人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

薬院にまたもや新店 KAMAKIRI COFFEE


先々週、またもや新たなコーヒースタンドが薬院にできたというので行ってきました。

KAMAKIRI COFFEE

福岡市中央区高砂1-1-23 東映ホテル内

西鉄大牟田線では薬院だけれど、地下鉄なら渡辺通駅、つまり電気ビルの交差点あたり。しかも城南線の通り沿い。
このあたりに詳しい方なら、東映ホテル1Fの浜勝の後といえばわかりやすいでしょう。

c0228646_11285752.jpg

このあたりの地名は高砂といいます。キッチンパラダイスから歩いて3分。走って1分。うれしいです。
高砂・白金あたりのカフェや焙煎店の出店はめまぐるしく、しかも名店ぞろい。
日本人のみならず韓国や中国の韓国客がカフェめぐりするエリアとなっています。

REC COFFEE、Manu Coffee、Amis、
Good Up Coffee、area coffee、
COFFEE COUNTY、白金茶房、石本珈琲(焙煎)

小さなエリアにコーヒーが売りの有名店がこれだけ。これ以外にも昔ながらの喫茶店やカフェもあります。

そこにまた新たに「かまきりコーヒー」。ネーミングもいいですね。

アメリカ人の経営者ウェイバーさんは、アイフォンなどの開発にたずさわったアップルのもとエンジニア。現在は福岡在住で、リンウェバーワークショップという会社を立ち上げコーヒーミルを開発しました。そのミルを使って入れたコーヒースタンドの1号店だそうです。

店内でスタンドで飲むスペースもありますが、東映ホテルのロビー側の入り口側から出るとソファに座ってゆっくりすることもできます。
1杯500円。オープンは朝7時から夜20時まで(日曜は17時まで)

こちらはパンも焼いてるんです。持ち帰りもできます。

c0228646_11491629.jpg

薬院地区、盛り上がってきますね。キッチンパラダイスもがんばらなくちゃ。3月7日で18周年。かなり古株です。笑)


by kitchenparadise | 2019-02-27 12:01 | 私が好きなもの、好きな店

「ホットサラダ特集」のあさイチにもの申す!

今朝のNHKあさイチの特集「ホットサラダを極める」には笑っちゃいました。

まぁ確かにわからんではないです。わからんでは。

温野菜を作ろうとすると、茹でたらべちゃっとしたり、レンジでチンすると水っぽくなったりするので、こんなのどうですかという内容。

フライパン30秒!アルデンテ蒸し

c0228646_11044052.jpg

フライパンの蓋にアルミホイルを巻きます。大匙2杯の水をフライパンで沸騰させ、そこに野菜100gを並べたら蓋をして30秒蒸すと、アルデンテでおいしくなるというもの。

アルミに蒸気が触れ、水に変わるのを防ぎ、フライパンの中をずっと熱い蒸気でいっぱいにできるから、早く蒸せるというわけです。

うむむ。毎回それするのかな。蒸すたびに?こんな少量を?

アルミホイルがもったいない。たった100gひとり分の野菜にこんなにアルミニウム使うなんて。繰り返し使うならまだいいけど。

自宅にある多層鍋でも同じことができるものがないかな?

ようは、水蒸気が外にでないように調理できればいいのです。

野菜の容量に合わせた小さい鍋があればしやすいし、蒸気が出にくいよう工夫された蓋なら簡単だし、鋳物琺瑯鍋ならふたが重いから同じことができます。蓋を重くしてもいい。

それにセイロで蒸せばもっとおいしくできます。全く水っぽくなく。


セイロのアスパラ小松菜蒸し1分半


c0228646_11174422.jpg


沸騰して1分半蒸したアスパラ+小松菜。これは最初にオリーブオイルと塩をコーティングさせておきます。

おどろくほどおいしいく、食感が最高。冷えたら翌日でもパリッと食べられます。失敗はゼロです。

しかもあさイチではごぼうやパプリカは向かないといってましたが、セイロではおいしくできます。


ジオプロダクトの鍋でブロッコリー蒸し1分半

c0228646_11273508.jpg

大匙2杯の水をいれて、蒸気が出始めたら弱火で1分半でできます。

フライパンのアルミフタで強火で蒸すのと違って、蒸気がでたら弱火で十分なので、温度管理が簡単で失敗がありません。

このほかに、アルミを巻かなくても自宅の鍋でできる場合がたくさんあります。ジオやセイロのようにできない場合は、水をちょっとだけ増やしたりしてはどうでしょう。

薄手でない鍋やフライパン、穴があいておらず蒸気が漏れないフタ。蓋が重いもの。鋳物琺瑯鍋などをお選びください。


フタにアルミを巻くっていうのは、無いなぁ...。毎回その場しのぎな感じ。


そういえば、NHKに1年間講師として出させていただいたとき、NHKさんから「新しく買わずにできる工夫が大切なんです」と言われていましたから、そういうことかな。NHKらしい工夫ってことですかね。






by kitchenparadise | 2019-02-26 11:40 | 道具:木のセイロ

新生活にイチオシの鍋は?

