人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

負ける原因

「負ける原因」には3つあるとそうです。林修先生がおっしゃってました。

日曜日、東京の某テレビ局の番組に協力することになり、至近距離で林先生をお見かけしましたが、スラッとした素敵な紳士で、テレビでみるよりぜんぜんかっこよかったです!


負ける理由、なんだと思いますか?3つです。


林先生曰く、

①情報不足

②慢心

③思い込み

この3つだそう。

私が18年前お店を立ち上げたとき、まさにこれでした。最初は全くお店がうまくいかなかったのです。この3つを当てはめるとわかります。

情報不足。
キチパラは場所でいいか、売り上げはどう伸ばすか、経費はどれくらいかかるのか、もっともっと情報が必要だった。私は調べがとても浅かったということ。

慢心。私ならできると思い込んだ。それはそれでいい時もあります。根拠のない自信から助けられることもあるでしょう。
「俺はビッグになれる人間だ!」でもいいんです。でもそれは、しっかりしたベースがあってこその自信でなくてはいけません。そのベースは、努力、才能、センス、人脈、情報収集、人柄も。
とくに努力できる人でないといけないのです。

思い込み。これもよくあることです。気持ちばかりが先にいき、客観的にみられていない。私の場合、地下鉄が開通したらこれくら人が通るようになるとか、聞いたことを実際に確認もせずに勝手に思い込んでいました。

そんなことが、私が負ける原因だったのです。いまはいろいろ反省して楽しくお店を運営していますが、開店当初は本当にひどいものでした。18年前のことは「キッチンパラダイスのなりたち」に何度か連載で書いておりますが。

だから林先生のおっしゃることは、ほーんとごもっともです。

仕事で、子育てで、ご近所との関係で、受験で。あらゆる場面でこの3つを振り返ってみてはどうでしょう。立ち止まることができると、負けずにすむかもしれませんよ。



by kitchenparadise | 2018-07-30 20:52 | 私、こう思う

塩壺とオリジナル銅鍋残りわずか

c0228646_13440344.jpg
キッチンパラダイスで8年ほど販売している「呼吸する塩壺」。ファンがとても多くて人気です。
毎回入荷したと思ったらすぐに売り切れとなり、オンラインで販売する余裕がない時がほとんどです。


なのに.....また今回のわずかな入荷以降、

塩壺は冬以降しか制作しないことが決まりました。

キチパラとしても冬まで予約は受け付けられません。
作家さんの個展が忙しく塩壺制作を中断されるとのこと。ひとつひとつ手作りだから仕方ありませんが。

現在(2018/7/27)、呼吸する塩壺の在庫数は、

SSサイズ 黒 1個

Sサイズ 白 2個

Mサイズ 黒 5個

Lサイズ 黒1個 白2個 
 
合計11個

わずかですが、これでいったん完売です。この在庫分のご注文に関しては店頭かお電話だけで受け付けます。(092-534-6311 オンラインでは買えません)
価格などは、オンラインでご確認ください。こちらです。

またもうひとつ、ショッキングなことが。

キッチンパラダイスオリジナル銅鍋の販売が終了します。

c0228646_14205350.jpg

銅のジャム鍋は北九州の作家さん制作でまだこれからも続けます。この煮物用のオリジナル銅鍋は、新潟の職人さんだったのですが、跡継ぎさんがいないそうです。そういうことがこれから次々におこるでしょうね。なんともったいないことか。

そんなわけで、店頭残り1台となりました。

また作ってくれるところを探します。いないかなあ。

















by kitchenparadise | 2018-07-27 14:21 | 道具:塩壺

私が週1でやってるフライパンの洗い方

おしらせ:銅の玉子焼きの割引月間がもうすぐ終了します。ネットか店頭でどうぞ!7月末までのクーポンがいろいろ使えて、いまとてもお得です。割引+ジャスミンライス付きの中華鍋月間も7月末までです。

