性と関係をもち、妊娠。

結局、愛が足りてないのです。空虚なこころが性や暴力、破滅にむかっていくという映画。
でもね、最後までみると、原作者や監督の言わんとする希望が少しだけ伝わってきます。

ちなみに、この映画は、昨日、ベルリン映画祭で賞を受賞したらしいですよ。
星はつけられない。子供には見せたくないことを考えると、★。でも、よく考えると★★★。

私とお嬢はまっすぐ帰宅する気にならず、2人でカフェに入ってこの映画について30分ほど意見交換してから帰りました、


by kitchenparadise | 2018-02-24 15:47 | 私の日常と家族

辞書をひこうじゃないか

ある新聞記事に、学者さんが「辞書をひくことはとても大切である」と書いていた。
ググるより辞書にしようよという意味だ。だれもが毎日のように検索機能を使うご時世に、あえて「辞書を引け」なんて、若者は「そんな面倒な。」としか思わないだろう。

学者さんは続ける。
負荷をかけて記憶しないと定着しない。

負荷が深い記憶に繋がる。」


どうだろうか。若い人なら、ググっても辞書でもひょっとしてかわらないかもしれないが、この年齢になると思い当たるふしがある。
読めない漢字をググってスマホにコピペしても、2、3日もすると全く覚えていない。検索したことすら覚えていない文字が、スマホに残っている始末。反面、たまに引く辞書の漢字は覚えていることが断然多い。
歳だから覚えられないのか、それともその「負荷」が必要なのか。

この「負荷」の感覚の差は、そこらじゅうにある。
例えば。
ミステリーを読むと、読んでる途中で「あ、たぶんあの人が犯人かな。あやしい。主人公の友だちじゃないか?」なんて思ってページをめくって前に戻るとする。たいていはピタリともとのページの戻れることが多い。電子書籍ではそうはいかない。ストーリーを追いながら戻るしかない。
それは、「束」(たば、でなく、つか、といういうらしい)の感覚がないからか。
五感を使った感覚も「負荷」とするならば、紙と電子はその違いが大いにある。

料理もそういうことが多い。

〇ックパッドはとても便利で私もよく利用するが、人差し指だけで検索した料理は、次は覚えていない。料理の先生のところで見たもの、作ったもの、あるいは料理本を片手に何度も見ながら作ったものは、スマホ検索よりよほど記憶が深い。
これも年齢の違いがあるのかもしれないけれど。

15年ほど前から、料理道具のひとつとして、ことあるごとにガスコンロとIHクッキングヒーターの二つを勉強するようにしてきた。
機能、安全、環境、清掃などについて、ガスコンロがIHの優れた機能を追いかけているように思えていた。

でも本当はどうだそう。料理の自由度、ライブ感、そしてなにより火をみながら感覚で調理できる、そのちょっとした「負荷」というのか「五感を使う」という作業が、ガスコンロのほうが勝っている。
店に来る何人かの年配の方々が、「簡単なのに慣れない」とIHに対して感想を漏らすのは、その「負荷」のことかもしれない。昔、十分な負荷をかけてきたことは、負荷の無い作業を追い越さない。
まぁ、ある程度若いうちにIHが身につけば、それはそれでとても上手に料理をなさるお客様も多いけれど。

「負荷」をかけて何かを覚える大切さ。
人間の脳、スーパーコンピュータは、その負荷を裏切らない。

辞書をひこうじゃないありませんか。感覚を生かすことを自ら選んで。



by kitchenparadise | 2018-02-15 14:48 | 私の日常と家族

街で若者言葉の取材をうける

先週、KBCの某番組の取材につかまってしまいました。笑)

そこで、インタビューされたのが、これです。カメラマンさんをこっちから撮ってあげました。

c0228646_13424680.jpg
「そま?ってなにかわかりますか?」

わたし「そま、そま、粗末にしたらダメ?じゃないですよね。」

「ちがいまーす。」 「では、l4lはわかります?」

わたし「なんかの旗ですか?」「愛 for  愛 で両想いとか?」

「あ、ちょっと惜しい」「BFFはどうでしょう。ヒントはインスタとかで若い子が使います」

わたし「ボーイフレンド、フリーで、募集中とか?」


そんな感じでおこたえしましたが、どれもハズレ。


答えはこちらでした。

「そま?」=「それ、マジ?」

「l 4 l」=「#l4l」(いいね フォー いいね)
(いいねしてくれたら、いいね返すよ)

「BFF」=「#BFF」(ベスト フレンド フォーエバー)
(私たち生涯親友よーとみんなにハッシュタグで教える)


