人気ブログランキング |

カテゴリ:道具:ステンレス鍋( 24 )

重そうで鍋を洗う(実験)

c0228646_14161671.jpg

ステンレス鍋がなんとなく汚れているので重曹で綺麗に洗おうと思います。

私の洗い方は簡単。

重曹と水を入れて5分ほど沸騰させてから、少し時間をおいてスポンジで洗う。

おや??重曹の袋の外を見ると、こう書いてあるではないですか。

「鍋の焦げは、たっぷり重曹を振りかけて水を入れて10分ほど沸騰させて数時間放置してから洗う」

えー、数時間も放置すると重曹水が冷えてしまいます。冷えると落ちにくくないかな。

そう思って実験することにしました。

まず水を入れて、重曹を大さじ1程投入。沸騰したあとで入れると湧き上がるので。

c0228646_14055887.jpg

5分沸騰。コゲならもう少し長めにしますが、これは焦げてはいないので5分で十分でしょう。

はい、では5分沸騰させて止めました。

ここからは、汚れとこびり付いた水垢を経過時間を計りながら麺棒でこすってみることにします。

c0228646_14061186.jpg

沸騰してすぐにこする ⇒ 擦ったら汚れが取れる

沸騰して5分⇒ なでるだけで汚れが取れる

沸騰して15分⇒ なでるだけで汚れが取れる

沸騰して30分⇒ なでるだけで汚れが取れる

沸騰して2時間⇒ 擦らないと取れない


あれれれれ????

何時間も放置すると書いてあったけど、重曹入れてもいったんお湯が冷めたら取れにくい!

こびりつきは、生あったかいうちに取らないと汚れがとれにくいぞー!


そんなわけで、また水と重曹をいれて温め直して、スポンジでこすったのでした。


c0228646_14162505.jpg

綺麗になりました。

結果、

こびり付いた鍋の汚れは沸騰してふやかし、時間を少しおいたら、

お湯がぬるいうちに擦って落としましょう!


by kitchenparadise | 2019-09-19 14:34 | 道具:ステンレス鍋

3分茹で卵と、私のタマゴサンド

c0228646_12041418.jpg

このところ、キッチンパラダイスのまかないは「タマゴサンド」おおめ。(この木皿はいまフェア中の山桜のお皿です

こんなにいつもタマゴサンドを作ってると、同じものを作りたくなくて、どこか作り方を変えたくなります。
まかないとみせかけた「実験」です。

はちみついれたらどうかな?
牛乳はどれくらいいれたらいい?
玉ねぎいれたらどうかな?
卵黄多めがおいしいかな?
パンを焼いたのと焼いてにのはどっちがおいしいか?
耳はありなし?

などなど。

タマゴサンドで検索すると、どなたかのブログでこう書いてあったんです。

「タマゴサンドはとろっとした半熟卵がおいしい」

えーほんと~?あー気になる。気になって仕方ない。

締切に追われて時間ないけどなぁ、気になるとまた実験やってしまう....。

c0228646_11470013.jpg

かたゆでと半熟の茹で具合はこのくらいです。

c0228646_11472033.jpg

かたゆでというより「9割ゆで」くらい。すぐに切らずにこのまま冷蔵庫にちょっといれれば完璧はかたゆでになります。お好みで。

ところで、上の写真には「沸騰して3分」と書きましたが、

半熟卵が沸騰して3分でできるってどういうこと
?と思うでしょう。


そのヒミツをお答えします。


ジオプロダクトの片手鍋を使っています。

この鍋は「蒸し茹で」がスピーディにできる鍋なのです。

ジオに大さじ4杯の水と卵をいれてふたをして火にかけます

c0228646_11471186.jpg

40~50秒で沸騰してきて、ふたがカタカタしたら弱火。

ここから3分して火を止めるのです!!

