人気ブログランキング |

<   2017年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

この中にありがいるよと教えれば...

おととい、「俵万智:史上最強の三十一文字 」(KAWADE夢ムック 文藝別冊)という本を購入。
ジュンク堂のスタバで1/3に目を通した。短歌ってこんなにおもしろいとは思わなかった。穂村弘さんとのインタビューが絶妙だった。
俵万智さんの本は「サラダ記念日」以降は購入したことがなかったが、ぜひ買ってみよう。

俵さんの短歌は、ありきたりの毎日が、実はかけがえのない毎日だときづかせてくれる。心が和む。
時々ハッとするほどシンパシーを感じる。
日常のもやもやを言葉に変換してもらえたことが嬉しくなる。
c0228646_10582040.jpg
そんな中、こんな歌があった。

この中にありがいるよと教えれば、

子はアリの巣を「なか」と覚える

息子の成長をほほえましく感じる一方で、そこにある母としての責任をひしひしと感じずにはいられない。
私もお嬢が大人になるにつれ、もっと母として成長していかなければと、これまで何百回悩み、反省し、決心したことかと思い返した。

短歌というのは(俳句だって詩だってそうだが)、自分を見つめ直すすばらしいツールだと思う。作ってみるのかも楽しいのかもしれない。

ところで、昨日はお嬢と占いに行った。受験勉強にそろそろ嫌気がさし、「今年の運勢をみてもらいたい」などと言うので気分転換につきあうことにした。
手相の占い師さんに「あなたは自立ができる人ですね。受験は大丈夫ですよ。」そう言われ、あっさり前向きになり、勉強にむかった。よい気分転換になったらしい。

こんなことを聞かれていた。「このような大学に進みたいと考えたのはなぜですか?」と。
「母の影響だと思います。」とお嬢。 横でだまってぎょっとする私。

わが家も、「このなかにありがいるよ」と教えてきたのだろうと思う。
アリの巣=なか、ではないこと、決して親が正解でないこともわかる17歳になった。あとは自由に羽ばたいてほしい。



by kitchenparadise | 2017-08-31 11:24 | 本と言葉

くっつかないもりっこしゃもじがくっつく時

もりっこしゃもじという人気アイテムがあります。 
c0228646_14571056.jpg
これはたくさんあるアイデア商品の中でも、なかなかの商品で、価格も安く、使い勝手もとても良いです。

しゃもじが丸くなっていて盛りやすく

先端を浮かせて置けるので衛生的。

なんといっても、ごはんがくっつかない!

c0228646_14573236.jpg
もりっこしゃもじにご飯がくっつかない理由は、ダブルエンボス加工というもの。
表面に多数のデコボコをもうけ、さらにその上に微細なデコボコをもうけているから、ごはんの接着面が小さくなりくっつかないということですが、、、

最近、「買って間もないのに、もうくっつく!」というお客様が。汗)

もりっこしゃもじがくっつく理由、製造元に現物を送り調べてもらいました。

解答

「いつも私智の製品がお世話になっており誠にありがとうございます。(中略)
摩耗や傷などがなく、丁寧に仕様されている者と思われます。
念のために、現品にヨウ素液を塗っていましたところ、青く変化しました。これは、ヨウ素液に反応するとデンプン質によるものであり、しゃもじを繰り返し使うことによりご飯のノリ状のデンプン質が付着し、蓄積することでご飯がくっつくようになることがあります。(中略)
傷や摩耗は直すことがDけいませんが、ご飯のでんぷん質の影響でくっつくようになった場合は、
泡状の漂白スプレーをかけてしばらくそのまま放置することで、付着したデンプン質が分解して取り除かれ、昨日が回復します。
今回の申し出を受け止めていただき、貴重な資料として活用させていただく所存でございます。」

丁寧な解答。そこで、そういえば以前よりくっつくかなと思う4年もののしゃもじでやってみました。

泡の漂白スプレーをかけて、しばらくおく。


c0228646_15152759.jpg
ぬるま湯できれいにスポンジで洗い.....炊き立てのご飯をすくってみる。
c0228646_15170761.jpg
おー、全くくっつきません!

