人気ブログランキング |

<   2018年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

井口和泉さん「自然の梅コーラを作る会」

c0228646_12561290.jpg
梅仕事のラボ講座を先日ご案内しましたが、今度は梅コーラです。

「は??なにそれ?」でしょ。

料理研究家の井口和泉先生が考えた、青梅を使ったコーラを作る会です。

梅にコーラを入れるのではなく、

とれたて青梅と黒糖、さらにさまざまなスパイスを入れると、コーラのような味と香りになることから

「自然の梅コーラ」と名付けました。もちろん普通のコーラは使いませんよ~。

いったい何をどれくらい入れて漬け込んだら、梅コーラになるんでしょうか?ワクワク、ワクワク。

梅の取り扱いやジュースの作り方に合わせて、その「梅コーラ」の作り方を和泉先生に習います。

先着順です。梅コーラ、一緒に作りましょう!

*********************************************


2018年6月18日(月)11:00-12:00

自然の梅コーラを作る会

料理家 井口和泉先生


開催場所:キッチンパラダイスラボ(お店から徒歩1分)

参加費:1500円(梅ジュースをお持ち帰り)(梅200g+ビン別)

定員:各10名 (先着)

持ってくるもの:青梅200g 2Lくらいがはいる瓶

(スパイスや黒糖などはこちらで準備します。青梅と瓶はキッチンパラダイスでもご用意できますので、コメント欄にお書き添えください)*青梅200円 瓶1500円程度

お申し込みは、こちらのラボ講座お申込み講座 から。

*********************************************

井口和泉先生プロフィール

料理研究家。フランス、福岡、東京で料理とお菓子を学ぶ。 庭で育てる野菜やハーブ、野草、果物を使った四季折々の保存食、発酵食作りの美しさに憧れ、インスタグラムで発信される独特の世界観にはファンが多い。
旅を通して「風土と食卓」をむすぶレシピ作り、 ワークショップや教室、料理会、メディアや企業へのレシピ作成&監修、商品開発のアドバイス、旅と食にまつわるエッセイの執筆など「美味しい」を伝える伝道者でもある。
2013年狩猟免許試験合格。日本腸美人コンシェルジュ協会講師。L’Ecume des Jours 代表。
著書「料理家ハンターガール奮戦記」。
c0228646_12594147.jpg


by kitchenparadise | 2018-05-31 10:30 | キチパラ講座

鯖の味噌煮と長居したお客

森鴎外の「雁」を読みましたか。その中の話の一部。

主人公の住んでいた下宿屋の献立に「鯖の味噌煮」がでてきます。単なる鯖の味噌煮なのですが、その主人公である下宿人は鯖の味噌煮が大嫌いで、その日箸をつけずに外に食べにでてしまうのです。岡田という同じ下宿屋に住む医科大生を誘って。

岡田は、毎夕食後の散歩コースであう「お玉」という女性と心を寄せ合っています。お玉は高利貸しの愛人なのですが(確か無理やり親に愛人にさせられた)その日は高利貸しの男がめずらしく外出しており、お玉は今日こそ気持ちを伝えようと外で待ちます。いつもはひとりで散歩にくる岡田は、その日に限って下宿仲間(その鯖が嫌いな)連れがいて話すことができない、翌日岡田はドイツに留学。その日、下宿屋が鯖の味噌煮を夕食に出したせいで、岡田とお玉の運命はがらりと変わってしまったのです。

佐藤正午先生の著書「小説の読み書き」をご参考に。

そういう、運命を左右する些細なことは、誰にでも、どこにでも、いつでも転がっています。

「雨が降ったせいで、雨宿りした軒先でであったのがいまの夫でした」なーんて一昔前のドラマみたいなこともあれば、
私のように、ある長居したお客のせいで台所用品店を経営することになった私もいれば。



学生時代、アメリカにホームステイしていた時のこと。
ホストのママが勤める写真屋さんのお客が長居したせいで、私はある店で、お迎えのママを待つために暇つぶしをすることにしたわけです。

それがカリフォルニアの小さな町にある「シェフズ」というキッチンツール専門店でした。さほど大きなお店ではないのですが、積み上げられ所狭しと並べられた調理道具があまりに面白くて、時間を忘れて見てまわりました。
ママからはずいぶんと待たされたのですが、私がとても面白そうにしていたからか、翌日からの待ち合わせ場は「シェフズ」に。
すっかりお店の人と仲良くなり、あれこれと質問をしては、お店の人にお手間をとらせたものです。