これが半熟。ただし、火を止めたあとの余熱(蓋をあけずに)が5分くらい。

4分で火を止めたら、9割ゆで(ほぼかたゆで)になります。



ジオプロダクトの半熟卵は、

大さじ4杯の水と、沸騰3分で火を止めるのがポイント。



タマゴサンドの作り方も書いておきます。

*******************************************************

わたしのタマゴサンドの作り方

材料

卵2個
塩コショウ 少々
マヨネーズ 大さじ1
牛乳 大さじ1
はちみつ 少々(好みで)

食パン 4枚
バター(パンにぬります)

使う道具

ジオプロダクト片手鍋 16cm
パンを焼くのがタークのフライパン 20cm
キチパラオリジナルなみじゅう

作り方は、卵を茹でてカットして調味料を加えてよく混ぜる。食パンを軽く焼いてバターを塗って、卵をはさむ。
なみじゅうでカット。

*******************************************************

結局、とろり半熟タマゴサンドと、かたゆでタマゴサンドの結果ですが.........

軍配は、かたゆで!!

私もスタッフも。笑)ブロガーさんごめんなさい。


by kitchenparadise | 2019-07-11 12:48 | 道具:ステンレス鍋

テレビで大反響のジオプロダクト

先日テレビの生放送に出演させていただいてから、ジオプロダクトは大反響!
長年使っていますが、本当にいい鍋です。コストパフォーマンスがいい。

砂糖を焦げ付かせたあとで水を入れて、

どれくらい焦げが残るかを比較。


c0228646_15504956.jpg
ご覧のように、ステンレスの単層鍋は焦げ付いたまま、ジオプロダクトの多層鍋はほとんど焦げていません。

この実験ではまず、それぞれ単層と多層(ジオプロダクト)のなべで砂糖を焦がして、その後200ccの水を鍋に注ぎ沸騰させました。火をとめてから水を捨て、焦げがどれくらい残るのかを試すという実験でした。

単層鍋の実験途中はこんな感じでた。
c0228646_15564004.jpg


ステンレス単層鍋で砂糖を温める左の写真。火が当たるところだけが焦げていることでわかるように、熱が均等に広がらずムラになります。

①アルミは酸や塩分に弱く、ステンレスは比較的強い。
②ステンレスはアルミより保温性がある。
③アルミは熱伝導が早く、ステンレスは遅い。



熱伝導が早い、つまり熱が広がりやすいアルミニウムをステンレスに挟んだ鍋、それが多層鍋です。

多層鍋のジオ・プロダクトはこんな風にアルミニウムを挟んだ7層になっています。

c0228646_16063602.jpg

多層鍋のジオプロダクトはとても効率的にアルミニウムを全面にはさんでいるので、温まるのが早くムラになりにくいため、焦げつきが少なく、とても使い勝手がよいわけです。

多層鍋はどの鍋も同じなのかと聞かれますが、どれも同じではありません。層が多ければいいわけではなく、最も効率よくはさんでいるほうがいいわけで、あんまり薄いと多層鍋としてはもったいないですね。ちょっとは重みがあるものを選んだ方がいいと思います。


******************************************************************
キッチンパラダイスでもジオプロダクトは特別価格でご購入いただけます。
ジオプロダクト購入はここをクリック




by kitchenparadise | 2018-06-20 16:39 | 道具:ステンレス鍋

ジオプロダクトは、やはり良い鍋だと思う

ジオに関するこれまでのブログを書き直してアップしています。

今までステンレス鍋だけでも、柳宗理、アイザワ、フィスラー、ビタクラフト、ラゴスティーナ、クリステル、海外製で購入したクイジナートと、とにかくありとあらゆる鍋を使ってきました。国内外合わせると2~30社のを使ってきたと思います。これは使えん!というのもあれば、すごく使いやすいものもありました。
ひとつひとつよしあしやポイントを語ると話が長くなりますが。価格が高いものがいいわけではないことが確か。でも安いものは安いなりともいえます。

