人気ブログランキング |

カテゴリ:道具:木のセイロ( 28 )

セイロ用蒸し板を使うと(新発売!)

ご要望が多かったステンレスセイロ用蒸し板がようやく入荷しました!

いろいろ試していたのですっかり遅くなりました。5種類あります。

ご購入はこちらです。

c0228646_13160707.jpg

蒸し板があれば、どんな鍋でも木のセイロが使え、大きさ違いのセイロも使えるようになります。

蒸し板には段がついているので鍋とぴったり合えば動かずに便利ですが、普通の鍋や中華鍋にのせるだけでも十分に使えます。

たとえば25cmの蒸し板があれば、24cm、21cm、18cmのセイロがのせられます。24cmのセイロ専用鍋と25cmの蒸し板で3パターンのセイロが使えることになります。
この20cmの蒸し板は、セイロの直径が20cm以下で11cm以上なら使えます。ステンレスのセイロ用鍋は18cmか21cmのはどちらも合わせられます。

これはシャスール22cmに22cmの蒸し板を乗せた写真です。ピッタリとはまります。
これなら、21cmと18cmのセイロをのせて使えます。

c0228646_13151685.jpg

ビタクラフトの20cmの鍋に蒸し板25cmなら上にのせるだけになりますが、これでも可能です。

c0228646_13014384.jpg


もちろん、蒸し板を乗せるとわずかながら蒸し時間が長くなります。また鍋と蒸し板の隙間から蒸気が外にもれて出ると蒸し効率が悪くなります。ただ、蒸し板を使うとセイロの底が直接鍋につかないので、焦げ付き防止にもなりますので便利です。

サイズ感がわかりにくい方は参考までに表を書きましたので、ご参考になさってください。
わかりにくいかたはお電話でお問合せください。092-534-6311
*キッチンパラダイスにない鍋の場合は、鍋の外径と内径のサイズをおしらせください。

c0228646_13154443.jpg
c0228646_13295031.jpg
c0228646_13144783.jpg

注意点:小さ過ぎる鍋に大きな蒸し板を使うとバランスが悪いのでお気を付けください。コンロの火が直接蒸し板に当たらないよう、また熱気もできるだけ直接当たらないよう、鍋から板がはみ出す時には気を付けてお使いください。ステンレスは急激な温度変化で変形することもございます。



by kitchenparadise | 2019-04-23 13:42 | 道具:木のセイロ

木のセイロが割れない、焦げないために

お客様から買ったばかりのセイロが壊れたというメールをいただきました。
自然のものですから割れやすいかどうかは個性にもよるのでしょうが、一番には私たちの説明不足に問題があると思ってます。
本当に申し訳ないことでした。

c0228646_13080694.jpg

そこで今日は、白木のセイロの使い方に合わせて、とくに「割れない、焦げない」方法をご紹介します。
使い方を守れば、割れにくくなります。ぜひキチパラ以外でご購入の方もご参考になさってください。

●使い始め

c0228646_13092863.jpg

初めてお使いになる時は、セイロを10分~30分ほど水に浸し(18cmなら10分、30cmなら30分程度)水気をしっかりふき取って、日陰干しします。風通しがよいところで、たてかけて乾かしてください。

→どれくらい浸すかについてよくお問い合わせがあります。18cmは幅が薄く30cmなら幅が厚いので、それぞれ水にしっかり浸るまで最初だけはよく水を吸い込ませてくださいとご案内しています。

●いつものご使用前のポイント

c0228646_13093589.jpg

身もフタも一度しっかり濡らしてからご使用ください。急激な温度変化で身の底が焦げやすくなります。お湯は多めに沸かし、鍋と接する部分は使用前にはよく濡らしたほうがよいでしょう。

→使い続けると身の下のほうがよく焦げます。これはもう仕方ないと思っていただいたほうがいいのですが、できるだけ焦げないようにすうためには、鍋の温度を急激にあげないようにすること、お湯はたっぷり沸かすこと、鍋に接するセイロの部分をよく濡らすという対策でずいぶん避けられます。