まとめです。

もりっこしゃこじの機能は永遠ではありません。
傷がつかないように柔らかいスポンジで、中性洗剤で洗いましょう。
炒め物などのは使わないようにしましょう。
炊飯ジャーの中にはいれっぱなしにしないうように。
汚れはよく落としましょう。
使用前に水につけてから使いましょう。

そして、少しくっつくようになったら、キッチン泡漂白スプレーをかけて1時間くらい放置しましょう。


もりっこしゃこじは、378円と594円です。


by kitchenparadise | 2017-08-30 15:34 | 道具:キッチン道具全般

Gohのオニオングラタンスープを銅鍋で作る(レシピ付)

西中洲の人気店で、アジアベストレストランにも選ばれている「ラ メゾン ドゥ ラ ナチュール ゴウ (La Maison de la Nature Goh )」のシェフ、福山剛さんのレシピ本がでました。

「Gohのおつまみフレンチ」
c0228646_12590007.jpg
オビは仲良しのソフトバンクホークスの川崎選手です。
お嬢が本をめくっていてひとこと。「あ、ひさしぶりに今日オニオングラタンスープが食べたい!」よねー。お嬢は好きなのです。最近作ってないし。

「おつまみレシピ」は、どれも作りやすいものばかりで、ちょっと手を伸ばせば作れるんだけれど、オニオンスープはさすがに時間がかかる。簡単だけど時間はかけたほうが美味しいというレシピなのです。
銅のソテーパンを使えば、意外とほったらかしで作れます。

************************************************

材料は、タマネギ2個、コンスメキューブ3個、水1L、塩コショウ。

本当はほかにもパンとかチーズとかいりますが、ひとまずスープだけを作りましょう。
ソテーパンにも厚みがいろいろあるのですが、私のはちょっと薄い。もっと分厚いともう少し使いやすいのですが。
たまねぎは剛さんの言うとおり、縦に切ります。
弱火で炒めて20分くらいしたらしんなりとしてきました。 
銅は熱伝導が均一なので、弱火にしておけば焦げません。たまに混ぜるくらいでオッケー。

c0228646_13062391.jpg

30分過ぎたらかなりしんなり度が増してきました。
c0228646_13091686.jpg
40分経ちました。極弱火にしているのでこのくらいですが、もう少しだけ火を大きくすれば、あと10分くらいで仕上がりそうだけれど、甘くするために我慢。ここまでは銅鍋は時々しか炒めなくてオッケー。ジワーッと熱が通ります。
ここからは目を離さずに炒めますよー。
 
c0228646_13104776.jpg
50分経ちました。もういいかなー。もう少しかなー。褐色ならもう少し。
こそぎながら飴色にするのが美味しいコツだと剛シェフ。
c0228646_13121267.jpg
我慢の1時間経過。もういいでしょう、剛シェフ!
c0228646_13161792.jpg
たまねぎが少し小さ目だったので800ccの水を注ぎ、コンソメがうちには無いので、ベジブロス(タカコ・ナカムラ先生の)を適当にいれてっと。塩胡椒。
じゃ-ん。
c0228646_13192063.jpg
あっまーい。美味しすぎるぅ!!

あんな弱火で、しかも洗濯たたみながら、ギターの練習しながら、仕上がりました。剛シェフと銅鍋に感謝!!
こんなに美味しいなら、1時間くらい時間かけて平気だなぁ。

フランスパンをカリッカリに焼いて、溶けるチーズのせて、パルメジャーノレジャーノも削っていれて、パセリもちらすと満点です。

作っておくと、カレーやシチューにもコクがでるし、私は翌日作ったラタトゥイユにもちょこっと入れてコクを出しました。



by kitchenparadise | 2017-08-29 13:33 | 道具:銅鍋

丈夫なからだは食事のおかげ

右目が痛くてパソコンを長く見られず、今週はだいぶブログをサボりました。
眼科に行ったら、疲れだとのこと。うーん、そうかな。

さて、そんな中、今日はキッチンパラダイスでは恒例の砥石講座を行いました。
2か月に一度、三面砥石の藤田さんに講師をしていただき、研ぎ方を習うというもの。3つの砥石をひとつの砥石にした画期的なアイデアの三面砥石は、私の無くてはならない道具。
これさえあれば包丁は全く怖いものなしです。

c0228646_11153245.jpg
その講師の藤田さんに、いつもこの大きなテーブルを佐賀から運んでもらっています。藤田さんはもうすぐ70歳ですが、体力がありお元気です。
「やはり、ゴルフやってるから力があるんですかね?」と聞くと、
「母に丈夫に育ててもらったんだろう。」というお答え。
なるほど、そうなんだろうなぁ。