その13年後、キッチンパラダイスをオープンすることになって、一番驚いたのは、アメリカのママ。
当時報告すると、「それって、シェフズがきっかけなの???」と驚いていましたから。笑)

私にとっての「鯖の味噌煮」は、「写真屋の長居客」。

明日もそんな「鯖の味噌煮」に出会うかもしれません。そう考えると楽しい!
あ、でも「雁」の場合は、恋が成就しなかったんですがね....。












by kitchenparadise | 2018-05-30 08:30 | 私、こう思う

6月の梅仕事ラボ講座

c0228646_18123750.gif

2018年6月12日(火)10:30-13:00

2018年6月25日(月)10:30-13:00

「梅仕事ラボ講座」

講師:弓削香理先生


開催場所:キッチンパラダイスラボ(お店から徒歩1分)

参加費:2500円(試食付)+ 材料費1500円程度の予定(梅1キロ、塩ほか)

定員:各6名 全12名(先着)

エプロンと筆記用具をご持参ください。


実習: 梅干作り・鰯の梅紫蘇煮・梅酢のサラダ・梅酢のおにぎり

おはなし: 梅ジュースの作り方・梅酢の活用法・梅干を使った隠し味料理・「梅はすごい」の話



キッチンパラダイスではじめて梅仕事の講座です。
講師の弓削先生は、私とは桧山タミ先生の塾生仲間でもあり、同い年です。マクロビオテックに始まり、薬膳や保存食にも精通。自身と家族の体調をも見つめながら身をもって食の大切さを実感し、8年前に桧山塾の門をたたいたそうです。講師となった現在も桧山タミ先生のもとで勉強中で、私のよき食のアドバイザーでもあります。

今回は、梅干はもちろん、梅を使った料理、梅ジュース、梅酢の使い方など、2時間半で盛りだくさんの講座です。
梅1キロ、塩などの材料はこちらでご用意いたします(1500円)。当日はジップロックに入れて梅をお持ち帰りいただきますが、そのまま漬けるための容器も1620円→1458円でご用意ができます。お申し込みの際にコメント欄に「容器希望」とお書き添えください。

 
弓削香理先生プロフィール

料理教室「pecogu」主宰。料理研究家桧山タミ先生に師事。正食協会指導員。
子どもがアレルギー体質だった為、食事で体調を整えられるようにマクロビオティック教室に通う。また、薬草の使い方や薬膳料理(鎌倉薬膳アカデミー 薬膳食育コース卒業)、保存食をはじめとした郷土料理を学ぶ。
安全安心な調味料と土地に合った旬の食材を使い、身体の声を聞きながら料理を作ることがコンセプト。自宅教室で教えるかたわら、外部講習にも出向いている。現在も桧山塾の塾生でもある。

*****************************************
ラボ講座申込みはこちらの受付フォームをクリックしてお申込みください。5/28より募集開始。先着順です。

*ラボはキチパラから歩いて1分です。ご参加の方はお店で受付をお済ませください。ラボ講座ご参加のお客様で車でお越しの方は、近隣の有料駐車場におとめください。
*ラボ講座へのご参加が決まりましたらご連絡いたします。指定の締め切り日までに参加費のお振込をお願い致します。

by kitchenparadise | 2018-05-29 10:07 | キチパラ講座

はじめての出張砥石講習でした

作日、私たち、はじめての出張砥石講習をしてきました。

キチパラ店内で先生を招いては2か月に一度していますし、包丁研ぎを承ったりもしていますが、キッチンパラダイスが出張して教えるというのは意外にもはじめてです。

伺ったのは人気料理教室のYoko's dish。博多湾が一望できる、ほんともう、うっとりするほど素敵なスタジオです。

お茶とお菓子をいただきながら、私が簡単な包丁の種類や包丁にしくみを30分ほどお話して、それからオッチ先生に交代。

オッチは本名は「たきうえ」さんですが、キチパラのスタッフだったころは「おち」さんという旧姓だったため、ニックネームが「オッチ」なのです。
オッチは7年ほど前から研ぎのプロになるべく包丁研ぎの修業をしています。ラボの包丁や料理の先生の包丁研ぎを任されるまで上手になりましたが、先生として教えるのは初めてです。