昨年、娘が東京に進学する際、鍋をセレクトして持たせました。
台所道具屋の娘なので、どれも一生モノです。といったって数千円ですよ。

おかげで、炊飯器も持たず鍋で炊き、レンジも持たずセイロで温めておいしく使えているようです。今度3月に引っ越すらしいのでレンジくらいは買ったらたまには便利かなぁと思ってはいるんですが、本人は鍋で作るほうがおいしいし、邪魔にもならないと思っているようです。

最近はレンジで7分でチンしてできる炊飯グッズが出ていますね。毎日コンビニよりレンチンごはんのほうが経済的だし悪くないでしょう。単身赴任ならとても便利ではあると思いますが、若い子がお手軽な方法と手軽な味を覚えてしまうと、なかなか理にかなったあたりまえの方法を選ばなくならないか心配ではあります。

料理は「感覚」を覚えることで何でもどんどん簡単においしく作れるようになるので、覚えるのが早い若いうちに手放すのはもったいないなぁと思います。


昨年娘に持たせた鍋は、社会人になっても結婚してもそのまま使い続けられるものです。18歳で購入して、たぶん死ぬまで使えるので、安い鍋よりお得。良い鍋は「キャッシュバック」みたなものです。使い方でいくらでも「戻り」があります。



18歳の一人暮らし用に選んだ鍋は、

①まぁ、いってもそんな高価でないもの

②忙しい学生向き

③学生用の小さめサイズ、家族増えても小鍋として使える

④使い方簡単で耐久性があり、

⑤なんといっても美味しくできる

⑤は実は一番大切です。この時点で自分が作って美味しくできないと、あとあと料理をしたくなくなるからです。


私のイチオシは

ジオ・プロダクトの片手鍋16cm(定価8640円)


c0228646_10532419.jpg
ジオ・プロダクトには、行平鍋と片手鍋、両手鍋があります。一人暮らしだとまとめて作るため「蓋付き」が向いています。
片手鍋か両手鍋。2つのどちらかなら、麺類や汁物が多いだろうし、2.3人分作るようになった時は小回り効き、味噌汁用や茹で物用の鍋として活躍する大きさでしょう。


内容量は1.5L。

味噌汁1杯(蒸発も考えて)=200ml。あとあと5.6人分の味噌汁は作れます。
うどんの茹で汁=最低1L。これもひとりぐらしでは十分です。深さがあるので2人分も可能。
肉じゃがならたっぷり3人分。
カレーなら4人分=850mlなので具材を入れても余裕です。ポトフも4人前。
炊飯なら1合~2合。

そのほか、フライパンがあいてないときは、キンピラ、焼きそばもできます。
焼きそばは肉からでる油と野菜の水分をいかした簡単焼きそばです。蓋を活用して蒸気を閉じ込めること、野菜を先に入れて麺を上にのせることで、全くくっつかずにできます。

もちろん揚物もできます。

14cmだと小さすぎ、18cmだと普段は大きすぎ。

そう考えると、16cmが邪魔にならず不便なく使えるとなります。


この片手鍋、茹で時間が圧倒的に短いのも、忙しい学生に向いています。

ほうれんそう1束=2分(沸騰時間入れて)

ブロッコリー1株=3分(沸騰時間入れて)

ゆでたまご=8分(沸騰時間入れて)

え?そんなに短いの?と思う方は、以前書いたブログをご覧ください。

ジオ・プロダクトの蓋付鍋がお得な理由。

ガス代もお得です。IHでも使えますよ。


キッチンパラダイスでのご購入はこちらです。
by kitchenparadise | 2019-02-25 14:09 | 道具:新生活の道具

セラミック包丁は買いか?