先週、両親と一緒に東京に法事に出かけました。
東京行きの機内で、上の棚に入れていた重たいスーツケースを、80歳になる父がおろしてくれましたよ。母のと私と。
後ろに座っていた若い女性のスーツケースまでおろし、お礼を言われていました。
まさかその30代(たぶん)の女性、80歳のおじいちゃんに重たい荷物をおろしてもらうなんて思ってなかったことでしょう。笑)

母に「お父さん、体力あるねー。」と言うと、「それは食事がいいからよ。」と、エッヘンとばかりの母なのでした。

果たして、今の子供たちが、おじいちゃんになった時にこんな力がでるかな。
丈夫な体は、一家の台所を任されたお母さんのおかげと気付くのは、そうとう大人になってからです。

そんなことを考えていたら、砥石講習を終えた藤田さんが、趣味のゴルフが目が悪くなって見えにくくなったとかなんとか。
彼は丈夫な体はゴルフかも。毎回ゴルフネタばかり。笑)






by kitchenparadise | 2017-08-26 13:13 | 私の日常と家族

応用力か想像力か、領収書の雑感

キチパラは「ホームコマース(有)」という会社名で運営しており、領収を書いてもらうときも「ホームコマースでお願いします」と伝えている。にもかかわらず、間違えて書いている人がとても多い。

多いのは、
「ホームコマツ」

おそらくコマースという英語になじみがないのであろう。月に1、2度は間違えられる。ホームセンターと思われているらしい。
ちなみに「コマース」は商取引という意味。よく聞く「eコマース」は、電子商取引のことだけれど、つまりはネット通販のことをさすことが多い。もともとキッチンパラダイスは最初の1年はネットだけで運営していたのでこの会社名にした。

次に、
「ホームコマーズ」「ホームコマンズ」

たいていは、「あの、濁りません」と言って訂正してもらうけれど、めんどくさいのでそのままいただくことが多い。あまりに多いので、私が知らない単語があるのかと以前調べてみたら、「コマーズ」も「コマンズ」もDanzig産の輸入繁殖牝馬だった。コマースという単語よりコマーズが有名だとは思わないけれど、ひょっとして競馬ファンかな。いや、、、どうだろう。知らない単語を書いたとしたら、意外と勇気のある店員さんだと思う。

あと、
「ホウムコマース」

はて、ホームという単語は一般的なのに、どうしてわざわざ「ホウム」と書いたのか。外人さんではない。想像力があるのか。

そして、ついに先日いただいた領収書は
c0228646_12184274.jpg

「オウムコマンス!」

これで税務署が通るのだろうかと不安になった。パン屋さん。書いたのは30代の女性。オウムを買っているとか?まさかホームという英語を知らないわけじゃないと思う。ダブル聞き間違い?

それにしても、聞き返さず聞いたことのない単語を書く勇気たるや.....。知らない単語が多いとこうなるのか、それともこれは応用力、あるいは想像力があるというのか。

もしかしたら決定的に私の発音がわるいのかと思い、友人に聞いてもらった。
私「ホームコマース、ホームコマース。」もう一度早口で「ほーむこまーす。どう?なんて聞こえる?」

友人「ホームコマースにしか聞こえんけど。」
私「そう......」


それともうひとつ。私の顔を知っている方は、あらかじめ宛名を「キッチンパラダイス」と書いてくださるお店も多い。
「キッチンパラダイスでよかったですね?」と。
大変準備がいい。
行きつけのお店で、過去3回は「ホームコマースで。」とお願いしているけれど、もう訂正しないことにしている。


by kitchenparadise | 2017-08-24 08:47 | 私、こう思う

護国神社蚤の市に出店

c0228646_17503459.jpg



ちょっと時間がなくて、パソコンの前に座れず、今日はこのご案内だけ。護国神社 蚤の市 vol.29 に出店します。

恒例の蚤の市はこの秋、9/16-19に護国神社で開催。

キッチンパラダイスも9/17(日)に出店することになりました。
 
サンプル品やB品の鍋やセイロなどたくさん出します。また、なみじゅうのエコノミーパックも300本を販売する予定です。
お楽しみにおまちください。
by kitchenparadise | 2017-08-22 22:20 | おしらせ(SALE等)

貴重な初版はキチパラで!

c0228646_18410642.png
桧山タミ先生の著著「いのち愛しむ、人生キッチン 92歳の現役料理家・タミ先生のみつけた幸福術」は7月28日に発売され、出版社の予想をはるかに超えてとても好調な売れ行きです。
私も企画に携わった一人として桧山先生の取材の取りまとめをお手伝いしていますが、
まだ1か月もたたないというのに、全国から多くのご依頼をいただいています。