そんな中で、価格、デザイン、使い勝手のバランスで、もっとも気に入っているのが、
宮崎製作所の「ジオ・プロダクト」

宮崎製作所というのは、ステンレス生産ではおなじみの新潟県燕市の会社で、このジオ以外にもオブジェ、十特鍋などのいくつかの鍋のブランドを作っています。
この会社のほかのブランドも試してはみましたが、

一生持つなら、このジオ・プロダクトが一番。

c0228646_116435.jpg

テレビの料理番組を見ていると、とても多くの先生が使っているようで、おそらくステンレス鍋ではひとり勝ちです。
モデルチャンジもせず、長い間ずっと同じ鍋を売り続けるというのはすごいことだなと思います。


私が特に気に入ってよく使っているのが、行平鍋


私に限らず、私の母も、叔母も、スタッフも、みんな一度使ったらこれにかわるものがないと、口をそろえていいます。

ジオの行平鍋の一番の良さは、側面の汚れが付きにくい。汚れが取れやすい。ということ。

例えば、醤油入りの出汁などを作る。スープを作る。煮物を作る。

そんな時に、鍋肌がジューッと音を立てて汚れる時がありますね。あれが極力少ないのです。だから汚れにくい。

理由は意外と単純です。側面も多層(つまり全面多層)になっていて、ステンレスでアルミを挟んでいるので、熱伝導が遅いステンレスの弱点をカバーしてアルミが熱を運んでくれるからなのです。そのアルミとステンレスの割合がよいので、さほど重くもない。保温性も保持しています。

多くのメーカーは多層鍋といっても底面しか多層でないものも多く(煮物で蓋をするならこれでもよい)、逆にちゃんと多層ではあるけれど、煮物の蓄熱性を優先して底が多層過ぎてるために重くなったりします。IH用は底だけ多層が断然多いようです。消費者が軽い鍋でないと買わないからです。
蓄熱性第一の多層鍋は、価格がおどろくほど高くなってしまうこともあります。ビタクラフトなどはそのいい例です。(ビタクラフトは私も使ってますが、良い鍋です。価格が高いだけで。)

ちょっとだし汁や煮物、麺類くらいに使う鍋ならアルミの鍋ならどう?いう人もいるでしょうが、アルミは酸に弱かったり、煮崩れしやすかったりもします。アルミ嫌いも最近は多いですし。私もアルミ鍋は使いません。

他にも、注ぎ口が付いていることもジオプロダクドの行平鍋の良さ。鍋から直接お椀に注げたりして、こぼれにくいです。
取っ手の形状が抜群で、火から少し離れていて手元が熱くならず、フックにかけることもでき、長さもちょうどじゃまになりません。

毎朝お弁当作りには15cmの行平鍋が登場。きんぴらも2.3人分ならこの大きさでオッケー。まとめて出汁をとる時や麺類には21cmを使いフル活用しています。

価格はほかの海外ブランドに比べて、定価でも6000~9000円ほどと高すぎない。私のように15年以上快適に使えば十分です。ちなみに保証も15年です。壊れませんよ。

宮崎製作所に誰ひとり知り合いがいるわけでもないけれど、私はこの鍋が相当気に入っており、実は似たような形でもっと安く自社ブランド鍋を作れないかと企んでいたくらいです。でもやめました。この鍋で事足りているし。

いま鍋が使いにくいとか、そろそろアルミ卒業という方は、ぜひお試しを。
やっぱり、毎日台所に立つなら楽しくないと。だから、いい道具。ちょうどいい道具が大事。その用途にぴったりのちょうどいい道具をもつことが台所を楽しくさせてくれます。

ジオプロダクトの蓋付の片手鍋もはずせない理由があります



行平鍋とおなじく、側面の汚れが付きにくく汚れが取れやすい上に、煮る、炒める、ゆでる、揚げる、焼く、などに加えて、蒸し茹でや、炊飯もできます。保温性もグーンとアップします。