●ご使用の際のコツ

c0228646_11530271.jpg

ぜひセイロ用蒸し布をお使いください。布を使うことで蒸気の調節にもなりセイロが汚れるのを防ぎます。お肉の下にレタスや白菜など葉物を敷くのもよいでしょう。

→油をまぶしてから蒸す時や、お肉を蒸すなど汚れそうなときは布よりクッキングペーパーをお使いください。お皿に入れて酒蒸しなどでも使えます。

●セイロが割れないために

c0228646_11520884.jpg

新品のセイロは使い慣れたものより割れやすいです。使用直前によく水に浸けること、また初回から数回は長めの蒸し時間は控えるほうがよいでしょう。(できるだけ20分以内でおさめる)

●ご使用の後

c0228646_13130034.jpg

水かぬるま湯で洗います。タワシならよく汚れが落ちます。洗剤は付けずに洗ってください。よく水分を拭きとったら日陰干しします。風通しがよいところで、たてかけて乾かしてください。

→外で乾かせない時は、よく水けをふきとって空気がよどまないところ、湿気のない場所で乾かしてください。野菜を蒸した蒸気だけの時は洗わなくてもそのまま乾かしても問題ありません。温かいうちなら早く乾きます。

●収納のポイント

長期間使わない場合は、新聞紙で包んで湿気のない場所で保管します。ビニールには入れないでください。
連続使用は避け、一度しっかり乾いてからまた使用したほうがカビを防げます。頻繁に使う方は2個を交代で使うことをお勧めします。




なお、もう少し安価の杉セイロは、水につける過ぎると形が壊れふにゃふにゃになることが多いので、この方法通りに水につけるはおすすめできません。短めに短めに。逆に檜のセイロはお高いですが、白木より強いです。よく水に浸けても壊れにくくなっています。



by kitchenparadise | 2019-03-11 12:00 | 道具:木のセイロ

「ホットサラダ特集」のあさイチにもの申す!

今朝のNHKあさイチの特集「ホットサラダを極める」には笑っちゃいました。

まぁ確かにわからんではないです。わからんでは。

温野菜を作ろうとすると、茹でたらべちゃっとしたり、レンジでチンすると水っぽくなったりするので、こんなのどうですかという内容。

フライパン30秒!アルデンテ蒸し

c0228646_11044052.jpg

フライパンの蓋にアルミホイルを巻きます。大匙2杯の水をフライパンで沸騰させ、そこに野菜100gを並べたら蓋をして30秒蒸すと、アルデンテでおいしくなるというもの。

アルミに蒸気が触れ、水に変わるのを防ぎ、フライパンの中をずっと熱い蒸気でいっぱいにできるから、早く蒸せるというわけです。

うむむ。毎回それするのかな。蒸すたびに?こんな少量を?

アルミホイルがもったいない。たった100gひとり分の野菜にこんなにアルミニウム使うなんて。繰り返し使うならまだいいけど。

自宅にある多層鍋でも同じことができるものがないかな?

ようは、水蒸気が外にでないように調理できればいいのです。

野菜の容量に合わせた小さい鍋があればしやすいし、蒸気が出にくいよう工夫された蓋なら簡単だし、鋳物琺瑯鍋ならふたが重いから同じことができます。蓋を重くしてもいい。

それにセイロで蒸せばもっとおいしくできます。全く水っぽくなく。


セイロのアスパラ小松菜蒸し1分半


c0228646_11174422.jpg


沸騰して1分半蒸したアスパラ+小松菜。これは最初にオリーブオイルと塩をコーティングさせておきます。

おどろくほどおいしいく、食感が最高。冷えたら翌日でもパリッと食べられます。失敗はゼロです。

しかもあさイチではごぼうやパプリカは向かないといってましたが、セイロではおいしくできます。


ジオプロダクトの鍋でブロッコリー蒸し1分半

c0228646_11273508.jpg

大匙2杯の水をいれて、蒸気が出始めたら弱火で1分半でできます。

フライパンのアルミフタで強火で蒸すのと違って、蒸気がでたら弱火で十分なので、温度管理が簡単で失敗がありません。

このほかに、アルミを巻かなくても自宅の鍋でできる場合がたくさんあります。ジオやセイロのようにできない場合は、水をちょっとだけ増やしたりしてはどうでしょう。

薄手でない鍋やフライパン、穴があいておらず蒸気が漏れないフタ。蓋が重いもの。鋳物琺瑯鍋などをお選びください。


フタにアルミを巻くっていうのは、無いなぁ...。毎回その場しのぎな感じ。


そういえば、NHKに1年間講師として出させていただいたとき、NHKさんから「新しく買わずにできる工夫が大切なんです」と言われていましたから、そういうことかな。NHKらしい工夫ってことですかね。