本の在庫ですが、NHKやアサデス(KBC)で密着取材していただいたこともあり、全国的に品薄になっているようです。お盆のお休みの間にアマゾンや7netではいったん売り切れ。お盆開けてからすべてのネット書店で売り切れとなりました。予約販売の店が多いです。
地元福岡の書店でもかなり品薄で、お盆明けに少し配本されたようですが、それでもわずかです。

そこで、なんと急遽、3版がでることになりましたー!発売から16日目に3版....汗)
出版業界をよく知らない私でも、たぶんこれはすごいことなのだろうなと。

キッチンパラダイスでは、発売前から数百冊を確保していて、現在も初版の在庫があります。
店頭でお買い求めいただけます。
送料はかかりますがインターネットでもお買い上げいただけます。
「いのち愛しむ人生キッチン」のご注文はこちらからどうぞ。

来週水曜日は地元の新聞にも大きく特集されます。
今後の桧山タミ先生の情報は、こちらのフェイスブックページをご覧ください。

驚いてるわたしの横で、全く動じない桧山先生です。




by kitchenparadise | 2017-08-18 08:30 | おしらせ(SALE等)

9/16(土)田中博子さんの栗ジャムとスコーン講座

c0228646_16225309.jpg

*満席になりました。ありがとうございました!

2017年9月16日(土)午前11:00~13:00

「田中博子さんの栗ジャムとスコーン講座」

講師:田中博子先生

(パティスリークリエーター)

場所:キッチンパラダイスLABO

参加費:5400円ジャムとスコーンのお持帰り

参加人数:10名

内容:デモ+試食



アルザス仕込みのジャムとお菓子づくりが専門の田中博子先生に、栗ジャムとスコーン作りを教えていただきます。
2016年は柑橘、秋は栗と洋ナシのタタン、2017年は苺ジャム、そして今回はご要望が多かったスコーンの作り方を栗ジャムと合わせて教えていただきます。
栗の剥き方から丁寧に作っていきましょう。
栗ジャムはスコーンとあわせて美味しい紅茶とともに試食です。試食とは別に、スコーンと栗ジャムのお持ち帰りもあります。

(今回は、焼く前までの作り方までをデモンストレーションしていただき、あらかじめ焼いたスコーンをご用意します。)
****************************************************
募集について 
8/21(月)10:30より募集開始です。
メールの場合はタイトルに「ジャム講座」と書いていただき、お名前、お電話番号をお書き添えください。
staff@kitchenparadise.com に参加希望のメールをお願い致します。
お電話でのお申し込みは092-534-6311です。
****************************************************
c0228646_16143499.jpg


田中博子先生プロフィール:
福岡の中村調理師専門学校・製菓技術科卒業。食育料理研究家である藤野真紀子氏に6年間師事した後、2006年に渡仏。アルザス地方にある「Maison Ferber(メゾン・フェルベール)」にて、ジャムの妖精とも呼ばれ、世界中で注目されている Christine FERBER(クリスティーヌ・フェルベール氏)のもとで働き、アルザス地方伝統の菓子や料理、ジャムづくりを学ぶ。福岡を拠点にお菓子教室ークレアパーを主催 著書に「家庭で作れるアルザスの素朴なお菓子 」(河出書房新社)、「ジャムの本」(東京書籍)がある 。6人のパティシエの共著「あたらしいパウンドケーキ」は家の光協会から出版。


****************************************************
*満席になりました。

8月26日(土)究極の砥石講座について

2月に一度開催している砥石講座ですが、次回は来週の8/26(土)11:00-12:30となっています。
場所はキッチンパラダイスの店舗にて。現在はあと4人受付可能です。お早目にご応募ください。

講師:三養商会 藤田さん
参加費:800円(三面砥石ご購入の方は無料)
場所:キッチンパラダイス
もってくるもの:マイ包丁とタオル(包丁は2本まで)


092-534-6311キッチンパラダイスまで。
メールはこちらです。staff@kitchenparadise.com(砥石講習とタイトルにお書きください)

by kitchenparadise | 2017-08-17 16:15 | キチパラ講座

エッセイ「パンツのゴム」

c0228646_19205813.jpg
「青春と読書」(集英社)たまに読む冊子。
価格は100円ほどだが、自由にお取りくださいと書いてある書店もある。小さく薄い冊子で、賞をとったり、新刊をだした作家のエッセイなどを載せることも多い、気軽な読み物だ。