蒸し茹では調理時間を短縮し、経済的で、栄養価を逃がさず、何より美味しくできます。
大匙2杯の水でブロッコリーが3分で茹でられるという便利な使い方です。

詳しくは次の「ジオプロダクトの蓋付き鍋がお得な理由」のブログで実験していますのでご覧ください。


追記:片手鍋のお問い合わせが多いので追記しますが、すでに良い鍋をお持ちの方は買い替える必要はありません。
ジオ以外にもこの蒸し茹でができる「ウオーターシール」効果のある鍋はたくさんあります。ビタクラフト、クリステルほか日本のフジノスやおそらくアムウエイの鍋などもそうだと思います。「無水鍋」と書いてあるものはほとんどがそうだと思います。
これから買うのであれば、蓋の密着度、ステンレスの構造などをご覧になってお買い求めください。

さらに追記:フィスラーなど側面が単層でも底にきっちり厚みがあるものは、蓄熱性が高く煮物などにとても向いています。こういう記事を書くと、そっちがいいと思いがちですが、いまあるものを大事に使って下さいね。

******************************************************

■キッチンパラダイスではジオがお買い得です。HPをご覧ください。
キッチンパラダイスのHPはこちら

by kitchenparadise | 2018-06-06 10:11 | 道具:ステンレス鍋

そのステンテス鍋でOK??

ステンレス鍋をひとことで言っても、大きく分けて3種類あります。

①ステンレスの単層鍋
  例:なべ物・セイロ用鍋、ホームセンターで販売される鍋


②ステンレス多層鍋(底が多層)
 例:フィスラー・クリステルなど
c0228646_17393655.jpg


③ステンレスの全面多層鍋(底も側面も多層)
例:ジオプロダクト・ビタクラフト
c0228646_17380866.jpg


なぜアルミの行平鍋などがステンレスにとってかわり、それが近年ステンレス多層鍋が主流になってきたのかを簡単に説明します。

①軽くて温まるのが早いアルミニウムの鍋では、温度が一定化しにくいので味がしみこみにくく、煮崩れも激しい。
さらに酸(酢など)や薬品に影響される素材なのでレシピを選んでしまう。(アルミの鍋って影響をうけて黒ずんだりしますね)


②そこで、ステンレス鍋が登場。酸にも強く変形もしにくく、アルミより保温に優れ、煮物にも悪くはない。
しかし、ステンレス単層(ステンレスだけの鍋)だと温まるのが遅いし、温まり方にムラがある。
うどん出汁などを温めると側面が醤油で汚れたりする鍋は、ステンレスだけの鍋が多い。
(そもそもステンレスというのは熱伝導がとても悪いので)


③底面を多層にして、ステンレスとステンレスの間に熱伝導の早いアルミを挟んで多層鍋にした。

④ついでに煮物や蒸し煮ができるように蓋に気密性を持たせたものがでてくる。蒸気が外に漏れにくく、熱まわりがよい。

⑤さらに、ステンテス多層鍋全体がすばや同じように温まるように、底だけでなく側面にも中にアルミを施し、鍋全体を多層に。
これがステンレス全面多層鍋。


こういうわけなのです。ステンレスの全面多層になると、鍋全体の温度が同じように高温になっていくので、煮物や蒸し煮だけでなくだし汁やミルクを温めても、側面がジューッとなりにくく、焦げ付かず便利というわけです。少し重くはなりますが。
底面だけ多層は、少し軽くなり、IH用の煮物鍋としては重宝します。

では、どの鍋を買うのが良いのかといいますと、

お湯を沸かすだけなら、最も軽いステンレス鍋で結構です。セイロ用のステンレス鍋などは単層です。

煮物用、IH用などにはステンレス多層鍋(底面のみ)を買う方が多いようです。

煮物、麺類、汁もの、出汁、炒め物、ミルクパンとしてなど、いろんな使い方をしたいという方はステンレス全面多層が向いています。
(ガスにもIHにも向いています)











by kitchenparadise | 2018-01-29 17:43 | 道具:ステンレス鍋

ジオの行平鍋15cmがいい

ジオ・プロダクトの片手鍋をうまく使うと、時短で色鮮やかで栄養価が高く、さらにガス代の節約にもなるということを前回説明しました。(ジオの片手鍋はこちらのブログ
今日は、朝食やお弁当をすばやく作るジオ・プロダクトのコツをご紹介しましょう。