by kitchenparadise | 2019-02-26 11:40 | 道具:木のセイロ

セイロをレンジ代わりに使ってみる

c0228646_12075809.jpg


はじめてセイロを使ってみた方から「すごくおいしかったです!」と言われました。それが一番うれしいです。

セイロというと、肉まんや焼売みたなものを蒸す道具と思っている方多いようですが、それだけではもったいない。

レンジを使う代わりに何でもセイロで蒸すんです。野菜でも鶏肉でもほんとおいしいですよ。

このおいしさが毎日味わえるならちょっと取扱いのコツくらい覚えようって気になると思います。

今朝は写真のよに「ご飯の温め」に使いました。前日のご飯と思えないおいしさ。おにぎりにも。蒸した直後はもちろん、冷めても美味しいのが木のセイロの特徴。安全面でも栄養面でも高く、食卓も豊かです。

すぐにセイロは壊れるとかかびるって思ってませんか?それは誤解。
使い方次第ですし、竹や杉より白木やヒノキのほうが断然長く持ちます。また小さい直径より大きめの直径が耐久性はあります。

*************************************************

セイロの基本的な使い方として、「使い始め」「お手入れ」について書きました。

野菜蒸しはこんな感じです。


c0228646_13262299.jpg

春野菜を、18cmのセイロで蒸した写真。

玉ねぎやにんじん、キャベツなどの甘みを感じる豊かな一皿になります。人参と大き目にカットした新じゃがを先に入れて10分ほどしてから、キャベツ、新玉ネギ、を入れ、さらに5分ほどして、スナップえんどうとアスパラを入れると、ちょうど蒸しあがりが合います。

中強火で蒸気が十分にたってから蒸し始め、、セイロをよく濡らしてから(特に底の接点の部分)鍋の上にのせてください。(強火でもいいのですが、18cmや21cmなどの小さい場合は強すぎるとセイロがこげるのが早くなるので気をつけて中強火と書いています)

美味しいお塩だけでも十分ですが、我が家は美味しいエキストラバージンオイルに柚子胡椒を溶かすのがお気に入り。ほかにもいろんなシンプルなタレがあります。

〇ごま油、しょうゆ

〇柚子胡椒マヨ

〇塩麹オイル
(オリーブでもごま油でも)

〇わさびクリーム(わさびと生クリーム、マヨネーズ、しょうゆちょっと)

〇ポン酢しょうが、ポン酢ミョウガ

〇バーニャカウダ(アンチョビとにんにくを刻んでオリーブオイルを入れて弱火にかける)

〇韓国タレ
 
(ごま油、韓国の粉唐辛子、にんにくすりおろし、コチジャン、すりごま、しょうゆ、酢、砂糖、ネギ)

〇すりおろし玉ねぎタレ(すりおろしたたまねぎとにんにく、しょうゆとごま油)

〇にんにくみそ(すりおろしにんにくと味噌、醤油、砂糖、みりん)

蒸した野菜が残ったら冷蔵、冷凍してもおいしいですし、そのまま甘酢につけておいたりすると便利です。




by kitchenparadise | 2019-02-21 12:22 | 道具:木のセイロ

セイロが人気の理由とは?

c0228646_11565912.jpg

白木のセイロを購入されるお客様に

「なぜ木のセイロを使おうと思われたんですか?」

とお聞きすると、8割を超える方が、

「おともだちが使っていて絶対いいよと薦められたから」  

「お料理の先生のところで食べたらすごくおいしかったから」

「お店で食べたらおいしかったから」 

と言われます。

やはり、最初は「おいしい」というのがきっかけなんですね。

ですが、実際使い続けるとほかにもセイロを手放せなくなる理由がいくつもあります。

c0228646_12073701.jpg


①野菜が甘くなり、色鮮やか。野菜のおいしさがダイレクト

②肉や魚もジューシーに仕上がる

③茹でるより栄養価を損なわず、油なしで健康的

④出来上がってすぐだけでなく、冷めても美味しい

⑤素材が水っぽくならず、余ったら冷蔵・冷凍しやすい

⑥そのままテーブルにだせ、食卓が豊かに

⑦レンジを使わず、温め直しができる(老化のもとになるAGEが少ない)


c0228646_12075737.jpg

木のセイロを使っている人は絶対に手放せないという一方、これから使う人にとっては

「木はかびないかしら。お手入れは難しくない?」というのが気になるところ。

お手入れのコツを簡単に説明しましょう。

①毎回木のセイロを濡らして使う

②蒸し布(クッキングペーパーや葉物野菜)を敷くと取り出しやすく汚れにくい

③お湯が沸いてからセイロをのせる

④乾かす時は陰干しで、風通しがよいところで

⑤完全に乾かしてから使う(濡れたまま何度も使うとかびやすい)


