<   2017年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

加減を知るということ

7月28日に文藝春秋より発売の桧山タミ先生の本、
「いのち愛しむ、人生キッチン」は、
予約がとても好調のようで、大きな告知が始まっていないのにもかかわらず、いくつかのカテゴリー別ランキングで1位をいただいています。さっそくご予約いただいた方々、ありがとうございます。

文藝春秋のHPで紹介されていています。(ネット書店にも飛べます。)

この本は、子どものことや夫婦のことで悩んだ時、年を重ねても健やかに生きる術を知りたい時、自然と食と身体の大切さに気が付き始めた時、そんな時に「世の中のほんとう」を知り、豊かに生きるバイブルにしていただきたい本です。

ぜひ、立ち止まって悩んでいる身近な大切な方々にもお知らせください。きっと「がんらなくていいわよ」という先生の言葉が優しく背中を撫でてくれると思います。

桧山タミ先生がなぜ92歳まで、こんなにも楽しく、現役で生き生きと、外に出なくても多くの人に囲まれて豊かに過ごしておられるのか、その生き方からきっと多くの学びがあると思います。

c0228646_11260976.jpg


「いのち愛しむ、人生キッチン」の本の中で、五感を使うことの大切さを、先生はたびたび綴っています。

「手に勝る道具なし」という箇所です。

(また発表ですが、本文より)

「手で食材に触れて鮮度を見極めたり、手に持って重さを計ったり・・・・。せっせと手を働かせて、からだで覚えた積み重ねの感覚は、何年経っても忘れません。無人島に行っても何もなくても、このふたつの手という道具があれば、なんとか生きていけるって、のんきにつぶやけますよ。」

本の中の約20のレシピを仕上げるにあたって、先生と何度も書き直しました。それは、調味料の加減、火加減は文字には言い表せないと桧山先生が強くおっしゃたからです。どんな塩を使うかで小さじ1かそれ以下か、または小さじ2になるのか全く違うのよと、先生は言われます。火加減でも美味しく炊けるには自分の目で見ることが大切だとおっしゃいます。

「加減を知る」、そしてその加減をずっと手放さないということが、先生がいつまでもお元気で長生きの秘訣だと思います。


余談ですが、昨日6/28の天声人語はカナダの氷上で猟をするイヌイットの話でした。イヌイットたちは星や風、海流などの知識をもとに自在に移動してきましたが、21世紀になって人工衛星を使ったGPSに取って代わってから、深刻な事故を引き起こすようになったと。藤井4段のお祝いムードと将棋ソフトで練習したということから派生した話ではありましたが、なるほど便利なものがある世の中は、それをどう生かすかも、加減を知ることなのだなと思った記事でした。


先生の本、「いのち愛しむ、人生キッチン~92歳の現役料理家・タミ先生が見つけた幸福術~」はアマゾンでも買えます。

キチパラでもそのうち買えますが(笑)、人気のあまり初版がなくなると大変なので、ネット予約でも結構です!
アマゾンならこちらです。



by kitchenparadise | 2017-06-29 13:00 | 私、こう思う

おはじきを上に動かすとポジティブになる?

文藝春秋SEPCIAL「脳と心の正体」という本がおもしろいですね。
MOOK本(雑誌)ですが、ベストセラーの「言ってはいけない」の橘玲氏、「サイコパス」の中野信子先生、アドラー研究の岸見先生などなど、人気者勢ぞろいで寄稿しています。

c0228646_12021603.jpg
その中で九州大学の妹尾先生が書いた「テンションが上がる心理学」というのがあります。サブタイトルが
「おはじきを上に動かすとポジティブになる!?」と、ちょっと意味が分からない感じです。

概要はつまり、
「心は身体の無意識の声を聴く」というもの。

おはじき実験というのをします。おはじきを上の方に手で運ぶ、ないしは下の方向に手で運ぶ。その行動を続けながら「昨日あったことをなんでもいいから報告してください」という記憶再生課題とやらを行うのです。

そうすると、おはじきを上に運んでいるときにはポジティブな記憶が思い出される頻度が増え、下に運んでいる時にはネガティブな記憶が思い出される頻度が増えた、と。

大げさな、まさかね、って話なのですが、ほかの似たような実験もすべて身体の動きによって心の向きが変わることが多く、読み終えると納得します。

著者は、もっと簡単なことも。

落ち込んでいて肩を落としトボトボ歩くと、この身体からくる情報がよりネガティブな心理状態を引出すし、悲しい時に無理にでも上を向いて歩くなど、身体性の入力をポジティブにすれば脳が騙されて、いつしか実際の気分もあがるという。

