カテゴリ:桧山タミ先生( 39 )

7/20発売の「天然生活9月号」を!

桧山タミ先生が、雑誌「天然生活」9月号に特集されています。

今日7/20発売です。巻頭7ページです。


c0228646_13171568.jpg
福岡にはまだ届いていませんので、構成段階の写真をちょこっとお見せします。内容もとてもすばらしく、先生もお喜びでした。

現在、多くのメディアの取材をほとんどをお断りしている中、なんども諦めずに申し出てくださった雑誌社の編集者さんには感服しました。また、先生の御意志に沿うように特集していただきありがたく思っています。
カメラマンさんは著著と同じ女性です。
c0228646_13151830.jpg

c0228646_13155100.jpg
c0228646_13154436.jpg
c0228646_13155651.jpg

by kitchenparadise | 2018-07-20 13:26 | 桧山タミ先生

天然生活の取材を受ける

今日は一日取材デー。私の好きな雑誌でもある「天然生活」という雑誌です。
私の取材ではありませんよっ。料理研究家桧山タミ先生(92)の取材です。

めずらしく取材をお受けになるとのことで、こちらもびっくり!!
「いのち愛しむ、人生キッチン」を出版して以来、あまりに取材依頼が多いために逆にほぼお断りなさっていたのですが、「次の世代に残したいことを若い方にもう少しお話しましょう」そうおっしゃっていました。
c0228646_17411398.jpg
料理や食材のこと、子育て中のお母さんたちのこと、道具や素材のことなど、約3時間の取材を丁寧にお受けになりました。
52年物の梅干しをみんなで試食したり、酢洗いや醤油洗いをおみせいただいたり。とても貴重な記事になると思います。

東京からはお二人の編集・ライターさん、そして撮影は、「人生キッチン」でも撮影くださった長崎の女性カメラマンさんです。いい写真になります。著書では書かれなかったストーリーもいろいろとお話になりました。
c0228646_17411890.jpg
発売日は7/20、9月号です。巻頭ページにたくさん掲載されます。これから楽しみです。




by kitchenparadise | 2018-06-14 17:51 | 桧山タミ先生

桧山タミ先生のちらし寿司レシピ(保存版)

3月21日にNHKワールドで放送された桧山先生の番組は、オンデマンドで2019年3月22日までご覧いただけることになりました。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/mykitchen/3019006/

このプログラムで、桧山タミ先生の「ちらし寿司」が紹介されました。
先生に許可をいただき、そのレシピを記します。

桧山タミ先生の分量は、季節や材料、食べる方のことを考えて、その都度違います。
このレシピは撮影時の分量を生徒さんがレシピにおこしたものです。
細かい分量にこだわらず、調整しながらご自分の味をお作りくださいとのことです。
******************************************************************
桧山先生のちらし寿司(NHKワールド版)

c0228646_13573228.jpg
材料(5合分・約10人前)

米5カップ 水5.5カップ 昆布10cm×10cm

合わせ酢(酢1/2カップ 砂糖大さじ5 塩小さじ2)

A:干瓢(長いまま2本)塩でもみ、真水で透明になるまでゆでる。
  干椎茸(8枚)水につけて柔らかくもどす。 干瓢と椎茸は切る前に味付けする。
味付け(椎茸のつけ汁や出汁 1/2カップ 砂糖・みりん・醤油 各大さじ2)

B:錦糸卵 卵5個 (焼く前に漉すと綺麗です)塩小さじ1 砂糖大さじ1

C:絹さや 10枚 塩を入れた熱湯でゆでて、水にとりザルあげ。両端を切りそろえて、塩と砂糖をまぶす

D:人参 1/2本 細い千切りにし、塩を入れた熱湯でさっとゆでてザルあげ。

E:蓮根 1ふし 皮や節の汚い所を取り、薄切りにして熱湯(酢を少し入れる)でさっとゆでる。甘酢に漬ける。
甘酢(酢大さじ3 塩小さじ1/2 砂糖小さじ2)

F:えび 8尾 背ワタを取り串を打って、塩をいれた水で冷たいうちから火にかける。煮立って10分間茹で続ける。火を止め冷めるまでそのまま保つ。頭と殻をとり、甘酢に漬ける。
甘酢(酢大さじ3 塩小さじ1/2 砂糖小さじ2)