また、木のセイロには安価なものもありますし、もっと高級なセイロもあります。

安価なものはキチパラでも販売していましたが、毎日使うと劣化が激しく、セイロの特性を考慮して数年前に販売をやめました。

高級はセイロはヒノキです。これはとても素晴らしいものですが、セットで買うと小さいものでも1万ではなかなか買えません。

そこでキッチンパラダイスでは、安くはないけれどそこまで高くないもの、さらに耐久性があるものをと考え、この白木のセイロを15年以上販売しています。

現在はイチョウです。杉に比べると断然強いです。

セイロは使っていると焦げたりすることもあります。キッチンパラダイスではブログの発信やお店での説明を通して、みなさんに長く使っていただけるようにしたいと考えています。使い始めて疑問がわいた方はぜひお知らせください。ご説明いたします。

道具は使い方次第でいろんな活用法があり、寿命をのばすこともできます。

このセイロで、より健康で豊かな食卓になるとうれしいです。








by kitchenparadise | 2019-02-09 12:12 | 道具:木のセイロ

木のセイロに関する9つの質問

c0228646_12405989.jpg


木のセイロがとても注目されています。健康管理のためダイエットのためなど、野菜セイロ蒸しや下ごしらえなどいろんな使い方で活躍しているようです。

木のセイロは写真のようなごはんの温め直しも3分ででき、レンジより断然美味しくできあがります。


「電子レンジは、なぜ使わないのですか。」

店では、そう聞かれることがよくあります。

それは、レンジより蒸したほうがが美味しく、冷めても美味しいからです。冷めたものを冷蔵・冷凍しても美味しく食べられるのも重宝します。


米医学会では「レンジ加熱が老化の原因である」というメイラード現象と老化の関係も発表されました。レンジでは老化の原因になるAGEが増えるということですが、そのほか安全性に関しては様々な角度から多様なご意見があるので、気になる方はお調べください。


「セイロがあればレンジは要りませんか?」

電子レンジを使わない方も多くはなっていますが、レンジ加熱用の冷凍食品などは温めづらいです。
また、冷凍ご飯の塊は半解凍してからでないと蒸しにくく時間がかかります。冷凍食品を使う方にはセイロだけでは不便な場合もあります。


「セイロとレンジでは味は違いますか?」


木のセイロでご飯を温めると、炊き立てご飯の美味しさです。冷めても美味しいです。さらに何度か温めなおしをすることもできます。
レンジはマイクロ波加熱で水分を温め、セイロは素材そのものを温めるので加熱原理が違います。
木のセイロの野菜蒸しは水っぽくならず、冷めても美味しい蒸し野菜が食べられます。肉まんなどが断然美味しいのも同じ理由です。


「セイロはカビませんか?」

濡れたまま室内に放置したり、湿気が多い場所にほったらかしにしておくと、かびることがあります。
かびないためには、コツが必要です。
しっかり短時間で乾かすこと、乾かし方のコツを知り、収納の場所、収納方法を覚えてください。
慣れればずっとかびることなく使えます。

「セイロは何年もちますか。」

木のセイロの耐久性は、1週間に何度使うか、素材が何でできているかで違います。大きいセイロより小さいセイロのほうが壊れるのは早いですし、ヒノキより白木、白木より杉のほうが壊れるのは早いです。

またセイロが新しい場合は熱による収縮にまだ弱いので、しっかり水に浸さないと壊れることもあります。
キッチンパラダイスの経験では、頻繁に使う方は安価の杉セイロでは壊れるのが早いです。(そのような理由から、現在杉セイロはキチパラでの取り扱いありません)

白木のセイロなら上手に使って5年くらいから20年くらいと耐久性には幅があります。焦がさないように、壊れないように、カビさせないようにするためにはいくつかのポイントがあります。覚えれば意外と簡単です。