生徒さんに基本的な砥ぎ方を簡単に説明して、さぁみんなで研ぎますよー。


c0228646_11324365.jpg
最初はみなさん、ちょっとぎこちない感じですが、15分ほど経つとだんだん慣れてきます。30分もすればもう要領がわかり仕上げる方もでできました。どんどんトマトが切れていきます。
c0228646_11322183.jpg
自分で研いだ包丁でトマトを驚くほどスムーズに切れた時は、みなさん「わー!すごーい!」とおもわず歓声がもれます。オッチ先生もニッコリ。みなさん初めてなのになかなかお上手です。

仕上げ砥石後の刃は、目で確認します。
c0228646_11325054.jpg
「砥げてるみたいですね。」とオッチ先生。

お茶の時間も合わせて2時間。あっというまでした。包丁を2本づつ研いで帰っていただきました。
これからもみなさんがご家庭で包丁を楽しく研いでくださったら嬉しいです。忘れないうちに練習してくださいね!

6月からオッチはキチパラで月2回の包丁研ぎをすることになりました。日程はこれからですが、午前中までにお店に直接預けていただくと、夕方研いでお返しできることにしたいと思います。
日程はまた後日!オッチのラボ講座も企画します。




by kitchenparadise | 2018-05-26 11:47 | キチパラ講座

川辺農園のアジアン野菜

キチパラから歩いて2分ほどのところに、アジアンマルシェというお店があります。
タイ・ベトナム・中国などの調味料・食材を販売している小さなアジア・スーパーであり、ランチがいただける小さなタイ料理のお店です。
昨日も、パクチーやナンプラーを買いに立ち寄りました。
こんな小さなお店です。

c0228646_11112052.jpg
アジアンマルシェ 福岡市中央区高砂1-22-21 エレガンテ薬院1F
TEL 092-523-5739

おそらく、福岡のシェフの方は御存知の方も多いでしょうが、一般の方にはまだあまり知られていないかもしれません。
本場のナンプラーや醤油や、麺類など美味しくて本格的なものがとても安く買えるのですが、一番ありがたいのは、アジアン野菜です。

実はここは、小郡でアジア野菜を中心に育てている「川辺農園」の直営なのです。毎日とれたてのパクチーなどの野菜が店頭に並んでいます。「今日の夜はパクチーサラダにしよっ」と思ったら、走って30秒で買いに行けます。
レモン、ナンプラー、胡椒、オリーブオイルとかをちょっとかけて食べたり、アジア野菜をささっとナンプラーでいためて、タイの醤油でコクを出したり、最高に美味しいです。

で、昨日はいろいろ買ってみてスタッフを分けました。まずはガパオ。
c0228646_11190215.jpg
いま流行のガパオライスは、このバジルを鶏ひき肉を炒めて混ぜた、いわば「鶏肉バジルごはん」。本場のガパオがないのでイタリアンバジルで調理する方が多いようですが、その名の通りホンモノのガパオを使えば香りもよく本格的です。

レモンバジルも買いました。
c0228646_11265051.jpg
さわやかなレモンの香りがするバジル。タイでは、ココナッツカレー風味のつけ麺に使われるらしいですが、サラダでもいいし、シチュー、魚や鶏肉料理にも普通のハーブと同じように使えます。使うだけでレモンが香るのがいいですね。

アジアンスイートバジル。
c0228646_11370248.jpg
これは生春巻きにはいってるバジルですよ。これさえ入れれば生春巻きが本格的な感じに。タイカレーやフォーのトッピングにもいいと書いてあります。

これはおなじみのパクチー。
c0228646_11392991.jpg
ひとりでたっぷりサラダで食べます。最高です。とくに暑い時は合いますねー。


昨日は、タイのクレソンも炒めたし、タイ米(ジャスミンライス)のチャーハンも。
こちら、制作途中までの写真。このあと、ライスがみえなくなるほど上にパクチーかけて食べました。笑)
c0228646_11464979.jpg
ジャスミンライスも川辺農園さんで購入。タイ米チャーハン、最高。炊き方がよかったか、中華鍋がよかったか、ホント、プロみたいに美味しいと自画自賛です。

アジアンマルシェさんは夕方5時で閉まります。また地方発送もしているそうです。シェフの方は、あらかじめ連絡してから当日取りに行かれるといいですよ。


by kitchenparadise | 2018-05-23 11:50 | 私が好きなもの、好きな店

中華鍋がほんとは便利な7つの理由

中華鍋は、くっついて使いにくいと思われがちですが、

実はとっても美味しくできる、便利な万能鍋です。

無人島になにかひとつ持っていくなら、私は使い勝手の良い中華鍋を持っていきます。
中華鍋は、使う前は「いまひとつコツがわからない」という方も多いようですが、使ってみると本当に便利で美味しくできて一生モノです。今日はその良さは7つご紹介します。

c0228646_13371030.jpg


①高温炒めに、いい!  