G:鯛のでんぶ 鯛1匹分 魚は三枚におろして身だけにする。煮るか、蒸してさっと火を通して手でほぐす。
皮や骨を丁寧に取り除く。ふきんで包んで、水道の下で臭みを取りのために洗う。鍋に入れてお箸でほぐしながら、炒る。味付け、色づけする。
味付け(砂糖大さじ3 塩小さじ1 食紅)

H:鯛の刺身 鯛1/2匹分 ウロコ、頭、臓物をとり、3枚おろし。身だけにして薄く切る。

作り方

① 具材の準備をする 何を酢飯にいれるか、上に飾るかを決めて、下味をつけたり切り方を考えておく。

② ご飯を炊く 水はいつもより少な目に炊く。蒸らしの時間もいつもより短めに。炊き上がったら木のすし桶に移して、合わせ酢を上からかけてうちわであおいで冷ます。粘りがでないように切るように混ぜる。

③ 具材(人参・干瓢・椎茸)を酢飯に混ぜ合わせ、上に飾るものはあとから飾る。

by kitchenparadise | 2018-03-27 14:08 | 桧山タミ先生

桧山タミ先生のNHK国際放送が視聴できます

先日NHKワールドで料理研究家桧山タミ先生が特集されましたが、その番組がいつでも視聴できるようになりました。視聴期限は2019年3月までです。
国際放送なので、ナレーションは英語です。

「母のちらし寿司は美味しかったですね。だからあんなに作りたいと思うけどなかなか母のようにできないの。」

料理道60年にしても母の味を超えられないという桧山先生。

知らぬ間に涙がほろほろと溢れてきました。
桧山先生がほとんどの取材をお断りになる中、この番組に協力されようと思われた理由。これですね、先生。

by kitchenparadise | 2018-03-25 09:54 | 桧山タミ先生

出張桧山塾最終回の報告

2月27日(火)はキチパラのラボで出張桧山塾。11月から3回の開いてきた最終回となります。

桧山塾の報告の前に。
今回も100名近い方にご応募いただいたにも関わらず、10名という少ない人数での開催になり本当に申し訳ないです。
「今後はもう桧山先生にお会いするチャンスはないのですか?」と、多くの方からお問い合わせをいただきました。

昨年、本を出版なさってからというもの、取材や日々の教室で忙しくされておられましたので、次の機会については少しゆっくりなさっていただき、、ペースを整えてから改めて調整したいと思っています。桧山先生がご無理のないようにと考えておりますのご理解のほどお願いいたします。
もともと桧山先生は、テレビや雑誌で表に立つことより、ひとりひとりの生徒さんと会話を楽しむことを大切になさっています。ですからテレビや雑誌などの取材、講演もお断りすることが多いと思いますが、大変お元気でお過ごしです。


さて、今回の講習はちらし寿司でしたが、最初に土鍋ご飯の炊き方の説明をしてから小さなおにぎりを食べてただきました。酢飯は、すし桶を使い、広げて木肌に吸わせながら急激に冷ますと美味しくなるのよと先生。

c0228646_13165941.jpg
ヴィネグレットソースやマヨネーズの手作りも。古い茶せんをつかって混ぜます。よく混ざります。
c0228646_13151308.jpg
カリフラワーを使ったミモザサラダ、分葱の酢ぬた和え、ほうれんそうの胡麻和え、大豆の煮物、お吸い物と、とてもシンプルなメニューばかりでしたが、基本の基本がわかり、勉強になりました。
胡麻をほうろくを使ってすりばちですると、こんなにも胡麻和えが上等な一品になるのだと、みなさん感動したご様子。また、なかなか作らない酢ぬた和えも、これなら子供たちも食べるかもと張り切っておられました。
やはり手をかけたものは美味しいですね。
ちらし寿司はそれぞれご自分で盛っていただきました。鯛の身から作ったでんぶは美味しいです。
c0228646_13170785.jpg
お料理ひとつひとつに意味があり、「おいしくなりますように!」と考えて作られている。これが家庭料理なのだと改めて思います。食べたらわかりますね。
そうやって思いが込められた料理は、心に響きます。