なぜ、わざわざみんなにそんなこと教えないといけない??とか思ったりしますが、、、。
by kitchenparadise | 2018-02-05 14:09 | 私の日常と家族

京都のゲストハウス泊

週末、お嬢と2人で京都へでかけました。お嬢に頼まれて予約しておいたゲストハウスにいくと...なーんとこんな感じ。
c0228646_17340953.jpg
ゲストハウス錺屋(かざりや)さん。昭和レトロ好きのお嬢のテンションあがりまくりです。 
建物は、大正時代に建築されたモダンな町家。江戸時代より続く薬屋さんだったらしく、正面の壁には薬の名である「六神丸」そして「亀田利三郎薬舗」という古い一枚板の看板が飾られています。京都らしく趣があります。 
案内された客室の縁側からは、ゆったりとした中庭の木や草花を眺められます。 
c0228646_17342287.jpg
ゲストハウスというのは、一般的に安宿、素泊まりのお宿です。お風呂も洗面台も共同。もちろん浴衣やアメニティもありません。タオルは借りることもできます。近所に地元の方が通う銭湯があり、私たちはそこでゆっくり大きな湯船につかり、疲れを癒しました。 
ホテルと違ってオートロックなどはなく、南京錠!ふすまについてる錠はなかなかの衝撃。大人の私は、南京錠を手に取って「これで安全なのか?」とちょっとした不安も。汗)だってすき間からちょっと部屋の中が見えちゃいますし。でもまあ、小さなお宿ですしね。心配ないでしょう。
私たちのお部屋は2人で8500円。とても楽しそうな相部屋もあり、そこなら一人2500円で泊まれます。玄関先はとても風情があり、いい香りのお香が漂っていました。交代で若い方が受付をなさっていますが。夜9時過ぎたら自分で玄関のカギを開けないといけません。
c0228646_17341536.jpg
おもしろいのがキッチン。みんなで譲り合いながら交代で使うのです。アメリカ人の学生さん、中国人の夫婦、日本人の若い女の子もいました。私たちは近くで玉子を買ってきてオムレツを作りました。
c0228646_17343273.jpg

お嬢は、ホテルよりゲストハウスが好きなんだそう。私も20代ぐらいまでの一人旅は、こんな感じのエコノミーな宿を泊まり歩き、友達がいっぱいできたものです。大人になってはなかなかないですよね。いろんな意味で楽しい宿泊でした。
ゲストハウス錺屋
〒600-8107京都市下京区五条通室町西入南側東錺屋町184
HPはこちら

by kitchenparadise | 2018-01-23 18:16 | 私の日常と家族

海外向けの取材

昨日は終日、桧山タミ先生の取材でした。日本でなく海外で放送されるという国際放送の収録。
海外がイメージする日本料理はラーメンやにぎり寿司、すきやきでしょうが、本当の日本の家庭料理はどんなものか、桧山タミ先生の台所から世界に発信します。

起床からの撮影で、私も早朝からおともしました。
長時間取材でやや疲れ気味の私とはうらはらに、お元気なのは桧山先生。ほんとに頭が下がります。なんでこんなのお元気なんでしょう。92歳で現役たる所以は、毎日料理をなさるからか、乾布摩擦か、食べ物そのものか。どちらにしても気持ちの持ちようは大いにあるでしょう。
c0228646_19011909.jpg
ちらし寿司を丁寧に作りました。ちらし寿司はそれぞれの家庭のおかあさんの味。日本では、お祝い事があるたびに食卓にならびます。
日本のお母さんたちは、こんな風にして作っているんだなぁと感じていただけると嬉しいですね。
c0228646_19023846.jpg
お弟子さんたちにもお手伝いに集まっていただきました。
みんなで食べるからさらに美味しいです。ちらし寿司は日本のこころ、そのものですね。
c0228646_19044181.jpg
放送の際は、またご案内します。日本ではインターネットでご覧いただけるはず。英語ナレーションです。


by kitchenparadise | 2018-01-19 08:00 | 私の日常と家族

スタッフOG新年鴨の会

日曜日は年に一度のスタッフOG会。キッチンパラダイスのスタッフや卒業したOGの子たちが集まる会でした。
ここ数年は大人の遠足のようにみんなで電車にのり、小郡市にある「さとう別荘」という鴨料理のお店で開催するのが恒例になりました。鴨のジビエは、11月から2月までの季節限定のお料理。鴨鍋と狩場焼きというお料理のコースをいただきます。10月頃になると、そわそわしてくるほど楽しみな美味しさです。

