<   2018年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

美味しく炊く土鍋の形

「ご飯は普通の鍋や土鍋でも炊けますか?」

「はい、炊けます。」

20分以上の高温を続けるように炊けば、お米がアルファ化するのでどんな鍋でも炊けます。
ただし、楽に美味しく炊こうと思うなら鍋の形状は大切です。

ご飯を美味しく炊ける鍋の条件はいくつかあります。

①鍋が重くて厚みがあるといい

②蓋が重いほうがいい。二重蓋もいい。

③土鍋に丸みがあり縦長がいい。


確かに、ごはん用土鍋で画像検索すると、底に丸みがあったり、縦長のものが圧倒的に多いです。

c0228646_13144608.jpg
ご飯は沸騰が始まると鍋の中で対流しはじめます。この対流が活発になると、ムラがなくふっくらと炊きあがります。確かに炊飯器メーカーも「おどりだき」なっていう言葉を宣伝文句にしてますよね。米粒を上手に対流させるということです。

横広い普通の土鍋やフライパンなどで炊くと、この対流が減ります。
炊けないわけではありませんが、米の量が1合など少ない場合は対流がとても少なくなります。

また、横長の鍋の場合は、炊飯用の縦に長い土鍋に比べると、水蒸気が放出される面積が大きくなります。同じ量なら水が減りやすいのです。少ない量で同じ火力なら、水分が無くなるのが早いと甘みが少なくなったり、ご飯が十分にアルファ化しなかったりします。1割程度水を多くしなけばいけなかったり、沸騰までの時間を調整しなくてはいけなくなります。

つまり、炊飯の土鍋が丸みがあり縦長であるのは、手間をかけず対流がおこり、理想の時間で水が蒸発し、ご飯が甘く美味しくふっくら炊くとため。です。
c0228646_13154525.jpg



by kitchenparadise | 2018-03-30 13:16 | 道具:フライパンや鍋

好きなことを仕事にすること

昨日は、お嬢とスタジオ撮影に行ってきました。私が好きな女性フォトグラワーの方が福岡にいて、その方にぜひお嬢が上京する前の意気揚々とした姿を撮影していただきたいとお願いしていたのです。

その方は、清水貴子さん。40才を過ぎてカメラを学び、写真家アシスタントとして勤務した後、子どもさんが家を離れた数年前に独立。現在はご自身でスタジオを構えてご活躍です。
彼女が撮るのは、内面の輝きを映し出す、自然な表情。

まだ未完成ですが昨日のスナップ写真。お嬢は顔を出すのを嫌がるのでボカシ入りですが、本当にナチュラルでよい笑顔でした。

c0228646_10543593.jpg
貴子さんのカメラを覗きこむお嬢。
c0228646_10562352.jpg
たくさんの写真の中から何枚かを選び、できあがりを楽しみにしているところです。


貴子さんに、「オフの時は何をするんですか?」とお尋ねしたところ、「趣味が写真なので、昨日は能古島に撮影に行ってました。だいたいカメラもってどこかに行ってますね。」と。

仕事も趣味もカメラなんですと。

そういえば、先日、福岡の人気パティシエであるジャック大塚シェフと話した時のこと。
「シェフもたまには仕事以外でのんびりしたほうがいいんじゃないですか。趣味でも持たれたら?」と言ったところ、大塚さんの返事は、
「そうだね。じゃあ、休みの日は家でお菓子作りでもしようかな。」と。笑)

貴子さんの話を聞いたお嬢が、帰ってきてこう言ってました。
「私もそうだよ。学科は文芸、趣味は読書。たぶん仕事も本に関ってるし。」

好きなことを仕事にするでもいいし、仕事を好きになっていくでもいい。
そんな人生は豊かに違いないですね。好きなことに一生懸命が一番いい。

貴子さんの会社は「女性写真家チーム株式会社」。こちらがHPです。
プロフィール写真、家族写真など、とびきり素敵に撮っていただけます。女性同士だからこそわかってくれているなぁと思う写真ばかり。私は2.3年に一度、その時々の自分を撮影してもらうことにしています。
ご希望の方がいらしたらぜひに。忙しい方なので早めにご依頼なさったほうがいいと思います。スタジオは福岡の愛宕浜です。






by kitchenparadise | 2018-03-29 11:14 | 私の日常と家族

料理をしない子に持たせる鍋

新生活を始めるにあたって、ひとまず100円ショップなどで台所道具を揃える方もいると思います。包丁、まな板、鍋、フライパン、あと、、菜箸とおたまと、フライ返し、それにボウルとザル。ひとまずこれくらいあれば、調理はできます。
全部が全部よい道具を揃えるわけにはいかない場合もあるでしょう。
まして、料理するかどうか分からないという子に、そんな何千円もの包丁なんてもったいないと思うかもしれません。