さて、フッ素樹脂加工のフライパンの汚れがなかなか取れないという声をよくききます。

フッ素加工の汚れは、単なる汚れの場合と、ノンスティクがはがれてしまって買い替えサインの場合とあります。側面にべったりついている汚れを放置しておくと、さらにその上に汚れがのっかり、くっつきやコゲの原因、火が通りにくくもなります。
汚れは早め早めにとることをこころかげましょう。

私が週に1度やっている汚れの取り方は簡単です。

汚れたフライパンに重曹を大匙2.3杯と水を入れて4、5分沸騰させます。側面が汚れている場合はビギリギリまで水を入れてください。
火をとめてぬるま湯になるまで放置。
あとは、スポンジで磨きます。油が付いていれば洗剤つけてもかまいませんが、重曹は油もとるので不要だと思います。クレンザーや金タワシはつかいません。

c0228646_16105453.jpg

汚れが落ちない場合は、直接重曹をつけて磨きます。ねり重曹(水を加えて練り状にする)パックしてとるのも効果的。

スポンジでゴシゴシやっていいフッ素加工と、ゴシゴシしちゃいけないフッ素加工があります。
2.3千円のものはほぼダメです。傷がつきそうな場合はいくら汚れがひどくてもやさしくあらいましょう。
c0228646_16123321.jpg
キチパラおすすめのスキャンパンは、超ゴシゴシが向いています。
スポンジの固めの粗いほうで、ゴシッゴシッと洗うと、ほとんどきれいになります。
スキャンパンをお持ちの方は恐れずにやってください。チタンコーティングで非常に強いです。

6年使っているスキャンパン。綺麗になりました。

c0228646_16124859.jpg






by kitchenparadise | 2018-07-26 16:13 | 道具:フライパンや鍋

忙しい朝に活躍するホットサンドメーカー

ここの1年ほどホットサンドがすごく人気。私も10年以上前に購入した「バウルー」を使っていますが、どうやら人気過ぎてるのか入荷待ちが続いています。
そこで、キチパラではバウルーの同等品を作っていて、しかもだいぶお安い、アウトドアブランドのホットサンドメーカーを試してみることにしました。
キャンプ用に作られているなら丈夫なはずだと。

こちらです。

「ホットサンドメーカーダブル」

c0228646_15032345.jpg
中は仕切りがあって、食パンが綺麗に2つに切りやすくなってます。2つにしきることで具材が出にくく食べやすいのです。
c0228646_15101680.jpg
最近、凝っている出汁巻サンドをつくるべく、銅の玉子焼きで出し巻きを8枚切りの食パンにはさんで焼きます。だいたい片面2分弱。3分ちょいで焼けます。
弱火で十分です。フッソ加工が悪くなるので、強火はさけてください。
c0228646_15111169.jpg
できあがったら中央をカット。 
出汁巻だけなのに、ありえない美味しさぁ~!!
銅の玉子焼きなので、卵はふっわふわで、外のパンはカリッカリッに焼けてます。
朝からこんな美味しいの食べて贅沢ですよー。しかも食パンは、あの名高い浮羽の「シェ・サガラ」ですから。
c0228646_15122376.jpg
ほかにもフツーバージョンとしては、チーズとハム、
すこしボリュームは、レタス、アボカド、トマト、
ほかにもチキンとポテトサラダなんかもよくしますし、
味付け牛肉も美味しいです。
カツはキャベツとはさんで、
ウインナーとトマトソース、あるいはミートソースなんてのもボリュームあって美味しいです。

あまり食欲がない夏の朝は、お野菜をたっぷりはさんで栄養満点。忙しくても片手で短時間に食べられるので本当に便利です。うちもお嬢が学生の頃はやってましたが、こういうのは夏のほうが出番が多いものです。
私は、前の日の夕食をリメイクしてはさんだりします。





by kitchenparadise | 2018-07-25 15:30 | 道具:キッチン道具全般

本棚は親友

本棚は親友

これは、雑誌「天然生活」2013年9月号のにあった特集コピー。
雑誌はよほどのことがない限り買っても数か月で捨てるか誰かにあげるかですが、この号だけはまた読み返そうと思い本棚においたままにしています。