最後は先生のサイン会。おひとりおひとりに違うコメントを書かれるのが先生らしいです。
そして、写真撮影して、終了。

c0228646_13171439.jpg
ご参加いただきありがとうございました。
頑張りすぎずに、楽しく、心をこめた家庭料理を作り続けてくださいね。

以上、出張桧山塾の報告でした。

*************************************************
おしらせです。桧山タミ先生が、NHKワールドで特集されます。
NHKの国際放送で、海外約150か国で放送されている放送です。

放送は(日本時間)3月21日(水) 8:10~ 14:10~
3月22日(木)深夜)2:10~です。

日本国内で視聴する方法は、
上記の放送時間に、「NHKワールドの中継」サイトにアクセスいただくと
ご覧いただけます。https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

携帯でアプリをダウンロードすると、スマホでも見れます。
検索画面で「NHK World」と入れていただくと無料アプリをダウンロードできます。
放送時間にこのアプリを起動させると視聴できます。

国外で視聴する場合は、以下の「番組表」を確認いただくと、放送時間をご確認いただけます。
(1週間先まで見ることが出来るらしく3月15日ごろ以降に番組の情報が掲載されるとのこと)
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/schedule/

タイトルは、
「Step into My Kitchen~Recipes for Life~」
先生のドキュメンタリー、ちらし寿司作り方などが世界に配信されるという、嬉しいニュース!
直前にまたご案内しますね。





by kitchenparadise | 2018-03-02 13:53 | 桧山タミ先生

出張桧山塾について

c0228646_09214104.jpg
募集は終了いたしました。(1/23)

「出張桧山塾 2月」

桧山タミ先生一日講座

日時:2月27日(火)

12:00-15:00

開催場所:キッチンパラダイス ラボ
 (お店から徒歩1分;福岡市中央区白金1丁目)

参加費:一万円

定員:10名(抽選)


募集は1月15日スタートで1月22日まで

ラボ講座お申込みフォームへのリンク


昨年「いのち愛しむ、人生キッチン」の出版後、桧山料理塾に参加してみたいというご要望を多数頂いたため、桧山先生に出張講座をお願いすることとなりました。11月12月と2回行い、今回は3回目の最終回です。1度に10名までしかお入りいただけないので抽選となります。人数に限りがありますので、すでに現在桧山塾の生徒さん、過去に桧山塾に在籍された方はご遠慮いただき、初めての生徒さんを中心にした講座にしたいと考えております。よろしくお願い申し上げます。

また、今回お申込みの方全員のご希望にお答えすることはできませんが、先生に次回講座をお願いしたいと考えておりますので、申し込みフォームのコメント欄に、先生へのコメントや本をお読みになった感想をお書き添えください。先生にお伝えします。

講座はデモンストレーション中心です。
メニュー(予定)は、桧山流ふだんのちらし寿司、お吸い物、ほうれん草のごま和え、大豆の煮ものです。鯛をつかったでんぶを作ったり、土鍋でご飯を炊いたり、そのほかすり鉢やほうろくの使い方も教えていただきます。先生への質問の時間ももうけますので、ぜひお楽しみになさってください。エプロンと筆記用具をご持参ください。桧山先生の著著をお持ちの方はご持参ください。

・・・桧山タミ先生プロフィール・・・・

1926年、福岡市生まれ。料理研究家の故・江上トミ先生のもとで、戦前・戦後を通じ38年学ばれ、61年に「桧山タミ料理学院」を開設。72年を境に、フランス料理などの高級料理・西洋菓子中心の指導をやめ、素材にこだわった昔ながらの日本の家庭料理を教える。また日本料理を教える一方、海外の料理や素材にも精通。素材の特性、歴史、レシピの背景など、毎回奥深い講義を行っている。 NHKから始まり、50年にわたりテレビやラジオにも数多く出演。現在は「KBCアサデス。の「タミ塾」にレギュラー出演。 これまで、「できる限り口伝えで」のご意志が固く、92歳にして初めての著書となる「いのち愛しむ、人生キッチン」を出版。