コツはズバリ
「小さいサイズを買うこと」
これだけです。


小さいサイズを朝やお弁当用に使うと、お湯を沸かす時間が短縮、洗いものも少なくて済み、あらゆる面で便利です。
鍋を買う時はついつい大は小を兼ねると思って買ってしまいますが、少量を作る朝やお弁当では、小さい鍋のほうが効率が断然よいのです。
とはいえ、どの鍋でもよいわけではありません。熱効率がよい鍋に限ります。試しにやってみましょう。

ジオ・プロダクトの行平15cmで7品を20分で作ります。

まず、少ないお湯でスナップエンドウを3分で茹でます(撮影忘れました)
次にそのお湯で、早ゆでマカロニを3分で。お湯を捨てて朝食用の豆乳を温めます(約2分)。鍋も温まっているので早いのです。注ぎ口があるので、カップにそそぐのにこぼれませんし、お玉も不要です。
c0228646_16011587.jpg
途中でコーンスープを飲みたいといわれ急遽温めます(2分)。これもお玉不要。そのあと前日蒸しておいたポテトをお弁当用に温めました。全面多層で全体的に温まるので、大匙1杯の水を入れて中火以下で2分温めます。
c0228646_16063772.jpg
温かいうちに水で洗うと汚れはすぐとれます。さきほどの茹で湯があればなお取れやすいですね。
次に、温めている間にささがきしたゴボウを炒めてきんぴらに。これも3分ほど。最後は、粉を振った豚肉を油で炒めて、調味料を入れて甘辛煮で5分。
c0228646_16083001.jpg
最後は鍋が汚れますので、鍋が温かいうちにお湯をいれて重曹大匙1をいれてしばらく置いておくと、スポンジで軽くこするだけで落ちます。
また15cmという小さな鍋ですので、これだけ使ってもシンクの隅っこに置け、場所を取りません。

c0228646_16360166.jpg
ジオプロダクトのような機能性の優れた小鍋15cmを使うと、温める時間がだいぶ早くなります。さらに蓄熱性に優れているので、鍋が温かいうちに次の調理ができるわけです。朝ごはんとお弁当をこれだけ作ってもまだ20分しか経っていません。

朝はフルーツたっぷりのグラノーラに豆乳をかけ、コーンスープも飲みました。お弁当はもうひとつのガスコンロで土鍋ごはん(15分)に出汁巻(3分)を作ります。同時進行で魚焼きで鯖のみそ焼きを焼いたら終了。
c0228646_16402255.jpg
いつものお弁当のできあがりです。洗った鍋は、ジオプロダクトの行平鍋15cmと銅の玉子焼き、それご飯用土鍋です。

ジオプロダクトの行平鍋15cmは、ほかの小鍋とだいぶ違います。熱効率がよいので、このような早業ができます。昨日のブログで説明した片手鍋で無水調理テクニックにも慣れると、朝ごはんの調理時間はかなりの時短だと思います。