文筆家吉本由美さん、塗師の赤木明登さん、いまは他界された料理ジャーナリストの岸朝子さんなどそれぞれの方が、ご自身の本棚の前で、自分の教科書ともいうべき本を8冊紹介するという特集でした。

岸朝子さんの教科書になる1冊は、
「香川綾からのメッセージ 実録 食事日記」

香川綾先生は、女子栄養大学の創設者で、日本における栄養学の普及に貢献したこの道の第一人者。98歳で天寿を全うするまで身をもって食事のとり方を実践研究なさった本です。雑誌には、「戦後の貧しい食生活の中で、栄養学なんて誰もみむきもしなかった時代に、食べ物の大切さを強く説き続けていらした。私がこの世界にいるのはすべて先生のおかげです。」という岸さんの言葉がつづられています。

もう1冊、「江上トミの必ずお料理上手になる」(1981年)も、面白そうなのですが、これはアマゾン1万円以上と高値がついています。桧山タミ先生の師匠なのでほしいけど、、、高い。

江波戸玲子さんという方の本棚からは、星野道夫さんの「旅をする木」が紹介されていました。

「読み返す機会が多い作家。静かな情熱を感じる。淡々と、けれど強い意志を感じる文章が好き。」と紹介されていました。

それぞれの本棚に人生あり。こういう企画好きです。

私も自分の本棚を眺めながら、これまでの人生を振り返ることが多くなりました。
この20年、常に読み続けてきた料理や台所、道具の本に加え、哲学や心理学、社会学ばかりを読み漁った時期もあれば、ある時は経済学や政治ばかり、ある時は人の成り立ちや家族、子どものことばかり読んでいた時もあり。

悩み立ち止まった時に、本を読むことで顔をあげ前をむこうとしていた自分を振り返ります。

ですから、「本棚は親友」というタイトルは私にはまさに直球で、よくぞこういうキャッチコピーをつけてくれた!と思いました。


そんな思い出があり、今回の天然生活編集者から依頼を受け、桧山タミ先生の特集をお手伝いさせていただきました。
桧山先生の生き方と言葉をつづった雑誌「天然生活9月号」(2018年)が、数年後、数十年後もみなさんの本棚にあるといいなあと思いながら。



by kitchenparadise | 2018-07-24 16:24 | 本と言葉

こぼれないボトルを見つけました

商品を選ぶ時は自分やスタッフが欲しいと思うものを優先します。それも躊躇なく欲しいと思うもの。その後、価格をみてもやっぱり欲しいと思うもの。そうやって選ぶほうが売れるかどうか考えるより確かだと思ってます。

最近、スタッフのMさんが息子さんが野球の練習に行くときに素麺をもたせたいけど、汁がもれないものないかしらと探していました。
軽くて、小さくて、リュックにそのまま入れてもまったく漏れないボトル。

まったくこぼれないボトルがありました!

c0228646_17445461.jpg
偶然、先々週にメーカーの方に尋ねたら持っていたんです。
なんと、そのメーカーはアウトドア専門メーカー。
キャンプや、クライマー、バックパッカーがこぞって買うというボトル。純度の高くて特別なプラスチックでできていて、高性能で気密性がとても高いのです。
もとは科学の研究用として使われたものでした。

試してみるので送ってくださいとお願いしました。
先週土曜日に到着。
そうめんの出汁、オレンジジュース、入れてみました。振っても投げてもまったくこぼれない。シリコンがついてるわけじゃないのに。すごく不思議で、なんどもみんなで中を触ってみましたが、なぜ漏れないのか全く分からず。(炭酸はいれないほうがいいです)