一年間にあったことを話しながら鴨を楽しむ会ですが、どんどん大きくなっていく子供たちに会うのがとっても楽しみな会でもあります。
かわいくってたまりません。
c0228646_14572126.jpg
ヨシヨチ歩きだったDちゃんの長男はお話ができるように、オッチのおしりに隠れていたMちゃんはすっかりお姉さんに、りさこさんとこのKくんももう小学生になるんです。嬉しいですねー。すっかりおばさん、おばあちゃん?の気分です。

お料理はこんな感じ。10人以上いるので狩場焼きと鴨鍋をどちらも注文して、シェアしていただきます。
どうですか。きれいな鴨でしょう。
c0228646_15004619.jpg
鴨の肉もさることながら、出汁がね、本当に美味しいんですよ。
もちろん要予約です。ジビエは2月までですが、そろそろ満席じゃないかなぁ。私たちも11月には予約済みです。行ってみたい方はお早めにどうぞー。

楽しい時間はあっという間。
c0228646_15051724.jpg
みんなと出会えた幸せ、こうやって集まって時間を過ごす幸せ。子供たちが成長していく幸せ。もう幸せだらけです。いつも抜けてばかりの私を支えてくれた面々です。私の力では17年も何もできなかったと思います。思いやり深く、優しく、表裏のない、私を懸命にカバーしてくれる彼女たちのおかげです。
c0228646_15111722.jpg
ありがたい。この幸せな気持ちを、料理や道具を通して、社会のお役に誰かのお役にたてたらと思い続けています。



by kitchenparadise | 2018-01-18 07:30 | 私の日常と家族

たくさんの感謝と

また1年が過ぎようとしています。早いものでと言いたいところですが、今年は本当に長かった。長い1年でした。

最初の半年は、桧山タミ先生の「いのち愛しむ、人生キッチン」の企画と編集に多くの時間を費やし、残りの半分はその営業と(笑)と、取材対応で追われていた気がします。生みの苦しみはありましたが、その苦労をはるかに超える貴重な経験をさせていただきました。
出版するにあたりたくさんの方々に協力していただいたこと、心ある方々に出会えたことは大きな喜びでした。
みなさんに感謝ばかりです。

私が不在することが多かったお店ですが、忙しいときはスタッフたちがしっかり支えてくれました。
お店がしっかりしていないと私も活動ができません。そんな活動を応援してくれるスタッフたちにはとても感謝しています。

多くの友人が本を広めてくれました。20冊以上買って配ってくれた友人、ブログやSNSで広めてくれた友人、読んですぐに感想を伝えてくれ励ましてくれた友人もいます。みんな完成を喜びねぎらってくれました。

桧山先生はたびたびタクシーでお店にこられました。「あやさんが居なくて忙しくさせてごめんね」とスタッフにお菓子をもって。
私がちょっと疲れている顔をすると、そのたびに桧山先生が私の手や背中をさすってくださいました。それが桧山タミ先生という方なのです。
長年「口伝えが大切なの」とおっしゃってどんなお誘いも受けなかった先生が、「どうしても後世のために本を残してほしい」という私の切なる希望を聞き入れてくださったこと。とても感謝の一言では言い表せません。

本はアマゾンランキングで1位になり、増刷を重ね、多くの方に読んでいただきました。

ほんと今年は感謝の1年で、本当にたくさん泣きました。笑)


その一方で、体調に悩まされました1年でもありました。病院の領収証がこの2年前で50枚にも上りました。
胃痛が続き病院をあちこちまわったのです。神経性だろうとか、ウイルス性とか、機能性胃腸症、逆流性胃腸炎。まったく原因不明。

7つの病院をまわり、13キロも痩せた私を心配してくれた友人が、この秋、すい臓外科医の権威の先生を紹介してくれました。
結果は慢性膵炎とのこと。今年11月に診断されました。

早期だそうで、血液検査に大きくは出ないらしいのです。おそらく機能性胃腸症も関係しているようです。
アルコールをほとんど飲まないし、食生活もいたって健全なのに、なぜ膵炎になるのかは疑問ですが、たまにそんな人もいるようです。
現在は薬に助けてもらいながら、食事に気を付けて生活しています。相変わらず胃痛持ちでややこしい体ではありますが。