キッチンパラダイス 092-534-6311 shop@kitchenparadise.com





by kitchenparadise | 2017-04-27 16:52 | 道具:ステンレス鍋

ジオプロダクトの蓋付き鍋がお得な理由。

ジオ・プロダクトの中では特に行平鍋(蓋なし)が人気なのですが、実は蓋付の片手鍋もすごく便利だというちょっとしたワザをご紹介しましょう。

時短で、ガスや電気代の節約にもなる、便利なテクニックです。

まずは「ブロッコリーは火をつけて3分」のやり方です。

ブロッコリーを茹でます。普通はお水を沸騰させて、そこにブロッコリーを入れますが、ジオの片手鍋は違います。私の14cmのでやってみましょう。
鍋に大さじ2杯の水とブロッコリーを入れて、中強火にします。
火加減にもよりますが、50秒~1分で蒸気で蓋がカタカタッとなりますので、そうしたら弱火にしてください。弱火は1分半ほどです。
c0228646_15012123.jpg
1分半したら火を止めて30秒まってください(余熱)。できあがりです。お湯を沸かず時間がほぼ不要です。
とっても色鮮やかに仕上がりました。お弁当には最高にいいですよ。

スタッフみんなで食べてみました。ちょうどよい柔らかさで、水っぽくなく美味しいブロッコリーでした。
このように茹でるのではなく蒸気で蒸す調理法は、
水溶性のビタミン・ミネラルが流れ出すのを防ぎます
つまり栄養が残る調理法なのです。

水溶性ビタミンを含む野菜は、ブロッコリー他ほうれん草や小松菜、モロヘイヤ、サヤエンドウなど、多くの野菜があります。

良い鍋を使い、この方法を覚えると、
短時間で調理でき、
ガス代が節約でき、
栄養素を逃がさず、
色鮮やかで、
美味しくなります。


どのステンレス鍋でもできるわけではありません。全面が多層で熱がこもり、蓋に仕掛けがあるステンレス鍋のみです。
私が試した限りでは、このジオ・プロダクト、ビタクラフト、サラダマスターというホールフード協会オススメの鍋もその点で優秀です。

ほうれんそうは 大匙2杯の水、弱火加熱0分、余熱1分(計1分)
キャベツは 大匙2杯の水、弱火加熱1分、余熱1分(計2分)
にんじんは 200ccの水、弱火加熱3分、余熱1分(計4分)


最初に水を沸かす時に強火しすぎると水がなくなり焦げますので、強すぎないように。
また、何度も蓋をあけるとせっかくの蒸気がでてしまいますので、できれば開けないように。

こんどは「茹で卵を9分で固ゆで」のやり方です。

ゆでたまごは65ccの水を入れました。水から入れて、蒸気が1分過ぎたらでてきます。そしたら弱火にして5分。火をとめて余熱で3分です。

c0228646_14533328.jpg
茹で卵はおよそ9分でできあがります。このくらいだとこれまでなら12分はかかっていたと思います。

ジオプロダクトの蓋付片手鍋をお持ちの方は、最初に蒸気がでてきたら、蓋をクルクルっと回してみてください。滑るようにクルクル回転したらウオーターシール効果という無水調理の効果が効いている合図です。


蓋付のジオは、ご飯も炊け、余熱で煮物も美味しくなり、蓋をしながらの揚げ物も可能です。蓋なし行平も便利なので、どちらもオススメなのでどちらが良いかと聞かれると困るのですが。




by kitchenparadise | 2017-04-26 15:32 | 道具:ステンレス鍋

鍋でご飯を湯炊きする?

湯炊きとは、物を湯の中に入れて煮ること。特に、米を湯の中に入れて炊くこと、とあります。
普通はお米は水から炊きますが、湯炊きはグラグラ沸騰したお湯にお米を入れて炊きます。

なぜ普通と違う炊き方(湯炊き)をする?

①大量のご飯をムラなく炊きたい時

②短時間で炊きたい時

③酢飯を炊く時


いつものご飯も常に湯炊きという有名料亭もありますし、酢飯だけは湯炊きという料理家の方も多いようですね。
私も桧山タミ先生にならって、お寿司の時だけは湯炊きですが、固めにしあがるのですし酢が混ざりやすくとてもいい感じです。

ジオプロダクトの鍋でお米が炊けますか?」とよく聞かれます。

はい、もちろん美味しく炊けます!
炊飯器で炊いたり、土鍋で炊く方はわざわざステンレス鍋では炊かないという方が多いでしょうが、量が多い時、土鍋や5合炊飯器では足りない場合は、ジオプロダクトの大き目の鍋が重宝します。ジオでなくても優秀な鍋なら、十分炊けます。