「田中さん、セラミックの包丁ってどうなんですかぁ?」

聞かれる方が結構います。実は桧山先生もセラミック包丁をもっておられますよ。小さいのを1本だけ。その理由もあとで説明するとして。

セラミック包丁が良いかどうか、それは使い方と使う人のライフスタイルによって違います。

セラミック包丁は「めちゃくちゃ切れ味がいいです」という人と「二度と買わない」という人に、真っ二つに分かれるのはそのためです。


「めちゃくちゃ切れ味がいい。」という方の理由。

買ったばかりのセラミック包丁はどれもとても切れ味がいいんです。一見おもちゃみたいにみえますがすごく切れます。特にやわらかいパンなんて切るとセラミック教に入りたくなるくらいよく切れます。

セラミックにはよいセラミックとよくはないセラミックがあり(まぁだいだい価格で違います)よいセラミック、例えば京セラの1万くらいするようなものを買った方は、それからながーいこと切れ味が続きます。4本セット2000円とかを買った方はすぐに切れなくなり、「セラミックはすぐ切れなくなる」というレッテルをはってしまうわけです。しかもセラミックは自分では研げないので(実は研ぐ道具もないことはないけれど上手には研げはしない)、そういう人は「二度と買わない」となるわけですね。

京セラのファインセラミックス製などの良いセラミック包丁を買った方は、

セラミックは切れ味がよく、切れ味が持続し、軽くて、錆びないし、汚れたら漂白できていつもきれいだし、ということになります。

それじゃあ、みんなセラミック包丁をもったらいいやん、ということになりますが、それは違います。

いつも和包丁を使っている人からすると軽すぎます。包丁の重みで素材をサクッと切る感覚はありません。切れ味が持続するといったって、京セラ包丁でさえ数か月もしないうちに新品時と比べる落ちてきます。でも自分ではうまく砥げない。重さやバランスといい、やや鈍角の刃をすぐには研ぎなおせないのは、料理好きにとっては刺身など繊細に切るのには物足りなさを感じるに違いありません。

一方で、「包丁は取り扱いが簡単でまあまぁ切れればいい、どうせ自分では砥げないし。」という程度なら京セラの高品質なセラミックナイフは向いています。

ではなぜ和包丁しか使わない桧山先生がセラミックを持っているかというと、それは茄子を切るためです!

一部の野菜は、金属の刃にふれると、あとから変色するものがあるのです。茄子やアボガド、柑橘系もらしいです。先生はセラミックのような非金属なら変色を防げるので、変色する素材だけセラミックを使われるのです。(とはいっても、最近はもうわざわざセラミックを出さずに鋼で切ってありますが)


「二度と買わない」という意見もあります。

理由は、切れ味が悪くなる安いのを買ったという理由がひとつ。これはモノが違いますので仕方ないです。価格でめちゃくちゃ硬さが違いますから。

もうひとつは、刃が折れることがあるからです。刃こぼれという小さな欠けもありますが、ポキッと折れることもあります。

セラミックは、横から力がはいったり、硬いものを無理に切ると折れます。それは京セラのファインセラミックのようなどんないい包丁でも、折れるときは折れるのです。これをわかっている人は、骨がある魚おろしには使いませんし、カボチャは切りません。また落とさないように気をつけて使うでしょう。折れたことがある方は「二度と買わない」と言われますが、これは使い方の問題です。


セラミック包丁は買いか?について私が提案するならば

スボラで料理にあまりこだわりがないなら、少し高めのセラミック包丁なら買ってもいいでしょう。なかな便利です。

包丁を研がない学生さんや新米ママなどは意外と向いているかもです。良いセラミック包丁なら。

ただし、普通の包丁も持っておいたほうがいいですよ。スイカとかかぼちゃとかはできれば避けたいから。

お料理にこだわりたいなら、セラミックでなくても普通の良い包丁を買いましょう。で、変色云々が気になるかたは、桧山先生のように小さくて高品質なセラミック包丁を1本だけ用意しておく。用意しても先生みたいに使わなくなる場合もありますが。

どうでしょう。買いますか?

最後に参考まで。セラミックは価格で良し悪しが決まるよう言い方をしてますが、一概には言えません。1000円と5000円ではもちろん違うでしょうが、、、例えば京セラなら、同じ刃でハンドルを変えて、量販店用と百貨店用を作っているような場合はあります。
















by kitchenparadise | 2019-02-23 12:41 | 道具:キッチン道具全般

3/2(土)小郡図書館で講座します

福岡県小郡市にある図書館の講座に招いていただくことになりました。来週です。

図書館HP→ http://www.library-ogori.jp/topics/2019/02/1.html

(以下小郡市図書館のフェイスブックよりコピペです)
*************************************************

【図書館で暮らしが充実!くらじゅう講座 第3回】
~桧山タミ先生に学ぶ、がんばらない台所~

 「くらじゅう講座」第3回は、92歳の現役料理研究家 桧山タミ先生初の著書「いのち愛しむ、人生キッチン」(文藝春秋)の企画に関わった田中文さんをお招きします。
出版までの経緯、タミ先生の台所哲学などなど台所を楽しむ方法についてお話していただきます♪