つまりですよ。

脳は身体の奴隷。

そういうことらしいのです。

みなさん、思い当たる節が多々あるでしょう。

もう上をむいて歩くしかないですね。日ごろの行動も、下から上に、にしてみますか。





by kitchenparadise | 2017-06-28 12:30 | 本と言葉

オリジナル銅ジャム鍋作りました

キチパラオリジナル

銅製ジャム鍋

受注販売を始めます。
c0228646_15365305.jpg


キッチンパラダイス オリジナル銅製ジャム鍋 37800円

ジャムに、揚物に、洋菓子、和菓子作りに、最高の鍋です。

銅鍋が最高の鍋である理由は3つあります。

①熱伝導率が高くステンレスの24倍。短時間で仕上がります。

②鍋の温度が均一になり、量が多くても均一に熱が伝わります

③銅イオン効果で色鮮やか、きめ細かく仕上がります

銅鍋でジャムを煮ると、あっというまに温度が素材全体に伝わり無駄がありません。
また火を弱めればゆっくり加熱し、火を強めればたちまち加熱し、加減が自由自在です。その熱の伝わり方の自由さが、和菓子職人が餡子の鍋として、パティティエのジャム鍋として、和食の職人が天ぷら鍋として使う理由です。

揚げ物は短時間で中までよく火が通るので、野菜やお魚のジューシーさを失わずに揚がり、
ジャムも短時間で仕上がる上、銅イオン効果で瓶に詰めた後もずっと色あざやか。
野菜を茹でると、青々とゆであがります。


この鍋は錫引きをしていません。

よく、錫引きをしているのとしていないのとどう違うのかと聞かれます。まず、

錫引きは融点が低いので超高温では使えません。 

錫は230℃以上になると溶けはじめるので、揚物や糖度が高いジャム、餡子には不向きです。逆に錫引きしていると、素材をいれっぱなしの煮物でも鍋が変色しにくいという便利な理由もあります。

もうひとつは、銅にふれると素材の色が鮮やかになるからです。

揚物も茹で物も、餡子やジャムのような煮るものも、直接銅にふれることで鮮やかさが増し、保たれます。

そのような理由で、キッチンパラダイスでは錫引きなしの銅鍋を作りました。

********************************************
キッチンパラダイスオリジナル 銅製ジャム鍋

制作:銅作家 今尾誠氏

寸法:内径22cm 底径18cm 外径23cm 高さ10cm 板厚1.2mm
鍋本体:銅 取っ手:鉄(油焼き仕上げ)

納期はご注文から1か月~2か月・受注制作です。(作る台数が決まっていますので、数か月お待ちいただく場合もあります。)

c0228646_16223956.jpg
鍋の底にはKP(キッチンパラダイス)の刻印があります。
c0228646_16253302.jpg
キチパラのHPでも予約を始めました。こちらから。

お近くの方は、ぜひ店頭でご覧ください。



by kitchenparadise | 2017-06-27 16:36 | おしらせ(SALE等)

「いのち愛しむ、人生キッチン」~92歳の現役料理家 タミ先生のみつけた幸福術~ 

桧山タミ先生の著書が文藝春秋より7/28発売。

「いのち愛しむ、人生キッチン

~92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術」

(文藝春秋 定価1450円 税別) 


c0228646_17130125.jpg
桧山塾に通い始めて14年、私がどれだけ先生の言葉に救われ励まされたかわかりません。

桧山料理塾は私にとって単なる料理教室ではなく、私の足元を照らす人生塾です。
生徒はみんな人として、女性として、母として、どう生きるかを桧山先生から学んでいます。だからこそ生徒さんは20年、30年、50年以上も先生のもとへ通い続けるのだと思います。

先生にお会いして以来、常々、先生の思いやりにあふれた言葉や生き方をを、娘や若い人たち、悩める女性たちに伝えられたらと思っていました。
先生は表にでるのがあまりお好きでなく、この本が出版社からでる初めての著書。
私たち生徒にとっては、待ちに待った一冊です。

アマゾンほかのネット書店でも購入いただけます。
こちら

現在は重版されていますがキッチンパラダイスでは貴重な初版を販売。
先生の直筆の言葉&サイン付(コピー)付でご購入いただけます。(追記10月)こちら


内容は次のようになっています。
********************************************
九州地方で活躍する92歳の現役料理家タミ先生の初の著書。
台所に立つ女性の心の拠りどころになるお話が一冊にまとまりました。
タミ塾の愛情レシピも収録。