「蒸し布はどんな時に使うんですか?要りますか?」

蒸し布(ふかし布)はぜひお使いください。小さ目のを買うと使いやすいですし、乾きやすいので毎日使うのに清潔で便利です。お赤飯やおこわでは大きいものが要ります。レタスなどを敷いたりしてもいいと思います。
クッキングペーパーを敷いても蒸せますが水滴が残ります。肉の脂などが気になる場合はお皿やクッキングペーパーがいいでしょう。


「セイロは二段必要ですか?上と下とでは蒸し具合は?」


使う頻度が多い方は、セイロを2つ購入して交代で使うとカビにくく長持ちします。2段を同時に使う場合、上と下とでは蒸し具合が全く違います。下から出来上がり、上は加熱が弱いです。

「使用後は直射日光にあてていいですか?」


十分に風通しがよければ十分です。木は急激な温度変化が苦手で夏の日光に何時間もあてると壊れやすくなります。日光で急に乾かすのは避けましょう。冬の日差しならさほど気にしなくてもいいでしょう。


「セイロを使って良いことは?」


セイロで蒸した野菜を食卓に出すだけで、野菜の美味しさを十分に味わえるだけでなく、食卓が豊かになります。
蒸し料理は栄養素を逃さず簡単おいしく健康的な調理法と実証されています。
また毎日のごはんをセイロで温めれば、チンしたご飯や、長時間いれっぱなしの炊飯器臭のするご飯には無い満足感があります。
木のセイロを食卓にだすことで、家族が喜ぶのはもちろんのこと、子供たちがその使い方を覚えることもセイロの良さを言えるでしょう。

「セイロ専用鍋でなくてもいいですか?」

はい、大きささえ合っていて安定すれば普通の鍋にのせて使えます。十分な水の量が沸かせればよいですが、水が少ないとお湯がなくなりセイロが焦げます。またセイロが鍋より大きいと、コンロの熱でセイロが焦げることがあります。気を付けてお使いください。

「お肉や魚は直接のせていいですか?」


野菜の場合は直接のせてもよいでしょうが、肉や魚はセイロが汚れますので、蒸し布・クッキングペーパー・お皿など・葉物野菜などの上にのせてください。

by kitchenparadise | 2019-02-04 13:38 | 道具:木のセイロ

セイロの耐久性をのばすには

キッチンパラダイスでは2月末まで「冬のセイロ割」を開催中です。定番商品の白木のセイロを普段より20%もお買い得でご購入いただける年に一度の機会ということもあって、初めてセイロを手にする方も多く、嬉しい限りです。
ご購入いただいた中で、お二人のお客様から「購入そうそうセイロが壊れた!」と連絡がありました。交換はさせていただいておりますが、私たちも説明不足だったなぁと反省しています。

木のセイロは使いこなせばとても簡単ですが、コツを覚えて、慣れることが必要です。そうすれば10年以上長くお使いいただける場合もあります。
丈夫な順に、ヒノキ、白木、竹の順ですが、キッチンパラダイスでは普段使い用に白木を中心に販売しています。

さて、 耐久性というのは使う頻度にもよると思いますが...壊れたりかびたりする理由を知ればいくらでも防げます。

■なぜ木のセイロは割れる?

c0228646_13155954.jpg

・木は収縮します。高温の蒸気をあてることによって急激な温度変化に耐えられず割れることがあります。使い始めた瞬間や、数か月以内に割れる場合が多いようです。
・干す場所やタイミングにもよります。日陰なら問題ありませんが、強い日差しに何時間も何時間も当てると、急に乾いてしまい割れることがあります。

■セイロの割れを防ぐには

・新品時にすぐに水に浸けて、充分に乾かしてから使い始めます。直径21cmくらいまでは厚みが薄く、長く浸けすぎるとふやける場合もあるので10分から20分程度で。大きい場合はしっかり水を浸透させるために、もう少し長めでも結構です。
・また毎回使用する前に水にぬらして使います。使って間もないうちは、濡らすだけでなく水に浸けた方がよいでしょう。
使ううちに強度が増してきます。
・空焚きすると焦げたり壊れたりします。たっぷりお湯を沸かして下さい。

■なぜセイロはカビる?