そこで考えました。

調理道具にもピンからキリまでありますので、3つくらいはピンを揃えていただきたい。
あとは、あとはまぁ100円でも(100円はあんまりなので、せめて500円くらいのを!)いいでしょうと。
全部が全部、使い勝手や耐久性が悪いものなら、調理意欲が無くなってきます。なので、美味しくできるもの、気持ちよくできるものを3つだけ揃えてください。


蓋付の全面多層の鍋16cm~18cm
(ジオプロダクトの16cmの片手鍋がオススメ)

c0228646_17570851.jpg
ジオなら定価8640円と少しお高めですが、ここまで良い多層になると、フライパンの代わりに炒めることもできるし、炊飯もできますし、蒸し鍋にもなり、保温性がありガス代の節約になります。本当に便利です。家庭をもってからも使える一生モノと思っていただいていいでしょう。ちなみに15年保証です。
私もかなり長く使っていますが、美味しくできてびくともしません。
キチパラでのご購入はこちら。http://www.kitchenparadise.com/i/gropk16



17cm~19cmの牛刀(シェフナイフ)
(ビクトリノックスシェフナイフがオススメ)

c0228646_17580719.jpg

とても料理好きなら三徳包丁をお勧めしますが、包丁が切れなくなった時に、先が尖っている牛刀タイプならなんとか使えます。ハサミの代わりに刃先を突き刺して紙袋をあけたりできます。
初心者には、とくに自分で研げない方にはシェフナイフがおすすめです。
キチパラでのご購入はこちら。いまならグリーンカラーがお買い得です。
http://www.kitchenparadise.com/knife2018

キチパラオリジナルペティナイフ なみじゅう
c0228646_17583035.jpg

これはもう必ず便利です。うちのお嬢にも2本持たせました。
パンを切ったりトマトを切ったり、ハンバーグやお肉、果物や野菜も切れ、耐久性がとてもすぐれています。
波刃なので劣化がとても遅いのです。包丁の出番が少なくなるので、包丁も長持ちします。
キチパラでのご購入はこちら http://www.kitchenparadise.com/i/003


ひとまず、この3点をご提案。
あとは、ボウルはプラスチックでないものを。洗う時に油が取れにくいです。
ヘラはシリコンスパチュラが一本あれば使いやすいです。ただし安いヘラはすぐに変色しますので気になる方は黒色などをお買いになったらどうでしょう。少し品質のよいものは赤や白でも結構長く変色はしません。


フライパンは、少しだけ重量があるものを。軽いとすぐに焦げてしまいますよ。美味しくできません。
蓋がセットになっているといいですね。

包丁と鍋が一番肝心です。これだけで、料理の意欲が増すはずです。






by kitchenparadise | 2018-03-28 18:03 | 道具:新生活の道具

桧山タミ先生のちらし寿司レシピ(保存版)

3月21日にNHKワールドで放送された桧山先生の番組は、オンデマンドで2019年3月22日までご覧いただけることになりました。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/mykitchen/3019006/

このプログラムで、桧山タミ先生の「ちらし寿司」が紹介されました。
先生に許可をいただき、そのレシピを記します。

桧山タミ先生の分量は、季節や材料、食べる方のことを考えて、その都度違います。
このレシピは撮影時の分量を生徒さんがレシピにおこしたものです。
細かい分量にこだわらず、調整しながらご自分の味をお作りくださいとのことです。
******************************************************************
桧山先生のちらし寿司(NHKワールド版)

c0228646_13573228.jpg
材料(5合分・約10人前)

米5カップ 水5.5カップ 昆布10cm×10cm

合わせ酢(酢1/2カップ 砂糖大さじ5 塩小さじ2)

A:干瓢(長いまま2本)塩でもみ、真水で透明になるまでゆでる。
  干椎茸(8枚)水につけて柔らかくもどす。 干瓢と椎茸は切る前に味付けする。
味付け(椎茸のつけ汁や出汁 1/2カップ 砂糖・みりん・醤油 各大さじ2)