日時:2019年3月2日(土)14時~15時30分
場所:小郡市文化会館 小ホール
定員:50人(先着順・要申込)
小郡市立図書館カウンターもしくは開館時間内にお電話(0942-72-4319)で申し込んでください。

*************************************************

図書館の方に大変熱心にお誘いいたたいだということは、おそらく桧山先生の本の貸し出しが多いんでしょう。
先生のお伝えしたかったことが多く方に伝わっていくことは本当にうれしいことです。
桧山タミ先生に代わって、一緒に本の制作をした私が招かれるというのも恥ずかしいやらありがたいやら。笑)

私は本の編集に携わった企画側の人間ではありますが、一方でみなさんと同じように先生の言葉を受け取った最初の読者でもあります。

本を通して一番伝えたかったこと、乗り気ではなかった先生に書いてもらうことになった経緯、そして先生や多くの先輩方からお聞きした受け継いでいきたい道具の選び方や使い方についてお話する予定です。

お近くの方でお時間があるかたは、冷やかしにきていただくとうれしいです。




子供のころ、本が大好きでした。小学、中学と毎日短い昼休みに通う学校の図書館が私の遊び場でした。
その大きな貸し出しカウンターの上にはこんな標語があったんです。

「本は世界をかけめぐる」

なんだかワクワクしていました。図書館って素敵なことをもっと素敵に、嫌なことはすっかり忘れさせてくれる場所でした。

桧山先生も子どもの頃、本が大好きだったそうです。本をまねて料理を作ったことも何度もあり、何度も失敗したそうです。

「もし体が不自由になってどこにも行けなくても、私の頭の中の世界ではどこにでも行けるわよ。」と楽しそうにいうのが最近の先生のくちぐせ。「んー、明日は久しぶりにパリにしようかな。」と冗談っぽく言って、私を笑わせます。

本で世界をかけめぐるように、桧山先生の頭の中は地球の反対側でも宇宙にでもすぐに行けそうです。












by kitchenparadise | 2019-02-22 14:41 | おしらせ(SALE等)

セイロをレンジ代わりに使ってみる

c0228646_12075809.jpg


はじめてセイロを使ってみた方から「すごくおいしかったです!」と言われました。それが一番うれしいです。

セイロというと、肉まんや焼売みたなものを蒸す道具と思っている方多いようですが、それだけではもったいない。

レンジを使う代わりに何でもセイロで蒸すんです。野菜でも鶏肉でもほんとおいしいですよ。

このおいしさが毎日味わえるならちょっと取扱いのコツくらい覚えようって気になると思います。

今朝は写真のよに「ご飯の温め」に使いました。前日のご飯と思えないおいしさ。おにぎりにも。蒸した直後はもちろん、冷めても美味しいのが木のセイロの特徴。安全面でも栄養面でも高く、食卓も豊かです。

すぐにセイロは壊れるとかかびるって思ってませんか?それは誤解。
使い方次第ですし、竹や杉より白木やヒノキのほうが断然長く持ちます。また小さい直径より大きめの直径が耐久性はあります。

*************************************************

セイロの基本的な使い方として、「使い始め」「お手入れ」について書きました。

野菜蒸しはこんな感じです。


c0228646_13262299.jpg

春野菜を、18cmのセイロで蒸した写真。

玉ねぎやにんじん、キャベツなどの甘みを感じる豊かな一皿になります。人参と大き目にカットした新じゃがを先に入れて10分ほどしてから、キャベツ、新玉ネギ、を入れ、さらに5分ほどして、スナップえんどうとアスパラを入れると、ちょうど蒸しあがりが合います。

中強火で蒸気が十分にたってから蒸し始め、、セイロをよく濡らしてから(特に底の接点の部分)鍋の上にのせてください。(強火でもいいのですが、18cmや21cmなどの小さい場合は強すぎるとセイロがこげるのが早くなるので気をつけて中強火と書いています)

美味しいお塩だけでも十分ですが、我が家は美味しいエキストラバージンオイルに柚子胡椒を溶かすのがお気に入り。ほかにもいろんなシンプルなタレがあります。

〇ごま油、しょうゆ

〇柚子胡椒マヨ

〇塩麹オイル
(オリーブでもごま油でも)

〇わさびクリーム(わさびと生クリーム、マヨネーズ、しょうゆちょっと)