「共食い」で芥川賞を受賞した作家 田中慎也さんの巻頭エッセイに目が留まった。2017年1月号だから、半年くらい前のもの。
受賞会見で「もらっといてやる」とうそぶいたことで話題をさらったので、記憶にある方もいると思う。受賞作を読んでみたらあまりに後味の悪い作品だったのに、文体がなかなかおもしろいぞと思い再読して、また具合悪くなった。それなのに、こともあろうかその後の彼の作品もつぎつぎに読んでしまった。意外と好きなのかもしれない。そんなこんなで、出張の際に時間を割いて東京の新宿紀伊国屋書店でサイン会に並んだことがあるが、人数オーバーで断られた。ほら、結構はまったのだ。

受賞する40歳近くまでニート(とはいわないのか、物書きだから)で下関に母親と住んでいたが、2年ほど前に東京に移り住み、作家業だけで暮らしているらしい。このエッセイはその作家人生の苦しさを「パンツのゴム」になぞらえて書いた、とても笑えるエッセイだった。
作家は、伸びたり縮んだりしながら生きていく。万が一ゴムがきれたら恥をさらす、という内容。

ゴムはゴムでもパンツというのはクスッと笑える。

それにしても作家はすごい。だから本は面白いんだと思った一節。がんばって書いてください、田中先生。

「どれだけ準備しても、また気力に満ちていても、いざ書くとなるとなれば、横断歩道のない道を横切る時のように、左右を恐る恐る確認しながら進む。怖がりで大胆。非常識なのに臆病。」
c0228646_19404375.jpg



by kitchenparadise | 2017-08-16 19:43 | 本と言葉

桧山先生がNHKニュースウオッチ9にご出演(2017/8/11)

2017/8/11(祝)NHKのニュースウオッチ9(21:00~)で、

桧山先生が特集されることになりました。


2017/7/28「いのち愛しむ、人生キッチン」の出版してからというもの、多くの取材のご依頼をいただきました。

桧山タミ先生の料理教室やいつものご自宅の様子、先日のトークショー、そしてアナウンサーの桑子さんとの対談も放送される予定です。

桑子さん、お忙しい中、福岡まで足を運んでいただき、ありがとうございました。


c0228646_13071963.jpg
桧山タミ先生は、好んでメディアには出演なさらず、講演や外で料理教室も現在はほとんどお出になりません。
ご自身が表に出ることより、口伝えや、まわりの人たちを思いやることを最も大切にお考えで、執筆に関してもずっと断られてこられました。

90歳を過ぎてようやく、桧山塾生たちの「子供たちに桧山先生の教えを残したい」とうたっての強い願いを受けいれていただき、初めての本ができました。

先生の地元福岡の書店では、ジュンク堂さん、リブロさんなど、どこも今週からランキング1位に!たくさん並べていただいています。
また、新天町の積文館さんでは今日からこんなにたくさん!ありがとうございます。

c0228646_15461368.jpg
先生の生き方や教えが多くの方に広がって、多くのみなさんの励みになるかと思うと、ワクワクします。自慢の先生です。


【桧山タミ先生への取材依頼について】

今後の取材や講演などのご依頼、書評などに関しまして、
著書の書評、本に関しましては、文藝春秋プロモーション部、またはライフスタイル出版部へ、
先生への取材はキッチンパラダイス田中あてにメールにお願いいたします。

キッチンパラダイス 田中文  tanaka★kitchenparadise.comです。(★を@)

また、桧山タミ先生のフェイスブックページがあります。ご感想などのコメントは先生にお伝えしております。
「桧山タミ」でフェイスブックを検索ください。







by kitchenparadise | 2017-08-10 16:23 | 桧山タミ先生


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー日記。お店のお知らせ、調理道具の実験や考察、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:銅の玉子焼
道具:ステンレス鍋
道具:土鍋・琺瑯鍋・その他鍋
道具:中華鍋
道具:鉄のフライパン
道具:フッソ加工のフライパン
道具:キッチン道具全般
道具:スライサーやおろし器
道具:すし桶・おひつ
道具:木のセイロ
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:塩壺
なみじゅう(入荷状況も)
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
私が好きなもの、好きな店
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
桧山タミ先生
プロフィール
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

「選択の科学」シーナアイエン..
at 2019-10-16 08:07
鉄は厚みで料理の仕上がりが違..
at 2019-10-15 15:04
フランス製の鉄フライパン「マ..
at 2019-10-11 16:33
11/9(土)「極上水炊きと..
at 2019-10-10 13:05
燕三条「KOUBA」にいく②
at 2019-10-08 14:26

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