B:錦糸卵 卵5個 (焼く前に漉すと綺麗です)塩小さじ1 砂糖大さじ1

C:絹さや 10枚 塩を入れた熱湯でゆでて、水にとりザルあげ。両端を切りそろえて、塩と砂糖をまぶす

D:人参 1/2本 細い千切りにし、塩を入れた熱湯でさっとゆでてザルあげ。

E:蓮根 1ふし 皮や節の汚い所を取り、薄切りにして熱湯(酢を少し入れる)でさっとゆでる。甘酢に漬ける。
甘酢(酢大さじ3 塩小さじ1/2 砂糖小さじ2)

F:えび 8尾 背ワタを取り串を打って、塩をいれた水で冷たいうちから火にかける。煮立って10分間茹で続ける。火を止め冷めるまでそのまま保つ。頭と殻をとり、甘酢に漬ける。
甘酢(酢大さじ3 塩小さじ1/2 砂糖小さじ2)

G:鯛のでんぶ 鯛1匹分 魚は三枚におろして身だけにする。煮るか、蒸してさっと火を通して手でほぐす。
皮や骨を丁寧に取り除く。ふきんで包んで、水道の下で臭みを取りのために洗う。鍋に入れてお箸でほぐしながら、炒る。味付け、色づけする。
味付け(砂糖大さじ3 塩小さじ1 食紅)

H:鯛の刺身 鯛1/2匹分 ウロコ、頭、臓物をとり、3枚おろし。身だけにして薄く切る。

作り方

① 具材の準備をする 何を酢飯にいれるか、上に飾るかを決めて、下味をつけたり切り方を考えておく。

② ご飯を炊く 水はいつもより少な目に炊く。蒸らしの時間もいつもより短めに。炊き上がったら木のすし桶に移して、合わせ酢を上からかけてうちわであおいで冷ます。粘りがでないように切るように混ぜる。

③ 具材(人参・干瓢・椎茸)を酢飯に混ぜ合わせ、上に飾るものはあとから飾る。

by kitchenparadise | 2018-03-27 14:08 | 桧山タミ先生

桧山タミ先生のNHK国際放送が視聴できます

先日NHKワールドで料理研究家桧山タミ先生が特集されましたが、その番組がいつでも視聴できるようになりました。視聴期限は2019年3月までです。
国際放送なので、ナレーションは英語です。

「母のちらし寿司は美味しかったですね。だからあんなに作りたいと思うけどなかなか母のようにできないの。」

料理道60年にしても母の味を超えられないという桧山先生。

知らぬ間に涙がほろほろと溢れてきました。
桧山先生がほとんどの取材をお断りになる中、この番組に協力されようと思われた理由。これですね、先生。

by kitchenparadise | 2018-03-25 09:54 | 桧山タミ先生

18歳のお嬢に持たせたい道具⑦

18歳のお嬢が高校を卒業し、4月に東京に向かうことになりました。将来の目標があるらしく、社会人になっても福岡には戻らないと決めているようです。それなら、自炊を始める彼女に将来ずっと使える台所道具を揃えてあげよう、そう決めました。
道具屋の私が揃える道具ですからいい道具ばかりですよー。10年後も20年後もひょっとして生涯使うことになるかもしれません。
いまは親に対してちょっとクールなお嬢ですが、あとあと「そういえば18歳の頃にお母さんにそろえてもらったなぁ。」なんて思ってもらえるかな。

今日は「18歳のお嬢に持たせたい道具⑦」最終回です。

鋳物琺瑯鍋、シャスール ラウンドキャセロール20cmを持たせたいと思います。
c0228646_12455063.jpg

彼女が生まれた頃から、鋳物琺瑯鍋であらゆる料理を作ってきました。特に小さい頃からのリンゴ蒸し煮は、いまでも大のお気に入りで、リンゴ3個をシャスールで蒸して冷やしておくと翌日にはひとりで食べきるほど。ヨーグルトに混ぜたり、生クリームと混ぜたり、サツマイモ蒸しとのコンビは最高です。パンにのせるのも大好き。
ヨールグルト、焼きバナナも加えて、アーモンド削っていただきます。
いまのところお嬢ができる数少ない料理のポトフも、きっとシャスールが手伝ってくれると思います。
c0228646_12511038.jpg
彼女がもっていきたいと行った道具は、セイロと、鉄のフライパンと、この鋳物琺瑯鍋でした。これで完了です。
ちなみにタークのフライパンは、ちょっとお高いので、慣れた頃に送ってあげようと思ってます。