〇ポン酢しょうが、ポン酢ミョウガ

〇バーニャカウダ(アンチョビとにんにくを刻んでオリーブオイルを入れて弱火にかける)

〇韓国タレ
 
(ごま油、韓国の粉唐辛子、にんにくすりおろし、コチジャン、すりごま、しょうゆ、酢、砂糖、ネギ)

〇すりおろし玉ねぎタレ(すりおろしたたまねぎとにんにく、しょうゆとごま油)

〇にんにくみそ(すりおろしにんにくと味噌、醤油、砂糖、みりん)

蒸した野菜が残ったら冷蔵、冷凍してもおいしいですし、そのまま甘酢につけておいたりすると便利です。




by kitchenparadise | 2019-02-21 12:22 | 道具:木のセイロ

【本日発売】天然生活4月号「理になかった台所道具座談会」に呼んでいただきました

c0228646_13042780.jpg

本日(2019.2.20)発売の「天然生活4月号」の特集「理にかなった台所道具」座談会に呼んでいただきました。(福岡では2日遅れの発売だそうです)

私を座談会に呼んでくださったのは、料理研究家の松田美智子先生です。わざわざ福岡の私にお声をおかけいただいたこと、本当にありがたいです。山一の柴原さんと3人で道具について話しました。

c0228646_13051579.jpg

松田先生は「理にかなった」というのをよくおっしゃいます。先生はとても聡明な方でご自身のコンセプトがはっきりしておられますので、先生の手がけた道具はどれも納得するというか関心するほどの道具が多く、キッチンパラダイスでも多く取り扱っています。
この写真の香味鍋は先生が手掛けた中でも、私の一番のお気に入りです。先日も料理を教えている友人が「これ最高。毎日使うようになったわ。」と感嘆していました。

逆に、先生と私で違った意見もあります。それはそれでますます楽しいのです。先生は鉄の玉子焼きで私は銅の玉子焼き、先生は収納にも場所をとらない筒型すり鉢がお好きなのですが、私は従来のすり鉢状が使い勝手がいい。すり鉢の側面で、しょうがを擦ったり山芋を擦ったりして加えながら混ぜることが多いから、すり鉢型が好きなんですよね。


山一の柴原さんのお話もとても興味深いものでした。
自在の飯台やおひつの形状がいかに難しく、素晴らしいものか再確認。職人さんおひとりしか作れない商品もあり、技術を継承するご苦労や完成までの秘話をお聞きしました。お客様にも正しくお伝えしていこうと思います。

道具を使いながら極める松田先生、商品を作る山一さん、お客様に商品を紹介する私で座談会は大いに盛り上がりました。お誘いいただいた松田先生に感謝です。また長い座談会をわかりやすくまとめられた編集長、書いてくださった土屋さん、カメラマンの公文さんありがとうございます。見事な編集力です。天然生活という雑誌が人気なのがわかります。


また今回の天然生活4月号は、お弁当特集はとびきりおいしそうに紹介されてます。
お弁当の写真ってワクワクしますよね。

c0228646_13053627.jpg

おにぎりも、たまにはこんなのもいいなあ。

サーモンとディルをおにぎりにまぜるとか、ピーナツのサクラエビとか、たこと天かすまぜたのは、なるほどです。
左下はうなぎと抹茶ごはんです。おもしろいですねー。

c0228646_13052509.jpg
ご興味あるかたは、ぜひ書店で手に取ってください。









by kitchenparadise | 2019-02-20 13:52 | おしらせ(SALE等)

新生活でそろえる台所道具

昨年は娘が一人暮らしを始めたので、台所道具だけはそろえました。忙しい子ですが、たまには作っているらしいです。写真を送ってきたまげわっぱのハンバーグ弁当もは「あれ、私が作ったの?」と見間違うほど似てたし。おもしろいものですね。私が作ってきたように作ってる。笑)

2月3月は新生活にむけて台所道具をそろえる方も多いでしょう。とりあえず100円ショップ、または無印くらいでそろえるって人が多いんでは?
この「とりあえず」が、何十年も続くのが台所道具。なかなか買い替えないものなんです。

台所の道具をちょっとだけ考えて揃えると、毎回美味しくできるし、気持ちよく使えますし、「良いもの」を使っている豊かさがあります。
ずっと楽しく便利に使え、料理も楽しくなるはずです。実は時短にも一役買う道具も多いんです。これはというものはちょっと良い品をそろえてみませんか。例えば、包丁とまな板だけとか、鍋とボウルだけとか。その道具はきっと20年後も活躍しているはずです。