出張桧山塾のお申し込み開始は1月15日。1月22日まで。抽選後、1/25までにお返事致します。
キチパラのお申込みフォームからどうぞ。 

*メールの受信拒否の方は、キッチンパラダイスからの連絡が受信できない場合があります。連絡がつかない場合はお申込みは無効となりますので、特にスマートフォンの方はお気をつけください。あらかじめ受信できるよう設定ください。
************************

ご不明な点は、キッチンパラダイスまで。092-534-6311(営業時間:平日10:30-19:00 土曜日-18:00)

by kitchenparadise | 2018-01-15 09:47 | 桧山タミ先生

「いのち愛しむ、人生キッチン」が1位になりました

私も企画編集に携わった、「いのち愛しむ、人生キッチン」(桧山タミ著・文藝春秋)は、おかげさまで多くの方々に読んでいただきました。本当にうれしい限りです。
とうの桧山タミ先生は、テレビや雑誌で紹介されるたび「穴があったら入りたい」とか「もぐらを呼んできて」とかおっしゃってます。笑)

昨日、出版の文藝春秋さんから、さらに嬉しいニュースが。

なんと私が大好きな書店リブロ福岡天神(岩田屋7F)で、
2017年に売れた本の総合で第1位
だったそうなのです!!!
c0228646_14051362.png
(リブロさんのツイッターから拝借しました)

すごいですよね。ホント、素晴らしい。買っていただいた方はもちろんのこと、何か所も平積みしたりポップを書いて下さった書店員さんにも本当に感謝しています。多くの本がある中で、書店の方が実際に読んでくださり、その上でポップを書いてくださるのは、とてもありがたいことです。本当に本当にありがとうございます。

現在、第6版まで印刷されていますが、キチパラにはなんと初版があります!まだの方は、ネットでキチパラでお買い求めください。桧山先生のサインのコピーも入れてお送りしています。

明日1/13(土)はNHKの九州各地の放送で、朝の7:30から先生が出演される予定なのですが、雪などの状況で翌週になるかもしれません。ご覧ください。明日か来週の土曜日の予定です。(全国ではありませんので)

いまから、桧山先生に、リブロ大賞の報告にいってきまーす!!

by kitchenparadise | 2018-01-12 14:16 | 桧山タミ先生

出張桧山塾2回目が終わりました

11月に引き続き12月も桧山タミ先生の出張桧山塾。昨日12/18に行いました。
お元気な桧山先生です。

まずは参加者さんの自己紹介から。今回は、九州愛知、鳥取、神戸などからもご参加なさいました。遠方からはるばる、本当にありがとうございます。

先生は、台所の一歩は鍋でご飯を炊くことから、出汁を取ることからと言われます。

お米は新米がもっとも水分は控えめで炊き、時間がたつと少しづつ水を増やして炊くこと。高温で20分間を保ち、ごはんの表面のカニ穴を確認すること。そして昆布はどのようなものを選び、どれくらい保存するのか、その保存方法。そんな基本的なお話しから始まりました。

写真は、すり鉢とすりこぎのお話。山椒の木のすりこ木がいいとのこと。テーブルにある小さなすりこ木は50年使ったものでだいぶ短くなっています。
c0228646_12282775.jpg
土鍋ごはん、すり鉢で摺った味噌で作った味噌汁、博多のがめ煮、出汁巻、豚肉リンゴ巻、紅白なます、それに柳橋連合市場のいとよしさんに朝からもってきたいただいたブリを塩焼きでいただきました。
c0228646_12281243.jpg
どれも本当に美味しくて、優しい味です。
桧山先生は最近いつも「料理に決まりはない。」とおっしゃいます。「なるほどですね。」とお答えしながらも、基本のすべてを脳や感覚に備えておられる先生だからこそのお言葉。まだまだ基本を先生から教えていただかないといけません。ご飯の炊き方、出汁の取り方、塩の振り方ひとつとってもまだまだ学ぶべきことが山積みです。

講習の終わりは、おひとりおひとりに丁寧にお言葉を添えてサインをなさいました。
c0228646_12480521.jpg
ご参加のみなさん、ありがとうございました。途中、いろいろとハプニングもあり申し訳ございませんでした。