ほかにも、高温につよいソフトスプーン、ビクトリノックスのピーラー、フライングソーサーのシリコンヘラ、使い込んだ大館のまげわっぱも詰めました。

これまで紹介したものは「道具・新生活の道具」カテゴリーをご覧ください。

家ではめったに台所に立たないお嬢。鍋でご飯を炊く方法とお味噌汁、セイロの使い方くらいしか教えておらず、親としてはなんでもしてあげて甘やかしたなぁと、直前になって反省ばかりです。
私の目が届かないので、道具たちに思いを託したいと思っています。

シャスールは17周年記念セールとして20cmの2つのカラーを限定で40%OFFにしています。
この機会にぜびどうぞ。
http://www.kitchenparadise.com/17nen3










by kitchenparadise | 2018-03-23 13:02 | 道具:新生活の道具

すし桶で、お寿司名人になる


c0228646_12544475.jpg

お祝いや季節の行事でかかせないのが、大勢で食卓を囲む料理である「ちらし寿司」。

20年ほど前アメリカ東海岸のバルチモアに父の恩師を尋ねた時のこと。
もともと日本での生活が長かったそのアメリカ人の先生が、なんとちらし寿司を作ってくれたのにはびっくりしました。
「アメリカでは日本食で寿司といえば、みんなにぎり寿司だと思っているみたいですね。私たちにとって寿司はちらし寿司ですよ。ちらしを食べると日本が懐かしいです。」
とおっしゃっていたのを思い出します。

季節ならではの野菜を具材にし、地元で取れた海の幸をのせ、その家庭ごとにオリジナルの懐かしい味があるというのは、本当に豊かなことですね。季節感がほとんどないアメリカからすると、ちらし寿司は風流だと、まるで自分のことを自慢するようにアメリカのまわりの方々に話されました。


私の家では、母の長崎の実家から魚が到着すると手巻き寿司が食卓にのぼりました。
私が高3の時に亡くなった祖母は、食欲がないと言いながらも手巻き寿司の時だけは驚くように箸がすすみ、
「手巻き寿司はついつい食べすぎるからいかんねぇ。」と、まいど判で押したように同じ言葉にをつぶやくのです。懐かしい思い出です。

それにしても「ちらし寿司」や「手巻き寿司」というのはとても理にかなったご飯です。
季節感を楽しむことができ、具材の絶妙なハーモニーを生み出してくれる。さっぱりとしているからあまり食欲が無い時でも意外と食べられる。みんなで分け合うことで会話が生まれる。傷みにくく、時間が経っても食べられる。

そのハレの日のおすしの酢飯作りに必要なのが、木でできたすし桶(飯台)です。
それには理由があります。

①木のすし桶は、炊き立てのご飯の熱を吸収しながら酢飯を冷ます。
(ガラスやステンレスは、入れた瞬間にボウルが温まってしまいます。うちわであおいでも表面は冷めますが、ボウルとの接点は冷めるどころかあったまってべっちょりになっていきます。)

②木肌が合わせ酢を調整してくれる。

(余分なすし酢を木が吸収、調整しながら混ざっていきます。)

③冷めたお寿司をそのまま保存できる。
(急激に冷ました酢飯は保存が長くなります。そして木のすし桶は殺菌作用が働きます。蓋をするか濡れ布巾をかけておけば、ガラスやステンレスより長く保存できます。)

④木の桶で、食卓がより一層豊かになる。

木は心を落ち着かせる作用があるのだと思っています。子供さんがいらしたら、うちわで酢飯をあおぐお手伝いをさせたらどうでしょう。きっといい食卓の思い出になるはずです。

桧山タミ先生が、昨日2/21に、150の国と地域で放送されたNHK国際放送でちらし寿司を作られました。
見逃した方もご心配なく。NHKワールドオンデマンドで1年間視聴できることとなりました。
桧山先生の番組↓
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/mykitchen/3019006/
今週は、そのタミ先生レシピもご案内したいと思います。
あ、でもレシピは明日先生に許可をいただいてまいりますのでお待ちください。汗)

すし桶に関するブログはこれまでこちらに書いてますのでよかったご参考に。
https://kpayas.exblog.jp/i35/

今月末までキチパラはすし桶フェア中です。
http://www.kitchenparadise.com/sushi

新生活の季節。ハレの日に、見送りの日に、日本の家庭料理のちらしずしをぜひ!









by kitchenparadise | 2018-03-22 12:55 | 道具:すし桶・おひつ

奈佳先生のチーズダッカルビラボ講座

募集、キャンセル待ちともに終了しました。(3/28 12:00)
c0228646_16400392.jpg
結城奈佳先生のチーズダッカルビ ラボ講座

講師:我が家の韓国料理講座 主宰 
 
韓国料理家 結城奈佳先生(東京在住) 