料理に興味がある方向けに、揃えておきたい台所道具選びの第一歩をご案内します。
 
①包丁 

最初の1本は牛刀(先が尖った刃)が便利です。ビクトリノックスシェフナイフなら半永久的に使えて5000円くらいです。学生さんならまずはこの1本から。長さは18cmか19cmがいいでしょう。
お料理好きなら鎌型の三徳包丁でもいいです。牛刀、三徳があれば、使い分けすることもできます。
キチパラのオリジナルなみじゅうがあれば、小回りがきき重宝します。ぜひお持ちください。なみじゅうは3月末までは1296円です。
もうすこし良いものを持たせたいという方にはキチパラオリジナル包丁も間違いありません。長く切れるので研ぐのが最小限で済みます。

②まな板 

乾かすのに自信がない方は樹脂製。まな板は柔らかめのものを。表面を触ってみるとわかります。固いまな板や、薄いシート型のまな板は包丁がすぐに悪くなる原因になります。
包丁のためには木のまな板もオススメ。いちょうのまな板など小さいサイズもあり、比較的乾きやすいです。木のまな板の使い方はブログをご覧ください。
ちなみに、たしかに樹脂は便利なのですが、私は音が嫌いなんです。コツコツ、カンカンというあの音。木の音は心が落ち着く音ですよ。

③鍋 

16~18cm程度の蓋付があると一番使えてまず便利。ステンレス多層なら煮物に便利ですし、一人分の麺類なら作れます。カレーやシチューなら3.4人分程度です。私はジオ・プロダクトの16cmがオススメです。
20mくらいの両手鍋があると多めに作れます。
ストウブなどの鋳物琺瑯鍋がひとつあると料理の腕がグーンとアップしそうです。鋳物や鉄の厚手の鍋は実は調理時間短縮にもなり、ほったらかしでも調理ができるスグレモノです。

ガスコンロの方は、一人用土鍋があると、栄養バランスのよい鍋料理が簡単に作れます。蓄熱性のある鋳物琺瑯鍋でも土鍋代わりになります。

さらに15cm程度の行平鍋があると日々の生活には便利。麺をゆでるのには、深型のフライパンでもできます。

④フライパン 

24cmくらいなら万能ですが、お弁当や朝ごはんも頑張りたい方は、18cmか20cmのフライパンがあると効率的です。深型ならお湯も沸かせます。

料理好きなら中華鍋も。炒めるだけでなく、鍋が足りない時の、煮物、鍋もの、揚げ物、蒸し物、燻製までできちゃいます。

⑤キッチンハサミ 

ハサミだけは御祝い買ってもらってでも良いものを買いましょう。袋を切ったり、野菜を切ったり、包丁代わりになることも多く、安物は数回で切れなくなります。
ビクトリノックスのハサミは、もう19年使っています。

⑥おたま 

一本だけ買うなら、片口おたまがオススメ。盛り付けやすくこぼれません。お味噌汁の具を取る時もとても便利です。
アイザワのかたくちおたまなら一生ものです。
おたま以外に、調理用の大きいスプーン型のがあると、なにかと便利です。

⑦ヘラ 

炒物は木と耐熱シリコンヘラを一本づつがオススメ。すぐに変色するシリコンは安価なものが多いようです。
料理好きの方は、ミニシリコンヘラというのもあります。


⑧フライ返し 

ステンレスよりヘラ部分がフッソ加工には便利。鉄のフライパンの場合はステンレスでもいいと思います。フライパンの大きさによって、あまり幅広でないほうが便利です。


⑨トング 

パスタ、サラダ、お肉を焼く時など、キッチンでもテーブルでも使えます。ロッキングトングは収納しやすいです。茹でたものを挟んであげたりもできます。


⑩ミソこし 

1度購入すると買いかえないのが味噌漉し。ステンレスの良いものを。だしを漉したりするにも使います。私はアイザワのがオススメ。1600円です。

⑪おろし金 

ほとんど使わないなら不要ですが、ニンニクや生姜などもおろせますのでお買いになった方がいいと思います。キチパラお薦めの大根おろしは2000円ほどですが、耐久性、効率が違います。きっと20年後も便利に使えてます。
大根は卸さないという方は、ミニサイズおろしがあると生姜・にんにくなどに便利。

⑫ボウル・ザル 

大中小の3サイズがあれば使い勝手がいいですが、一人暮らしならせめて中と小が欲しいところ。ザルは中サイズに合うものを。
いいものを買うと20cmくらいで1500~2000円くらいかかります。あとから買い替える場合は、お安いものでもOK。ただしプラスチックは臭いが取れず洗うのに手間がになるのでやめましょう。