鉄は融点が1000℃以上なので、フッソ加工のように260℃で劣化せず、どんどん高温にしてもびくともしません。また、底が丸いため、熱をいっきにしっかりとらえて熱まわりがとてもいいのです。熱の表面積が広いので、炒め物の効率がとてもいい!
フッソ加工で作るチャーハンの時、玉子のあとでご飯や野菜を入れると、べチャッとなることがありますね。
あれは鍋の温度が落ちっぱなしで、水分が蒸発してくれないからです。その点、中華鍋なら、またすぐに高温に戻り、短時間でパラッと調理することができるのです。

②あおる(鍋をふる)のが、いい!

中華鍋はあおりながら炒め物をします。底がまるいと鍋をあおりやすいだけでなく、素材にまんべんなく熱がゆきわたり仕上がりがうまくいきます。あおると火の具合をうまく調節できますので、強火の加減も自由自在です。宙に舞うように回転させながら炒めることで、強火で素早く、焦がさずに仕上げることができます。

③揚げ油が少なくて、いい!

底が丸いので、油がたまり、少量の油で揚げ物ができます。鉄製なので、高温でも大丈夫。フッソ加工のようにコーティングが劣化する心配もなし。プロの料理人さんは、鍋を少し回すように動かしながらすばやく揚げていますね。少し厚みのある鉄なら、温度も一定化して、少量の油でも特にカラりと揚がります。

④煮物もできる。煮汁がまわりやすくて、いい!   
 
底が丸いと、煮汁がまんべんなく全体にまわります。中華鍋だと吹きこぼれの心配もなし!
煮魚なら、まわりから魚の上に煮汁がまわるように煮てくれます。
ただし、鉄の場合は、酸には弱いので、トマトソースを長時間煮るような調理には向かないので注意。

⑤蒸し器に、いい! 
 
蒸籠を上にのせると、蒸し鍋に早変わり。蒸したごはん、蒸した野菜、とてもレンジではかないません。
水分をうまく調節して、冷めても美味しく食べられるのは、木のセイロだけです。

⑥肉を焼けて、いい! 
  
お肉は薄いフッソ加工フライパンで焼くより、むしろ、鉄の中華鍋で焼く方が美味しいです。
特にキチパラおすすめの中華鍋は1.6mmをセレクトしていますので、肉焼きにはとても向いています。
中華鍋もそれぞれの商品で厚みが違い、ちょっと厚みがあり重めの中華鍋を選ぶと、お肉や野菜のグリルなど上手に火が通り、美味しく焼けます。

⑦一生使えて、いい!  
  
鉄の中華鍋は一生モノです。直径、厚み、仕上げなど、自分にふさわしいものを選んでずっと使ってください。使い込むとさらに使いやすくなるはずです。くっつきやすくなってもすぐに再生できます。

(そのほかに、パスタなどの麺類を茹でる時のお湯もすくなくていいし、小さめの中華鍋でオムレツを作るととても綺麗な形に仕上がります。)

******************************************************
キチパラオススメの 山田工業所鉄製打出中華鍋 (厚1.6mm・錆止無)


鉄製中華鍋の中でも最もオススメなのが山田工業所の中華鍋です。
プロ用として作られたこの中華鍋は、鉄板を5000回以上も叩いて成形するという手間がかかっており、通常よりも薄く軽く出来上がり、油もなじみやすくなっています。山田工業所の中華鍋を長年使い込むと、油がなじみやすいのがわかります。プロの愛用品です 。

 

by kitchenparadise | 2018-05-22 14:28 | 道具:中華鍋

お勝手口からどうぞ

自宅の裏の出入り口に「勝手口」という表示がありましたが、今はあまり見かけなくなりました。古い住宅街に行くとまだ時々ありますね。
子どもはその意味が分からないようで、「勝手口(かってぐち)さん」という名前だと思っている子も多いようです。
しかたない。私も昔は「月極」を「げっきょくさん」の経営だと思っていたくらいですから。教えないと知らないこともあります。笑)