 
日時:4月28日(土) 
 
午前11:00-13:30  午後14:00-16:30

 

2018年3月28日(水)10時30分〜募集開始
HPのお申込みフォームからお申込みください。

開催場所:キッチンパラダイスラボ
参加費:5400円(試食付)
定員:各6名 全12名(先着)
エプロンと筆記用具をご持参ください。

メニュー
・チーズダッカルビとポックムパプ
・キムパッ(韓国のり巻き)
・ミヨックッ(わかめスープ)


昨日のブログでは東京の結城奈佳先生の教室で道具講習をさせていただくことをご案内しました。その直前に、キチパラでは結城奈佳先生をお迎えします!
先生の講座は本当にためになります。なるほどー!と納得する説明をなさるので、初めてでもとても分かりやすいです。キチパラのラボ講座はほとんどがおひとりさまでも申し込まれます。安心してご参加ください。
今回は東京の新大久保コリアタウンでも大流行中のチーズダッカルビと、これからの季節行楽のお弁当にもぴったりのキムパッを教えていただきます。
ご試食中に韓国の映画やドラマ、生活習慣や食の歴史など、韓国留学経験のある先生ならではの興味深いお話もお楽しみのひとつです。

・・・結城奈佳先生プロフィール・・・
韓国で料理を学び、2006年福岡でスタートして大人気となった『我が家の韓国料理教室』。現在東京中心に活動中。西部ガス、岩田屋コミュニティカレッジなど、福岡でも年に数回の講習に招かれる。韓国旅行記や日々のお料理を綴ったブログ「今日も食べようキムチっ子クラブ」が大人気。
イムチェソ料理学校や現地のお母さん達からキムチを始め様々な韓国家庭料理を学び、韓国飲食研究院にて韓国伝統飲食課程(韓国宮廷料理)3課程全てを修了。現在も常に韓国と日本を行き来し、韓国料理を学んでいる。
韓国では「チャングムの誓い」で宮廷料理を監修したハン・ボンニョ先生に師事、「宮中飲食研究院」で修行。日本では料理研究家 桧山タミ先生に師事している。
 
お申し込みは3月28日(水)10:30am~開始
HPのお申込みフォームよりお申込みください。
*先着ですが、同じ時間にお申し込みがあった場合のみ抽選となります。
ぜひお待ちしております。

Kitchen Paradise
福岡市中央区白金1-4-14
092-534-6311
http://www.kitchenparadise.com


by kitchenparadise | 2018-03-20 16:40 | キチパラ講座

東京キムチっ子で道具講座

GWの間の平日に東京で講座をすることになりました!

主催してくれるのは、結城奈佳先生の教室。通称「キムチっ子」です。

何年も前からやりましょうよと言われ、ようやく実現する運びとなりました。といっても、ほとんど現在の奈佳先生の生徒さん対象となるもようでして、外部には募集しないそうです。
お嬢も4月から東京でたびたび顔みにいきそうだし、東京で講座させていただけるならウレシイなぁ。
いろんな内容を提案していましたが、いくつかのテーマに絞ってお話することになりました。

「教えてAYAさん 納得のキッチンツール」
詳細はこちら。「今日も食べようキムチっ子クラブ」のブログです。
https://naka02.exblog.jp/28178983/

(内容から抜粋)
*************************************************************
調理道具のプロが教える「納得のキッチンツール・道具講座」を行います

私は料理だけでなく、料理を盛り上げてくれるキッチンツールが大好き!
新しい鍋を買うとき、新商品が出たとき、小さなスプーン一つ買うときだってワクワクします。
お料理好きな方はそんな方々が多いのではないでしょうか?

そして、新しいものを買うとき。
どれを買えばいいのか、何を買えば後悔しないのか、これ可愛いけどデザインで決めていいのかしら?などなど、必ず1度は迷います。そんな時!!・・・必ず相談する友人がいます。

それが~~!!
キッチン道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー田中文さんです。
キッチンパラダイスと言えば、私のブログでもちょいちょい登場しますね。
地元福岡では、テレビやラジオでキッチンツールの説明をする事は勿論、セミナーや雑誌の仕事でもひっぱりだこ。福岡の料理教室業界で「田中文(たなかあや)」を知らない料理講師はもぐりだと言われるほどなんです。(´∀`*)ウフフこれホント。