また残念ながら抽選にもれてしまわれた方、申し訳ありません。次回は2月頃お願いする予定です。2月の3回目の出張桧山塾でいったん一区切りとさせていただこうと思います。


by kitchenparadise | 2017-12-19 12:51 | 桧山タミ先生

桧山タミ先生「受験生の親ができること」

c0228646_12521253.jpg
4年前、2013年の秋に料理研究家の桧山タミ先生による「受験生の親ができること」と題した講習をキッチンパラダイスで行いました。
受験が追い込みのこの時期、子どもさん本人だけでなく、多くのお母さんお父さんも悩んでいます。
私もそうでしたが、桧山先生の言葉にずいぶんと楽になりました。あぁ、そういうことかと、人間の成長とはなにかについて考えさせられました。

先生による「受験生の親ができること」講座では、私が事前に用意したインタビューしてまとめた13の項目をもとに、50分お話いただきました。その時に先生が教えてくださったことをまとめます。とっても桧山先生らしいお言葉です。


①親はおこらない。いらいらしない。

②子供と極力受験の話はしない。

③親でなく、子供が行きたいところに行かせる。

④評価を気にさせない。親の顔を見る子供にしない。

⑤働かないとお金はもらえないことは教える。

⑥母は昼寝をして子供より1時間早く起きる。

⑦教育は受験でなく、毎日の生活にあることを知る。

⑧朝、気持ちよく目覚めさせる工夫をする。

⑨勉強がはかどる朝ご飯を用意する。卵は半熟にする。

⑩果物は4時までに食べ終わる。

⑪お金を渡さず、木の実を机に置いておく。

⑫塾の前の夕方ご飯は、うどんにネギをたくさん入れる。

⑬消化がよく身体を温める夜食を少しだけ用意する。



「受験の話をしないのは、受験は子供が挑戦することであるから。親は見守るしかありません。聞かれたらアドバイスをしますが、どの学校がいいなどと親が強く希望することはしてはいけません。自主性をうながし、どの学校にどういう先生がいるかを調べて、その先生のもとで勉強したいと思うことが一番です。学校名で選ぶのではありません。

ですから、いろんな経験者に会わせるきっかけを作るのは必要です。子供が育つ過程で、こんな人になりたい、こんなところで勉強したいと思うチャンスにいつか出会うでしょう。

それから、試験が終わっていちいち「どうだった?」「なぜできなかったの?」などと聞くことはいけません。
本人が一番わかってますし、聞いてくる親を拒否します。評価を気にする子供になります。

試験の日こそ「お天気がよくてよかったね。」と、一歩離れた気持ちで声をかけることが大事。
本当の教育は、どんな人物に育てるか。勉強ができても大したことない人がいっぱいでしょう。笑)
親が、勉強と教育の違いをわかっていない。後から困ってしまいますよ。

母親は常に、あっけらかんとしておく。「あら、そう?」とだけいっておけばいい。
朝起こしても起きないなら、一度気が済むまで寝たらと逆に言ってあげればいい。
眠くて学校に行っても身になっていませんよ。詰め込んでも後で残りません。頭が働いてないのだから。

子供がイライラしていても決して親は同調してはいけません。
「まぁそんなイライラせず、ここにきてお茶の一杯でも飲んだら。」と美味しいお茶を入れてだまってなさい。


お金を渡すとコンビニなどで甘いものやジュースを買ってきて、身体に悪いどころか、怒りっぽくもなり、悪い油や砂糖で集中力も欠けます。芋をふかしたり、木の実を置いたりしておきます。

必要なのは、あっけらかんとしていても、料理だけには心をこめることです。簡単でいいんですよ。
料理で思いやる気持ちをもっていれば、どんなにあっけらかんとしていてもほったらかされている気持ちにはならないのです。
ただ無理すると、「してやってる」気持になる。
塾に送り迎えや早起きして弁当を作るなど、「ここまでしてやってる」と思ってしまうことは、しないほうがまし。
美味しくて身体にいいご飯を、常に子供のことを考えて準備する。
「この子が人の役に立つ人間になりますように。」と願いを込めて作ることです。
塾に行く前は、ねぎをたくさん入れたおうどんやそばだけでもいいです。帰ってきて疲れていたら、身体が温まる消化のよい夜食を。夜食をだしたら、「朝早いからお母さんはお先にね」と言って寝る。朝は子供の1時間前に起きて、お弁当や朝食の準備をして、眠ければ昼寝をしておいたほうがいい。
夜勉強する子供には、お昼のお弁当に夕食くらいのおかずを詰めるのです。夕方からは軽くていい。果物は4時までにしないと、身体を冷やして勉強しにくくなります。