サイズは4つ。
30ml。大さじ2杯です。ソースやドレッシングに、滋養ドリンク、しお、胡椒、サプリ。
60ml。つけだれとか出汁、ポンズ、しょうゆなどの調味料大さじ4、コーヒーの粉3杯分など
125ml。つゆ、ジュース、梅シロップ、
250ml。ジュースやお茶、コーヒー、紅茶、ナッツなど
c0228646_18061717.jpg
旅行にも頼もしい味方になりそうな感じです。


by kitchenparadise | 2018-07-23 18:17 | 道具:キッチン道具全般

7/20発売の「天然生活9月号」を!

桧山タミ先生が、雑誌「天然生活」9月号に特集されています。

今日7/20発売です。巻頭7ページです。


c0228646_13171568.jpg
福岡にはまだ届いていませんので、構成段階の写真をちょこっとお見せします。内容もとてもすばらしく、先生もお喜びでした。

現在、多くのメディアの取材をほとんどをお断りしている中、なんども諦めずに申し出てくださった雑誌社の編集者さんには感服しました。また、先生の御意志に沿うように特集していただきありがたく思っています。
カメラマンさんは著著と同じ女性です。
c0228646_13151830.jpg

c0228646_13155100.jpg
c0228646_13154436.jpg
c0228646_13155651.jpg

by kitchenparadise | 2018-07-20 13:26 | 桧山タミ先生

銅の玉子焼のハテナ?

c0228646_18441248.jpg
銅の玉子焼器のよくある質問にお答えします。


「卵のふくらみが足りないんです」  

弱火で時間をかけるとあまり膨らまず、強火で一気に焼くとよく膨らみます。だいたい2.3分で仕上げるとうまくいくことが多いようです。

「強火にするとこげませんか?」

卵汁を流しこむ瞬間は強火でジューッと言わせるのがいいのですが、外側だけ巻きやすければ(巻く)内側は半生でどんどん巻いていいです。
巻くときは少し火から離してまいてくださると焦げません。遠火と近火をうまくつかって巻いてください。

「毎回ジューッというくらいの温度で流し込むんですか?」

そうです。毎回、卵が沸騰するくらいの温度で巻いてください。そのほうが巻きやすく、ふっくら仕上がります。
ただ、強火にすると表面の錫が溶けやすいので、微妙な温度に慣れる必要はあります。

「スズの表面に傷がつきますが」

錫はとても柔らかいので傷がつきやすいです。巻くときに便利はステンレスヘラでもカチャカチャさせるとすぐに傷がつきます。
錫には触れないように巻いてください。そのためには油をよくなじませる必要があります。決してヘラで卵をこそがないでください。


「最初に流し込んだ卵も巻くんですよね?」

いえ、最初の芯になる玉子は巻かずに、寄せるだけで十分です。








by kitchenparadise | 2018-07-19 18:49 | 道具:銅の玉子焼

干し野菜と竹ザルの洗い方

暑い!
名古屋は今日は39℃まであがるとか。福岡も暑いとはいえ、今日の名古屋はプラス5℃。外を歩けるレベルではないですね。この時期に開催されるオリンピック、特にマラソンとか大丈夫かなと心配です。対策を期待します。

さて、こうも暑いばかりでは悔しいので、梅の土用干しだけでなく、干し野菜もやってます。
c0228646_14404337.jpg
野菜は干すと、栄養価や甘みがアップするだけでなく、長めに保存できてとっても使いやすいです。
わざわざ干し野菜用に買ってもいいのですが、野菜は残りそうだなと思ったらとりあえず干してみてください。

30℃越えですので半日で半干し(セミドライ)ができますが、丸一日干せば結構乾燥します。水分が少し残るセミドライなら容器に入れて、冷蔵庫で1週間くらいで使い切ってください。乾きの度合いでは5日くらいで使ったほうがいいものもあります。