そのキチパラのオーナーは私の25年来の友人で(あんまり言うと歳がばれる)本当に信頼できる道具のプロです。この度、念願かなって彼女にキッチン道具講座を開講してもらうことになりました。

題して「教えてAYAさん 納得のキッチンツール」

①フッ素加工フライパンの良し悪しと、長持ちさせる使い方。鉄のフライパンの選び方と正しい取り扱い方法。

②鋳物琺瑯鍋は、ルクルーゼ・バーミキュラ・ストウブなどの特徴の違いや、鋳物琺瑯鍋を活かした料理法。

③まな板・すし桶・曲げわっぱ・おひつ・セイロ・ザルなどの木の道具の使い方、かびさせない方法。

④買おうかどうしようか迷う「銅の卵焼き器」の使い方その良さ。


*************************************************************
でも、そんな私有名ではないはずなんだけどなぁ。おとなしくしてるけど、ふてぶてしくみえるかな。笑)
料理講師のみなさん、私を知らなくてもまったくモグリではありませんので!

では5月に!なかなかブログには書けない裏話もお話します。楽しみです。








by kitchenparadise | 2018-03-19 13:58 | おしらせ(SALE等)

桧山タミ先生が150か国に紹介される番組

c0228646_13280204.png

NHKワールド

「Step into My Kitchen 」

桧山タミ先生が「NHKワールド」のブログラム「Step into My Kitchen」にご出演されます。NHKワールドは、世界150の国と地域に、日本の情報や文化を発信する海外向けの放送局。日本国内では、PCやスマホでご覧いただけます。

桧山先生が朝起きてからすぐの日常にまで密着取材。先生が未来に残したい大切なレシピを紹介するドキュメンタリー番組となっています。

きっかけは先生とのこの会話。
「小さい頃、お祝いの時は母のちらし寿司ね。そりゃ嬉しかったわ。最近日本食ブームなんていうけど、日本の家庭ならお寿司といえばにぎりじゃなく、ちらしよね。なによりのおごちそう。」
「じゃあ日本の家庭料理のホントのこころを世界に発信しましょうよ!」
そんなわけで、テレビ嫌いの先生を説得しました。笑)

取材には桧山塾の生徒さんにもご協力いただきました。ありがとうございました。

【番組の紹介】

https://www3.nhk.or.jp/nhkw…/…/special/episode/201803210810/

■放送日時(日本時間)

3月21日(水)8:10~ 14:10~
3月22日(木)深夜)2:10~

*海外在住の場合は日本との時差をご確認の上ご覧ください。
http://citizen.jp/support/useful/worldtimediff.html
(シチズン提供の時差表)

■日本でPCやスマホでご覧いただく方法 (日本は基本的にテレビでは見れません)

①上記放送時間に「NHKワールドの中継」にアクセス。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/

②アプリをダウンロード検索画面で「NHK World」と入れていただくと無料アプリをダウンロード可能。放送時間にこのアプリを起動させると視聴できます。

③放送後2週間はNHKワールドオンデマンドでいつでもご覧いただけます。見逃した方は「NHKワールドオンデマンド」
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/latest/


【番組紹介文(日本語訳)】

■番組概要

長い間、後世に大切に受け継がれてきたレシピ。そのレシピを教わる中で、地域で育まれてきた独特の食文化を知り、更には料理を作る人たちが歩んできた人生の哲学を聞く番組。

■放送回 PR

福岡市に住む桧山タミさん(92)。マンションで一人暮らしをしながら60年以上、「家庭料理」を教え続け、これまで教えた生徒は1000人以上。そんなタミさんが伝えたい家庭料理は「チラシ寿司」。一般的な握りずしとは違い、酢めしに様々な具材を乗せたお寿司は、誕生日やお祭りなど、家族が集まる時によく食べられる。タミさんは、このチラシ寿司に全国で漁獲高一位を誇る天然真鯛を使用。こだわりの調理器具を使い、食べる人の事を思いながら丁寧に料理を作る。11人兄弟の10番目として育ったタミさんにとってチラシ寿司とは?更に、92歳でもなお元気な健康の秘訣など、タミさんの人生のレシピを教わる。



by kitchenparadise | 2018-03-17 13:23 | おしらせ(SALE等)


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

キッチンパラダイス京都研修ダ..
at 2018-12-18 12:14
コウケンテツさん×桧山タミ先生
at 2018-12-15 13:20
驚異の効果、A2careとい..
at 2018-12-14 12:31
2019年のキチパラ福袋について
at 2018-12-13 08:30
重曹で台所をピッカピカに
at 2018-12-12 12:08

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