昭和のドラマや映画にはでてくるので、まぁ20代、少なくとも30代以上なら 「台所=お勝手(おかって)」とわかるはわかるでしょう。


この「お勝手」の語源は諸説あるようです。

江戸時代に「勝手方」という役職があり、財政が苦しいことを「台所が苦しい」という表現を使っていたことから庶民の台所も「おかって」になった。

女性が唯一自由がきくのだ台所なので「勝手」と呼んだ

「糧」を「勝手」と言い換えた。

弓道の右手を「勝手」や「妻手」いうそうで、自由に使える(あるいは固定されない)利き手という意味から、自由に使える空間を「勝手」と呼ぶようになった。

勝手口は御用聞きさんがお届け物をする出入り口でした。「お勝手に運んでおいてください」とお願いしておくと、台所に直接入れる勝手口から、それこそ勝手にはいっていき、台所の土間に置いて帰るという八百屋やお米屋、酒屋もいました。ご近所さんやごく親しい友人、親戚や子どもたちも勝手口から出入りしていました。

親戚のところにいって玄関から入ろうとすると、母から「勝手口にまわんなさい」と言われていたのも思い出します。


カギをかけていない勝手口が多かったように思います。勝手口は狭いのでいつも履物でごったがえしでいました。

時代がかわり、御用聞きや集金が少なくなり、また台所をのぞかれるのをイヤがる女性も増え、さらに集合住宅が増加して、すっかり勝手口は影をひそめるようになりました。家が狭くなったために裏口をつくるスペースが無いという理由もあるかもしれません。

玄関からは入りにくくても勝手口からは入りやすい友人の家や近所の家、おばさんのうち。勝手口に親しんでいた私たちにしてみれば、そんな風景が消えてしまうのは少し寂しいような気がします。

でも、「お勝手」と言う言葉は残しておくのもいいかもしれませんね。

お子さんが小さい方、お勝手口をみつけたら聞いてみてください。「勝手口ってなんでしょう?」
その返事を聞いてみたいな。



by kitchenparadise | 2018-05-21 14:23 | 本と言葉

お腹よじれる

6/17(日)に薬院で開催されるトークショー「子供が変わる台所」の打ち合わせに、三溝清美先生のとこへ行ってきました。

c0228646_18122142.jpg

お腹よじれた.....笑) 

いたって真面目な質問なげかけるんだけど、先生の答えはすごく笑えちゃうんだよなぁ。

先週、お誕生日だったそうですが、この方は歳を重ねるごとに、面白さと自由度が増してるんじゃないですかね。

打ち合わせは1時間の予定で、私は18:30から天神でwebスクールの予定だったのに、あまりにあっと言う間で、時計みたら18:30過ぎ!大遅刻...。

先生のレシピはいろんなところで発表されていますが、人生論、子育て論、家族論のトークショーってのは初めてです。

この日の打ち合わせを終えて思ったこと。

先生の話、もっと早く聞いていたら、私の子育てももっと楽になったなぁ...。おまけにおっと育ても、もっと楽だったのではないかなぁ...。笑)

楽しい楽しいお話の続きは、6/17(日)11時と14時に薬院駅近くのパナソニックショールーム福岡で。


お子さん連れでもokです。座ってお聞きになりたい方は、予約をしてください。
詳細はこちらです。
3日前のこのブログでもご案内しています。
c0228646_18210829.jpg

by kitchenparadise | 2018-05-19 18:25 | 私の日常と家族

小笠原陸兆のフィッシュパン

小笠原陸兆フィッシュパンが絶賛活躍中です。
沖縄のとうもろこしがでていたので、焼いてみました。
c0228646_17561694.jpg
油なじみもよく、分厚いのでよく火も通ります。
昨日も今日もスタッフの賄いランチは、鶏肉サンド。昨日焼いた鶏もも肉があまりにジューシーで美味しくって、また今日も焼いてしまいました。
旨味が最高です。

フィッシュパンは蓋付です。ちょっと重いけど、その分上からの熱もしっかり伝わります。

c0228646_17565401.jpg
取っ手は少し細くなってます。デザインがなかなかかっこいいです。

c0228646_17564991.jpg
横長なので、とうもろこしやイモ類、名前の通り魚一匹を焼いたり煮たりできます。

c0228646_17562431.jpg
中性洗剤で洗わないようにしてくださいね。お湯で十分です。お湯を沸騰させてしばらくしてゴシゴシします。あとはコンロで水分を飛ばして収納。
料理がおいしく、食卓が豊かになるフィッシュパン。