数日干して、売ってある干しシイタケみたいに水分がなくなったら常温で長期保存ができます。湿気がこないように袋や瓶にいれておいてください。シリカゲルとかを入れると完璧です。


使い終わったザルはタワシで洗います。表面の水分をよく拭きとって、日陰干ししてくださいね。洗剤で洗う必要はありません。
干し野菜くらいなら、あんまり丁寧に洗わなくても良さそうですが、(でてくるのは水ですから)、野菜の水切りなどでは土がつまったり、麺ザルで使う時は麺がつまったりします。タワシが必ず必要ですよー。

5時間干したセミドライパプリカ、できました!
そのまま食べても、すごく甘いです。

竹ザルはこちらでご購入できます。こちら
c0228646_15473353.jpg




by kitchenparadise | 2018-07-18 15:47 | 道具:キッチン道具全般

さぁ土用だ、梅を干そう!

c0228646_13245890.jpg
梅の土用干しの季節です。いまかいまかと干すタイミングをお待ちでしょう。

塩漬けしていた梅を、梅雨のあと3日くらいは日差しが続く日を見計らって干す作業、これを梅の土用干しといいます。
ザルにならべて天日干しにしているところを、田舎に行くと今の時期からどこでも見られます。

土用はだいたい7月19日~8月7日ごろです。まさに明後日から。

よく日光にあてて乾かした梅は、微生物を殺菌、長期保存が可能に、梅本来の殺菌効果もあがります。

梅を干すやり方は、実は地方で、家で、それぞれ違います。

・3日3晩ずっと干す
・最近は日差しので、丸1日だけ干す
・昼だけ干して夜は室内。これで3日干す

などなど。

ほかに
・いまは干さずに9月ごろ干す
・ガラス瓶のまま干す(排気ガスなどが気になる場合)

などなど。正解はありません。

必要な道具は平らな竹ざるです。プラスチックで干す人もいますが、プラスチックはとても熱くなりすぎるので梅がやけどしてしまいますのでお勧めしません。竹ザルはあらじめタワシできれいに洗って乾かしておきましょう。

大きい竹ザルの置き場がないという方は、普段使いの竹ざるをいくつかそろえるといいと思います。2.3キロの少量なら3枚くらいあればいっぺんに干せます。
またいっぺんに干さなくても、数回に分けて干してもかまいません。

梅は菜箸やトングで取り出す人も多いですが、私はビニール手袋です。となりの梅をなるべくくっつかないように並べてください。赤紫蘇は絞って一緒に干す方が多いようです。

途中触ってみて乾いていたらひっくり返します。ひっくりかえすタイミングもいろいろですが、最も日差しの強い時に表裏を乾かす方がよいと言われます。11時から14時くらいまでの間です。

梅干しの作り方をいろんな方に聞いてみると、それぞれのやり方があってとても興味深いですね。

明後日からさっそく土用干しを始める方、今日明日で竹ザルをタワシで洗って準備しましょうね。
今年もいい梅ができますように!

追記:空気があまりよくない日が多いので、大気汚染情報をみてから干してくださいね。



by kitchenparadise | 2018-07-17 17:48 | 道具:キッチン道具全般


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナーAYAの日記。調理道具の実験や考察、お店のお知らせ、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:木のセイロ
道具:キッチン道具全般
道具:中華鍋
道具:フライパンや鍋
道具:銅の玉子焼
道具:スライサーやおろし器
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:塩壺
道具:まな板と包丁
道具:すし桶・おひつ
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
なみじゅう(入荷状況も)
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
プロフィール
私が好きなもの、好きな店
桧山タミ先生
未分類

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

バーチャルお参りと柿の葉問題
at 2019-08-17 18:15
夏休みの戦う昼ご飯
at 2019-08-16 13:25
簡単すぎる手作りケチャップ
at 2019-08-10 12:47
梅の土用干しと理由とザル
at 2019-08-09 11:55
ふきこぼれないごはん鍋、コクエル
at 2019-08-08 16:29

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