朝起きれない子供には、子供部屋のドアを開けて、味噌汁やスープの匂いをさせ、お弁当の匂いをさせ、ラジオでもかけておきます。朝、家全体がお母さんを中心に動き始めたことを感じます。

テレビはダメですね。コードを抜いて「壊れたみたいね。」とでも言っておくといいですよ。笑)」


どうですか。なんとも先生らしい。時にユーモアあるふれたお答えに、思わず泣き笑いしてしまいました。


by kitchenparadise | 2017-12-07 13:04 | 桧山タミ先生

【募集開始】 第2回出張桧山塾 12月

2017年12月18日(月) 出張桧山塾についてです。

ラボ講座申込みはこちらの受付フォームをクリックしてお申込みください。

******************************************************
第2回目の「出張桧山塾」ラボ講座を開催します。
c0228646_12290929.jpg

講師:料理研究家 桧山タミ先生

日時:2017年12月18日(月)12:00-15:00

開催場所:キッチンパラダイスラボ(福岡市中央区白金 キッチンパラダイス)


参加費:10000円(試食付)

定員:10名(抽選)

エプロンと筆記用具をご持参ください。
「いのち愛しむ、人生キッチン」の発売後、桧山料理塾に参加してみたいというご要望を多数いただきました。 現在は桧山塾の募集はなさっていませんが、みなさまのご要望を受けて、出張講座という形で桧山先生に料理と講義を行っていただくこととなりました。

講座はデモンストレーション中心です。
土鍋ご飯の炊き方、基本の味噌汁、冬野菜を使った白和えやお魚の照り焼き、出汁巻ほかです。

桧山先生の著著をお持ちの方はご持参ください。 サインや写真撮影の時間をもうけております。


・・・桧山タミ先生プロフィール・・・・・・・・・

1926年、福岡市生まれ。料理研究家の故・江上トミ先生のもとで、戦前・戦後を通じ38年学ばれ、61年に「桧山タミ料理学院」を開設。72年を境に、フランス料理などの高級料理・西洋菓子中心の指導をやめ、素材にこだわった昔ながらの日本の家庭料理を教える。また日本料理を教える一方、海外の料理や素材にも精通。素材の特性、歴史、レシピの背景など、毎回奥深い講義を行っている。 NHKから始まり、50年にわたりテレビやラジオにも数多く出演。現在は「KBCアサデス。の「タミ塾」にレギュラー出演。 これまで、「できる限り口伝えで」のご意志が固く、92歳にして初めての著書となる「いのち愛しむ、人生キッチン」をお書きになる。


お申し込み開始は11月27日(月)10:30am~11月29日(水)23:59まで。
抽選後、11/30までにお返事致します。

*****************************************
*ラボはキチパラから歩いて1分です。ご参加の方はお店で受付をお済ませください。ラボ講座ご参加のお客様で車でお越しの方は、近隣の有料駐車場におとめください。
*ラボ講座へのご参加が決まりましたらご連絡いたします。指定の締め切り日までに参加費のお振込をお願い致します。
*申込後のキャンセルにつきましては、原則、開催日の10日前までにお申し出ください。
*この出張桧山塾の冬の講習は3回です。(11月、12月、次回は1月か2月です)3回講習のうち1度しかご参加いただけません。



by kitchenparadise | 2017-11-27 10:41 | 桧山タミ先生


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

こぼれないボトルを見つけました
at 2018-07-23 18:17
オンラインでワケあり最終SALE
at 2018-07-21 18:16
7/20発売の「天然生活9月..
at 2018-07-20 13:26
銅の玉子焼のハテナ?
at 2018-07-19 18:49
干し野菜と竹ザルの洗い方
at 2018-07-18 15:47

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