湯炊きでムラなく、たくさん炊く方法をまとめておきます。

ジオ・プロダクトで一升のごはんを炊く方法

①米一升(10合)を研いでザルにあげておく(夏なら30分、冬なら1時間以上)

②ジオ・プロダクト(28cm 7.8L)に2160ccのお湯を沸かします。

③お湯が沸騰したらお米を入れて、しゃもじでざっと底から混ぜる

④再度沸騰したら吹き零れない程度の弱火~中火で15分。

⑤火を止めて10分ほど蒸らす。

これで美味しく出来上がります。


両手鍋22cm(3.5L)は5合、両手25cm(5.6L)は6合まで炊けます。




by kitchenparadise | 2017-04-18 14:44 | 道具:ステンレス鍋

鍋の蓋あり、蓋なしの違い

この質問はとても多いのです。
「蓋がない行平鍋と、蓋がある片手鍋や両手鍋とでは、どちらが使い勝手が良いでしょうか?」

今日はそれぞれのメリットを、キチパラオススメのジオ・プロダクトの鍋でわかりやすく説明しましょう。
他の鍋では参考にならない場合もありますのでご了承ください。(ビタクラフトの鍋は似たような構造です)

●行平鍋がよい点(蓋なし)
c0228646_13512386.jpg
①注ぎ口がついている
ときにお玉要らず。スープや味噌汁を注ぐのにこぼれにくい。

②少々軽い
2.3割は片手鍋より軽いです。

③少し浅め
中身が見えやすいので、キンピラごぼうなどの炒め物など便利。

④収納によい
重ねられ、蓋が邪魔にならない。

●片手鍋・両手鍋がよい点(蓋あり)
c0228646_14193363.jpg

①余熱の調理ができる。保温ができる
蓋をした時のウオーターシール効果(水の膜)で、温度がゆっくり下がるので煮物が美味しい。

②無水調理ができる
たくさんのお湯でゆでるのでなく、大匙2杯程度で蒸し茹でができる。
*水をたくさん加えないことで栄養分や旨味が逃げず、色鮮やかに仕上がる。
(人参などは200CC、ゆで卵なら65cc)

③ごはんが炊ける
熱伝導と保温性にスフテレいるのでお米の芯までふっくら炊ける。最短で中火10分、弱火10分、蒸らし10分ほどで炊ける。

④蒸し炒めが効率がいい
時々蓋をしながら炒めることで蒸気で熱が通りやすい。

⑤片手鍋は補助ハンドルがついている
重さを軽減でき、掛け置き用のフックにもなる。


ジオ・プロダクト(ビタクラフトも)の鍋は、行平、片手、両手鍋に関らず、オーブンにいれてグラタンやケーキも、揚物も、ステーキなどの焼き物もできます。

まとめ

万能に使うなら蓋付の片手鍋や両手鍋、手軽に使いたいなら行平鍋がオススメです。


by kitchenparadise | 2017-04-14 14:21 | 道具:ステンレス鍋

食品アルミとアルミ鍋はそんなに悪いの?

キチパラにはアルミの鍋が置いていません。師匠の桧山先生もお持ちでなく、私とスタッフも使っていないからですが、もともとは腎臓に持病をもつもとスタッフの「アルミの鍋を使うと翌朝関節が痛い気がする。」という言葉からでした。のちに腎臓の病気をした姉もアルミ鍋を避けていました。とはいってもテレビでは私が大好きな土井先生もアルミ鍋を使ってますし、科学的にどうこうということは言いにくいのですが。