濡れたまま室内に放置しておいたり、充分に乾いてないのに2.3日使い続けると、カビることがあります。濡れた雑巾を放置しておくと臭くなるのと同じです。

■カビを防ぐには

・使い終わったら乾いた布巾でよく拭いて、早めに風通しのよい場所へおく。
・何日も続けて使わず、キチンを乾燥させてから次に使う。
・汚れてない時には洗わないで、温かいまま干すと乾きやすい。
・もし雨続きなど多い時には、ドライヤーで少しだけ温めると乾きやすい。


セイロは複数お持ちいただき、交代に使うと大変長持ちします。


*2月末までの冬のセイロ割はこちらからご利用いただけます。
http://www.kitchenparadise.com/fuyuseiro


by kitchenparadise | 2018-02-19 12:55 | 道具:木のセイロ

セイロのサイズは?

セイロを買う方は必ずといっていいほどサイズのご相談をされます。

「家族は4人なんですが」あるいは「一人暮らし用を」
「野菜を蒸したいんです」「肉まんなら何個入りますか」
「レンジのかわりにご飯温めたい」「おこわは3合炊けるのは」

そこで、今日はセイロのサイズを選び方を説明します。
肉まん(直径約8cm)とシュウマイ(直径3cm)も並べてみました。
************************************************
直径18cm
肉まんなら2個、シュウマイなら15個~16個蒸せます。
野菜蒸しは、1人分か2人分。今日は蒸し料理だけという日は18cmに豚肉や鶏肉、ソーセージやベーコンなどもいれて蒸せばちょうど1人前です。
主菜が別にある時は、2、3人分の野菜を蒸せます。お弁当や夕食の下ごしらえにも便利。1合のご飯の温め直しにも。ご飯蒸しとおかず蒸しの2段で揃える方も多いです。

c0228646_16520361.jpg
************************************************
直径21cm
肉まんなら3個、シュウマイなら19個~20個蒸せます。最も売れるのが、この21cmと24cmです。
2.3人分の野菜蒸しができます。人参1本、じゃがいも2個、ブロッコリー1/2房が入いる大きさです。
ご家族が2.3人で、とりあえず使ってみたいという方にはお勧めのサイズです。
c0228646_16570378.jpg
************************************************
直径24cm
肉まんなら4個、シュウマイなら28個~30個蒸せます。最も売れるのが、この24cmと21cmです。
3.4人分の野菜蒸しができます。人参1本、じゃがいも2.3個、ブロッコリー1/2房、キャベツ、しめじ、玉ねぎなどが入る大きさです。
小回りはきかない大きさですが、おこわ、お赤飯2合を作ることもできます。
c0228646_17334324.jpg
************************************************
直径27cm
肉まんなら5個、シュウマイなら32個~33個蒸せます。4..5人家族以上で、いっきに蒸したいときはこの大きさを。
さつまいもやとうもろこしをまるごと数本を蒸したり、茶わん蒸しなども作るならこの27cmは便利。
お皿に魚をいれて酒蒸しにしたり、シュウマイを一度にたくさん作ったり、来客用まで考えるとこの大きさは重宝します。
小回りはきかない大きさですが、おこわ、お赤飯3合を作ることもできます。
c0228646_17432956.jpg
************************************************
直径30cm
肉まんなら6個、シュウマイなら40個は蒸せます。とにかくたくさん作るという方が2個目のセイロとして買われます。
一昔前は、セイロといえばこの大きさが主流でした。大家族なら普段使いでしょうが、3.4人なら来客用ということになります。
おこわ、お赤飯4合は作ることができます。手作り肉まんなどを作る時はまとめて6個ぐらいできあがると便利です。
c0228646_17501303.jpg

いかがでしょう。決まりになりましたか?ちなみに、2人家族のスタッフは18cmと24cm。4人家族のスタッフは24cmが普段使いです。
毎日ご飯のあたためなら18cmか21cmをひとまずおもちになったほうがいいと思います。