◎◎タミ塾の50年の教えが詰まった人生の教科書◎◎

◆年を重ねても健やかに生活する術に触れたいとき……
1章 [大らかなれ] わたしの生活習慣、心とからだの養生

◆自然に寄りそった食の大事を思い返すとき……
2章 [賢くあれ] 自然とからだを結ぶ旬材、学び方と選び方

◆調理道具や調味料の知恵を知りたいとき……
3章 [健やかなれ] 五感に心地良い、基本の道具と調味料

◆子育てや家族のつながりに心を寄せたいとき……
4章 [やさしくあれ] 子ども・家族、命を思いやる家庭料理
********************************************

取材のお申込みもいただいております。取材に関しては、私、田中か文藝春秋の担当者までお願いいたします。
概要はいつでもお送りできます。(キッチンパラダイス 田中まで 092-534-6311)

また、先生が普段の生活を送られたいということから、取材の多くはお断りしておりますのであらかじめご承知おき下さいませ。

本の制作にあたり、生徒さんをはじめ、多くの方にご協力をいただきました。
本当にありがとうございました。

(現在は重版 8刷となりました。84000部です。 追記 2019/10/1)





by kitchenparadise | 2017-06-26 14:49 | おしらせ(SALE等)

色どり豊かな人生

麻央ちゃんが旅立ったニュースで日本中が泣いたと思います。私もそのひとり。涙が止まりません。

麻央ちゃんの闘病生活は、5歳と10歳の子供を残して他界した姉のことを思い出させました。

短いとはいえ、麻央ちゃんも、私の姉も、きっと幸せな人生だったと思います。

麻央ちゃんの言葉。
「私は、子供を残して可哀そうにと思われたくありません。なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです。だから、与えられた時間を病気だけに支配されることはやめました。」

体は病でも、こころは病気に支配されたくない。姉もそう思っていたようです。
亡くなる9日前、姉が好きだったユーミンのCDを買ってきて病室で一緒に聞いた時、話せず、目もうまく開けられず、全く体が動かない状態だったのにも関わらず、「この曲いいいよねー、好き好き。」と言わんばかりに薄目をあけて私にうなずきながら笑ってくれました。

酸素マスクのずれも自分で動かせない姉は、「私はユーミンの曲を聞いて楽しんでいるの」と、病気に支配されない強さをもとうとしていました。姉の意識があったその最後に日は、私のおしゃべりにずいぶんつきあってもらいました。

姉の家族としてあまり言われたくなかった言葉があります。
「子供たちが可哀そう。」「先に亡くなって親不孝。」「病気に負けた」そんなマイナスな言葉です。
きっと姉も言われたくなかったのだと思います。

子供たちは、個性的で素直で優しい姉に生まれて幸せだと思いますし、姉の意思を継いで愛されて育っています。先に亡くなって親不孝なんて両親は全く思っていませんし、むしろ父も母も姉を誇りに思っています。それに私たちは姉が病に負けたとも思っていないのです。果敢に挑戦した姉を立派だと思います。
最期の日は、親しい人が遠方から集まってくれました。愛されていることを実感して幸せだったろうとと信じています。

それに、海老蔵さんがそう感じたように、姉もいつも私たちの近くにいるような気がします。姉だったらこうするだろうと思うことが浮かんできます。

海老蔵さんをはじめ麻央ちゃんのご家族、とてもお辛いでしょう。そんな中、麻央ちゃんの意思を継ぐためとはいえインタビューにお答えになり本当に立派です。忘れることはできなくても、こんなに愛すべき人と出会えたという深い幸福感とともに、いつかは乗り越える日がくることを心から願います。

先に旅立つ愛する人は愛を教えてくれます。海老蔵さんの言う通り。

だから人生こんなもんだとあきらめたらもったいない。愛を学ぶために、そして人を思いやるために私たちは生かされているのです。家族との毎日の生活も、友達との何気ないやりとりも、忙しい仕事でさえ、無意識の中にあるのはいつも愛でありたいです。

心からご冥府をお祈りします。


月曜日は愛を伝えるために温めに温めた桧山タミ先生の本についてご紹介させていただきたいと思います。姉が生きていたら一番喜んでくれたろうな。
by kitchenparadise | 2017-06-25 08:00 | 私の日常と家族

究極のスパイスカレー塾

午後チキンカレーは満席です。(6/28)

2017年7月29日(土)

「究極のスパイスカレー塾」 

講師:スパイスロード 高田さん

  
午前 野菜カレーの部 11:00-13:00
午後 チキンカレーの部 14:00-16:00
場所:キッチンパラダイスLABO(福岡市中央区白金)
参加費:3500円 参加数:各8名×2
内容:デモと試食
持ってくるもの:筆記用具 エプロン