キチパラに再入荷しています。こちらでです。http://www.kitchenparadise.com/i/fish100



by kitchenparadise | 2018-05-17 18:06 | 道具:鉄のフライパン

「子どもが育つ条件」を読んで考えた

c0228646_12203198.jpg

「子どもが育つ条件」柏木恵子著(岩波新書)東大や東京女子大で教育心理学を研究されていた柏木恵子先生の本。
2008年に書かれた本ですが、とても興味深いので3.4回再読しています。
私がこれまで言葉にできずぼんやりと考えていたことが検証されスッキリしました。

「夫が育児に協力してくれない」
「社会から置き去りにされた感がある」
「子育てが大変で自分の時間がない」
「私だけがなぜ料理をしなくていいけないのか」

キッチンパラダイスのお客様にも、このような子育て中のお悩みや口にする方が少なくありません。

世の中の風潮では、「家族はこうすべき」「子どものしつけはこうあるべき」「女性が子育てをすべき」といった教育論となり、それができていないと女性だけが悪者になりがちです。

「最近の女性はワガママになった」
「育児をないがしろにしている」

果たしてそうかたづけていいのでしょうか。

私も、育児中はみなさんと同じように悶々としていた時期がありました。
にも関わらず、ひどく思いつめることがなかったのは、ふりかえってみるといくつかの条件が整っていたからだと思います。

例えば、仕事があったおかげで母としての時間以外の自分の時間が持てていたこと、平日は近所の友人が助けてくれ、週末は両親が助けてくれたこと、保育園があったこと。もともと料理好きな母のおかげで、私も料理だけはそれほど苦ではなかったこと。


この本は、子どもの育ち方を取り巻く、親や家族のありように重点がおかれています。

中でも、母親の「アイデンティティをめぐる迷いと不安」は大変興味深く読みました。

育児はとても大切な仕事です。比較するわけにはいきませんが、私としてはお店の運営より、「子育て」や「教育」が世の中で最も大切で尊い仕事だと考えています。
政治を動かす人、経済を支える人、病を治す人、みんな誰かに育てられて社会の役に立つ大人になっています。ママたちはもっと自信をもって子供たちを育てていいはずなのに、彼女たちの個性はなおざりにされてきました。育児中の母親の、社会からの孤立、自分喪失、夫婦関係に焦点をあてないと子育ての問題は解決しないと著者は言います。

もちろん、本に書いてあることには共感できなかった部分もあります。女性と男性の子育ての向き不向きについてです。それはまたおいおい書きたいと思います。

私は、昨年、桧山タミ先生の「いのち愛しむ、人生キッチン」という本を企画しました。本の中には料理や台所がいかに大切か、どう人を育てるかということが綴られています。実は、この本のタイトルの初案は「がんばらない台所」でした。これは、桧山タミ先生のいまの若い方々へのエールでもあったのです。
台所は家族を育て癒すこともできるし、逆に自分を大事にできる場所でもあると。だからがんばって無理して包丁を握るものではないのよというメッセージでした。


社会の制度や、風潮がすぐに変わるわけではありません。人のせいにしてもはじまりません。
子育ては自分育てからです。知ることで落ちつくこともあります。気になる方はぜひ読んでみてください。



by kitchenparadise | 2018-05-16 14:28 | 本と言葉


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー日記。お店のお知らせ、調理道具の実験や考察、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:銅の玉子焼
道具:ステンレス鍋
道具:土鍋・琺瑯鍋・その他鍋
道具:中華鍋
道具:鉄のフライパン
道具:フッソ加工のフライパン
道具:キッチン道具全般
道具:スライサーやおろし器
道具:すし桶・おひつ
道具:木のセイロ
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:塩壺
なみじゅう(入荷状況も)
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
私が好きなもの、好きな店
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
桧山タミ先生
プロフィール
未分類

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

無意識と意識のあいだの雑感
at 2019-11-14 17:19
キチパラオリジナルなみじゅう..
at 2019-11-13 15:51
【台数限定】工房アイザワ銅鍋..
at 2019-11-12 11:54
【台数限定】銅の玉子焼器関西..
at 2019-11-11 16:47
銅鍋はどうおいしいの?
at 2019-11-09 18:24

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