by kitchenparadise | 2018-01-11 18:22 | 道具:木のセイロ

木のセイロで作る蒸し野菜の手順

c0228646_15422843.jpg
木のセイロで野菜を蒸します。2人分くらいの野菜なので、18cmの白木セイロを使いましょう。

まずセイロを濡らします。蓋もです。急激に鍋肌の温度があがるとセイロの底が焦げやすいので、セイロとの接点はよく濡らしてください。
c0228646_15431808.jpg
蒸し布も蒸らして、固く絞ってください。
c0228646_15433967.jpg
お湯は十分に沸騰させて......
c0228646_15433386.jpg
まずは火の通りにくい根菜を並べます。早めに火が通るように一口サイズに小さくしました。イモ類、ごぼう、大根などがあればこの時にいれます。
c0228646_15392823.jpg
蓋をして8分。大きいセイロなら強火でOKですが、小さいセイロは焦げやすくなりますのでやや中火近くにしたほうが安全です。
c0228646_15393458.jpg
8分経って、やっと竹串が通るくらいになれば他の野菜を入れます。ソーセージもいれてみました。豚肉の薄切りや鶏肉、お魚も一緒に蒸してください。鶏肉やお魚はあらかじめ塩をしたり、お酒をふっておきます。火が通りにくいお肉の場合は最初からいれておきます。
c0228646_15394062.jpg
野菜を全部入れてさらに約5分蒸します。キャベツ、エリンギ、ブロッコリー等どれも火が通りやすいので、5分で十分だと思いますが、様子をみて時間を変えてください。

もう出来上がりです!
食べる直前まで蓋をしたまま。温かいまま召し上がれますよ。
c0228646_15395612.jpg
今日は子どもたちが好きそうな、マヨネーズにカレー粉をまぜたもの、オリーブオイルに柚子胡椒の2つのソースです。季節の野菜は、美味しい塩だけでも十分です。
c0228646_15400232.jpg
野菜が甘い甘い!ひとくち食べるごとに「おいしー!」と思わず声がでてしまいます。旬の野菜はぜひ蒸し野菜で!野菜そのものの美味しさを味わえます。


by kitchenparadise | 2018-01-10 16:15 | 道具:木のセイロ

セイロの使い方のコツ

c0228646_14564912.jpg
「蒸すだけならレンジでチンで十分」と思ってませんか?
「セイロで蒸すなんてなんてハードル高すぎ!」
「しかも木のセイロなんて、洗うのが面倒で、壊れそうだし、カビそうだし。」

確かに木のセイロの扱いに多少のコツは要ります。それでも、木のセイロで蒸すことで、断然美味しく、簡単だとわかると、どなたも「木のセイロが無い生活なんて考えられない!」というほどはまります。私やスタッフもそうです!

木のセイロは水分を調整してくれるので、できあがり直後も少し時間をおいても、いつも美味しく食べられます。 野菜不足のご主人に、ダイエット中の方に、お弁当のつくりおきや料理の下ごしらえに、野菜嫌いの子供にも、木のセイロで野菜を蒸すだけで電子レンジとは比べ物にならないほど極上の美味しさ、豊かさです。

白木セイロ 使い方のコツ

①急激な温度変化に木が壊れないように、毎回水に濡らしてから使います。新品の時だけは長めに水に浸け、いったんすっかり乾燥させてください。

②蒸す時はお湯は大目に。蒸す材料は沸騰してからのせます。

③蒸すときは、蒸し布を水で濡らしてよく絞ってから敷き、その上に素材をおきます。

クッキングペーペーならもっと簡単ですが、野菜だけの時は時は蒸し布のほうがより水分の調節をしてくれますし、ペーパーの上に水滴がたまることもありません。鶏肉や豚肉などを蒸すときはクッキングペーパーが汚れにくく便利かもしれません。レタスなどの葉物を敷いてもよいと思います。


④使い終わると毎回丁寧に洗う方がいますが、その必要がありません!汚れていない場合はそのまま風通しの良いところで乾かしてください。(できれば日陰。または日に当てるのは長時間にならないよう」)

木のセイロは高温で蒸しますので、常に殺菌された状態なのです。ですから汚れていなければ簡単に拭いて、風通しのよい場所に置いておくだけでOK。
お肉や魚の時はクッキングシートやお皿に乗せてから蒸すとあまり汚れませんし、ささっと内側をタワシでこすり、ぬるま湯で流して丁寧に拭けばOKです。乾かす前にしっかり水分を拭き取ってください。乾きが早くなり、カビを防げます。
長く水に浸けると、乾きにくくなってカビの原因になったり、壊れやすくなってしまうのでお気を付けください。


by kitchenparadise | 2018-01-09 14:59 | 道具:木のセイロ


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

バーチャルお参りと柿の葉問題
at 2019-08-17 18:15
夏休みの戦う昼ご飯
at 2019-08-16 13:25
簡単すぎる手作りケチャップ
at 2019-08-10 12:47
梅の土用干しと理由とザル
at 2019-08-09 11:55
ふきこぼれないごはん鍋、コクエル
at 2019-08-08 16:29

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