スパイスロードといえば、閉店して伝説となった、福岡では名の知れたカレー店。その店主の高田さんは現在、本物のスパイスカレーを広めるべく、福岡だけでなくあらゆるところでカレー文化の振興のための活動を行っておられます。
今回は、そんな高田さんを講師にお招きし、簡単に作れてとても美味しい、しかも「お店を開いてもいい!」というくらいのカレーのノウハウを伝授していただきます。調理道具をうまくつかって短時間でも作れる究極のカレー講座です。

今回は、男性でも女性でもご参加いただけます。カレーの試食も楽しみです。
土曜日で、せっかくなのでビールもちょっとだけご用意しちゃおうかなーと考えています。カレーにはビールですよね!

ご応募は6/28(水)の10:30から行います。
電話申し込みは092-534-6311 メールはstaff@kitchenparadise.com









by kitchenparadise | 2017-06-24 13:36 | キチパラ講座

桧山タミ先生の本、表紙です!

桧山タミ先生の本、表紙がこんな風に!
c0228646_17130125.jpg
詳細は月曜日にまた書きます。楽しみー。

by kitchenparadise | 2017-06-23 17:13 | おしらせ(SALE等)

お店のようなパンケーキの条件

行列ができるキチパラ近所のカフェ「白金茶房」のパンケーキは、お客の全員がSNS用の写真を撮ります。
撮らない人はいないくらいみんな撮るんですよね。これこれ。確かに美しい焼き上がりですね。
なぜこんなにきれいに焼けるのか、いろいろ試してみました。
c0228646_17182293.jpg
・きれいに丸く焼けるように、高いところから生地を垂らすとか、
・温めたフライパンをいったん濡れ布巾でさましてから生地を入れるとか、
・強火でなく弱火でじっくり焼くとか、
・生地をまぜ過ぎないとか、牛乳おおめとか。

パンケーキを綺麗に焼くためのノウハウはいろいろと言われているけれど、実はぴったりのフライパンを使えばそんなノウハウは全く不要であることがわかりました。白金茶房のこの白丸部分をみてください。側面が丸くカーブしてますよね。ぴったりサイズのフライパンで、それも側面にも火が通りやすい熱伝導が均一のフライパンで焼いているというだけのことなのです。白金茶房はおそらく18cmか20cmでしょう。


こちら、同じスキャンパンのフライパンですが、
左は26cmのフライパンで焼いたもの(ひっくり返して20cmに入れかえましたが)
右は20cmのフライパンで焼いたものです。
c0228646_17304564.jpg
ちなみに、左は北野エースので、右は日清です。色はそれぞれ違うのですが、これは、粉が細かいかどうかと、玉子と粉の分量で違います。
スキャンパンの場合は、バターや油をひかないので、まず油ムラがありません。
それから火をつける前の低温の状態で生地をいれるので、フライパンの性質でまんべんなく熱がまわります。

生地が側面までゆきわたるように流し込むと、側面が焼けてフライ返しに生焼けの生地がつきません。逆に生地を多く入れすぎると、側面とはいえ焼けてない生地ができるのでフライ返しにくっつきやすくなります。そうすると左のように裏返した時に生焼け生地がくっついてしまうのです。

白金茶房のように上手に焼くには、
・ぴったりサイズのフライパン(20cm)
・ぴったりの生地量(130g~150gの粉量)
・低温スタートできる熱伝導のいいフライパン(ちょっと厚手、スキャンパンのようなフライパン)
これで完璧です。

少々厚く焼いてもスキャンパンなら、中までよく焼けます。

ちなみにですが、このように焼くだけなら、バッラリーニ、ルール、スイスダイヤモンド、バイオタンなど、ほかのフライパンでも優秀なものはあります。
あとは、基盤がアルミなのかアルミダイキャストなのか、さらにはその厚みでも蓄熱性が変わってきます。加工はチタンかダイヤモンドコーティングか、その量はでも効果が違うでしょう。
スキャンパンは、バッラリーニのようにフッソ加工にチタンを配合しているのではなく、フッソ加工とアルミの間に高温で放射しています(特許チタン技術)
私がオススメしているスキャンパンはその特殊技術により耐久性がすばらしく、強いわけです。





by kitchenparadise | 2017-06-21 18:07 | 私の日常と家族

住宅展示場でのキッチンセミナー

2017年6月17日、福岡・香椎hi住宅展示場にある株式会社アネシスさんのスタジオで「キッチンセミナー」をさせていただきました。
時間は1時間半と結構長いにも関わらず、みなさん最後までとても熱心にお聞きいただきました。ほんとありがたいです。
c0228646_15265770.jpg
内容は「賢い道具の選び方、使い方」です。