⑬ケトル 

電気ケトルかコンロ用のケトルかのどちらかですが、コンロ用は厚めのものを買うと少し保温が可能です。1L用か大きくても1.5L用で十分です。

⑭スライサー 

500円程度でスライサーがあります。さすがに100円のはやめておきましょう。刃がすぐに悪くなるだけです。
野菜しりしり器というのがありますが、これはとても便利。しりしり器で鍋やフライパンの上で直接つかえば、短時間でみそ汁も炒め物も完成。繊維を横切ってカットするので味がしみやすいのが特徴です。野菜しりしり器は1000円です。

⑮炊飯器 

一人暮らしならとりあえず1合炊きをと思うでしょうが、1合炊きで美味しく炊けるのはなかなか無く、小さすぎて後から不要になります。
3合炊きでIH炊飯、土鍋釜、厚釜など、少しは工夫したものを買ってください。1合のごはんなら、厚手の鍋でも簡単に炊けます。

うちの娘は鍋で炊いてます。厚手の鍋で炊くと美味しいですよ。炊飯器は置き場に困るからだそうです。



そのほか、菜箸・ピーラー・軽量スプーンと計量カップ・泡立て器(ミニでも)スケール・タイマー・調味料入れ・しゃもじ、布巾、台拭きなども必要です。





by kitchenparadise | 2019-02-19 16:04 | 道具:新生活の道具

鉄鍋や鉄のフライパンを上手に使うコツ

今日はNHKのあさイチで鉄鍋の良さを紹介してましたね。ちょっとしか見られなかったけど、いい内容の構成でした。鉄の良さが広がったらいいなあと思います。

使い方が難しいから使わない、というのではなく、鉄分も取れるし美味しくなるから使わない手はない!と考えていただけたらと思います。


私たちがフライパンに鉄を使うのは、 「重い」「さびる」「くっつく」というデメリットより、
「美味しくできる」「料理が早くなる」「一生ものである」という素晴らしいメリットが大きいから。
女性が不足している鉄分が鉄鍋で十分取れるという報告もあります。鉄はいいことだらけです。

c0228646_11435163.jpg

分厚いフライパンを使うと旨味が中に凝縮されて美味しいし、短時間でよく火が通る。
中華鍋など少し薄い鉄のフライパンは高温に強くフッソ加工に比べると断然耐久性がある。
どちらも鉄は高温をキープするので炒め物がシャキッとできますし、卵もふんわり、お肉もジューシー、野菜も甘みが水分があっておいしくなります。
また、古くなっても再生すれば一生モノです。
ただ、その良さを知らないと、「軽くて錆びなくてくっつかなくて、安いフッソ加工でいいや」という話になるわけです。

もったいないですね。

そこで、美味しさや料理の早さ、一生モノをわかっていただく前に、これを説明しましょう!

c0228646_11564393.jpg

覚えて損はない!

鉄のフライパンをサビさせない、

素材がくっつかないという

簡単な方法です。


①買ったらまず油慣らしをする

油慣らしとは、「鉄に油をなじませる方法」です。キッチンパラダイスでは、店頭では方法を説明して、取扱説明書をお渡ししています。空焚きして汚れをとることと、油だけをいれて鉄を温めたり、イモの皮、あるいは野菜のくずを多めの油で炒めたりする方法もあります。

しばらく使ったフライパンがくっつきやすくなったら、いったん汚れを落としてまた油慣らしをすると有効です。


②鍋(フライパン)を温めてうっすら煙がでたら油を入れる。まんべんなく広げる。

温度が高くなれば油膜ができてくっつきにくくなります。うっすら煙がでたら油を入れます。フライパンの周りから入れて鍋をグルッとあわしてなじませます。コンロは真ん中の温度が上がりにくいので、真ん中の部分にも火をあてるように動かしながら油をなじませましょう。ペーパーで広げると紙が油を吸ってしまいますからもったいないです。きをつけて広げましょう。


③素材を入れたら、表面が焼けるまでちょっと待つ

卵をいれてすぐに炒めると鉄肌にくっつきますね。油をなじませた後、卵を入れたら、表面に火が通るまで待ちます。10秒~15秒くらいでしょうか。そうすると、おどろくほどくっつかずに滑るように卵が鍋肌から離れてくれます。
お肉の場合も同じです。表面にすこし焦げ目がつくまで触らずに待ちます。鉄は、水分が残っている素材は離さないという「親水性」があります。