鍋ではなく食品に含まれるアルミニウムについては、2013年に厚生省が業界に「使用量自主規制」の要請をしました。新聞にも掲載されたのでご覧になった方もいるかもしれません。その後、厚生省の発表で「アルツハイマー病とアルミニウムの関係があるといった情報もありましたが、現在はこの因果関係を証明する根拠はない」「小学生以上は通常の摂取量で問題はない」とされました。厚生労働省の参考HP
小学生以下、0歳から6歳まではアルミの摂取は気を付けるようにと注意喚起しています。「関係業界に対して、さらなる自主的な低減化の取組みを依頼する。」とまであるのです。パンやお菓子業界でもアルミを使わないベーキングパウダーに切り替えたところもすでにあるとニュースで読みました。

アルミが食品に入っているのは、パンやケーキに使うベイキングパウダー(膨張材)だけではありません。(だからアルミの入らないベイキングパウダーが売れるようになったわけです:ラムフリー)もっと量が多いのは、ウニやイクラ、明太子の形状安定剤として、漬物の変色を防ぐ色止め剤として使われる場合です。ウニなんて、アルミを含む「ミョウバン」をふりかけないと形が崩れてしまいますから販売しにくくなります。どれもとても大好きなのですが、たくさんは食べないようにずいぶん前から気をつけています。

ではアルミ鍋の話。アルミ鍋でお湯を沸かすとアルミが溶けるのでしょうか。そのアルミは体内で悪さをするのでしょうか。

あくまで私の考えですが、溶けだすか否かはメーカーでも違いますし、アルミを使った年数でも違うと思います。加工されていても傷がついたらアルミはむき出しになりますし、フライパンだって基材はアルミです。あたらしいアルミ鍋で水だけを沸かすなら溶け出さないという調査結果も読んだことがありますが、それなら塩と酸を調理すると溶けだすなら、様々な料理に関連してとても不便なことになります。また健康なら体外に流れるという専門家もいます。
私は15年前から、もとスタッフのように腎臓ほか内臓の病気の方、赤ちゃんのいる家庭はすでにアルミ鍋を避けているという方に何人もお会いし、キッチンパラダイスでは14年前からアルミ鍋の販売を止めることにしたわけです。

家庭用の鍋は毎日使います。もし多少なりとも溶ける可能性があれば、たまに食べる明太子より問題かもと思ってしまいます。
とはいっても、お料理やさんでもアルミ鍋を使っているのを否定するつもりはありませんし、自然界にはそもそそアルミが土の中にも空気にも、水にもはいっています。薬にもアルミが入っているものがあると聞いてます。こだわりすぎかもしれません。とはいえ、キチパラはスタッフが使っている商品をセレクトしているお店なので、今後もアルミ鍋は販売しないということなのです。

アルミ鍋を毎日ご家庭でお使いの方は、鍋の内側を傷つけないようにすること、特に塩と酢分で煮立てて使わないようにすることはお気をつけになってください。
私がアルミをステンレスだはさんだ多層鍋をお勧めしているのは、そのような私の考えもあってのことでした。あくまで私の考えですので、これもまた鵜呑みにしないように!






by kitchenparadise | 2017-04-12 13:45 | 道具:ステンレス鍋


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー日記。お店のお知らせ、調理道具の実験や考察、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:銅の玉子焼
道具:ステンレス鍋
道具:土鍋・琺瑯鍋・その他鍋
道具:中華鍋
道具:鉄のフライパン
道具:フッソ加工のフライパン
道具:キッチン道具全般
道具:スライサーやおろし器
道具:すし桶・おひつ
道具:木のセイロ
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:塩壺
なみじゅう(入荷状況も)
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
私が好きなもの、好きな店
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
桧山タミ先生
プロフィール
未分類

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

スタッフと噂のSoraへ
at 2019-09-20 15:31
重そうで鍋を洗う(実験)
at 2019-09-19 14:34
香味鍋のある食卓キャンペーン
at 2019-09-18 12:35
銅鍋は本当に煮崩れにくいか?..
at 2019-09-17 11:26
鉄のフライパンの使い方
at 2019-09-14 07:25

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