すしおけ、まげわっぱ、おひつ、ザル、まな板などなどの木の道具は実はとても優れた道具であること。その使い方。
少し遅れている日本のフッソ加工の対応やセラミックのフライパンのこと。フッソ加工を長く使うにはどうしたらいいかや、フライパンによって味が違うことがあること。
ほかにも、すり鉢のこと、鉄のフライパンの使い方、キチパラ独自のアンケートによるIHとガスの違いなどをお話しました。

便利、簡単、時短、コンパクト。そんな謳い文句で新しい商品がどんどん登場しては消えていく最近の世の中で、本当に使うべき、残すべき道具はどんなものなのかをみなさんに考えてほしいという思いで、このようなセミナ-をお受けしています。

台所は、家族のいのちを繋いでいく場所。手早くても心は手抜きしてはいけないと師に教えられました。
お客様の台所が心のこもった場所になるよう、道具屋として時代が変わっても変わらない本物を紹介していきたいといつも思っています。

参加者の方の質問も受け付けました。

南部鉄はが錆びますが、取扱いのコツは?
ルクルーゼやストウブなどのブランドの違いで何が違うのか?
木のまな板でキムチとかを切っても汚れは残らないのか?

みなさんの質問は、私にもとても参考になります。

主催したアネシスさんには、熊本の展示会場にも何度も伺っています。環境のこと、生活のことなどに意識の高いお客さまが大変多く、とても話しやすいセミナーです。フッソ加工や電子レンジに関する疑問、業界の裏話など、テレビでは言わないようなことも結構喋ったりします。
アネシスさんはとても若い社員さんが多い会社で、従来の住宅メーカーの固定観念にこだわらないところが素晴らしい。住宅展示場もどこもホントすごくかっこいいです。
またいつでも呼んでくださーい!




by kitchenparadise | 2017-06-20 15:47 | 私の日常と家族

スキャンパンフライパンの耐久性がすごい

キチパラオススメのスキャンパン。4年使ってますが、思った以上に相当耐久性が良いのです。
コーティングがびくともしない。
使い始めた時は、「そうはいっても雑に扱っていたら、2.3年でくっつきやすくなるだろう」と思っていたんですよね。

ところが、ならない。全く剥がれない。

特に温度変化に強いところが、ほかのフライパンには無い特長。


フッソ加工は温度変化に弱いとだいだい決まっているのです。
なので私が道具講習する時も
「みなさん、フッソ加工はあたたかいうちに水をかけちゃだめです!温度変化に弱いので劣化します。」

そのようにずっと説明してきたのです。

なのに、これだけはこんな感じに、汚れた熱々のフライパンに水をじゃーっとかけてもびくともしない。


c0228646_17075163.jpg
それどころか、メーカーは、
「熱々のフライパンに水を一杯いれておくと汚れが取れやすいです」といいます。

私はとても疑い深いので、今回東京出張の際に、「なぜ温度変化に強く、耐久性がよいのか」その理由を聞いてきました。

その理由はこちらです。(私が書いた↓)

c0228646_17165028.jpg
通常のフライパンはアルミの上にすぐフッソをコーティングしています。そうすると、アルミとフッソの熱の伝わり方(膨張率?といっていいかな)が違うために、急激な温度変化に弱くなるわけです。
それを解決するためにチタンの層を挟んでいます。チタンはとても硬く、ごらんのように細やかな凹凸を繰り返します。その上にフッソ加工を施すことで、急激な温度変化からフッソ加工そのものを守り、またチタンのデコボコがあるために、金属ヘラなどでズルッと剥がれることがないわけです。

なるほどー。よーくわかりました。だから剥がれないのですね。

とはいっても、4年使えば少しは色は変わります。とても細かい傷はつきます。



c0228646_17220346.jpg
でも、かなり優秀ですよね。これってほかのフライパンはしないのかなー。かなり耐久性伸びる方法だと思うけど。

金属ヘラは少し気をつけて。でも温度変化は大丈夫です。


by kitchenparadise | 2017-06-17 17:33 | 道具:フライパンや鍋


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

キッチンパラダイス京都研修ダ..
at 2018-12-18 12:14
コウケンテツさん×桧山タミ先生
at 2018-12-15 13:20
驚異の効果、A2careとい..
at 2018-12-14 12:31
2019年のキチパラ福袋について
at 2018-12-13 08:30
重曹で台所をピッカピカに
at 2018-12-12 12:08

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