④洗剤で洗わない。汚れがひどい時はお湯で洗う。

せっかく油慣らしをしても、いつも洗剤で洗うと油がすっかり取れてしまいます。汚れが気になる場合は、熱いお湯で洗うほうがいいでしょう。鉄のフライパンでお湯を沸騰させて熱いうちにこすると汚れが取れます。洗剤で洗った場合は、いったんコンロで温めて油をなじませた方が、さびずにくっつきにくくなります。

⑤コンロで温めてから収納

鉄のフライパンは、ふきんで拭くだけでは水気はとれません。しっかり油がなじんでいる鉄はそれでもヘッチャラですが、コンロで温めてると、あとはふきんで拭ききれない水気も余熱で飛ばしてくれます。そうすると錆びません。

⑥おまけ:サビが気になる所に収納する場合は、油をうすく塗ったらいい

私はしっかりコンロで乾かして冷めてから収納して油は塗りませんが、さびません。いつも使っているからもあるでしょう。
たまにしか使わない方や、湿気が多い場所は油を薄くぬるのは有効です。
もう何年も使っていると油膜があるので、ぬらなくてもよくなります。

鉄は育てる道具です。ぜひかわいがってあげてくださいね。











by kitchenparadise | 2019-02-18 14:43 | 道具:鉄のフライパン

料理は自由度が大切ってよ

娘が小学校の頃、おべんとうにカツサンドを作ってほしいと頼まれネットで検索したことがあった。ほら喫茶店のカツサンドって美味しいでしょう。あのとんかつのつけたれにコツがあるんじゃないかと思って。

カツサンド レシピ


そう検索すると、案の定、〇ックパッドのレシピがいっぱいでてきた。

いくつか見て驚いた。

材料は、

食パン とんかつ キャベツ ソース

とある。


ご親切なことに、

惣菜のとんかつあるいは豚カツ(市販)などとある。


パンにマーガリンを塗る→千切りしたキャベツをのせる→市販のとんかつをウスターソースにつけて挟む。

だそうだ。

あくまで自宅で作るカツサンドのカツは揚げないらしい。


余ったとんかつならまだしも、「それならカツサンドを買ってきたらいいやん!」と言いたくなるレシピ。いや、これはレシピとは言わないと思う。

なんでもかんでも「レシピ」として〇ックパッドに投稿しているから、ググって出てくるとこのサイトをできるだけ避けたくなる、っていうのは私だけではないと思うけれど。

このカツサンドの作り方はおいておいても、大匙小匙、野菜何グラムかなど、私たちは少々レシピサイトに頼りすぎてはいないだろうか。
こうも細かいレシピに頼りすぎていると、ウスターがないとカツサンド作れない、きび砂糖がないから肉じゃが作れない、など、そのレシピと全く同じ以外のものが作れないようになってしまわないかと思う。

桧山タミ先生はおっしゃる。

作れるレシピが増えるのではなく、自由度が増えることが料理には大切。

結局、応用できるかどうか、脳の広がりを問われるのが料理。

仕事もそうだなぁ。マニュアルはほとほどに。








by kitchenparadise | 2019-02-16 15:42 | 私、こう思う


福岡の台所道具専門店「キッチンパラダイス」のオーナー日記。お店のお知らせ、調理道具の実験や考察、そのほか個人的な日常も毎日綴ります。ご連絡はキッチンパラダイスのHPからどうぞ。


by kitchenparadise

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

カテゴリ

全体
道具:銅鍋
道具:銅の玉子焼
道具:ステンレス鍋
道具:土鍋・琺瑯鍋・その他鍋
道具:中華鍋
道具:鉄のフライパン
道具:フッソ加工のフライパン
道具:キッチン道具全般
道具:スライサーやおろし器
道具:すし桶・おひつ
道具:木のセイロ
道具:ホーロー・ガラス容器
道具:まな板と包丁
道具:すり鉢
道具・調理家電
道具:塩壺
なみじゅう(入荷状況も)
道具:新生活の道具
おしらせ(SALE等)
キチパラ講座
私、こう思う
キチパラのなりたち
本と言葉
私の日常と家族
私が好きなもの、好きな店
福袋
耳下腺腫瘍顛末記
じゃないお弁当
桧山タミ先生
プロフィール
未分類

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月

最新の記事

「選択の科学」シーナアイエン..
at 2019-10-16 08:07
鉄は厚みで料理の仕上がりが違..
at 2019-10-15 15:04
フランス製の鉄フライパン「マ..
at 2019-10-11 16:33
11/9(土)「極上水炊きと..
at 2019-10-10 13:05
燕三条「KOUBA」にいく②
at 2019-10-08 14:26

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

雑貨
本・読書

画像一覧