早くに他界した祖母も言っていました。いいことも悪いことも神様はみんな同じように与えなさる。

一病息災と捉えて、無理をしないよう、生かしていただいているお役目をは果たしていきたいと考えています。


今年は本当に感謝の1年でした。ありがたいありがたい1年でした。
家族に感謝しつつ、穏やかな年越しをむかえたいと思います。

年明けのキチパラはセイロと包丁のフェア、そして1/6の福袋と初売券で始まります。

来年もよろしくお願いいたします。





by kitchenparadise | 2017-12-28 09:45 | 私の日常と家族

宮地嶽神社でカレー接待

昨日、宮地嶽神社という福岡の由緒ある神社でこのような催しがあり、私もお嬢と行ってきました!

c0228646_12423302.jpg
この神社には台所の神様がいらしゃるらしく、年に一度このような催しをなさっているとのこと。三溝先生は生徒のみなさんとボランティアで300食のカレーを作って、参拝者の方を接待されているのです。4年もこの活動をなさってます。すばらしい活動に頭が下がります。

神様にお供えした新米、先生が丁寧に作られた美味しいカレー、ご主人が焼いた炭火の鶏肉。最高のカレーですよ。
c0228646_12433872.jpg
境内の中の神様のすぐ前には釜でずっとお湯を沸かしおられる方も。湯気がご利益があると聞き、私もお嬢も頭に湯気をかぶりました。
このお湯も料理に使われているそうです。
c0228646_12424643.jpg
料理も人の縁もおかげさまです。自然の恵みのおかげで今年も美味しいお米がいただけること、いつも神様に守られていることに感謝です。先生や生徒さんの惜しみない奉仕の気持ちにもこころから感謝、尊敬します。心があったまるカレーでした。ありがとうございました。

寒い中なのに、みなさん、ほーんと楽しそう。それが一番すばらしいこと。
c0228646_12441214.jpg
帰りにおみくじ引いたら大吉でした。ありがたいことづくしです。


明日はまた福岡はさらに寒くなるそうです。明日は桧山タミ先生と柳橋連合市場に久しぶり院お買いものに行きます。どうか先生のために過ごしやすい一日にしてください。なーんて、お願い事をしましたが、神様にお願いはしちゃいけないらしいですね。笑)

by kitchenparadise | 2017-11-20 13:08 | 私の日常と家族

My Birthday

11月17日は、私の誕生日、それも半世紀のバースデーでした。
スタッフ3人が、福山剛シェフの店、西中洲の「Goh」でお祝いしようといってくれました。Gohはなかなか予約が取れないので、2か月近く前から予約を入れてくれていたそうです。

終日、テレビ取材のため外出していたら、帰ってきたらようこ先生が待っていてくれ、さらに三溝先生もお祝いにかけつけてくれ、もうびっくりです。こんな歳になってしまい、それほど嬉しくはないなぁと思っていたところ、思いがけないお祝いに気持ちは一転。めちゃくちゃハッピーな気分になりました。

タクシーに乗って、西中洲にむかう間に母にお礼の電話。その後Gohに到着すると、、、なんと、スタッフだけでなく、OGだちも集まってくれていて、もうびっくりびっくり、大びっくり!!

c0228646_17122268.jpg
旦那さんに子供を預けてわざわざ来てくれた子もいれば、東京からわざわざ駆けつけてくれた久保田さんも!
みんな何にも言わないから、ほんとびっくりで、嬉しくて、夢を見ているようでした。ほっぺたつねりたい感じです。


こんな素敵な1日が待っていたなんて、なんて素晴らしい誕生日。なんてすばらしい半世紀。みんなに感謝です。

それにしてもさ、よく私にばれずに集合したよねー、みんな。笑)

Gohさんの食事も最高でした。2年ぶりに訪れましたが、ますます私たちの五感を楽しませてくれました。忘れられない食事になりました。
c0228646_17165778.jpg
(いくつか撮影忘れたかも。)
「会話がとまるほど、美味しいやん!」と福山シェフにクレームをつけました。笑)みんな絶賛です。またすぐ予約だ。

ことばで言い表せない幸せとともに超えた50歳。仲間に深く感謝するとともに、産んでくれた母と支えてくれた父に深く感謝しています。
スタッフとOGのみんな、本当にありがとう。ありがとう。ありがとう。


by kitchenparadise | 2017-11-18 17:21 | 私の日常と家族


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

中華鍋の洗い方
at 2018-06-19 16:10
三溝清美先生とのトークショー報告
at 2018-06-18 14:38
スンリョンさんと一緒に講座
at 2018-06-16 17:24
キチパラで500円包丁研ぎが..
at 2018-06-15 16:13
天然生活の取材を受ける
at 2018-06-14 17:51

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